bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



個人的な訃報です
珍しくカテゴリーを分けました。

私は持病が在ります。
先天性の心臓病です。
その為、ある医師の方に40年お世話になっていました。
毎年1回健康診断的に受診して、経過観察をしていただいて居ります。

昨年は確かGWあたりに行った気がするのですが、夏休みに受診しようと思い、予約の電話をしたところ、係りの方が「○○先生は、昨年の8月にお亡くなりになりました。」と教えてくださいました。

かなり絶句です・・・

子供の頃、学校の集団健康診断で引っかかり、その縁で精密検査をしたところ、先天性の心臓病が発見され、以来、40年管理してきています。
最初に行った病院では、「子供ではこの先どう症状が動くか分からないので・・・」と言う事で、かなり大きな大学病院の小児心臓病の権威の先生を紹介してくださり、その先生に40年お世話になっていました。
勿論、大学病院は定年になられて、最近15年くらいは違う病院で嘱託で勤務されていましたけれど、最後まで現役で医師をされていたようです。

お目にかかった時はとてもとてもお元気で、数ヵ月後に他界されるなんて思いもせず・・・
本日予約の電話をして、本当に驚きました。

残念なのは、ご遺族にご挨拶もおまいりもできない事ですね。
病院はご勤務先なので、個人情報は出せません。
手紙を託す事が出来るか伺いましたが、難しいようです。
お嬢さんが何人か居られ、現役で心臓の医師をしておられるようですが、(多分、あそこの病院においでだろう と言う見当は付くのですが・・・)お悔やみだけで探し回る訳にも行きませんしね・・・

せめてお参りくらいはしたいものです。
先生が40年診てくださったので、私は今、健康に暮らしています。
先天性の心臓病なのに、薬も手術もしないで済んだのは、ひとえに先生のお陰です。

人が亡くなって、初めて絶句いたしました。

ご冥福を祈りつつ、これからも健康に元気で生きることが、先生へのご供養になるかな と考えています。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック