bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



七つ道具
夏休みは今日までです。
明日から又、元気で働きます。

仕事復帰なので、色々用意していて、ふと思いついたので、七つ道具の話を書きます。

入所80人の大規模入所更生施設の非常勤をしていた頃は、とにかくまともな備品がなかったので、(入所者の方に対する姿勢が問われる問題ですよ。)自前で色々持っていました。

はさみ、爪切り、耳掻き、ドライバー

こんなのは、その場で使うのに、ろくでもない施設の備品を探している間がなかったからですね。
鋏は、意外に必要で、大規模ですから、色々どーんと生活用品が届いたりするのですが、一々鋏を探すのは面倒。紐を切ったり、紙を切ったり、色々。
ドライバーもそうで、あちこちで設備が少々不具合になっていたりする時に、その場で埒を明けるには必要でした。

爪切り、耳掻きは言うに及ばず。
所定の常勤職員さんが、所定の曜日にやる事になっていましたけど、やる常勤さんは居ない。ので、非常勤がやってました。仕事しながら、合間にやるので、手元に無いと時間が勿体無い。

あとは、衛生用品で、絆創膏とか、ゲンタシン軟膏とか、イソジンとか持ってました。ゲンタシンもイソジンも、自前で近所の医者で貰ってきて、仕事で使ってました。施設に在るのはいつ開封したのだか分からないような不衛生なのが多かったんです。

大規模施設時代はあとは鍵ですね。
夜などになると、仕切りのドアに鍵を掛けるんです。
それから、外へのドアも鍵がいつもかかっています。
その為のマスターキーをいつも持っていました。
これはさすがに施設の備品です。これまで自前ではかなわない。

裁縫道具もいつも持っていました。ボタンなんかが取れたまま、平気で着せている職員さんも居ましたし、裾が降りてしまっているズボンとか、ウエストのゴムが伸びてしまっているのとか平気で着せている職員さんも沢山居ました。裁縫道具は最後の頃は上司に進言して、かなり備品で買わせて貰いましたけど、それでも糸とか、針とか、そういう細かいものは自前で持っていないとその場で付けられないので、持ってましたね。

それから防水の腕時計。
風呂の介助なんかしますので、時間も限られていますから、防水の腕時計は必需品でした。



今は・・・

大抵の必要な備品は私が現場の責任者ですので用意してあり、自前で持つものは非常に限られてきましたが、今でも必要なのは、防水の腕時計と、今度は携帯電話です。私はPHSなのですけど。

お散歩に行ったり、出かけたりして、その先で何かが起こる事は良く在ります。
現場でいきなり問題発生で、事務所に連絡しなくちゃいけない時もあります。
迷子も出たりしますし。
だから、この商売、携帯電話は不可欠です。
通話はそれ程使いません。
メールが多いですね。

防水時計は前と同じで、風呂も台所もやるわけですし、顔を洗ってもらったり、お手洗いの失敗があったりで、結構水仕事があります。
やはり時間とにらめっこですので、時計は必要。
本当は懐中時計が助かるのですが、なかなか懐中時計って無いんですよね。
何故って、接触性のアレルギーがあるので、皮膚炎起こしちゃうんです。
ナース時計みたいなヤツ(逆さまになっていて、首からぶら下げて正面で見られるヤツ)が欲しいなとも思いますが、ナースが持っているのは、あれはどうも業界用品らしいです。市場ではなかなかありませんね。

私が使っている防水の腕時計は、スイスのメーカーのもので、一応ミリタリー仕様になっている一般品です。生活防水ではなくて、ちゃんとした防水になっています。つまり、水滴がかかって大丈夫程度ではなくて、水に浸けてしまっても大丈夫なやつになっています。
スォッチにも、生活防水ではない、ダイバー仕様のものがありまして、持っているのですが、スォッチの電池交換が出来る店がなかなかなくて、電池切れのまま・・・
普通の店で電池交換すると、スォッチのダイバー防水の時計は普通の時計になってしまいます。専門店でスォッチ専用の電池交換しないと駄目なんで、ちょっと使い勝手が悪いですね。

ミリタリー仕様のヤツは、クォーツではなくて、自動巻きです。
クォーツの防水は、電池交換が面倒です。スォッチと同じ事が起こるんです。
ので、腕時計は自動巻きに限ると言う訳です。

その他の以前、自前で持っていたようなものは、GHの備品で今は用意してあります。


あ。最後にボールペンかな?
備品でも用意してありますが、何かとちょっと書いたりする事はありますし、記録も在りますから、ズボンのポケットにはいつもボールペンは入れています。

結構介護屋の七つ道具って多いかも知れません。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック