bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



転換性障害
少し前の話ですが、お茶目さんが発熱したと書きました。熱は下がって、泌尿器も受診し問題無かったのですが…

実はまだ自宅療養中です。布団から出て来ないんです。

いろいろ理事長が様子を聞いたところ、どうやら発熱をきっかけに、心の疲れが一気に出た様で、多分転換性障害と思います。

お茶目さんはかなり早くGHに馴染んだのですが、彼にとっては大変化ですし、GHに入る直前に大好きなご家族をなくされています。

1年半頑張って、大変な気持ちを受け止めて欲しいと言う事ですね。これは待つしかありません。彼が乗り越えてきた時に、我々が受け入れるしかないのです。

困りごとも少しありまして。

他のご家族にかなりデリケートな方があります。
今は梅雨に夏ですから、多少みなさん絶好調でない部分もあります。日常生活とはそういうものでしょう。

しかし、過敏なご家族にはそうは受け止められません。GHが重大な問題を隠している、と言う事になってしまいます。

心配性な方なので、その他のご家族ににも、いかに大問題を隠しているか、丁寧に電話で訴えて下さいます。何もないのに話がどんどんおかしくなります。

GHで苦労するのは、実は本人さん達の介護ではないんです。家族調整が一番大変です。世話人稼業の方で、これが大変で転職される方も多いんですよ。

たまたまデリケートなご家族の方は、ご自分の息子さんが体調不良になる時は、お茶目さんが悪い電磁波を出している、と信じておられまして、今はお茶目さんが居ませんから、矛先を向ける場所がないんです。

ヒトは敵を作ると安心します。他人のせいに出来ると安堵するのです。ターゲットが居なければ、自分の息子さんのほんの少しの不調の原因を押し付けられないので、GHが悪い、世話人が悪い、と押し付けるしかない訳です。

かくして現在の諸悪の根元はわたくしになっております。

矛先が私に向くのは仕事ですから良いのです。本人さん達が普通に暮らしてくれれば、それで良いのです。ご家族もいつか遠い将来分かって下さるかも知れませんし。

お茶目さんが乗り越えてくれて、又みなさんで暮らせる日が待たれますね。かなり長くかかると思いますが。

待ちます。
待つのも仕事です。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック