bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



困りました
誰も悪くないのですが、困った事が起きました。
改善に凄く時間が掛かると思います。
仕事ですから、何とかしますけど・・・

のんびりさんは、成人病のデパートです。
糖尿病、高脂血症、通風、肥満、全部あります。
かなり値は悪いです。

本人さんは、自覚できませんよね?
知的障害者手帳重度ですから・・・・
周りが気をつけないといけないわけです。
本人が好きなものは、成人病にまっしぐらなものですから、GHでは恒常的にダイエットメニューにしています。

この春まで居た馬鹿非常勤は、その大切さが分かっておらず、私が居ない時は、のんびりさんは食べ放題でした。
ですから、全然ダイエットできませんでした。
今の若い(馬鹿非常勤よりも6歳も若いです。非常勤経験3年しかない人です。ずっと仕事が出来ます。)常勤さんが来てから、毎日ダイエットに出来る様になり、今は、毎月1キログラムずつ減らしています。

これには秘密があるのです。

同じGHの中に、少し気をつけて居ないとすぐやせてしまう方があります。自閉症を持った方で、じっとしている事が出来ません。絶えず動き回っていますし、止まっている時も全身に力が入っています。消費するものは物凄いです。とにかく食べさせないとやせて体力まで落ちてしまいます。

方や、3名の方はダウン症候群をお持ちで、のんびりさんもそうです。
ダウン症候群の方々は、何故か全員ほとんど動きません。ほんとうに動かないんです。
ですから、お散歩や、お買い物を設定してたとえ少しでも歩かせるようにしています。

お買い物であれば、「今夜のおかずは何にしようか?」と言う楽しみが在る訳ですが、ここで、のんびりさんに選んでもらってはいけないのです。
選んでもらえば、「てんぷら、から揚げ、中華料理、ステーキ、すき焼き」と出てきます。
ですから、「今夜はお豆腐にしようか?お魚が良い?」とふさわしいものを2~3提示して、その中から選んでもらうように徹底しています。
勿論時にはお楽しみで脂っこいものも出ますが、それはごくごく限られた時だけです。

ご飯も馬鹿非常勤は、「大盛り?普通?」と聞いて、「大盛り!」と答えますから、大盛りで2杯食べさせていました。
のんびりさんは、お代わりをする事で納得します。
大盛り1杯は納得しません。不満が溜まります。
でも、ほんの一口でもお代わりをすれば、納得するのです。知的障害者の方の社会適応には様々な癖が在りますから、それを尊重しながら、ストレスがたまらないように、調整するのが我々プロの仕事です。山盛り2杯のご飯を毎日食べさせて、太らせる事が仕事じゃありません。

私は大匙1杯だけ盛ります。
嘘!と思う方居られるかも知れませんが、本当です。
その代わり、「のんびりさん、お代わりは?」と聞きます。
で、もう一度大匙1杯だけ盛ります。
おかずは、他の方と同じ量です。

痩せてしまう方は食べるのが早いので、のんびりさんが食卓に来る前に食べ終わってしまいますから、この方には山盛り2杯盛りますよ。のんびりさんは見ていませんから大丈夫なんです。

汁物も、シチューはお代わりさせませんが、澄まし汁は「お代わりする?」と聞いて、わざわざ沢山食べた気分になってもらいます。

GHの食事はほとんどが野菜のメニューです。我々支援者はとてもおなかが持ちません。あとで利用者が居ないところで夜食を食べます。
でも、その場はおなかが一杯になるように、山ほど野菜を使って夕食つくりの方にメニューをお願いしています。
たまに、野菜のボリュームが少ない夕食つくりの方も在り、そういう方のときは、カロリーの少ない林檎を足したり、お茶を飲ませたりして凌ぎます。

凄く苦労しますけれど、同じ食卓で、差別感を感じずに楽しく沢山食べた気分を味わってもらうには頭使わないと駄目なんです。


これで、最初にGHに来た頃は84キロあった体重は、冬季にはリバウンドしますが、(正月休みに自宅に帰り、10日くらい過ごしてご馳走を沢山食べてくるので、あっという間にリバウンドします。で、代謝が悪いので、一度太ると落ちません。夏まで掛かります。夏に落ち始めて、冬が来ると、又正月休みに自宅に帰ってご馳走の繰り返しですね。)1年で5~7キロ落として、3~4キロリバウンドの感じです。
今は76キロです。1年半で8キロ落としています。

かなり私たち支援者、頑張っていると思うんですがね・・・


時に失敗は本日判明しました。

若い常勤さん、良くやってくれるのですが、選ばせてしまうようなんですよ。

散歩に行った時に、ジュースを飲む と言う習慣にしてしまったようなのです。
で、ジュースを買うときに、「ダイエットコーラにしようね。」と本人に確認して、本人にジュースの販売機のボタンを押させてしまっている事が判明しました。
これはね。
無理です。
言葉で「ダイエットコーラ」と言って「うん。」とか「はい。」とか言っても、それが行動できたら、重度の知的障害ではありません。
砂糖たっぷりの一般の炭酸のジュースの方が美味しいのは、子供さんと一緒です。
その場には砂糖たっぷりの缶コーヒーをいつも選ぶ自閉症を持った方(痩せては困る方。食事制限が無い方)がいるのです。

ですから、そのジュースの販売機で買う習慣は駄目なのですが、もうかなり前からやっていたようで、今更言う事を聴かないようでして・・・

と言うのが何故分かったか と言いますと、本日、若い常勤さんが居て、私も居て、私はいつもの様に、自閉症のある方とおやつのパンを買いに行きました。
おやつのパンは、のんびりさんが見ないところで食べてもらっているのですが、情報として知っているようで、「アイス、アイス」と言い出し、自分の財布を取り出し、私に「タカヤマさん、アイス!」と主張しまして・・・

仕方ないので、「バニラアイスを買いたがるから、アイスクリーム、アイスミルク(アイスクリームの志望含有量の違いです。)は駄目。ラクトアイス(これが一番脂肪が少ない)にして!」と言って、若い常勤さんと送り出しました。


考えて見ますと、私なら自由に選ぶ事は無い訳ですが、若い常勤さんの時は自由に選んでいるので、自閉症の方がおやつのパンを買ったなら、自分も対抗して好きなものが買える筈だと言うような思考が働いたんだと思います。

これはね。
たった1回ではすみません。
しょっちゅう起こる様になります。
今、止めないと駄目です。
いつも高カロリーのおやつを買いに行くのが当たり前になったら、元の木阿弥です。

その代わりに、作業所でおやつを買いに行く時は炭酸ジュースでも何でも自由にさせています。いつも我慢では爆発します。この時だけは大丈夫 と言う安心感が必要です。
それがGHではいつでも好きなおやつが買えるに成りつつある事が本日わかって、もう仰天。

早速、若い常勤さんに聞きましたら・・・

「いつもジュースを買わせます。ダイエットコーラにしようね と確認して本人にボタンを押させると、約束したのに、別の普通の炭酸ジュースを買います。毎回そうです。」と言う。

それでは意味が無い事と、それが重なると習慣になると言う事を説明しまして・・・

「こちらで買ってください。」と伝えました。
本人に判断する時間と余裕を与えては駄目なんです。
時間と余裕があるのに、違うものを与えられたら不満です。
判断する隙を与えず、「はい。ジュース買おうね。どうぞ。」とダイエットコーラを全員に与えるとか、全員にお茶を買ってしまうと言う配慮が絶対に必要なんです。

「いつも、ダイエットコーラにしようよ」と言っていますが、言う事を聞いたことがありません と若い常勤さんは言いましたけど、本人さんは、ダイエットコーラの意味が分かって逆らっている訳ではないのです。自分が好きなものしか目に入らないわけです。
特に、選ぶ時間と余裕を与えられての上の事ですから、本人が自分で決めてしまうから、何を言われたって、「はい」と返事はするけれど、耳に入っていないわけです。

ごくごくたまに私もジュースを与える事がありますが、その場合は半分私が飲んでしまいます。
「タカヤマさんにも頂戴」とか「お母さんにはナイショだぞ!」とか、そういう雰囲気を伝えます。
そして、何より、本人が選ぶ余裕は与えません。

かわいそう と言う方があります。
馬鹿非常勤がそうでした。
かわいそう。
好きなものも食べられないなんて。
おなか一杯食べられないなんて。

それは違います。

彼は成人病のデパートです。
糖尿病、高脂血症、通風、肥満、ついでに中性脂肪も高いですし、体脂肪率は30%を超えています。
彼がインシュリン注射になってしまったら、幸せですか?
壊死が起こって、足を切断する羽目になったら、幸せですか?
そうなるかどうかは、分からない と馬鹿非常勤は一生懸命言っていましたけれど、ダウン症候群の方は体質的に成人病リスクが非常に高いことが医学的に証明されています。

だからこそ、ストレスを溜めず、おなか一杯好きな物を食べている気分を保ちつつ、厳しい食事制限が必要なのです。

他のGHの職員さんから、「やりすぎ」といわれる事もあります。
かわいそう といわれる事もあります。
家庭では気をつけている積りのようですが、かなり食べ放題です。
GHがやらなければ、誰が彼の健康を守れるでしょうか?




最後に。

嬉しい事がありました。

彼がずっと通所先に着替えとして置いているゴムウエストのズボンがありました。
昨日、たまたまはいたところ、ズルズルと落ちてしまい、「これは伸びたゴムをそのままはかせたGHが悪い」と言う事で、作業所が紐を入れて帰して来ました。
勿論、ゴムは確かめました。伸びていません。

これは・・・・・

1年半前にGHに入る前に買ったもので、その時のウエストにあわせてお母さんがゴムを足して伸ばしたものなのです。8キロ痩せていますから、ズルズル落ちて当然なんです。
ゴムの方を詰めまして、作業所には説明しましたよ。


来年は70キロを目指します。
本来彼があるべき体重は55キロくらいなのです。
それが今は8キロ減ったとは言え、76キロです。あと20キロ痩せなければいけません。
道は遠く長い。
だからこそ、缶ジュースくらい とは言えないんです。

なかなか分かってもらえません。
でも、私は続けます。
彼にも健康で幸せな人生を送って欲しいからです。
今、食べ放題に食べて、あっと言う間に病気が悪化する事が幸せだとは思えないからです。

いかに好きなものをたっぷり食べている と思ってもらうか、これはプロの大切な仕事だと思っています。
ある調査によれば、知的障害のある方の肥満率は実に65%以上だそうです。
何故なら、「かっこ悪い」「モテナイ」などの恥の概念が難しいからなんです。
だから、食べたいだけ食べてしまうんです。

これは、家族や支援者の責任です。
本人さんの責任では在りません。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック