bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



予防接種続き
昨夕、ワンピースさんと予防接種に行ったのですが。

最初は白癬の経過観察です。
長年足指に病んでいました。おじい様が市販薬を片っ端から試したそうですが、病院に連れて行く事が出来ないので、(本人が大暴れして、てこでも動かないから)到底完治は致しません。いつもむしっていました。ますますひどくなる。
で、GHから通院させました。
足から首筋と背中に飛んで、外用だけでは対応できなくなり、(症状が悪化するから触ってはいけないなどと言う事は理解できません。かきむしります。その手で他のところを触りますから、また、どこかに飛んでしまいます。)内服しました。

今、内服始めて5ヶ月目です。
劇的に症状は改善し、見た目にはほとんどわからなくなりました。でも、白癬菌はしつこいのです。
ですから、定期的に通院して、医師の方に診ていただいています。

見せるだけ ですから、痛くありません。
その為か、それほど抵抗なくすんなりいくようになりました。
一回、副作用検査の為に採血した時は、大暴れに暴れました。
ワンピースさんは頭が良いのです。
暴れればやらなくて済む事を知っています。
医師の方も、「無理にやらなくても危ないから良いか…」とか言いました。
とたんに3倍くらい暴れます。
ここで頑張って暴れればやらずに済む というアッピールです。

その時は、「先生の言う事は聞かないとダメ。」と言い聞かせまして、そこまで来ると本人も「抵抗してもだめらしい」とあきらめるので、素直に看護師さんの準備を見ていて、素直に手を出して、素直に採血されたんです。


おかしかったのは、その次の通院の時です。
相棒が「病院で薬…」まで言わないうちに、大暴れして、その日は雨だったので、あきらめたそうです。
これ、駄目なんです。
暴れれば行かなくて済むを学習させてしまうから。
この時の通院は、経過観察で痛くありません。
採血はありません。
ですから翌日私が「今日はお医者さんに行きます。採血はしません。」と伝えて連れて行きました。


さて。

白癬の診察が終わると本人は「終わった」と立とうとします。
まあ、普通です。
そこで申しました。
「今日は、ワンピースさんと鷹山さんは注射です。」

ここでびっくり仰天。

暴れると思ったのです。
暴れる時に発する否定の言葉もあるので、それも叫ぶと思いました。
採血した時と同じ事が起こると思ったのです。

起こりませんでした。

本人さん、「こっち」と腕を出します。
私がちょっとめくり上げて、先生がさっと注射を打って、3秒で終わりました。
「次は鷹山さんだね。」と言って、ついでに私もインフルエンザの予防注射をしてもらって、何事なく帰ってきました。

前回採血した時には、帰り道におねだりがすごかったのですが、おねだりもしません。

ここから先は想像なのですが、行く前に検温しました。検温必ず必要ですから。
そうしたら、本人さんは、「おなかぽんぽん」「おくち、あーん」とか言っています。風邪で通院する時のことを思ったのでしょうね。
「おなかぽんぽんはするかも知れないね。」「おくち、あーんはしないよ。」とだけ言って、出かけたのです。

嫌な予感がしたんじゃないかと思います。

が、本人さんなりに「どうやら鷹山と医者に来て、このお医者さんだと抵抗しても無駄らしい。」とあきらめてくれたのでしょうか?
実際、その医師の方は、結構注射が上手で、私、持病があるので、頻繁にちょっと特殊な注射を継続的に打っていますが、それにしても(注射は慣れます。痛み感じなくなるんです。)上手でした。皮下注射で予防接種って、少し痛いのですが、(私が恒常的に必要なのは、筋肉注射で入れるものなので、ちょっと違います。)3秒だったら、痛いと感じる前に終わっちゃいますしね。

慣れと成長はすごいと思いました。

ワンピースさんは、耳と歯に少々問題を抱えています。凄く症状が悪い訳ではありませんが、もし医者に行けたら、その方が良いかも、という状態です。
ご家族は何としても耳鼻科に行かせたいのですが、ご家族と一緒の場合は、本人の通院でなくても、入口のドアから入らない、待合室に入らない、椅子に腰かけないなどの抵抗をするそうです。
子供の頃にどうしても歯科で治療が必要だった時は数人の看護師さんで押さえつけて、とか、押さえつけた上に全身麻酔を打って、というありさまで治療をしたそうです。

以来、本人さんが徹底的に抵抗するので、本人さんは医者と言うものに行った事がありませんでした。

ワンピースさんがGHに来られたのは半年前。直後に白癬の通院を始めました。
もしかしたら、耳鼻科も根気よくやれば何とかなるかも知れませんね。

耳掃除が大嫌いなんです。
でも、耳から膿がでています。我々GHで掃除をするようになってから、だいぶきれいになってきましたが、どうも本人さん、時に痛みがあるようです。
痛いから、触らせない、触らせないから悪化する、掃除もさせない という状態だったのが、掃除だけは(これは暴れますが、ある程度承知で暴れています。)出来る様になったので、今は小康状態と言うところです。

まあ、医者が好きな人はいません。
特に注射と歯医者が好きな人は大人でもそうそういません。
私も歯医者は面倒なので、ほとんど行きません。歯磨きの類は結構手入れ良くしている方ですがね。
注射は持病の関係で定期的に打たないと生活できないので、打っているだけで、注射フリークな訳ではないし。

さて?

来年は耳鼻科に行けるかな?
いけるといいね。
ワンピースさん(^-^)☆
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック