bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



2年目が終ります。
GH開設から2年が経ちました。
あと数日で来年、3年目に入ります。

先日24日のクリスマス会を通じて、ああ良かったなと思う事もそうなのですが、ふと開設当時の写真を思い出しました。

掲載できませんが、ここに1枚の写真があります。
4名の方が写っています。この12月31日付で、1名減る事になりました。
お茶目さんが退寮されるからです。

この当時2年前、誰が1年半後にお茶目さんが引きこもり状態になってしまい、退寮せざるを得なくなる と考えたでしょうか?
誰も考えた人は勿論居ません。
彼が一番早くGHに馴染んでくれた人でもあったし、ご家族も一番GHに何もかも任せてくれたご家族でした。

この退寮に責任が在る人は誰だろうか?と考えると、私かも知れません。
私が運営していく上での姿勢がご家族の思いとずれてしまったからかも知れませんし、お茶目さんの人生への希望とGHの生活とが実はマッチしなかったからかも知れませんし、事業所がお茶目さんが引きこもり状態になってしまったときに対応が悪かったからかも知れません。

誰が悪いのか理由を探してもお茶目さんはGHに戻れません。自宅から一歩も出ない以上、半年経過した今となっては退寮していただくか、強い支援の下GHに来ていただくしか手立てがありません。
自宅にいる間の補助金は出ませんし、自費負担分も取れません。4名を前提に運営しているGHの予算が75パーセントで稼動しているのです。

お茶目さんがGHにいられた時期は、一人の世話人は非常勤でした。ですから、少しだけですけれど、経費は節減できたのですが、彼が退職してからは、「やはり常勤で無いと良い人材が来ない」と言う事が良く分かり、今の若い相棒は常勤待遇で来ています。
その分、経費が掛かります。
勿論、私も常勤ですから、経費食っています。

この写真の当日、みなさん、精一杯のお洒落をして自宅から連れてこられました。
で、その日から、GHでの生活が始まったのですが、始めは何がなにやら世話人も分かっていませんし、本人さんたちも訳分かっていませんし、そもそも世話人は私一人しか居なかったので、理事長まで夜勤をしたりして、それはそれは大変でした。

利用者さん達は不安とドタバタの中で、もっと大変だったろうと思います。
体調を崩した方、全く眠らなくなった方、色々居られました。
事件は山の様に起こりました。
やっとの事で、落ち着いて暮らしてもらえるようになり、もう少し突っ込んで本人ニーズを追求していけるか?と思った矢先のお茶目さんの引きこもりでした。

この写真を見るたびに、開設当日の事を思います。
何をしたのか、さっぱり覚えていないのです。
要するに私も必死、自分が何をやるのかさっぱりわかっていない状態でした。

あれからあっという間に2年が経ったのですね。

今日、午前中に相棒と最後の大掃除をしました。
実は大掃除をちゃんとやるのは初めてです。
非常勤さんは、大掃除はしてくれなかったので、私が勤務の合間を縫って一人で必死にやっていました。
今年は常勤の相棒ですので、事業所も最初から大掃除をシフトに入れてくれ、我々も事前に少しずつ進め、本日は最後の仕上げだけをして、昼頃に今年の仕事が終わりました。
夜は忘年会がありましたが、10名居るか居ないかの職員のうち、3名が体調不調で欠席と言う凄まじいスケジュールの中での忘年会でした。

ニーズはドンドン増えています。
方や、常勤職員は増やせません。
非常勤さんに来て欲しいですが、非常勤さんに来ていただくのは、実力はあって、経費が節減できる方 と言う事になりますので、このご時世、法人が用意できる賃金では非常勤さんには来ていただけません。
登録のサポーターさん(一般的には登録ヘルパーさんと言う名称で呼ばれていると思います。当法人ではヘルパーとは呼びません。サポーターと呼んでいます。)も知的障害者向けにはなかなか来てくださいません。
登録アルバイトの学生さんは来て下さいますが、就職とともに居なくなってしまいますので、人材育成が出来ません。
又、アルバイトさんにお願いできる仕事は限られています。
一番ありがたいのは、かつての私がそうであったように、複数の事業所を掛け持ちして知的障害専門に仕事をしているフリーのプロなのですが、それでは勿論食べていけないので、(食べていけないので、私も当法人の常勤になりました。非常勤待遇であったら、就職しませんでした。法人との交渉でも、常勤である事が前提、そうでなければ、断ります と交渉しておりました。)そういう重宝な方はなかなか都合よく居られません。

福祉300万円が(年間税込み年収の目安の事です。)昨今では福祉230万円に迄落ち込んでいる話は時々書きますが、私も多分に漏れずです。

そういった中で、定住型のGHで利用者さんが一人欠けるというのは、かなり死活問題でもあるのですが、そうかといって、どうできる問題でもなく、次に入ってくださる利用者さんを懸命に探している状態です。

利用したい方は、沢山居られるのです。
でも、費用や通所の問題、場所の問題、情報の少なさ、何処に行けば空きがあるのが分かるのかと言う様な基本的な問題、いつまで待てば空くのか分からないという問題などから、なかなか需要と供給がマッチしません。
うちの法人の都合だけですぐ入ってくださる利用者さんは見つからないのです。
見つかったとしても、今まで平穏に暮らして居られるほかの3名の利用者さんが居ます。
その方たちとの相性が余りに悪くても困ります。
世話人が苦労するのは、これは別に構いません。

折りしも社会保険庁は問題山積ですね。
厚生労働省も余りろくな事はしていない様子です。
自立支援法の一割負担廃止も通るやら、通らないやら・・・
通れば通ったで、お金の出所がなくなりますので、今度は労働側の条件が劣悪化せざるを得ません。

介護保険でさえ、(介護保険は保険料負担がありますね。自立支援法では保険料負担はありません。全て税金から出ています。)立ち行くか、立ち行かないかと騒いでいます。

そういう社会情勢を見るにつけ、何年もの間準備に準備を重ねて、ようやく立ち上げた当GHでたった2年で退寮せざるをえなくなる方が出る事は本当に残念です。

様々な受け皿が在れば、退寮か強制的にGHにつれてくるか みたいな極端な選択をしなくて良い筈なのです。
この写真を撮ったときには、誰もそんな事は考えていなかった事を思うにつけ、とても寂しく思います。

期せずして、私が気付かなかった時に、お茶目さんのお母さんから私の携帯電話に留守番電話が入っていました。
とても掛けにくかっただろうと思います。
明日、こちらからお電話してみようかな と思います。
お茶目さんは全く責任が無いことですし、ご家庭の判断はご家庭の判断として尊重せねばなりません。
経営が立ち行くかどうか と言うのは確かに重大なことですが、次元が別の問題です。

何故、社会的な弱者が困らなければならないか?これが一番の問題なのでしょうね。

しかし、私は法を論じるのが仕事の立場では在りません。
無い中で如何に利用者さんに良い生活が提供でき、「これならうちの子供もGHを立てる事を考えよう」と思うほかの親御さんたちがどれだけ動いてくれるか が私の仕事です。
年末年始はとにかく休養して、又来年は次なる一歩を目指して、若い相棒と一生懸命頑張りたいと思います。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック