bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



やっと秋になりました。
こんな早朝から書いています。
実は、昨夜は22時にならずに倒れる様に寝て、浅い眠りで朝まで来て、背中が痛くて、5時頃起きました。
朝食を食べたので、書いたら又眠ります。今夜は夜勤。眠らなくてはこの商売、体と神経がもちません。

急に秋になったので、GHは大忙しです。
利用者さんは、自分で寝具の調整や、衣服の調整は出来ませんので、こちらで衣替え&寝具交換をしないといつまでも夏のまま。
寒い と言ってくれれば良いですが、言いませんので、そのまま風邪を引きます。
世間的にも秋になっているのに、夏の恰好では具合が悪いです。

と言う事で、今週の月曜日に一斉に寝具の交換をしました。

コーヒーさんに手伝ってもらったんですよ。
彼は、家事手伝いなどが好きで、どうも私とは馬が合うらしく、嬉々として手伝ってくれます。出来ると自分で手を叩いて自分を褒めていますから、あながち嫌でもないのでしょう。

驚いたのは、シーツも交換したのですが、(週に1度は必ず交換しますよ。当たり前ですが。)平シーツを敷いたら、ちゃんと隅を布団の下に折り込んでくれました。これはかなりびっくりしました。
勿論、確実に折り込んである訳ではありません。私が直さないと駄目ですが、折り込む事を知っているというのが、驚きでした。

実は、自宅では何もやらないらしいです。
親子ですもの。
親に言われて素直に家の手伝いをする年齢でもありませんしね。
親子は又、違いますから・・・


随分前に「転換性障害」らしい と言う事で、療養になった「おちゃめさん」は、実は、まだ、自宅に居ます。
精神医学の本などを読むと「安直な安楽」などと言う言葉が出てきます。
不登校の生徒さんなどが、自宅の自室でゲームなどに熱中していて、満足しているように見えるが、急に腹を立てたり、落ち込んだりして、実は不満の中に居る と言う様な話ですけれど・・・
おちゃめさんもその状態のようです。

布団を片付けようとすると怒る。
パジャマを着替えさせようとすると怒る。
暴れるらしいですね。
要するに、布団を片付けたり、パジャマを脱いだりしたら、通所先やGHに行かねばならないのが分かっているのです。
お母さまは、絶対的な愛情を注いで下さいますから、その中に居たいのです。

難しいですね。

お母さまも、息子さんの状態を3ヶ月見ていて、余りに元に戻らないので、GHの生活がとてもとても苦しかったのだ と納得されてしまい、これはこれで当方としては困った問題ですが・・・

困った事があれば、原因を作るのは、人の常です。
殿様のお母さんも、原因を作るのがお上手で、とんでもないところに原因を作っては、それを攻撃して納得されます。
他の方のお母さまも、おちゃめさんを攻撃して、納得される事が多いです。

40年のしがらみの中でのGHも秋を迎えました。
冬になりますと、2度目の冬で、丸2年になります。
2年も経っているのに、「この状態なのか」とがっかりする事も多いのですが、何よりも本人さんたちは確実に成長されていますし、確実にGHの生活を楽しみにしておられます。
それを励みに、秋を過ごしたいと思っています。

そうそう。

勤務改訂がありまして、宿直手当が付く事になりました。
代わりに勤務時間が月に15時間以上増えました。
からくりは、夜間休憩時間を1回に付き1時間カットする事になったので、(その分の経費削減をしないと法人が回らないのです。)私は平均的に月に13日~15日の夜勤をしますので、その分1回1時間が勤務時間不足になり、今と同じ勤務状態で、さらに加えて15時間分別に働かなくてはいけない事になりました。

事情は大変良く分かりますが、体と神経が付いていきませんね。
NPOはこういうところが困ります。
誰も楽をして儲けている人は居ないのです。
全員が倒れるぎりぎりで働いています。
福祉300万円と言われた年収は、今は230万円まで平均値が下がったそうです。
その中で福祉を志す優秀な若者がどれだけ確保できるのでしょう?

折りしも10月。
又、改訂があります。
改良になることを祈るばかりです。

ふと気づいたのですが、我々常勤職員は、こなせないほどの勤務時間が設定されているので、幾ら使っても残務時間は発生しません。勿論、法人もわかっていますので1時間単位まで計算して、不足分を差し引くと言う様な真似はしませんよ。そんな事をされたら、残務要求しちゃいますもの。
そんなのはお互い様です。

でも、常勤でしたら、勤務時間はこなせないほど多いわけですから、経費が発生しませんでしょう?
登録アルバイトさんに仕事を頼むと、確実に1時間幾らで、経費が発生します。
ですから、なるべくアルバイトさんは使わずに、常勤職員で済ませないと破綻してしまうんです。

と言う事は、アルバイトさんはアルバイトとしての仕事が少ないと言う事になってしまい、お金にならないので、辞めてしまいます。
と、慢性的なヘルパー不足になり、益々常勤職員が倒れると言う事になるのですね。

これはうちの法人の問題ではありません。
福祉行政の問題です。

この3連休、どうやったら、この量の仕事をこなせるの?と言うくらい、色々なGH以外の仕事が入りました。
ある時間に1時間、アルバイトさんに早く来てもらえば、かなり問題は解決するので、申し出たところ、「アルバイトさんに1時間早く来て頂くと、1時間分の経費が発生してしまうので、申し訳ないが、このままの状態でこなして欲しい」と頼まれてしまいました。

良く聞きますと、私の前の時間をフォローするのは、別のGHの常勤職員さんで、その方は、その後夜勤が在るのに、昼間半端仕事をしなくてはいけない毎週だそうです。

福祉ってなんなんでしょうかね?
真心 ではない事だけは確かなのですが・・・
プロの仕事なのですけれど・・・
行政は阪神淡路大震災で、ボランティアと言う無料の労働力の魅力に魅せられてしまいました。
ボランティアさんの真心と、福祉のプロの仕事は全然違うのですが、何かと言うと、「ボランティア」。


秋の夜長、こんな事を考えながら、朝になってしまいました。

これから、夜勤に備えてもう一度眠ります(^-^)
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック