bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



障害者ルック
良くない言葉ですが、障害者ルックと言う言葉があります。


昨日、GHの利用者さんが障害者ルックで帰って来て仰天しました。

朝、当方から作業所などに通所するには、こちらで衣服は用意して、天候、季節、色などを合わせたものを着てもらっています。中には自分で用意できる方もありますが、微妙に天候の様子などで難しい時もあるので、(昨日まで猛暑、明日は大雨などの時とか)そういう時は、本人さんにアドバイスして、「明日は雨で寒いから、ズボンは長ズボンにしようよ」などと伝えます。
ご本人がコーディネート難しい方にはこちらが適切なものを用意したり、介助で着せたりします。

昨日凄い恰好で帰ってきた人は、コーヒーさんです。

コーヒーさんは、自宅から作業着を持参していて、作業中はズボンを作業着(トレパンとかですね)に着替えています。食べこぼしや、作業での汚れなどがあるので、そういう風にしているようです。
自宅から作業着は持参しているので、GHでは何を作業着にしているのか、実は知りませんでした。

昨日帰ってきたのを見て、絶句!

ショッキングド緑のジャージの短パンと、当方から着せた鮮やかな濃いブルーのTシャツで帰ってきました。
当方から着せた短パンではないので、作業着を着替え忘れて帰ってきたようです。

まあ、作業中ならどんな恰好でも良いようなモンですが、一応ね、合う色、合わない色ってありますでしょう?作業着は一着しか持っていかないわけではなくて、汚れもあるので、2~3着は持って行っている筈なんです。何が悲しくて、ショッキングド緑と鮮やかな濃いブルーのTシャツなんでしょう?
作業所の職員さんは、そういうの、気にしないんでしょうか?とちょっと疑問・・・

たまたま清潔な作業着がド緑しかなかったのかなぁ?
こちらから着せた濃いブルーのTシャツはしょうがないですよ。こちらは薄い色(薄いブルーグレー)の短パンはかせて行っていますから、色合わせしてあるんです。
ド緑はねぇ・・・・・
ド緑と青・・・・・

こういうのが平気な事を「障害者ルック」と言います。

いつもゴムウエストのジャージーのような恰好とか、スゥエットスーツとか、自宅で寛ぐような恰好で平気でお散歩に行かせたり、外出(近所に買い物のプログラムとか、喫茶店に行くプログラムとか、あります)させたりしている作業所、実はまだある様に思います。

「ああ。障害者だからしょうがないよね」と言う様な格好の事ですね。
言い換えれば「一般の人ならおかしいけれど、彼らは障害者だから、しょうがない」と言う様な恰好です。

障害者はおかしな恰好が良いと言う訳ではありませんので、そういうことには私はとても気をつけています。一般の人におかしな恰好は、障害者の人でもおかしいんです。
障害者の人にはおかしな恰好をしてもらうと、見分けが付いてよいと言う事でもありませんでしょうに・・・


が。

さすがに、作業所に「障害者ルックでびっくりしました。いつもああいう色が合わなくても、形が合わなくても平気で着せていますか?」とは言えない。
しょうがないので、自宅に密談です。

「なるべくどんな色でも無難なような色の作業着を持たせてあげて下さい。ショッキングド緑と濃いブルーのTシャツで帰って来て、仰天してしまいましたが、作業所さんには申しにくいので」とお願いする事にしました。

前に障害者カットと言う話を書いた事がありますが、髪型も同様です。障害者だから、と言う感じで、ヘルメットカットなどと言いますが、段を取らないで、ワンレングスにして、長さは凄く短い と言う奇妙な髪型が在るんです。裾だけカットすれば、すぐ済むというだけの奇妙な髪形です。これも一般の人がやっていたら、大変奇妙ですから、障害者の人にやっても奇妙です。いけません。こんなのは。

当のコーヒーさんは、色の違いや色合わせのおかしさなどは理解できないので、いつもの様に颯爽と帰ってきまして、慌ててGHについたとたんに着替えさせました。


作業所の職員さんが「昨日は着替え忘れてすみませんでした。」とメモを持たせて下さったのですが、着替え忘れたのは、本人ですから、まあ良いんです。一々全部見てはいられないでしょうし、ズボンはちゃんとはいて帰って来ていますから、それは良いのです。

作業中の色あわせ、色合わせ。

ああ、びっくりした。
ほんとに。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック