bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



本日は山へ
こだわりさんのガイドヘルプです。

2箇所こだわりの場所がある方で、こだわりの場所でこだわりの行動を勝手にする、と言う方です。
二次三次的行動障害でしょうね。言うなりになりませんと、すぐ自傷とパニックが始まります。

とは言うものの、こちらもプロなんで、言うなりにこだわらせる訳には行きませんし、楽しくない外出も困ります。加減が難しいところです。

先週、こだわりの場所に行けなかったそうで、今日はかなり深刻にこだわっています。こんな時は無理に別の場所は止める事にして、こだわりの山に行きました。但し、こだわりの行き方では行かないです。全てをこだわり通りには提供しないようにしています。多少パニック的な行動もしますが、ある程度本人さんは承知でだだをこねいますので、的確に処置すれば大きな引き戻せない程のパニックにはなりません。

こだわりは消滅させるべきものではないと思っています。好きの表れでもありますから、こだわりに凝り固まらない程度には負荷をかけ、反対にある程度は実現するようにします。

こだわりの場所では、一定のこだわり行動を本人がヘルパーそっちのけで勝手にドンドンやる、と言う弊害が起こりますので、必ずこちらで行動のコントロールをします。決定権を本人さんに持たせないんです。例えば手を繋ぐ、声で指示を出す、の様な簡単なコントロールで良いんですけど。

自分の世界に篭らせない為ですね。

今日のこだわりさんは若いので、かなり体力がありまして、ドンドン行きそうなのを手を繋いでコントロールすると、もうバリバリに筋肉痛なんです。今夜はマッサージしましょう。

若いので、今ならまだこだわりから支援者がコントロールを教える事が出来ると思われるのですが、家庭に居る方で、なかなか実現は難しい様です。うちのGHに住んでる訳じゃない方なんです。

元々私は最初に障害者福祉の世界に入った時、良い指導者の方の下で重度行動障害の方の更正を学びました。どちらかと言うと、自閉症のある方で行動障害顕著な方への日常生活支援は好きです。

ガイドヘルプは日常生活支援とは別の難しさがありますね。

本人さんは、山に行けてまあまあ楽しく過ごせた様で良かったです。

若さは障害を持つ方にとっては大きな武器です。私も今のGHだけをずっと担当する訳ではないと思いますから、いつか行動障害の強くある方への日常生活支援もやってみたいです。

年を取ってからでは、凝り固まってしまい、本人さんの生活のし辛さが増していきます…早く抜け出させて差し上げたいものですね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック