bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



良い事も悪い事も・・・
人間生きていれば、色々在ります。

良い話からにしましょう!

念願の宿直手当がつく様になりました。
え?今までですか?
夜間休憩時間は勤務時間から差し引かれるけれど、手当てはありませんでした。
日勤の8時間と、夜勤の14時間が同じ賃金でした。
労基法にも抵触するので、今回改めてくれました。

ちょっとだけ褒められました。
ガイドヘルプに時々行く羽目になるのですが、私のガイドヘルプは「まあまあ悪くない」そうです。
かなり成績としては優秀らしいです。
褒められるのは嬉しいものです。


悪い話は、これは沢山在りますよ。

宿直手当がつく様になったので、夜間休憩時間が1回に付き1時間延びました。つまり、1時間別のところで働く必要が出来た訳です。私の平均的な1ヶ月の夜勤は13回ですので、13時間、別の枠で働かねばならない=ますます時間に追われる事になりました。

ちょっと交渉はしたいのですが、事業所の窮状も分かりますし、他の職員さんの兼ね合いもありますし、難しいところです。

ガイドヘルプを褒められましたら、「これからはもっとガイドヘルプにも出て欲しい」と言われまして・・・
要するに、私のガイドヘルプのやり方は良い と言って頂いている事なので、喜ぶべき事なのですが、実は、私は、ガイドヘルプが嫌いなんです(^^;;
苦手と言いますかね。まあ、要するに嫌いですね。

ガイドヘルプは、非日常のハレの日のイベントの付き添いみたいなものでしょう?
私は、日常生活支援がやりたいんです。
たまのお出かけの付き添いなんかは、余りやりたくないんです。

でも、日常生活支援が長いので、当たり前ですが、アルバイトで来られた学生さんよりは、ガイドヘルプは上手ですよね?常勤ですし。この業界長いですし。引き出しもまあまあありますし。

これからは夜勤とガイドヘルプがちゃんぽんになって、ますます滅茶苦茶なシフトになりそうです・・・

認めてもらえると言う事は、大変嬉しいのですよ。
わざわざ呼ばれて褒めてもらいましたので、これは感謝しています。
それとは別に、「嫌いなもんは、嫌い」。
一応、対外的には、「苦手」と言う事にして在りますがね。




折角なので、先日面白いところに、凄い行動障害のある方を連れて行った時の話を書きます。

その方は、何でもとりあえず「嫌だ」と言う と言う方です。
「こちらに行きましょう」と言えば、「嫌だ」と反対の方角に行く と言うのが、その方の信念のようです。なんでだかは知りません。初めて付き添いましたので・・・

で、乗り物がお好き と聞きました。

最近は、言う事を聞かないので、(つまり、嫌だ、嫌だ、でガイドヘルプにならないと言う事らしいです。)長い時間のお出かけは頼んでいなかったそうです。ご家族が出かける用事があって、その方一人で留守番させられないので、(居なくなるそうです。過去に何回も捜索願を出した事があるとか。)ガイドヘルプの依頼があったと言う事らしいです。

その方は、乗り物がお好き。
最近は長いお出かけはしていない。
何かを集中して見学するなどは出来ない(集中力少な目)。
目を離すと走り出す、駆け込む、飛び降りるなどの行動をする。
食事は、食べない事が多く、座席に座っている事が出来ない。

この程度の情報を貰って、さて、考えました。

乗り物が好きなら、沢山乗り物に乗っていただくのはどうかな?と思って、別の職員さんにちょっと相談したら、その職員さんからアドバイスを頂きました。
「その方は、乗り物に乗っていたい為に、わがままでしがみつくなどの行動をして、電車を降りないなどの行動が激しいので、乗り物に十分に乗っていただくというのは、わがまま助長になり、好ましく無いと思う」とのアドバイスでした。

ちょっと考えて、もう少し立場が上のコーディネーターさんにも「こうアドバイスを貰ったのですが、これはわがまま助長で宜しくないことでしょうか?」と伺ってみました。

考えて、私も分かりましたけど、本人さんの楽しさのためのお出かけですから、本人さんが乗り物が好きなら、乗ってもらって良いんですよね。
ただ、時間的な制約や、金銭的な制約、安全の問題などがありますので、好き放題に行動してもらうわけにも行かない(例えば、反社会的な行動であるとか、危険な行動であるとか、そういうものがある方なら、それはこちらでコントロールしませんとね。プロですから・・・)点はありますわな。

で、結局、いわゆる「ちんちん電車」に乗りに行きました。
「今日は電車に乗ろうね」と言いながら。
途中で気づきました。
その方、降りるべき準備が出来ていれば、降りてくれるんです。
つまり、降車口の近くまで、何となく誘導しておいて、他の乗客の方が降りる時に一緒に降りれば、何事も無いんです。
一度もしがみついたり、「嫌だ」と暴れたりはしませんでした。

これはね。発見でしたね。

昼食ですけど、どうも「ドーン!」と前に食事を置かれて、「はい、食べましょう。」「食べなさい。」と強要されると、「嫌だ」と反射的に言ってしまう感じなので、あえて、ドーナツ屋にしました。ドーナツ何個も買って、私もちぎって食べて、その方にも何気なく手渡したりなんかして。

要するに少々おなかに入って、空腹にならなければ宜しいので、(ちゃんとした食事を拒否する理由は知りません。又、外でちゃんとした食事が出来るようなサポートにしていくかどうか、は、今の段階では範疇ではないので・・・楽しく出かける事がガイドヘルプであり、生活訓練ではありませんからね。)そんな感じで「お昼ご飯を食べます。」とは言わずに、「そこでドーナツ食べようね。」とドンドン店に入ってしまいました。

どうやら、「嫌だ」が専売特許の方って、「どうしますか?」「これをしても良いですか?」と意思決定権を与えられると、思わず拒否するような気がします。
本当は、おなかが空いていても、電車から降りる必要を知っていても、聞かれれば、「嫌だ」と言わずには居られない様な、そんなイメージを、その方からは大変強く感じました。

なんでだか、は、私には分からないのですけれど。
初めての方ですし。

なんやかんやで、ちんちん電車に乗って、ドーナツを食べて、お時間までにご自宅にお送りして、その日のガイドヘルプは無事終りました。

もう、滅茶苦茶疲れます。
ガイドヘルプ、ほんとに嫌いです・・・
仕事として尊くないと思っている訳ではなくて、私の性分には合わない、苦手、感情として嫌い、と言う単純な話です。

これからは増えるのかなぁ・・・
ガイドヘルプ・・・

GHの利用者のご家族は、ますます自宅で利用者さんを過ごさせる時間を作りたがっているので、ちょっと口実が在れば、すぐ家に帰らせてしまいますから、本当に苦慮します。

宿直手当は(これは労基法上は守るべき規則で、今まではNPOなので、ダークグレーであった と言う事ですよ。仕方ないんですよ。お金ないんですから。)助かりますが、その分又、労働時間が増えて、かつ、ガイドヘルプが増えるのは、実に厄介です・・・

仕事ですので、なかなか思う様には行きません。
10月もハッピーマンデーがありますので、ガイドヘルプの嵐!です。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック