bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



福祉ネットワーク
NHKの教育テレビに在りますね。
時々聞きます。(うちのテレビは6インチ。ほとんどラジオみたいなモンです。)今夜は噺家の林家正蔵さんがゲストで手話の話しをやってました。

林家正蔵さん、元林家こぶ平さんですね。

聴覚障害者の人の話しになる訳ですけど、彼が聴覚障害者をなんと呼称したかが興味深かったので・・・

「聞こえない方」と称していました。
なるほど・・・
聞こえない方ね・・・
良いですね。

私はどこかに障害がある方を称する時は、まあなるべく障害がある とは言わないで(特に、ご本人、ご家族に対してですが)「難しい」と表現することが良くあります。

聴覚障害者の方のご家族には、「(ご本人は)お耳の難しい方と聞いています」などと言うんです。
「耳が不自由な方と聞いています」って言ってよいのかも知れないんですが、どうも言いにくい・・・
なんででしょ?
視覚障害者の方は、ご想像通り「目の難しい方」です。聾の為に話が出来ない方は、「お話は如何ですか?」と聞くこともあります。当方は手話は出来ません。
障害専門の介護屋ですが、オールマイティとはいかないもので、私は知的障害のある方が専門ですので、手話の方には申し訳ありませんが、筆談させてもらうか、手振り身振りで何とかします。

当然ですが、知的障害者の方のご家族に、「頭の難しい方」とは言いませんよ。おかしな事になりますから。
精神障害者の方に「神経が難しい方」もまずいでしょう。

知的障害者の方には、具体的な情報をお聞きすることが多いです。
「(ご本人は)何がお好きですか?」「お財布はご本人に会計していただきますか?私がやりますか?」「お伝えする時は、言葉?本人さんは言葉?ジェスチャー?表情?」みたいに、まあ、大抵はガイドヘルプの時ですが、その方をどう支援したら良いかの方法を聞きます。

精神障害者の方は、仕事上でご家族と打ち合わせと言う経験が無いので、ちとわかりませんが、大抵は(街中などで出会うこともありますね。)何となく障害がおありだと言う事は分かります。どうしたら良いかは、その時によりますけど。

一般の方には知的障害者と精神障害者の方の区別が付かない方も多いようですが、両者の違いははっきり分かります。これは商売柄。もっとも、いわゆるボーダーラインの方などには、両方の障害がダブっている方も結構居られます。ご本人さんは大変だろうと思います。支援している方も技術が要りますね。知的障害の軽度があって、精神障害は結構重いと言う方は意外に多いものです。障害があるだけなのに、街中で暮らしにくい方もこういう方に多いようです。


仕事上で情報としてやり取りする時は、聾の人、盲の人、知的さん、軽度さん、重度さんなどと使っています。
身体障害のある方は、どの程度の運動能力があって、そういう介助が必要かの情報を貰います。


呼称はね。
色々意味合いを込める方も多いので、非常に難しいですね。
私の事業所も「知的しょうがい者」と書きますし、「しょうがいがある」と書きますが、私自身は前にかいたことがありますけど、一般呼称として「障害者」と思っています。


ガイドヘルプなどに出る時は、登録ヘルパーさんでは少し難しい方に当たることがあります。
良く来るのは、いわゆる行動障害のある方。
本人さんのせいじゃないですが、これはまあ普通は障害の一義的なものではなくて、生育歴、学習歴、環境歴による二次的、三次的な後天的障害であることが殆どです。(そうじゃない方もあると思いますが。)
そういう場合は、「行動障害はどんな風ですか?」とまさかご家族には聞けないので、「何か私が注意すべき本人さんの癖の様なものはおありですか?」と聞きます。

行動障害の顕著な方は、事故が一番心配です。
事故なく本人さんに楽しいお出かけをしていただくには、情報はやはり必要なんです。
でも、「どんな行動障害をしますか?何を壊しますか?何に拘って動かなくなりますか?何をすると怒って走り出しますか?」とは聞けないし、聞くべきでもありませんし・・・

仕事でこういう情報が必要ですから、言葉は注意しないといけないですね。

「聞こえない方」と言う正蔵さんの表現は、非常に肩の力が抜けて素敵な表現だなとちょっと思いました。
私がまねするかどうか は、まだ決めていませんが・・・


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック