bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



急性の脱水。
殿様ですが・・・

実は月曜日の夕方から、調子がおかしくなりました。最初は精神的な自家中毒かな?と思いました。たまたまちと強引なアルバイトさんが月曜日に来てくれていて、殿様ともみ合いになりまして、それからおかしくなったのです。知的障害者の方、こういう事は時々あります。もみ合いになったのには、殿様が理解できない方法で介助をごり押ししたアルバイトさんに私が気がつかなかったからの失敗でした。

その夜は、いつもと違うおかしな状態が続き、翌日つまり火曜日の朝も変でしたが、体調不良の様子ではなく精神的なショックと思われましたので、作業所には通所させましたところ・・・

昼間作業所で嘔吐と下痢があったそうです。
で、その後はけろりとしていた と言う事で帰ってきたようです。
が、帰って来て状態が悪くなり、若い世話人さんから連絡が入り様子を見に行きました。明けなのに・・・

その時点では、精神的なショックによる自家中毒的な感じかな?と思われて、とにかく寝かせて、夜勤の世話人さんに「こういう事があったので、精神的なショックが体の症状に表れているのかもしれないから、様子を見て」と指示して、一応、私は一回自宅に帰りました。

その後、状態が更に悪くなり、20時頃、若い世話人さんからまたまた、連絡が入りました。
嘔吐と便失禁がぶり返し、目がうつろ、焦点が合わないと言う状態になって、救急病院に通院する事になりました。こうなると、精神的なショックかどうか、精神的な自家中毒かどうかは、もうどうでも良いです。通院させなければ、脱水で死んでしまいます。

もう大慌てで飛んでいきまして、とにかくお母さんと(この際、色々な事をごちゃごちゃ言っている場合では無いです)若い職員さんが提携している病院に救急扱いで通院し、私は利用者さんの世話と留守番、雑用、後片付けに回りました。

要するに、原因は、アルバイトさんだか、風邪だか、疲れだか、もう分からないですが、とにかく下痢と嘔吐が続き、本人さんは症状が辛くて水分が取れないため、急激に脱水してしまい、更に症状が悪化したと言う事です。

色々検査もしましたが、幸いにしておかしな菌は検出されず、体調不良 と言う程度のことで済みました。
点滴をしていただいて、かなり回復し、ここまで来るとお母さんも心配ですし、無理からぬ事でも在り、又、GHでは昼間土曜日まで繋ぎきれなかったので、(世話人は2人。交代で24時間勤務になってしまいます。ちょっと無理です。他の利用者さんもいますので・・・)ご自宅で療養する事になりました。

これで、今、GHには利用者さん2名になってしまいました・・・・・

殿様は、程なく帰ってこられると思うのですが。

昨夜は利用者さんが混乱しているので(他の元気な利用者さんですよ。)理事長も飛んできてくれて、利用者さんに分かるように説明してくれ、私も深夜まで残って、片付け、雑務、色々しながら、利用者さんの面倒を見て、深夜1時頃帰宅しました。

本来ならば、若い世話人さんが夜は居る筈なのに、私が居る訳ですから、繰り返し説明もしないと混乱しちゃいますし、不安になります。
友達がバタバタ居なくなった(通院した)のですし、嘔吐している様子を心配して見に来てくれた利用者さんも在りますので、とにかく落ち着かせることと、嘔吐、下痢ですから、後始末が大切。後始末をきちんとしないと、そこから他の利用者に感染します。

それから、それから、朝食の用意とか、山の様な洗濯物(当たり前ですな。嘔吐に下痢ですから。)をして、夕方から現金も使っているので、(夕食の準備などでパートさんが買い物します。)帳簿付け、他の利用者さんは本日普通に通所するので、その申し送りを通所先へ連絡帳記入、台所も戦場になっていますから、それも片付け、最後に殿様の通所先に「急病で28日は休みますので、送迎はは不要です。29日以降の事は、自宅から連絡します。」とファックスを送って・・・・・・・・

などしていたら、あっという間に0時は回った訳であります。

その頃、やっと殿様は帰って来て、自宅に帰りましたので、若い世話人さんと少し話して1時頃帰ってきたと言う事であります。

殿様、血管が細いんです。
成長が悪いとも言いますが、ダウン症候群ですしね。
なので、点滴を落とすのに、スピードを上げられないのです。500ccの点滴落とすのに、2時間半かかりました。本人も大変だったでしょう。
でも、症状の直接の原因はやはり脱水だったようで、点滴が終ったら、かなり元気になったようです。
しばらく自宅で療養すれば、回復されるでしょう。

知的障害者の方は、体調不良を的確に訴えられない事と、例えば気分が悪くても水は飲まなければ脱水しちゃうなどの判断が出来ない為、徹底的に症状を悪くしてしまう事があります。危なかったです。
気持ち悪いと水分飲めませんよね。
我々でしたら、多少気持ちが悪くても、何とか飲めそうなものを介護してくれる人が探してくれれば、頑張りますが、その判断は殿様には無理ですので、たかが体調不良なのですが、エライ騒ぎになってしまいました。

誰も悪くありませんが、気の毒な事をしました。

早く回復されて、元気に又、みなさんで過ごせるようになってくれればと思います。

一瞬、ノロウイルスか?とか、いわゆる細菌感染か?とか、大変心配したのですが、幸いにしてそういうものは検出されなかったので、多分数日で回復されます。来週からはGHにも作業所にも行けるでしょう。

救急病院の扱いに、軽症、中症、重症、などとあるようですが、殿様の場合は、一応軽症です。でも、放置しておけば、生命にかかわりますから、軽症のうちに何とかできてまあ、助かりました。提携病院は、障害者支援を主にしている療育病院ですので、その点は安心です。
普段の簡単な事には近所の一般の医院を利用しています。

ついでに。

若い世話人さんが、先週あたりから風邪を引いているのですが、ばっちりぶり返しました。
今夜は私と若い世話人さんだけでの支援なのです。
夕食を作ってくださるパートさんの都合が悪いのです。
今夜は私が夕食を作り、風邪がひどいのですが、若い世話人さんにも来て貰わないと利用者の世話が出来ません。休ませてやりたいですが、こういう時は気の毒です。
若いので、体力もありますので、余りいとわずに来てくれるのがありがたいです。

福祉現場は、今、どこもぎりぎりで運営していますので、順調な時は良いのですが、一人の利用者さんに何かが起きたり、世話人、職員が体調を崩したりすると、一発でアウトなんですね。
我々世話人も迂闊に風邪は引けません。

体調管理しながら、余り無闇に無理をしないことが大切になってきます。
今週は本当は殿様の皮膚科と、コーヒーさんの床屋がもうぎりぎりだったのですが、どうしようもないので、来週に延期です。利用者さんをあちこちに連れて行ってもあげたいですが、この状況ではなんともなりませんので、本日はGHの中で過ごしていただく事になると思います。

ふー。

理事長もあちこち飛び回っている中、夜中の21時頃、すっ飛んできてくれて、頭が下がりました。

こういう上司が居るから、うちの法人は今のところ大過ないのかも知れません。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック