bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



パターン化した外出
昨日本日とガイドヘルプでした。春休みがあるのでGHの利用者が宿泊しない為です。

さて本日。

今日の方は、自閉症の重度の方で、こたわり行動で生活している感じの方でした。勿論初めて会う方です。

外出記録を見ると、2箇所の同じ場所に行き、正確に同じパターン化された行動をしています。崩すとパニックを起こしています。

彼が好きな事や好きな食事は分かりました。それは実現して良いのですが、パニックを恐れて同じ場所に行きますと、楽しむよりは、パターン化行動をイライラしながらこなす事になりがちです。場所が同じなのに、パターン化行動を止めさせようとするのも徒労です。第一楽しくありません。

思い切って本人さんに希望を聞くのを止めました。本人さんいろいろ凄い言葉を駆使するのですが、意味は余り分かっていない様子なので、こちらでお膳立てしてしまいました。

こだわりさんに私が心掛けている事があります。なるべく否定的な言葉を使わない事と、本人さんのこだわりの事柄について、説得しようと本人さんと議論しない事です。

お出掛けは日常生活支援ではないので、その場限りです。特に私は滅多にガイドヘルプには出ない仕事ですから、かなり思い切った事が出来ます。

こだわりの場所には行きません、ダメです、とは言わず、本人さんが理解出来そうな言葉で、本日を少しずつ説明しながら出掛けました。

自然の公園などは、本人さんは嫌いです。街中が好きで、洒落たところが好きです。

こだわりの場所は街中ではあるが、別にお洒落でもなく、こだわり行動を実現するにも不向きな場所なんですが…

記録を見たら、もう4ヶ月連続でその場所に行っています。介助者がこだわりを止めさせようと、今日はダメです、など頑張っているみたいでしたが、ことごとく撃沈。本人さんはこだわり行動だけを行い、介助者は置いてきぼりでドンドン勝手な事をしている様に見えまして。

今日は今時トレンドの本人さんは見た事も聞いた事もない場所に連れていっちゃいました。勿論時間、予算、こだわり、本人の好みなどを考えてそこにしたのですよ。

結果は、まあまあでした。他害行動もやるんですが、一日付き合っていたら、どんな時に他害が出るのかの見当もついてきました。

見た事も聞いた事もない場所で、いつものこだわり的な好きな事は勿論提供しましたが、それ以外の事もやりました。

いつものこだわりは止めて、今日は別の事をしましょう!と言えばパニックですから、そういうやり方ではやりません。パニック自体も本人が二次障害的に承知でやっている感じなので。

ずっと2箇所のこだわりの場所でこだわり行動だけを延々とやっていたその方も、本日はそれなりに楽しんでくれた様です。

こだわりを無視するとパニックが起こるも事実ですが、職員がこだわりを恐れ過ぎる方が問題ですね。二次障害と生来的な障害は区別しないといけません。

本人さんにはまあまあ楽しんで貰えた様子で良かったです。

最近大変忙しくて十分に眠れませんが、明日は休みなので、一日寝ていようと思います。

さすがにくたびれました~☆

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック