bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



本日のお出掛け
071118_1409.jpg今日のガイドヘルプは、先週遊園地に行った利用者さんです。今日はどこに行こうか考えて、ご家族と相談して、あちこちお散歩にしました。

当地方に国宝のあるお寺さんがあります。そこ経由で新興タウンのクリスマスの飾り付け見物でもと言う予定で出掛けました。

この方、当法人で多分一番重い障害がある方なんですが、先週ガイドヘルプして驚きました。説明しにくいのですが、凄く成長されています。今日お母さんに聞きましたら、作業所に行くのに送迎は勿論あるのですけれど、敢えて電車で通っているそうです。1年続けているうちに、花が開いたと言う感じです。

で、本日は付き添いのアルバイトさんは居ませんから、私と二人です。先週よりも様子が良かったのは何故でしょうね?お散歩だったので、分かりやすかったのかも知れません。

何に驚くって、今までみられなかった行動なのですが、興味のあるものを探す、その方向を見る、と言う行動がはっきり分かります。

これは凄い事でして。
たまたま見た方向に興味を引くものがあり、少し見る、と言うレベルの事は今までもありました。
探す、視線を注ぐと言うのは、それよりかなり上のレベルです。

しかも、しかも!
その興味を引くものに近付いて行こうとしてくれます!

かなり驚いているんですよ。急に花が開いたから。

今日は国宝のお寺さんのお寺の建物そのものが気に入ったみたいで、飽きずに眺めて居られました。ちょうど、護摩を焚いていまして、本堂に入れたので、中に入らせて座らせてみました。

お坊さんの衣は綺麗ですし、太鼓も鐘も鳴りますし、お経は見事ですし、かなり気に入ったみたいで、手を叩いて居られました。彼にとってはコンサートかな?ショーかな?

ちなみに。

信仰の厚いご家庭の方が居ないとも限らないので、余りに本格的な宗教っぽい体験は、ご家族に確かめてからにしています。私自身がクリスチャンなので、「あー。これはちとやりたくないねー」と言う様なコト、たまにはあるんです。

関係ないですが、私が一番抵抗を感じるのは、いわゆるお賽銭。仏像を拝むとか言うのは、作った職人さん、凄いねーとか、文化は凄いねーとか思うので、割合平気なんですが、お賽銭は抵抗あるんです。

もっと脱線しますが、お弔い。これは何でも先様の宗派通りにお参りしますよ。故人への敬意ですから。

元に戻します(*^^*)

護摩を焚いているのを体験して、お昼を食べて、時間はまだあったので、電車で少し移動して、街並みを歩きました。

興味があるものが実に良く分かって嬉しかったです。だって自分で近寄って行くんですもの。私は危険がないか、とか、邪魔にならないか、とか、気を付けるだけで、利用者さんの興味の向くままに散策しました。楽しかったです。

一番好きなのは食べ物屋さんみたいですよ。あとは綺麗なもの、光るもの、音楽の流れているところなんかがお好みの様です。アクセサリー売り場も気に入っていました。



帰り道、おうちに帰ろうね、と話しながら帰る訳ですが、勿論本人さんは、言葉では理解出来る訳じゃないんです。風景で自宅に帰るとわかるんです。

おうちには、大好きなお母さんが待っているのも分かりますから、ルンルンでした。これも最近です。はっきりわかる様になったのは。

帰りましたら、お母さんに満面の笑みで、言葉はありませんが、「楽しかったよ!ただいま!」と言って居られる様でした。


彼は手帳は最重度な訳ですが、何も分からない訳でも、自己実現がない訳でもないのです。

小さく思えるかも知れませんが、彼の大変化を嬉しく思った一日でした。

しかし。疲れます(^-^;これは多分私のトシのせい。私は独身ですが、「お父さんですか?」と、散々声をかけられます。子供が居たら、彼くらいの子供が居てもおかしくない年齢なので…

今夜は早く寝ます。明日から又夜の仕事に戻ります。



写真は遊園地の時のです。利用者さんと遊具に乗っているのはワタクシではありません。付き添いのアルバイトさんです。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック