bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お散歩付き添い
070918_1107.jpg今朝、施設入所の方の車椅子でのお散歩に行きました。

カフェのオープンテラスで、coffeeとCookieをめしあがっているところです。お年は高齢者の方でした。

施設の係の方から注意事項の印刷された紙を頂きました。

店舗での飲食不可。公園などで飲食はして頂く事とあります。

嫌いなのかな?店は?と思い、係の方にうかがいますと、すぐ落ち着かなくなり、大声を出すので駄目との事。

落ち着かないには訳もある筈で、とにかく様子を見ながら出掛けました。

落ち着かない様子があったら、すぐ引き返して来て下さい、時間より幾ら早くても構いません、と念を押されて出発…

この時点で、私はかなり疑問な訳です。落ち着かない様なお散歩意味がありませんから。

確かに最初のうち、息が合わなくてバタバタしておいででしたけれど、それは私の車椅子の扱いが下手だった為でした。

改めましたら、落ち着かれ、のんびりお散歩をしました。

店に迷惑がかかるとか、ご本人が嫌で堪らないと言う様子は全然無いので、少し高級なオープンテラスのあるカフェに入りまして、coffeeをめしあがっているのが写真です。

施設には施設の支援方針がおありになり、それは外部の私達支援外部団体がとやかく言う事ではありません。

ですから、外部が入る時には、外部なりのちょっと違う視点の支援が入るのも悪くないかなあ?と思いますから、時には、こんな事もする事があります。

月に一度程度ですし、それに私が伺うのは非常に稀ですから、施設の職員さんにも嫌われないかしら?と思って、時折やります。確信犯ですね。

ご本人さんは、視力も弱いご様子でしたが、美味しそうにめしあがり、良かったかな?と思います。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック