bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



避難訓練
今日は避難訓練をしなくちゃいけない事に、さっき気づきました。
ああ、気づいてよかった。

避難訓練は、月の最初の月曜日又は火曜日にやっています。世話人が月曜日と火曜日では違うので、交代になる様にやるんです。先月は若い世話人さんがやってくれたので、今月はワタクシです。

避難訓練と言うと、地震と火事があるわけですけど、地震2回、火事2回続けてやっています。世話人は交代になるわけですね。

避難訓練自体は、かなりスムースに出来るのですが、問題は本物が来た時です。特に地震。
阪神淡路大震災みたいなのは、いつかは来ます。
その時、利用者さんの生命と安全が確保できるかどうかと言う事です。

当GHでは名札を導入しています。
地震が阪神淡路大震災みたいなものであったら、不本意ながら、「どなたかに保護されて!」と言う感じで全員は保護し切れない事が想定されます。
特に世話人1名の夜間に大きな地震が来たら、利用者は4名ですから、全員を無事に連れ出す事が困難であろうと思われます。

その為、訓練時は必ず名札をつける様にしています。
プライバシーの問題などありますので、難しいのですが、緊急時には「どこの誰であるか」を利用者は主張できませんので、どこかで無事に保護されても、身元判明に困難を極めてしまうからです。

やってみますとね。
これ、かなり難しくて、保護されるまでのかなり長い時間とりあえず名札を外さないで居てくれないと困りますから、外れないような外さないような工夫が必要で、結構苦労しています。
胸につけたみたいなのは、みんな毟り取ってしまいますし、首から提げたら、あっという間に外してしまいます。
どうするか と言うと、見えない部分や、ベルト通しの部分に伸びるなんと言うかキーチェーンみたいなのがありますけど、そういう物で留めています。それでも危ない方は、更に何箇所か安全ピンで留めています。

名札には、その方のお名前と生年月日、血液型、考えられる限りの連絡先、そして「この方は○○GHに住まいする重度の知的障害者の方です。保護してくださった方はどうかご連絡を」と書いてあります。

こういう名札、プライバシー管理の観点からもかなり扱いが難しいのですが、万が一の大震災の時に生命と安全を と考えると、やはり導入せざるを得ませんでした。


今日は、火事想定です。
火事の時は、避難袋も名札も必要ないと思うんですが、利用者さんは、避難訓練=避難袋と名札 と思っていて、これもどうするかなぁ・・・と悩んで居ります。

避難袋には何が入っているか と言いますと。

まず水と食料。
カロリーメイトみたいなものが1日分程度と、水は2リットルのペットで6本用意してあります。水は袋には1~2本しか入っていませんで、残りは箱ごとすぐ側に置いてあります。誰かが水を運ぶ積りです。職員でしょうね。

それから、懐中電灯と換えの電池。

少々の衛生用品。絆創膏とか、消毒薬とか。

私が特に入れているものは、ソックスです。
地震でガラスが飛び散った時、普段の利用者はソックス履いていません。(室内ではみなさん裸足が好き)外でも危ないものが散乱している場合があります。
スリッパのまま、避難という事も考えられます。
だから、映画の「ダイ・ハード」になっちゃうので(映画で、主人公がテロリストと戦うのですが、主人公が靴を履いていない設定で、テロリストがそこら中のガラスを銃で撃って、主人公はそこを裸足で歩く羽目になる と言う有名なシーンが在るのです。)ソックスは必ず入れています。

タオル、ティッシュの類。
怪我するかも知れませんし、汗を拭いても防寒にも無いよりはマシでしょう。

使い捨てのコップ。
水、飲めませんのでね。2リットルのペットそのものから全員が飲むのは不便です。

あとはもう、きりが無いので、とりあえず、避難場所に落ち着くまでの半日~1日と言うつもりで、最低限のものしか入っていません。でも、無いよりはマシ。

今日の火事はどうしますかなぁ・・・
火事で避難袋は必要ないし、とにかく早く逃げる事の方が大切だし、名札も要らないし・・・
でも、利用者は火事も地震も「避難訓練と言う行事、遊び」としか理解していないので、うーーーーん・・・・

本当は火事想定のときなどは、煙対策でぬれたタオルとか使わせたいのですが、そこまで出来るかどうか・・・

避難訓練、大した事が無い様に思うでしょうが、結構大事ですよ。
本物が来てしまったときに、「避難訓練だぞ」と言って、スムースに逃げてもらう と言う事まで考えていますので・・・

ま、思い出して良かったです。
今日は火事を致します。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック