bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



殿様が喋った!
!をつける話ではないかも知れませんが。

殿様は若い頃に言葉を失ってしまったそうです。詳しい経緯は知りません。いわゆるレベルダウンが起こったそうで、手帳の度数も重く変更になりました。

今の殿様は、時々口癖を盛んに喋りますが、単純な文章で、特に意味はありません。調子が良い時は、返事をしてくれますよ。

ただ、会話は成立しないんです。心の交流は出来ていると思いますし、こちらの働き掛けはかなり理解しています。
嫌な時は「いーの!」と言ったり動かない事で、拒否の意思表示も出来ますけれど。

物理的には大した会話じゃありませんでした。

歯磨きをしていて、殿様の口の開け方がちとまずいので、「殿様、お口をあー!と開けて」と伝えましたら、「そうなの?」と口を開け直してくれました。
磨き終って、部分義歯をはめようとして、私が失敗しましたら、「入んない!」と、叱られてしまいまして、「ごめん!ごめん!」と、慌てて入れ直しました。

たった一言に何の意味があるか、と、お考えの向きもおありでしょうが、知的に障害を持たれた方が、何かを自分の中で消化して表現を的確にするのは、かなり大変な事なんです。これが障害を持った辛さです。

殿様もね。危機感持つと喋ります。一番は痛い事ね。血液検査とか。「痛い!嫌だ!」と、かなり抵抗します。
これは当たり前(*^^*)
白衣の人が、腕を捲って何やら腕に巻いたら危ないですよね。
その状況から「これは確か痛いぞ。」と判断して、針が刺さる前に「痛い!」とかやる時もあるんです。
いつもは針が刺さって初めて「痛い!」ですが、事前に説明しておいたら、白衣の人に腕を捲られた途端に、「痛い!」と、すたこら逃げられた事がありましたっけ。

こういうのは、彼にとって緊急事態ですから、思わず言葉が出るんです。何故なら若い頃は障害の程度が今よりかなり軽く、日常的な事は全て自分で出来た方だからです。

勿論会話でコミニケーションしていましたし、自転車にも電車にも一人で乗れました。

その頃に獲得した事は、今、殿様の中で深い眠りについているのです。喪失した訳ではありません。しかし、適切に思いだし、行動するには、障害が邪魔をするんですね。
障害故に配線を繋ぎ合わせるのは至難の技なんです。

ですから、小さな事から諦めずにやっている訳ですけれど。

あ。それは殿様に物理的な何かの行動を自力でやって貰って、介護者が楽をする為じゃないんです。小さな事でも良いから、自力で出来た体験を積み重ねる事で、自信やプライドを沢山持って欲しいんです。

箸遣いとか、手を洗う仕草とか、今でも凄く器用な事もありますよ。体が覚えているのでしょうね。

たった二言の会話ですが、二往復の言葉で意思の交流が出来て、嬉しかったです。

しかし。
義歯を入れ損なって、「入んない!」と叱られるとは思わなかった(*^^*)
義歯がどんなものだか、殿様は理解しているんでしょうか?

気になります…
聞いてみたいですね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック