bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



床屋に行きました。

070412_0739.jpg

070412_0739~001.jpg
















床屋に行きました。私じゃないです。写真の利用者さんですね。

彼は、十年ぶりくらいに床屋に行きました。
彼は自閉症を持っています。そのため、動かないでじっとしている事が出来ません。
床屋さんは、介護のプロではないし、ご家族も介護のプロでは在りません。
その為に、床屋さんは言葉で説得して完璧に仕上げようとしてしまい、ご家族は6割でも7割でもいいから、本人さんが我慢の限界のところで辞めて欲しいと思い、なかなかうまく行かなかったのだそうです。

ご自宅でご家族がずっとカットしておられたのですが、素人ですし(床屋がご商売ではありません。お父さんは建築の設計のお仕事です。)ご両親もご高齢になってこられ、自宅でのカットが難しくなり、かつ、GHに入って1年半が過ぎたのでちょっとお誘いして、久しぶりの床屋が実現しました。

本人さんは、お出かけは好きで、人懐っこい方なので、「鷹山さんと床屋に行くよ。」と言いますと、「パパ」とか「風呂」とか言っています。お父さんが風呂場でやってくれるよ と言う意味です。鋏でちょきちょきする恰好もして見せてくれます。

これは大丈夫だろうと言う事で、あらかじめ下話をして予約をしておいた目当ての床屋に雨の中、傘を指して行きました。店に入ろうとするとちょっと不思議そう。「鷹山さんと、このお店のおじさんに床屋をしてもらうよ。」で、そっと中に入る。
店には前のお客様がまだ居られました。しばらく待ちます。ちゃんと待ってくれました。

それから「どうぞ」で椅子に座って・・・
座ったんですね。ちゃんと。
それからそれからいろんなタオルだの、髪の毛除けだのをされますが、我慢してくれます。えらいです。
何かされる事、圧迫、束縛的な事は自閉症の方はとても苦手です。

床屋のマスターも実は偉い。

この床屋のある場所は、とある療育センターの近所で、当GHのある地域も比較的様々な人があちことに生活している場所です。
ある踏切などはいつも渋滞していますが、何が渋滞しているかと言えば、車椅子で渋滞しています。そのくらい、色々な人が一緒に住んでいる場所なんです。

だから、色々な人が居るというのは床屋のマスターも馴れています。
完璧にやらないと駄目 とか言いません。
上手に騙し騙しやってくれます。
勿論私も介助に付きまして、彼が分かる様に説明しながらの床屋さんと2人3脚です。

自閉症の方、動かないと言うのは無理なんです。
彼も自閉症の障害は重度なので、どちらかと言うと四六時中動いています。体脂肪率が一桁しかありません。とにかく食べてもらわないと痩せてしまうくらい動きます。

ので、床屋さんでも動きっぱなしです。

しかし、彼なりにちゃんと我慢しています。
カット中に動くのはしょうがありませんが、なんと!かみそりで襟足や、眉毛を剃ることが出来ました。
勿論、彼にわかるように私が手を添えて動かないようにしていてもらった訳ですが、それでもそれを聞き入れてじっとしていたのは、彼が凄いです。
その短い間に剃ってくれた床屋さんのマスターも凄いです。

なんやかんやで30分、床屋さんの椅子に座って頑張りました。
やっと解放されて、椅子からさっさと降りた時に、おもわずガッツポーズが出ましたから。

この写真は一夜明けて、今日の朝食の時に撮りました。なかなか彼氏、ハンサムでしょう?
後ろの写真は「あっち向いてみて」と声を掛けて薄炉を向いてもらって撮りました。
今までは、お父さんカットだったので、揃えてきることが難しく、左右のバランスも取れず、かみそりで襟足を整えるとか、眉毛をカットするとか、かみそりで整えるとか言う事が全く出来ませんでした。

きちんとしたカットをしてもらったら、何だか男っぷりが上がりました。
今日は通所先できっと一杯褒められたと思います。
私も沢山褒めました。
本人さんは、しみじみと「うん」などとうなづいて居りました。

知的障害のある方に、床屋、注射、病院などがなかなか実現できないと言う事は在るようです。
抑え付けて とか言う事も在るようですが、彼の様に十数年ぶりであっても、ある程度のテクニックがあれば、ある程度は実現できます。
完璧は無理ですけれど、7割くらいなら何とかなります。

彼の場合は、ごく短時間の指示は聞いてくれるので、彼が聞いてくれる言葉(彼の場合は、「まだ」と言う言葉である程度の時間じっと待ってくれます。)で的確に指示を出し、床屋さんも押さえつけるようなことをしないで上手に動きながらのカットをしてくれることでかなりの程度まで実現することが出来ました。

こんなのは馴れなんでしょう。
来月、再来月 ときっと上手になっていくと思います。
褒められれば嬉しいです。
慣れれば早くカットできますし、上手に出来たと言う達成感も味わってもらえるでしょう。
かっこよくなって褒められることは嬉しいですし。

実はもう一人、自宅カットの方が在ります。
実はいわゆる「ヘルメットカット(良くない言葉です。入所施設などで手入れが楽で切るのが早くて簡単なような手抜きのカットをするのですが、そのカットがヘルメットを被っているように見え、実に宜しくないので、こういう言葉があります。)」なんです。

襟足をバリカンで刈り上げて、分け目を取らずに長めにただ、揃えただけと言うカットで、しかもお父さんは床屋さんではないので、刈り上げた襟足がいつも不ぞろいに乱れています。
カットしたてが一番汚い と言う状態・・・

この方も床屋に行かせたいのですが、ご家族は「床屋よりも家族の愛情の篭った自宅カットが一番丁寧だ」と言う事で、なかなかね、実現しません。

本人さんは、この方よりも社会的なことに対する受け入れが柔軟な方なので、かなり床屋に行くのを楽しみに出来ると思うのですが、家族との関係もあり、本人さんだけの利益で出来ないのが難しいところです。

この方のカットを見て、「愛情ヘルメットカット」のご家族も「うちの息子も床屋に」と言ってくださるようになるといいですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック