bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



夜明けの珍事
珍事じゃなくて、騒動だったんです。

雨戸はちゃんと立てているんですけど、夏になるとみなさん、5時頃になるともう起き始めます・・・時計概念の無い方も居るんです。何となく夜が明けちゃう・・・真夜中に朝が来る事は少なくなりましたけれど・・・

今朝、5時45分頃、「ダダダダダ!!!」と言う凄まじい音がしました。何かが落ちたような音です。
何の音だかはすぐ判りまして、コーヒーさんが階段を駆け下りた音です。
でも、最近、コーヒーさんが明け方階段を駆け下りるなんて行動はしません。
おかしいです。
もう少し聞くと、リビングから喋り声がします。
「なんちゃらかんちゃら、駄目よ!」「はい!」
どうも2人の声です。

ここで、気がつきました。

これはですね。
お茶目さんが悪い悪いいたずらをしたのです。

お茶目さんは人が嫌がることをして楽しむと言う悪い行動をする事があります。
ずっと無かったのですが、最近又少々目立ってきて、気をつけているところです。

コーヒーさんは、自分の部屋に他人が入ってくることをとてもとても嫌います。(自分は他人の部屋に勝手にドンドン入りますよ。そこは知的障害重度さんですから、自分が嫌なことを他人にはしない と言う事が難しいです。これも今後の課題です。)それを良く知っているお茶目さんが、悪いいたずらで『寝ているコーヒーさんの部屋に入り込み、多分突付いてコーヒーさんを脅かし、かつ、「駄目よ!」などと言った』と言う事のようです。

他人の部屋に入り込んで、脅かして、ついでに「あなたは悪い事をしています=駄目よ」などと言うのは、尋常じゃ在りません。
ですから、コーヒーさんは嫌がって、階段を駆け下りたのです。(危ないです。危険認知が出来ませんから、落ちたことが何回もあります。)そこへ追いかけてリビングまでやってきて、駄目押しの様に、リビングの椅子に座って逃げているコーヒーさんに又「駄目よ」と言う。コーヒーさんは言葉が無いのと、「駄目よ」と言われると、反射的に嫌なのに「はい」と返事をする(でも、はい と返事をしている事に納得は出来ない)と言う長年のお茶目さんとコーヒーさんの悪習慣があるんです。

とりあえずリビングに行きまして、「お茶目さん、コーヒーさんのお部屋に入ったの?」と聞きます。
「うふふ」とか言っています。他人が嫌がって、私が怒っているので、嬉しいんです。
これじゃ困りますから、睨みつけまして、(睨むのがお茶目さんには一番効きます。)どすの聞いた声で「コーヒーさんのお部屋に入る人は、タカヤマさんは嫌いです。」と言います。
コーヒーさんは、お茶目さんを指差して訴えていますから、「お部屋にお茶目さんが入ってきたのね。ごめんね。それは駄目だね。」と伝えて、「お部屋に行って大丈夫だよ」と伝えました。

コーヒーさんはお部屋に戻っていきました。
私も宿直室に引っ込みます。
見張っているみたいなお馬鹿な事は、私はやりません。



その5分後です!



部屋から泣き声がしました。コーヒーさんの部屋です。
もう、ぶっ飛んでいきました。
現場を押さえないと駄目なんです。
ぶっ飛んでいったら、お茶目さんが居ました。
コーヒーさんは火が付いた様に泣いています。

「馬鹿者!!!!何やってんだ!!!」あらん限りの力を込めて怒鳴ります。
勿論芝居ですが、本気に見える芝居です。
お茶目さんはびっくりして固まっています。
普段、私は滅多に怒りません。
小言を言い続けても効果ないからです。
駄目な事は、静かに「駄目」と言います。
怒鳴ることなんかありません。
その私が怒鳴りましたから、これは普通は仰天します。
仰天してもらわないと効果ないんです。

「下に行きなさい」と静かに言ったら、お茶目さんは恐る恐る下りて行きました。
それから、コーヒーさんに「ごめんね。駄目だね。嫌だったね。大丈夫?」と優しく言います。
怒鳴られたのは、自分ではない と言う事は、コーヒーさんにも分かります。お茶目さんも自分が怒鳴られたのだと分かります。だから、効果があります。

そのまま、コーヒーさんはテレビを付けたので、「見ていて良いよ」とにっこり言って、またまたリビングに逆戻り。
又、睨みます。
「タカヤマさんは悪い事をするお茶目さんは嫌いです。」と言います。

肝心なのは、いつまでも怒っていないことですかね。
それで、私は二人の視界から消えました。
宿直室に戻ったんです。
お互い、自分で考えますから、一人で考えられる時間があったほうが良いのです。

30分して作業を開始しないと間にあわない時間になりましたから、まずお茶目さんを静かに呼んで、整容をして、それからコーヒーさんを呼んで、整容をして、2人に朝食を食べさせました。このときは、もう話題にしないんです。いつまでもやってると、混乱してきますから・・・

出かける頃にはまあまあ、二人とも元気な様子になったので、良かったです。

お茶目さんは、最近昔やっていた悪いいたずらを時々やっては職員が反応するのを待っていまして・・・私たちは以前の様には反応してあげないんで(反応が楽しいからいたずらするんで、反応しなければ楽しくないんです。)しつこくしょっちゅうやってました。その度に睨まれていたんですね。
余りつまらないから、反応しそうなコーヒーさんにいたずらしちゃったのかも知れません。
良く無いです。
駄目です。
叱ります。

でも、さすがに今朝はその「今まで職員の反応を見て楽しむのに最適だった悪いいたずら」はやりませんでした。
あれだけ怒鳴られれば(って、ほんの一瞬ですけど。「馬鹿者!何やってる!!!」の一言ですから・・・)まあ、やりませんね。

そんなこんなで早朝から結構騒動でした。


度胸据わっている人が居ましてね。
その方は、少々何かあっても起きないんです。
悠々と眠っています。
今朝もその方は、騒動を知らず(その方が助かります。)悠々と時間までぐっすり眠っていました。


4人さん一緒に暮らしていますと、時々はこういう騒動も起こります。起こるのは仕方ないです。後始末の方法ですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック