bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お悔やみに
珍しくお悔やみがありました。商売柄、お悔やみと言うと、大抵は利用者の方の不慮の事でして、それは滅多にありません。冠婚葬祭は一般の方に比べて、格段に少ない方でしょう。

数日前、妙な時間=仕事メールが来る筈のない時間にPHSのメールが鳴りました。おかしいな?と見たら、それが訃報でした。

大学時代の先輩の父上が他界されたのです。

この先輩とは妙にうまが合いまして、社会に出てからも良く食事に連れて行って貰ったものでした。私は家族が今は無いのですが、母が他界した時には、駆け付けてくれました。当時のお住まいから、通夜の会場迄は多分3時間くらいはかかったと思うのですが、来て下さり、天涯孤独になった私を励まして下さいました。

先輩の父上とは面識も何もありませんが、とにかく私も駆け付けた、と言う訳です。数年ぶりに遺族席におられる先輩を見て、来て良かったかな?と少しだけ思いました。

父上様は企業を経営されていた方で、取引先の方がたくさん弔問に来ておられまして、私はかなり場違いなんですけど。

通夜、葬儀は、残された家族の為にあるのかも知れませんね。



滅多にないものですから、喪服が出て来なくて困りました。白いネクタイはあるのですが、黒が出て来ない。若い頃は白いネクタイばかり使いましたが、年齢的にもこれからは黒が増える訳ですよね。


帰り道、通夜のお振る舞いに与かる立場じゃありませんし、何だか真っ直ぐ帰宅する気分にもならず…少しだけ回り道をして、友達の割烹さんに寄りました。喪服のネクタイ外しただけの格好で入れるところもないですし、友達の作る料理も食べたかったし。

先輩は複雑な家庭で、父上は離婚と再婚をされています。先輩を育てたのは再婚されたお義母さま。自分の兄弟姉妹はお義母さまの子供で、先輩だけが先妻の子供です。
産みのお母様は離婚されて、別の方に縁があり、父親の違う兄弟もいます。産みのお母様に再会したのは30歳の頃だとか。

以来、育てのお母様と、産みのお母様と、父上の間で苦労された方です。
でも、父上は一人しか居られない訳でして、様々な事が駆け巡っていたのでしょう。憔悴されていました。会社は色々な理由から、お母様の違う弟さんが継がれます。喪主も弟さんでした。

私も父親とは縁がなく、兄弟姉妹とも縁がないので、家族は母だけでしたから、先輩の気持ちがなんとなく感じられる様な気持ちがしました。


友達の割烹さんに寄って良かったです。暖かい気持ちになりました。完全に幸せな家族はありませんが、家族はあった方が良いですね。私は独身ですから、妻も子供も居ないんですよ。そのぶん、友達や仕事仲間に恵まれています。

みなさまも、ご縁のある方を大切になさって下さいね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック