bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



葉唐辛子の炒め煮
先日、庭の手入れをして、昨年切株にした筈の山椒から若い枝がわんさか伸びているのに気付きました。山椒は棘が鋭いので危ないんです。枝を全ておとして、さて、考えました。山椒=木の芽ですね。買えば高いです。佃煮作りましょう!

ところが作り方が良く分からず、若そうな葉だけ残して硬そうな葉っぱを処分してしまったら、出来上がった佃煮は非常に美味しかったのです。惜しい事をしました。枝は来年迄お預けです。

ハーブもあります。こいつも節操がありませんで、摘んでも摘んでも出てきます。ハーブティにするのですが、フレッシュだと飲み切れない量なので、葉っぱだけを摘んで、から入りして乾燥させます。手間かかる割には、えーと…

昨日は、スーパーで葉唐辛子を198円で見つけまして、雪辱果たすべく買いました。又、葉っぱだけを摘みまして、ざくざく刻んで炒め煮に。唐辛子の青いのもついていますから、少し刻んで入れました。煮干しやら、鰹節やら、胡麻やらも足して、胡麻油で炒め煮♪

今夜出したら、一回でなくなってしまいました…

美味しかったのにぃ~。
又作りますかね?

常備さいの類は、作るのは手間かかるんですけど、食べるのは一瞬ですからねぇ。

嬉しいですけど、もう少しなんとかならんか?なんて思ったりします。
でももう一度作りそうな気がします。葉唐辛子の炒め煮。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック