bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



大学病院へ
本日は年休を取りました。私が年休を取るのは、ほとんどは通院です。ちょっとした事があるので、年に数回大学病院に通院しています。

これがまことに厄介ですね。当たり前ですが、紹介状が無いと特定加算を取られますし、いきなり行っても必要な情報が大学病院に伝わりませんから、ある程度民間で下準備してから紹介状で大学病院に移ったのですが…予約で行くのですが、予約時間は余り宛てになりません。いきおい一日仕事になります。本日も12時の予約の為に朝出掛け、呼ばれたのは15時過ぎでした。

大学病院を利用するのは、勿論風邪なんかじゃありません。一般の病院では無理な事を希望してですから、一日仕事は承知ですよ。滅多に行きませんし。

待っていますと、実に様々な患者さんがみえます。スーツケースを持った方、外国人の方、小さな小さな赤ちゃん、子供さん。一般の病院では無理な患者さんと、その病院の日本の技術を信頼し、自費を承知で為替リスクも負担して外国から来られた患者さん等が沢山居られます。私の相談もその病院独自のものです。

意外に思われるかも知れませんが、医療は患者の尊厳の実現ですから、大学病院は思う程偉そうではありません。メリットとリスクをきちんと把握する心得のある患者には真摯に対応してくれます。医師の方はまともに休んでいるのかな?と思うくらいです。

一般的な比較的簡単な病で大学病院に行きたがる患者も居ない訳では無いらしく、風邪を引いても大学病院じゃないと信用しない、と言う人もまだまだ居るみたいですね。一日待って疲れて悪化して、一般的な病院でくれるのと同じ内容の薬を貰って帰るとか。

こんなのは論外ですが、患者はもう少し自分の治療に意見を持ってはどうかなあ?と思う事があります。同じ病、不具合でも治療の仕方はいろいろあります。医療の答えは一つとは限りません。

そういう事をしみじみ考えたりして、時々行く大学病院は、人としての尊厳をいろいろ教えてくれます。


うちの利用者さん達は知的障害が重い人達です。
知的障害がある方で、体にも不具合のある方は珍しくありません。知的障害は遺伝子や脳内の様々な不具合の結果と言う場合があるからです。

知的に障害があるから、と軽ろんずるべきでも、そればかりに終始すべきでもありませんが、障害と健康の問題も根深いものがありますね。絆創膏一枚貼る事が出来ない為に、入院して拘束するしか方法がないと言う様な極端な話もありますし、障害があるからどうでも良いと放置される事もあります。

どちらもなんだかうまくないですね。

たまに行く大学病院は、ヒトと言う動物の尊厳について、しばし考えさせてくれる場所でもあるのです。

明日からは又仕事です。余り時間がかかり、ついついお土産を買ってしまいましたよ。大学病院のそばに老舗の和菓子屋があるんです。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック