bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



尿路感染かも知れない・・・・・
先日来療養中のお茶目さんですが・・・
尿路感染かも知れません・・・

月曜日に自宅に様子を聞きに行ったのですが、ご家族が凄い事を言って、私はびっくり仰天しました。
ご家族は、「高熱の為に」としか思っておられないようなのですが、どうなんでしょうか?どなたか詳しい方、居られませんか?

3日間、一滴も小便が出なかったそうです。
幾ら高熱があったって、小便くらいは出ます。
高熱あるんですから、水分は飲ませたそうですし・・・
丸3日間一滴も小便が出ずに、3日目の夜に「こんなにどこに入っていたのか?」と思うくらいの多量の小便が出たそうで。

その段階で高熱下がっていないんです。

うーーーん・・・・・
それはね・・・・・
膀胱炎と言うか、尿路感染かも知れませんよ・・・
普段から、慣れた作業所では気が向くとトイレに行きますが、GHでは「トイレには行かない」と言う決意をしたようですから、(このあたりは少し前の日記をご覧下さい。)毎日毎日20時間近くトイレに行かない生活を続けているわけです。
それが習慣になっていて、膀胱だの、尿道だのに良い訳が無い。

何かしら、膀胱、尿道関連が病んでいます。

お茶目さんはかなり怖がりと言うか、頑としてと言うか、障害の特徴的な部分でもあるのですが、自分を絶対に曲げないところが多いのです。そこは彼が背負った障害が重いと言う意味なのですが、本人は意味が理解できずに、困った方へ困った方へ物事が進んでしまう事があります。

今回も実は通院していません。
高熱で愚図ってしまって、一歩も自宅から出なかったからなんです。
ご家族は全員女性なので、力で出す事は出来ません。
力で出しても全力で抵抗しますから、通院どころの騒ぎではなくなってしまいます。

その状況はお茶目さんが悪いのではなく、ご家族が無力な訳でもなくどうしようもないのですが、検尿一つすればわかる事がこれが実現できません。

実現できない事が分かっているのに、「尿路感染で膀胱炎を発症しておりませんか?抗生物質を飲まないと治りません。習慣性の膀胱炎になったら、大変です。」と脅かすような事を言っても、通院させる事が出来ない状態ですから、家族に不安を与えるだけで、解決策になりません。

事業所が強制的にお茶目さんの通院をセッティングするのもおかしな話ですね。

こういう事は、本当に頭が痛い問題です。
膀胱炎そのもの、高熱そのものは、生命には別状ないでしょうし、永遠に小便をしないで居る事は出来ないので、小便がある程度出てくれば、(たとえ失禁だろうとなんだろうと)今回の炎症(実際には何が原因か、特定できませんけれど・・・)は収まるでしょう。

本当に大変なのは、その後です。
生活しているのは、GHなのですから、GHで当たり前にトイレに行ける様にしないといけないのです。

トイレなんて誰でも我慢できなくなれば行く と思いますでしょう?
それがそうじゃないんですよ。
余りに我慢していますと、感じなくなってしまいます。
排泄の問題のある知的障害者の方は結構居られます。
大抵はトラウマか、二次障害的なわがまま実現の手段ですね。
お茶目さんは多分、トラウマ。

食事もそうですけど、おなかが空けば食べる と思いますよね?
食べません。(お茶目さんじゃないです。そういう間違った意思表示を覚えてしまう方があるのです。)
普通は栄養失調だの、餓死だのにならないうちに人間は食べますが、強い意志(間違った確信)が出来上がってしまった成人のある種の知的に障害を持った方には、「食べない」事を盾に、自分の意志を通そうとする方が居られます。命にかかわります。

1種類の特定の食べ物だけで10年20年と命を繋いでいる方も在るんですよ。
点滴してもらいたさに、口からは絶対にものを食べない方も在ります。
点滴だけで10年20年と生きている方・・・
普通の点滴じゃ命が保てませんから、集中栄養になってしまっていて、それが生き甲斐の方もあります・・・

お茶目さんのトイレもそれに近い物があるんです。
ああ、どうしましょう・・・・・
何とかしなくては・・・

トイレの場所に強引に引きずっても駄目なんですよ。
膀胱は随意筋ですから、何が何でも小便をしない と言う事が出来ますね?
ですから、物理的にトイレに引きずって行って、腹部に圧力を強引にかけて無理やり小便させようとしても駄目なんです。かえって反発だけが残り、何が何でも小便しなくなってしまいます。

おむつにすれば良い と言う話をする人は、こちらにはおいでにならないと思いますけど、おむつにしたって駄目です。出しません・・・・・

膀胱にたまっている小便は老廃物の固まりです。
体内に常識外れた長時間溜まっている事がどんな事か、本人さんは理解できないので、支援者は四苦八苦するのですが、それが私の仕事ですので、何とかしなくちゃな と思っています。

たかがトイレ。
されどトイレ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック