bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



衣替え
そろそろシーズンですね。利用者のその手の事は、GHでやるべき事ですが、いまだに自宅から家族総出でやって来るご家族もあります。

衣替えと絨毯を収納に参ります、等と自宅からメモが来た利用者さんがあり、昨夜は利用者さんと一緒に慌てて衣替えと絨毯の収納をしました。

家族にさせてはGHの意味がありません。職員が利用者に内緒でやってしまうのも余り良くありません。物理的には利用者には出来ませんが、一緒に居るだけでも良いんです。何か持って貰うとか、取って貰うとか出来れば上出来です。

で、出来上がったら誉める!これ、絶対必要です

。何がどうなったか?の難しい説明は、当GHの利用者の場合は不要です。理解出来ません。意味が分かる事は勿論大切ですが、知的障害重度なのですから、理解出来ないのは彼等のせいではなく、障害本来のものですから、やりません。

けれど、私となにかやったら出来て誉められた、と言う経験はたくさんして欲しいんです。生活に重みが出ますし、GHが生活の根幹の場所だと言う無意識の自覚が培われて行きます。

いつまでも家族におんぶにだっこじゃ駄目なんです。家族にやって貰った方が楽出来ますが、なんとか先回りして、私は家族にはやらせません。じゃないと、いつまでも家庭こそが利用者の居るべき場所、GHは平日に家族が楽をする為の避難所の感覚から抜けてくれません。

当GHの利用者の家族は、みなさん、自宅こそ本人の生活の根幹の場所、の思いから全く抜け出せない方々ばかりなんです。

障害を持ち、二十歳迄生きる事は有り得ない、等と言われながら、我が子を40年以上自宅に囲って育てて来たのですから、良くも悪くも根性が据わっていますし、考え方は懲り固まっています。利用者本人が親の介護で一生暮らせない事は理屈では分かるので、GHが出来た訳ですが、感性や懲り固まっているものは、一年や二年では解消されませんね。

私の今の一番の課題は、どうやって利用者本人の生活の根幹をGHに持ってくるか?です。

それをやるのには、衣替えからやらにゃならんと言う…

千里の道は遠うございます…



意外に。
利用者本人達は、なんとかなるんです。なんとかならないのは、親御さんですね。これが一番厄介です。でもやらないと利用者本人達の将来がないですから、職務上、私がなんとかしなくてはね。

GHに利用者本人が入れば終わりじゃないみたいです。スタートしてからが問題かも。いつまでも親が意識の中で囲っていると、親本人が死亡した時、利用者本人が心の自立が出来ていない、と言う恐ろしい事になってしまいます。

それだけはプロとして回避したいです。

だから、衣替え…
道は千里ではない?
三千里くらいありますか?遠いですねぇ~。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック