bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



いたずらと言う悪い遊び
どうも他の職員さんの悪口になってしまうのですが・・・ご本人は読んでおられないので、一般論的にちょっと・・・

いわゆる悪い行動を取る方が居られます。
知的障害者の方の中にですね。
行動障害と言う様なものでしょうか・・・

これにどう対処するか と言う話なんです。

叱ると言う事もあると思います。
怒ると言う事も在るでしょう。
「○○をしないと××をしてはいけない」と罰を与えると言う事も在るでしょうね。

私はこれをしません。
意味無いからです。
叱って、怒って、理解できるなら、とっくに解消しています。
知的障害者の方でも、何も理解できないわけではないので、悪いところだけを覚えてしまいます。
叱られると反発する、そうすると、支援者がさらに怒るのが面白い=悪い遊び になってしまうことが多々在ります。

あげくに、妥協した積りで少々のわがままを説明した上で聞いてあげたりすれば、もう二度と言う事を聞かなくなります。
例えば、コーヒーの好きな人で、甘いものは健康被害上控えなければならない と言う方がいたとして。
その方が、年がら年中「コーヒー」「コーヒー」と言うのは、これは悪い遊びなんですね。
それから「ブラックですよ。」と念を押すのも余り利巧じゃありません。
「お砂糖沢山」と思いつかせる結果になります。
「じゃあ、ちょっとだけだよ。」と少しだけ入れる。
そうなりますと、障害当事者さんにとっては勝利です。砂糖を入れなければ絶対に飲まなくなり、いつもいつも「コーヒー」「コーヒー」と叫ぶ様になってしまいます。

「コーヒーは体に悪いから、あなたは飲みすぎなので、駄目です。砂糖はあなたの健康を害しますから駄目です。」と説明して理解していただけるご当事者の方でしたら、その方が良いと思います。
理解できないから、知的に障害があるわけです。
年がら年中コーヒーしか頭に無いような生活を何とかしていくのが支援者でしょう。

単純に言えば、ある程度状況判断の出来る利用者さんでしたら、「食後に飲む」と決める。
で、大切なのは、食後以外には何を言っても反応しない事。
コーヒーが飲める状況を作らない事。
他人(支援者も含めて)が美味しそうにコーヒーを飲む様子を見せない事。
食後になったら、食後の合図(例えば茶碗を下げる。)を決めて、その合図が出来たら、支援者側から「さあ、コーヒーを飲みましょう」と勧めてあげると言う様な配慮が必要です。

最悪のパターンを時々目にします。
(実際はコーヒーではないのですが、まあ、良くありそうな例なので、コーヒーにしていますけど・・・)
いつでもコーヒーの要求があった時に、「必ず拒否する」。そして、利用者さんが、しつこくしつこく要求すると「根負けする」これ、最悪です。

最初に要求を満たしてしまう。
これも最悪。

待たせる。
いつまで待てばよいのかはっきりさせない。
これも最悪。
「もうちょっと待ってください。」って、もうちょっと とはどのくらいの時間なのか、理解できれば待ってくれます。かなり重度の知的障害を持った方でも待ってくれます。それも毎日例外なく同じ対応をしてあげれば待てますし、覚えてくれます。

例えば、「ご飯が終るまで駄目です。」
これは少々理解しにくいです。
「テーブルの上に何もなくなってから、飲みます。○○さんが食べ終わってからです。」これはかなり理解できます。

そういう支援が出来ないプロの方、実は居ない訳では無いのです。


それから悪い事をすると叱る。怒る。

これも、障害ご当事者にとっては、叱られているのでも、怒られているのでもなくて、楽しい遊びになっている場合が在ります。楽しいから悪い事をやめません。悪い事って、普通は楽しいですよね?他人が困っているのを見るのは、人は誰でも楽しいものです。

それに価値観を持たせてはいけません。
反応しちゃ駄目なんです。
長々と説明する支援者も居ます。
どんなに悪い事なのか、不利益になるかを延々と説明します。
本人さんは、支援者が熱弁を振るっているのを見て、楽しいから、又悪い事をやります。
そうじゃないんです。

「これは駄目。」「ストップ」「タイム」何でも良いですけれど、宜しくない事をしている時には、とりあえず止めます。
で、大切なのは、「止まったら、褒める」
これをやらない支援者の方、居られるんですよ。
褒める!褒める!褒める!

どれだけ褒められるか が、我々の仕事の要です。
○○と言う悪い事をした という時に、「○○はやめてね」と言う。
それでやめた時に「褒めて」いますか?
「ほら、やれば出来るじゃないか」とかぶつぶつ言っていませんか?
それでは本人さんに「やめると褒められるんだ、自分に利益があるんだ」と言う事が伝わりません。

いつもいつも小言を言っていると、肝心な怒るべき一大事の時にヘラヘラ笑われてしまいます。
時には、障害ご当事者も、ご自分で予期せず物凄く危険な事、非常に反社会的な事、をしてしまう事があります。
そういう時には、本気で怒鳴りつけなければ駄目です。
誤解を恐れず書きますが、本当に危険な事をしてしまった時などは、ひっぱたく事も必要な時があります。

そんな事が出来る限り起こらない様にするためにも、「同じ事をさせるなら、褒めてしてもらう」のは非常に大切なんです。



と、まあ、いつもぶつぶつ小言を言っている支援者の人が居る訳ですけどね。別の部門の方ですし、その方にはその方の一貫した支援の理論があるとは思うのですが、たまたま今日、同じ現場で一緒に仕事をしまして、かなり苦労しまして・・・

私が担当した利用者さんが、その支援者には悪い事をするのです。
私にはしない。
私はその利用者さんとは本日初対面ですが、一応情報は仕入れてあるので、本日の焦点を決めていきました。
それにしたがって本日の成果を求めつつ、利用者さんには楽しんでもらえるようにがんばっていた訳ですが、その支援者の方が対応なさると話がおかしくなる・・・
一人の利用者さんに、一度に複数の支援者が働きかけをするのは、これはご法度です。
なので、その利用者さんが、その支援者にかなり悪い事をしている状況を見ているわけですけれども、その支援者の方、延々と説明したり、力で止めさせたりしようとする。力で止めさせようとしますと、プロレスごっこになってしまって、楽しくてしょうがないんです。怒ってる支援者を見るのも楽しいです。本気で怒っているわけではないのはわかってしまいますから、「あ~!怒ってる♪やーい、やーい!」と言う感じになってしまいます。

たまたまその支援者の方とは担当部署が違いますので、考え方が違っても衝突しないのですが、もしも同じ部署で(つまりGHで)その支援者の方が居られたら、かなり苦労したと思います。

GHでは、基本的には小言を言う事は在りません。
冗談などにオブラートに包んで何時の間にか悪い行動をしなくて良いような状態に持って行きます。
そして、とにかく褒める、褒める、褒める。

これで私は支援をしています。

怒ってやる支援と言うのも在ります。勿論。
徹底的にその支援者が怖い悪者になって、あの支援者がいる時は、悪い事(=楽しい事ですね)はしない様にしよう と思うくらい、恐ろしい存在の支援者にならなければ実現しません。

施設支援でしたら、それも又方法ですが、私の勤務先はGHですから、生活訓練の場所ではないので、怒ってやる支援はしていません。
作業所などでは、取り入れてくださるところもあるんですけれど。
徹底的に怒って教える役目を引き受けてくださる職員さんと、慰め担当の職員さんが協力されて、障害ご当事者に方の将来に貢献されているところもあるんですよ。

半端に叱る
半端に延々と説明する

これだけは止めてもらいたいなぁと思っています。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック