bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



そろそろ2年になります。
このブログを始めてからは、約3年くらい?もうちょっと短いかな?と思いますが、今の職場に入って、この11月で丸2年になります。

入ったばかりの頃、物凄い勘違いをしていて、それが3ヶ月くらい経って勘違いだと分かった時のお話を書きましょう。

私は今の職場の前は、1年間、老人保健施設で日雇い契約の常勤職員をしていました。常勤なのに契約上は日雇い、最近多いですね。経費節減です。日給月給なので、ちょっとした事で、賃金を引かれたり、風邪を引いてしまって休みを取ると有給休暇が使えず、欠勤扱いになったりとおかしな施設でした。

でも、私がその老人保健施設を退職したのは、老人施設介護の仕事が私に合わなかったからです。
私は知的障害を持った人の日常生活支援がやりたいんです。
知的障害の仕事も少し前までは、福祉系統の大学卒業で、介護福祉士を卒業と同時に取った新卒の人しか出来ませんでした。資格重視だったのです。
しかし、最近は、資格があって、プライドも高い新卒の人は、現場にはきません。相談職を希望されます。何故かと言えば、大卒で、国家資格があってと自信が在るのに、現場に回されると、肉体労働、夜勤、低い給料と言う事になるので、国家資格を武器に、相談職を希望される方が多いんですね。
現場をやっていない、新卒の相談職の方って、怖いんですけど、しばらく前までは、福祉300万円と言われた税込み年収が、今は230万円と言われますので、(税込みですよ。)仕方無いのかも知れません。

私が今の職場に入ったのは、本当に偶然で、かつ、運が良かったのです。
老人施設介護の仕事が性に合わないことは、入ってすぐに分かりました。
性に合わないのですから、スキルも伸びません。
仕事仲間ともうまく行きません。

その為、入ってすぐに、もう、次の仕事を探していました。1年近く探し続けて、ある時、職安で、今の職場の募集を見つけまして、その場で応募しました。

ここに大きな勘違いがあったんですね。

いや、仕事そのものは、間違っていなかったのですよ。私は知的障害者の方の施設介護はやりたくないのです。地域日常生活支援をやりたいのです。その点はどんぴしゃり合ってました。

問題はですね。
当時、今の職場にはひとりの常勤職員さんが居ました。あとの偉い人は理事です。
その他の方は、非常勤さん。お金がなかったんですね。

なので、私はそのひとりの常勤職員さんの下で、現場のコマとして働くのだ と思っていました。
夜勤もあるけれど、昼間の仕事も在り、いわゆるシフトだと思っていました。
と言うのは、今から数えると7年位前になりますが、初めて福祉の仕事をした時、その職場では私は非常勤だったのですが、寮長さんがいつも現場にいらして、職員は全員非常勤でしたけれど、夕方とか、朝とか、夜勤とか、色々なシフトがあったのです。
もっともびっくりした勘違いは、全部夜勤だけと言う事かな?私は週に3泊しています。時にはガイドヘルプにも出ますが、基本的には夜の商売です。

だから、その中でコマとして働いていた私は当然そういう働き方になるのだろうと漠然と思っていたわけです。

最初の地域日常生活支援の仕事を非常勤でしていた頃は、制度がまだ、措置でした。
措置の中でのモデル事業として、自費での運営をしていたところだったのです。
それから、支援費になり、自立支援法になり、その調度怒涛の時期に仕事を始めた事になるんです。

なので、制度が動いていく事に、私の頭は付いて行って居ない訳で。

自立支援法の下では、グループホーム、ケアホームは、共同生活介護と言う位置づけで、その現場に専任の職員は世話人と言います。

私は新しく出来る予定の(つまり、今、私が働いているGHですね)グループホームのたった一人の世話人=常勤職員としての採用でした。

だから、その頃一人だけ先に居た常勤職員さんは、GHには特にかかわりを持たない訳でして、現場は私が取り仕切っていかないといけない と言う事に気づいたのが、まあ、GHが実質的に始まって3ヶ月位してからだったでしょうか?

物凄く慌てました(^^;;

新入りの職員が、法人として初めての常設のGHの世話人になって、何もかも取り仕切るなんて、考えもしなかったので・・・
そう思うと、うちの法人、かなり思いきった事をする方だと思います。

勿論、私の経歴もあって、希望者の方はほかにもあったそうですが、知的障害者の方の為のモデル事業のGHでの体験、比較的大きな(日本で一番大きいかも?)知的障害者の方の為の事業をしている法人での2年ほどの非常勤経験、身体障害者の方を対象にした、在宅支援の経験(これはね。頻度はそれ程でもなかったのですが、5年くらいやってました。)等を全体的に見て、「鷹山にするか」と言う事になったらしいです。

それから丸2年が経とうとしています。
最初の頃は何がなんだか良く分からなくて、常勤職員も先輩(年下の先輩です)と私の2人だけ、非常勤さんも3人くらいしかいなくて、制度の狭間で資金的にも非常に大変な時期でした。

今は、国の施策に加えて、都道府県加算が当地方はかなり大きく出る様になったので、資金的には楽になったらしく、非常勤さんも増え、常勤は、5名になりました。GHも来年度にはもう一箇所増えるので、常勤世話人は3名増える予定です。

当事業所が今、取り組んでいるのは、いわゆる重度の知的障害を持った方向けのGHです。
制度上はケアホームになります。
私のところは、障害程度区分5の方が3名、(全員の方が行動援護付きです。)4の方が1名です。
私のところの次に出来たGHもケアホームで、5の方が1名、4の方が2名、2の方が1名です。2の方は、一人暮らしの形態で別棟で生活されています。

来年度出来る予定のGHもケアホームで、ここは、障害程度区分6の方が3名、勿論全員の方が行動援護つき、常勤世話人は3名必要です。非常勤も利用者さんが起きている時は一人につき、1名付きっ切りで無いと出来ません。夜勤は2名で無いと対応できないかも知れません。

福祉はお金が掛かります。
福祉はプロの仕事です。
国家資格だけ持っていて、現場を経験していない新卒の方って、仕事になるのかな?と思ったりします。
相談職のほうが、9時~17時で終ることもかなりあって、(勿論そうも行かない時も珍しく無いけれど。)賃金は1.5倍くらいでしょうかね?2倍弱の所もあるようです。

まず資格ありき の事業所もあるようですが、私はまず仕事が出来る の方針の当事業所に縁があって、良かったと思っています。
運良く、知的障害者の方への仕事は、現在それ程国家資格の縛りがありません。
介護福祉士、ケアマネージャーの資格がありますが、これはそもそもは老人福祉用の資格で、これを持っていても障害者支援の仕事がプロとして出来るか と言うのは別の問題になります。
勿論、障害者向けの事業所でも職員何人、利用者何人に対して、介護福祉士何人以上 と言う決まりはありますが、それと仕事が出来るかどうかとは別問題なんです。

当事業所には、ええと・・・4人?3人?介護福祉士が居ますかね?理事長、理事、女性のケアホームの世話人さんのどちらかの方(2名で運営しています。)非常勤さん1名。
私の先輩の常勤さんは、介護福祉士ではなくて、社会福祉士です。
私のGHでは、私は実は介護福祉士持っていませんで、現場のたたき上げですので、ヘルパー1級しか持っていません。
もう一人の若い常勤世話人は、仕事は出来るのですが、資格がなかった為に、事業所が支援して2級を取ってもらいました。

今、移動支援事業は専門の資格が無いと駄目 と言う事で、とりあえず2級+職務経験か、ガイドヘルパー講習を受講した人でないと駄目なんです。
移動支援もありますので、2級が無いと仕事が出来ず、仕方なく取ってもらったと言う訳です。

私は都道府県認定の障害者ヘルパーと、都道府県の暫定認定の移動支援従事者を持っているのですが、制度が変わった為に暫定の資格は使えなくなりまして、1級と実務経験で、移動支援の仕事もしています。
移動支援とは、要するにガイドヘルプの事ですが。

書いていて「ふむ。面白いな」と思いました。
ガイドヘルパー養成講座は数日間です。
修了証資格ですので、試験はありません。
それは、2級の資格がなくても、ガイドヘルパー講座を受ければ、例えば、アルバイトの学生さんでも出来るんですよ。
いわゆるガイドヘルプの仕事ですが。
でも、1級を持っていても、2級を持っていても、実務経験が足りないと、実質的にはガイドヘルプよりも深い仕事をしていても、ガイドヘルプにだけは出られない と言う事態が起こるんですね。

これはちょっと面白いかも知れません。

共同生活介護=GHの日常生活支援の仕事は、資格は要りません。スキルは必要ですけど、国家試験も、修了証資格も必要ないんです。
ガイドヘルプだけは必要。

これには一応意味があって、ガイドヘルプは移動するので、迷子、事故、などが起こりえる、死亡する事があると言う事で、資格が必要と言う事になっています。

2年間、凄く長かったようなきもしますし、あっと言う間だったような気もします。
GHそのものは、色々な事が起こり、今は非常に大変な時期に来ていますが、利用者さんは毎日楽しく生活してくれているので、それが一番の励みです。

どんなに障害が重くても、地域で当たり前の生活を と言うのが当法人の建設の理念です。
それにたがわない仕事が続けていけたら良いな と思っています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック