bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



明日は臨時の仕事です。
今月はハッピーマンデーの悪影響で、利用者さんが泊まる日数が2日少ないです。それ以外にも色々理由をお作りになって、泊まらない方が結構居られます。
理由を作るのは、勿論、ご家族で、本人さんじゃないのですよ。

「世話人さんもたまにはのんびり休んで下さい♪」

とご家族は暢気な事を仰いますが、幾らNPOでも、私たちは仕事ですので、所定労働時間があります。事務にかかわる理事などは、一応はカレンダーどおりの休みで、かつ、週休2日制ですが、(その代わり、何か足りないところがあったりすれば、いつでもピンチヒッターで出てきます。理事だけが特別に優遇されていて、休み一杯と言う訳では無いです。)我々現場の常勤は、週定40時間です。1ヶ月が28日の月は160時間ですが、31日あれば、その分日割りで増えます。

夜勤と言うのは、かなり効率が悪く、午後から入って翌日の10時頃までの勤務で、13時間くらいの計算になります。夜間6時間分、休憩時間で取られるからです。労基法に違反しちゃいますので・・・

なので、2日利用者に逃げられると30時間足りなくなります。夜勤明けの夕方に、GHに行って仕事をする羽目になりますが、1回の夕方の仕事は3時間計算なので、実に10回、夜勤明けで夕方仕事に行く羽目になる と言う事なんですね。

「世話人さんもゆっくり休んで下さい♪」どころの話じゃありません。
利用者さんに逃げられるとシフトがぐちゃぐちゃになるんです。
コーディネーターさんも、世話人2人分仕事をひねり出さねばなりませんし、(まあ、仕事は幾らでも在ります。アルバイトのサポーターさんが恒常的に不足しているのです。)寝ないで仕事は出来ませんから、こちら世話人もエライしんどい事になってしまいます。


まあ、親御さんの気持ちも分かるんですけどね。
GHで平日は暮らしておられますので、今まで24時間365日介護の40年だったのが、平日は言葉は悪いですけど、平穏な日常が戻った訳です。ですから、休みの日は子供と過ごしたい気持ちになるのは、一応は分かります。

でもね。

これ、本人さんの為にはならないんです。
親御さんは満足だと思うのですが、親御さんは本人さんよりも普通は先にいなくなります。
そうなった時に、いきなり24時間365日GHで過ごす事にしますと、本人さんは混乱してしまいます。

ですから、今からGHで暮らすのがいつもの暮らしにしておかねばいけない訳でして、その為に親御さんもGHを希望されたのですけれど、最初の危機感とは別に、平穏な毎日が実現すれば、その時、その場、の事に目先が行く事はまあ、しょうがないと言えばしょうがない。

本人さんの為のGHの筈が、親御さんの楽の為のGHになってしまっていて、これはこれで結構深く頭の痛い問題です。


と言う訳で、明日は臨時の仕事に行きます。
今日、敬老の日でハッピーマンデーでしたから、勤務時間満たせなくてしょうがなく、余り取りたくなかったのですが、体が持たないので、年休を取りました。
明日はもう一人の世話人さんが夜勤になります。私は空いてしまうので、臨時で仕事しなくちゃいけません。

明日の臨時の仕事は

①施設入所されている方の自費でのお散歩の付き添い

施設入所の方は、自立支援法での移動支援を使えません。ですから、自主になるんです。実費と言う事ですね。幾らくらいだろう?ちょっと知らないのですが・・・会員制度を導入していますから、時間5,000円とかにはならないと思いますが、3,000円とかかかるのかしら?

で、2時間お散歩に行きます。

②法人が毎週やっている自主イベントの夕食会に、利用者さんを送迎します。

イベント自体は自主なのですが、利用者さんは、在宅の方なので、自立支援法の移動介護が使えます。明日の方は、行動援護のついた方で、16:00~20:30です。
通所施設に迎えに行って、法人のキッチンでみなさんで夕食会をして、その後自宅に送って行きます。


ついでに、この方、何でもとにかく「嫌だ」と言う方だそうで・・・
時々、生育過程で何かあったのだと思いますが、「とりあえず何でも全部拒否する」と言う行動しか取れない方があります。
本人さんも暮らしにくいだろうな とは思いますが、なかなか難しい問題です。
知的障害の重度の方は、「このあたりで止めておかないと自分が不利益を被るから、適当に勘弁してやろう」と言う様な知恵が働きにくいので、本当に徹底的に拒否しちゃう方もあります。

明日の方、かなり有名な拒否の方らしいので、やんわりと上手に少しでも「嫌だ」と言わないで気が済むようにしてあげたいな と思っています。

お食事が嫌いなんですって・・・
食べない時は徹底的に食べないらしいです・・・
生命にかかわる とか認識できないんで、おなかが空けば食べるだろう ってな訳に行かないところが、知的に重度の障害をもたれた方は難しいところですよね・・・

以前山奥の入所更生施設で非常勤をしていた頃、徹底的に主食を食べない方がおられました。
わざと床に落としたり、踏んだり、ぐちゃぐちゃにしたり、絶対に食べませんでした。

当時の上司が支援のプロで、色々な支援を入れて、その方はとりあえずお茶碗1杯のご飯は食べる様になったんですよ。
8年その施設にいて、7年間は「この人は主食は食べない人だから」で済まされてきたのですが、まともな管理職が入られて、(私はその上司に知的障害者の方の支援の基本を学びました。)8年目には割りと普通に食べる様になりました。

知的障害者の方は、「この人はこういう人だから」「どうせ、知的障害で無理だから」で済ませるのは簡単ですが、ちゃんと支援を入れれば、本人さんの利益は増えていくのです。


明日の拒否の方、特に、食事はいつも駄々をこねて食べない方が何で夕食会に毎月行くか と言えば、これはご家族の英断です。
この方が、ご家族の中では二次障害的に食事を食べないとしても、支援者がいて、イベントで と言う場所で食べられる体験=心地良い体験をしていく事によって、食事が楽しいものになれば と言う事で、食べないのは承知で参加されます。

最終的には一番最後にほんの少しだけ食べる事が多いそうです。
少しだけでも食べる事が苦痛でなくなるなら、それはとても良い事なので、明日は「嫌だ嫌だ」になるべくならないように、注意しながら仕事したいと思っています。

知的障害者だからどうせ無理 な事って、実はそれ程多くないのです。

とは言え。

GHが開店休業で、臨時の仕事やら、夜勤明けの夕方の仕事やらに馬車馬の様に働かねばならんのは、少々寂しい・・・
「世話人さんもゆっくり休んで下さい♪」はかなり悲しいですね。
いつか分かってもらえる と信じて、一生懸命やりたいと思っています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック