bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ふと考えました
<+))><<ごときで、つまらない揉め事がありましたけど…

結局責任感の話かなあ?といつも思います。何かあった時に、GHは生活の場所ですから、どこか問題が隠れていないか、と検証する責任感ですね。

太る、とします。
GHではコントロールしている、とします。それでも太る場合、通所先、自宅のせいにして知らん顔、が、当該職員さん。

食べ過ぎと迄は行かなくても、風が吹けば桶屋が儲かっていないか検証するのが、責任者の私です。

たまたま。

成人病のデパートで、凄く肥満の人が居ます。それほど大量に食べる訳ではなく、私もコントロールしています。でも着々と太る。

それだけが原因とは思いませんが、私はその肥満の人のご飯は、子供茶碗に軽く半分だけ盛ります。その方は、お代わりをしたいのですが、量の把握はあまり得手ではないので、お代わりして、子供茶碗に軽く一杯にしています。

その方には、お代わりをする事が満足だからです。

出来ない職員さんは、「大盛り?」と聞く。で、子供茶碗に山盛りにする。でもその方のお代わりをしたい気持ちは、大盛りだから必要ないとは判断しません。知的障害が重度だからです。

お代わりして子供茶碗に軽く一杯、は、満足出来るのですが、山盛りでお代わり無しは理解出来ないので、当然にお代わりを申し出ます。

また山盛りにしちゃうんです。大してカロリーは変わらないと主張して。

こういうがちがちの頭の職員に現場をやられると本当に困るんです。プライドは高い、上司の言う事は聞かない、反論する、キレる、でも肝心な仕事が出来ない。

出来ないのに本人は出来ると思っているから始末に困ります。

一日置きに、食べ放題の状態でした。幾ら言っても駄目でした。結果2キロ太らせてしまいました。

家で食べ放題だから、通所先のカロリーが高いから、と、自分の食べさせ過ぎを考える事をしません。体質だから、とも言いますね。

例え、肥満の利用者さんが体質だけで太るとしても、です。本人はコントロール出来ないのですから、こちらがやらねば仕事ではありません。肥満の利用者さんだけ、極端に違う貧しい献立にするのは間違っています。心が死んでしまいます。

当GHには自閉症を持たれて、いつも動き回っている為に、充分に食べて貰わないと、どんどん痩せてしまう方も居られます。

同じ食卓で同じ物を食べていると感じつつ、実はコントロールする、と言うのは、プロの技術です。決して、「あなたは太るから食べちゃ駄目」等と言っては駄目なんです。意味が分からない上に疎外感を持ってしまいます。


こういう技術に敬意を払わない人でした。こういう技術がある事も知らないかも知れません。自分が太らせた自覚もないでしょう。私が必死に2キロで食い止めた事も理解しないでしょう。


良く論争になりました。どうも調子が良くない様子の方も時々は出ます。本人さんは的確に訴えられませんから、状況観察しますよね?健康なのか、ストレスなのか、なんだかリズムが狂ってしまっただけなのか。勿論全容解明は難しいのですが、あれこれ可能性を潰していくとなんとかなります。その後の参考にもなります。

極端な話だと、トイレを我慢してしまい、にっちもさっちも行かなくなり、失禁した上にどうしてもトイレに行かなくなる、と言う様な事も起こります。
トイレに行けば良い事よりも、トイレに失敗した事と恥ずかしさ、職員にしつこくトイレに行けと強制される事が不愉快な事として記憶され、トイレに行かない事で、トイレの失敗を避けようと行動するんです。

知的障害があるとは、こういう事なんです。

ではどうするか?しつこくトイレに行けと言っても駄目です。おむつは最悪です。

本人が納得しているタイミングで、トイレに行きたくなる様に、生活リズムを整えるんです。どのタイミングなら納得なのか観察して、そのタイミングにトイレになる様に仕向けるんです。そうすると失敗しなくなります。

これを実現するのに、かなり掛りました。出来ない職員は、私がコントロールしたのが分からない。自然に行く様になったと信じてる。

こういう職員ですから、ちょっと体調不良かな?と思うと、血圧と熱を測り記録しておしまい。

がっかりしたのは、普段一人でトイレに行ける人が、通所先で失禁した時にも、帰ってきて血圧と熱を測り、「異常なし」でおしまい。

ちゃんと訳があるんです。その人が失禁したには。
今までどちらかと言うと好き勝手に過ごしていた人なんですが、介助者に同意を求める事を覚えてきたんです。
でも知的に障害は重度ですし、同意がうまく求められないまま、限界になっちゃったんでしょう。

こういう時に必要なのは血圧ではありません。失禁の時の周囲の職員さんの様子などを聞く事です。


とかく、数字のデータがないと、裁判で勝てない、と主張する人でした。様子観察する私には、素人だから思い込みで判断し、数値の裏付けがない、と良く言いましたっけ。

数値、データで全ては判断出来ません。不要とは言いませんが、+プロの目の判断が必要です。それをやるのが、世話人たる私の仕事であり、責任ですね。

こういう事を、素人の勝手な思い込み、で片付けられる人は、責任ある現場職員は出来ません。現場の出来ない管理職、相談職が増えていますね。

だから福祉現場は労働と対価がそぐわないのかも知れません。

出来ない職員、次の職場の相談職では、給料は倍近くなるそうです。「現場なんかやっていたら、いつまでも素人から成長出来ないよ」と、親切な彼は忠告してくれましたよ。




一昨日きやがれ!

と怒鳴って追い出してみたくなります。あと少し辛抱しなくては。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック