bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



成長
当たり前ですが、知的障害者の方も成長されます。特に親元を離れての生活は飛躍的にご本人を成長させます。

この2年で驚く様な事がいろいろあります。

先日も成長の結果、ご本人が学習され、運悪くまずい方に行動してしまったらしいです。食事制限をしている方が大きな菓子パンを通所先で買って食べたそうでして。

ホームでは食べさせませんが、他には制限必要のない方もありますから、なんとなく学ぶ訳です。


自分も好きな物を食べたい。
食べても良いだろう。

ご本人は食事制限が必要な事は知識としてしっています。

ホームでは、ダメ!と言う支援はしませんので、あの手この手で頑張っています。

通所先の方には、この、親元を離れた成長が良くも悪くも進む事が、なかなかご理解いただけません。

あのね。

大きな菓子パンを食べたいと主張された時、ホームではなく、自宅に了解を取ったとか。

毎日食事をしているのは、ホームですから、事前に分かれば数日の間で調整出来ます。知らせて下されば済んだ事なのですが、食べてしまってその日は金曜日。自宅に帰る日でした。どうしようもありません。

こういうのが一番難しいですね。何でも自宅と打ち合わせる癖がついてしまうみたいです。

自宅にはこちらから連絡しますから、先にホームに連絡調整が欲しいなあ。

本人さんが生活しているのは、ホームです。自宅じゃないんです。みなさんは自立したんですよね。

非常に難しい問題ですね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック