bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お祭り
昨日、利用者さんの通所先でお祭りがありました。簡単に言えば、文化祭と言うか、お遊戯会と言う感じですね。

私は休日ですし、通所先に顔を出す義理はないのですけれど、そういうもんでもあるまい、と思い、少しだけ顔を出しました。

なかなか興味深かったです。

お祭りだと分かって前から楽しみにする人もあれば、当日行ってみてお祭りの雰囲気なので楽しむ人もあり、又、普段と違う様子は嫌で、職員さんの配慮で比較的普段と変わらぬ作業をする人もありました。

ホームと通所先は昼間と夜ですから、お互い別の時間の利用者は知りません。良い機会だったかな?と思います。

比較的状況が変わる事を消化しにくい利用者が居るのです。その方はお祭りには参加せずにいつもの作業をするそうなんですが、私がいきなり顔を出しましたら少しびっくりの様子でした。でも不安にならずに、嬉しそうに握手をしてくれました。帰りがけにはバイバイもしてくれました。私も少し安心しました。

別の方は、前から楽しみにしていた方で、訪問したら手に何か大事そうにもっています。見たら、紙で作った四角い袋に魚の絵が描いてあり、何やら中身が入っています。
どうやら魚釣りの様で、魚の中身はお菓子の様でした。

おさかな、釣れたか?と聞くと、うん!と満面の笑み。中身も分かってあるんでしょう。

最後の方は音楽演奏を楽しんでいました。一番前に座って熱心に聴いています。ふと振り返り~かなり離れていたのですが、気配を感じるみたいです~私を見つけると怪訝そうな顔で何度も振り返ります。それはそうでしょう。居る筈のないヤツが居るんですから。
気の毒なので、彼が座って居る席迄挨拶に行きましたら、納得してくれました。
音楽楽しいね、と言うと、うん!。ゆっくり聴いておいで、で再び、うん!


3人3様の姿が見られてなかなか有意義な時間でした。あ。勿論勤務扱いにはなりません。あくまで休日です。まあ世話人ですから、この程度は仕方ないでしょう。


本日は利用者さんは昨日の振り替え休日です。夕食は外食にでもしましょうか(*^^*)

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック