bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



理想論紛糾
商売柄、自立支援法とか、障害者なんとか、とか、そういうインターネットサークルみたいなのに幾つか参加しています。

あるところで。

今、議論が盛んに行われているんですが、それをね、時々眺めてみては、「絶対変!」と思うワタクシがおります。

ま、人の考えとは様々で、派閥もありますし、似た考えの人も在りますし、そんなんはどうでも良いんですけど、障害者支援と言う仕事をしていて、自分はその意味では当事者ではないし、運動家でもないので、その筋の人たちが「国が悪い。」「役所が悪い。」「施設が悪い。」といきまいてみるのを見て、げんなり・・・・・

俗に3障害とか言いますが、実は身体障害者の方の仕事は余り得意ではありません。

出来ますよ。
勿論。
技術はあります。
私は介護屋の現場ばかり今年で7年目?かと思いますが、措置時代の重度知的障害者自立寮、支援費時代の知的障害者入所更生施設、同時代の身体障害者日常生活支援、介護保険での老人保健施設、最後が現在で、自立支援法の下での重度知的障害者ケアホーム日常生活支援と来ています。

大抵のものは実は一応経験しています。
その上での、地域で普通に暮らす をやりたいという事なのですが・・・
今はそれが出来て大変幸せに思っています。



身体障害者の方は、知的にも精神的にも正常ですから、お考えが様々ありますね。
当たり前です。
私はその意味では健常者ですから、空気として理解できないことが沢山あります。
ので、身体障害者の方への仕事のときは、ご本人の手足になることに徹するようにしていますけれど・・・
埒外でしょうが、身体障害者の方の団体などにも、色々意見が分かれる事があるようですね。
勿論知的障害の方にもあると思いますけど・・・

それが肉弾相打つみたいな状態を目撃、閲覧すると、げんなりしてしまうんです・・・ 特に身体障害者の当事者の方と、その熱烈な支援者の方の政治批判を聞きますと申し訳ないのですが、げんなりしてしまいます・・・


俗に4大障害団体とか、言います。
ええとね。
全障連
育成会
DPI
CIL
だったかしら?
よく覚えていないんだけど・・・

育成会だけが知的で、後の団体さんは確か身体障害の方々の団体だったと思います。
全家連(精神障害の方の団体さんと記憶しています。)は4大団体には入っていなかったような・・・

CILと全障連、育成会には関わったことがあります。
CILは大きな団体ですが、頼りにしている当事者の方も多いですけれど、絶対に拒否する当事者の方もありますね。賛否両論日々紛糾の様子です。
これはDPIも同じでしょうか?
私はDPIには関わったことがありません。

厚生労働省との自立支援法の制定に絡む談判に介助人として付いて行った事も実はあるんです。
厚生労働省のお役人と、当事者の方々が紛糾しているのをじっと待っていた事もあります。介助人として同行しただけですから、意見があるわけも言えるわけもなく、じっと透明人間になっていたと言う事ですけど、数回、厚生労働省には談判をされる当事者さんの介助人として行きました。凄かったですよ。ほんとに。当事者の方が自らの障害に対する思い、拘り、理論、と何とかして、自分達の作った枠組みの中でおとなしくさせようとする厚生労働省とのやり取りは凄まじかったです。まだ、自立支援法が固まっていない頃の話でした。支援費の時代です。



そういう政治的、法的な論争、紛糾を見るに付け、私は現場の今 をやりたい と切に思います。
どんなに政治や運動や法律が変わっても、どちらが勝っても、今、ここに居る私の利用者の方々には関係ありません。

今ある様々な制約、法律を捻じ曲げる事は出来ません。
その中で何が出来るか?が現場だと思っています。
現場が法令や規則に反対運動をして、その利用者の方に良かれと思ってその利用者の方の法的に持っていない権利をごり押ししたら、訴訟沙汰になってしまうかも知れません。
訴訟沙汰になって困るのは誰か?
市役所と揉めて、困るのは誰か?
自己主張が的確に出来ない知的障害者本人です。

本人が困らないように、お上ごもっともで何でも済ませろとは思わないですよ。勿論。
そうじゃなくて、今、その人が困っている時に、「この制度、法律はおかしい」「この制度じゃなくて、休眠にしているはずのあちらの制度を適用しろ」とか役所に掛け合ったり、政府に談判したりしている暇があったら、その現状をとりあえず何とかしろ と思うんです。現場は論議するところじゃありません。踊る大捜査線じゃありませんけど、「事件は会議室で起こっているんじゃない。現場で起こっているんだ」ってのがありましたが、まさにその通り。

うちの事業所は、大きな施設から飛び出してきた理事長が作ったものです。
ある意味、どこの団体にも毒されていません。
反面、物凄い経営困難です。
又、うちの事業所独特のポリシーみたいなのもあります。

私はポリシー騒動には巻き込まれないようにしているんです。
私は現場の世話人ですから、行政との戦いをするのが職務ではありません。そういう事が職務だったら、私は介護屋を返上すると思います。




ポリシーも、議論も、理想も、権利も、みんな大切ですけれど、みんながみんなそればっかりやっていては、生きていけない人たちが居ます。

生涯一介護屋で終りたい と最近インターネットサークルの盛んな論議と言うか、紛糾を見てつくづく思うのであります。


まあ、こんな事は、どこの業界にも在ることで、介護屋の世界だけでは無いですけどね。
福祉専門職 と言われると、つい反発したくなる異端児ですので、余り福祉の世界の参考にはならないと思うけど。

話がそれますけど、先日実習に来た新人職員さんになるかもしれない方 が目を丸くして、でも何も言えずにいましたけど、私その日、マニュキュアしてまして。深紅の。
お風呂の介助でシャツ脱いで裸ですけど、あちこちに刺青があるんで発見したその人は言えずにびっくり!みたいな・・・
もう、「こんなヤツが福祉専門職として仕事していていいのか?」 みたいな有様で仕事してるんです。

ま、私は福祉専門職 ではありません。
ただの現場の介護屋ですがね。

良くはないかも知れませんが、仕事がちゃんと出来ればそんなこと、構っちゃ居られません。それが現場です。
私に世話人としての力量があるかどうか(あると言えるのか?)が全てなんじゃないか と思う事も在ります。
大した力量じゃありませんが、資格では測れないプロの資質は持っている とは自負しています(ああ!恥ずかしい!)



自立支援法。
困りましたね。



でも、困った、駄目だ、全部撤回しろとか騒いでいるだけじゃ、消費税撤廃と同じで、何の進展も無いことだけは確かじゃないかな?と思ってます。

お目汚しにて、失礼しました。
コメントにての障害者福祉のあり方の議論は申し訳ありませんが、ご勘弁下さい。
あくまで、私の個人的な日記ですので・・・

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック