bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



殿様のご乱心?
起き上がったので、先週、殿様が大変不調だった事を書きます。

昔風に言えば、「ご乱心」と言ったところです。
気分の浮き沈みと言うか、テンションの乱高下と言うか、どうも今ひとつでした。

原因は分かりませんが、いやに意固地になって「いいの!!!」と何でも抵抗して、丁寧に十分に説明しないと駄目 とか。
何故かお手洗いの行き方と言うか、排泄の仕方をうまくコントロールできなくなって、お手洗いには入るのですが、用を足さずに出てきます。
「お手洗いに行っておいで」などと言うと、「いいの!!!」で拒否しちゃう。
出ないなら宜しいのですが、そうそう人間溜めては置けませんので、あらぬ時に、表情も変えずに(普通トイレに行きたくなって、マックスになればそわそわしますよね?)作業中や、通所先での昼食中に、作業はしながら、食事はしながら、何事も無いかの様に、大量の失禁があったりしたそうです。

何事も無いかの様な失禁は、彼の場合にはおかしいです。
排泄が認知できない方も居られますので、そういう方の場合には紙パンツを使用されていたりして、それは「何事も無いかの様に」の場合もありますが、殿様はそれは認知できます。
ですから、おかしいんです。

余りに毎日「何事もないかの様に」「大量に失禁」が続き、作業所にも迷惑かな?と思い、ご自宅から「調子の悪い時等は使ってください」と紙パンツを預かっていたので、何回か使いました。
不思議な事に用意すると失禁しないんですけど。
一番心配し、びっくりもしたのは、ある夜、トイレに行って少量の排便が在りまして、その後です。1時間ほどして幾らなんでも小便が出ていないので、「トイレに行っておいで」とトイレに行かせたら、小便は出なかったんですね。
ふとパンツ(普通のパンツですよ。)をあげようとしたら、ころん♪とまとまった便がパンツの中にありました。
「え?」とちょっと驚きまして、「殿様、トイレでしなくちゃ駄目だよ。パンツの中じゃないよ」と言いながら、下着衣全部交換して(全部汚れていました。)シャワーを浴びてもらって・・・
まだ後があるんですよ。
綺麗になってから、小便は出ていない事を思い出し、もう一度トイレに行ってもらって排泄介助すると・・・・・
やっとの事で小便が出ました。

みなさま、ご自分でお手洗いに行った時にお試し下さい。
排便はするが、小便はしないで溜めておく と言うのは、普通大変難しいですよ。
何で、こんな難しい事になるのかは、私は殿様じゃないので、分かりません。

多少前立腺かな?と思う事は在るのですが・・・
常にではないので、今のところは様子見です。

それとリンクするのかは分かりませんが、意固地です。
大分丁寧に説明してやっと動いてくれると言う事が良くあります。その状態からふと抜けると、いつもの殿様になるのですが、意固地な時は「いいの!!!」で何を言っても聞く耳持たず。

笑い事では無いですが、金曜日に若い世話人さんが殿様と2人で泊まった時、夕食の買い物に行く事を伝えたら、どうしても「いいの!!!」とソファーから動いてくれず、(そういう時はとことん抵抗します。力任せにどうこうするべきではないし、そもそも力任せでどうこうなりません。かなり抵抗する時の力は強く、必死です。殿様は。)「玄関に鍵を掛けて、チェーンロックをして、台所の勝手口から殿様に分からないように出て買い物に行こうか、悩んでいます。」と電話がかかってきました。

殿様、玄関の鍵は開けられます。
チェーンロックは外せません。
でも、台所の勝手口は外からの鍵が無いので、掛けられないんですね。
そういう時に限って、強い意志を持って何故か外に出てしまったりするのです。
外に出たら、もう終わりです。
前を通る方が在れば、その後を付いて行ってしまいます。
で、行方不明と言う事になります。

若い世話人さんには「丁寧にゆっくり説明すれば、納得するかも知れないんで、納得すれば動いてくれるから、何回か試してみて」とアドバイスしました。

その日の夜中に気になってもう一度こちらから電話をしたら、「今はいつもの殿様になって、自室でCDを楽しんでいます。」との事でして、要するに大波小波の状態の様なんです。

この手の状態は、当事者の方にとっては大変疲れる良くない状態です。
そのコントロールが出来ないから、手帳があると言ってもそれ程言い過ぎではないでしょう。
何とかうまく調子の良い普通の波に乗せてあげるのが大切なのですが、なかなか思うように行きません。気の毒です。

ある程度は、時間が解決する部分もあるので、丁寧なかかわりをしながら、彼が彼らしいペースで生活できる環境を出来る限り整えて行くしか無いですね。

しばらく前、余りに好調だったので、その反動だろうと思います。絶好調と意固地の繰り返しは持っている能力を弱めてしまいますので、出来るだけ普通が良いのです。
若ければ体力などで普通を保てるのですが、うちのGHの利用者の年齢は40代で、体も能力も変わり目です。
特に殿様の様な障害特性を持った方は、40代で急速に老化が始まります。
本当に老化する年齢までの間、如何に色々な秘めた能力を維持できるか はかなり重要な事になってきます。




他の方にも実は心配な事があるのです。

お茶目さんですが、色々在って、退寮されることが正式に決まりました。
彼にとって、退寮が良い選択になれば良いと思います。

その為、GHの定員を割ってしまいますので、新しい利用者の方が来年早々にもトライアルで入ってくるだろう事になっています。まだ、候補の方は決まりませんが、GHに入りたい方は沢山居られますので、かなり早い時期に入ってきます。
今の利用者さん達は40年来のお友達での立ち上げでした。
そこに全く新しい利用者の方が(勿論障害者の方の世界は狭いので、多分、顔なじみの方が入られると思いますが。)生活の場に入ってくるわけです。
新しい利用者の方も最初は落ち着きませんし、混乱します。今の利用者さんが「あ。落ち着いたな。生活の構築が出来てきたな」と思えたのは、開所2年たったごく最近です。
またまた一騒動も二騒動もある訳ですよ。
来年早々に。

騒動も人生ですから、利用者さん達は乗り越えて行ってくれると思いますが、ご家族がね・・・・
なかなか難しい問題です。

ま、これは来年の事。
24日はクリスマス会もありますから、今年1年の総決算で、大いに利用者さん達には楽しんでもらおうと思っています。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック