bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



私は絶対大丈夫
ワイドショーを見ただけですので、分かりませんが…

今、新型肺炎が社会問題になっています。
発生源となっただろう都市も特定されています。

そこからチャーター便で帰国された方で、その時は症状のなかった方2人が、検査を拒否して帰宅した と放送していました。

事情は分かりません。
絶対に感染していない物理的な証拠があるのかもしれません。でも、どんな確固とした100%の自信?
チャーター便で帰国されたと言う事は、その都市に1日でも2日でも居ただろうと推測できます。
帰国希望を出されたのですから、チャーター便で帰国された。発病しても構わないのなら、当該都市に滞在を続けても良かった筈ですよね。

帰国時は症状はなかったそうです。
あいまいな話ですが、今回の新型肺炎は、症状のない感染者の方からも罹患が推測されるそうです。
又、ヒトからヒトに感染することは分かっているらしいですね。

潜伏期間が長いらしい。
潜伏期間が最長で2週間程度とみられると報道では言っています。

無症状で感染している方が見つかったとも言っています。
無症状で発病しない人からも他人に感染するのかどうか ははっきりしません。

新型ですから、何もわからないと言うのが実情でしょう。
1人から何人に感染力があるのかもはっきりしません。

で、どんな自信があるのか分かりませんが、発生源になったと思われる都市にいて、帰国希望を出して、チャーター便で帰国されたのに、「私は症状がないから大丈夫。検査には法的拘束力がないのだから、拒否する」と言うような事の様なのですが。

病気に絶対 ってあるのでしょうか。

自分が病気のデパートなので思いますけれど、風評は駄目ですよ。
風評で感染しない病気になられた方が社会差別を受けて人生台無しになったと言うのは、あちこちにあります。

そうじゃなくて。

症状無し、検査異常なし、で、念のためもう一回検査したら、無症状だけど感染していた と言う方が確認されているそうです。

病気はその人には責任はありません。
適切な医療を受ける権利が患者さんにはあります。

でも、感染真っただ中の都市に滞在していて、チャーター機に乗って帰って来て、「私は絶対に大丈夫だから、検査は拒否する」で済むものでしょうかね…

万が一感染されていて、発症したら?
お国の世話になるつもりはない と言って、治療を拒否されるんでしょうか…

あ、指定伝染病になったから、来週あたりからは強制入院になりますが、その前、「私は絶対に大丈夫」と会社に出勤したり、人込みに出たりしたら?

検査受けておけばそんな心配はしないで済みます。
法的拘束力は来週から出ますけど、無症状の人には拘束力はない。
で、拒否して、発病して、みんなに感染させて、自分も発病して・・・・・

いい事なにかありますか?
スポンサーサイト




天候があれています。
昨夜は天気予報が大騒ぎで。

ついでに、新型肺炎も大騒ぎですね。

当地には山、川はないので、積雪は大したことがないだろうと思っていましたが、案外寒いです。日本中寒いみたいですね。
雪は降らないですよ。

むしろ台風なんかの方があれるときがあります。
凹凸の無い地形なので、滅多なことは起こらないのですが、雨だけは仕方ないから、台風と言う事はあります。風も吹きますし。
昨年の台風15号、19号はちょっと雨、風酷かったですけれど、崖もないし、海もないし、おとなしくしていれば、道路の封鎖もないと言う感じでした。

明日は当地は晴れて暖かいそうですが、さっきちょっと用事で外に出たら、雪でも降っているんじゃないかと言うような寒さでした。

一昨日の日曜日、やはり天気があれていたのですが、友人宅で集まりがあり、近所の友人に付き添いしてもらって、数年ぶりに集まりに参加しました。電車で90分くらいかな。120分くらいかな。そんな感じ。
そこは海が近いです。近いと言っても海岸が見えるほどじゃないのですが、その自治体は海のある自治体。

風が強いかなと思っていったのですが、風はそれほどでもなかった。
その自治体は比較的温暖な気候で、冬でも暖かいですが、当日はちょっと寒かったです。

帰宅して、19時過ぎだったと思うけど、昨日は朝予約の通院に行って、あとは寝込んでいました。
今日は掃除をしたいのですが、まだ疲れが抜けなくて、ついでに早朝覚醒(珍しいです。年に1度あるかどうか)して、寝なおしたのですが、なんとなくはっきりしません。

洗濯ものが干したままなので(室内ですよ!)取り込んで、そのあと掃除をしたいけれど、掃除まで出来るかどうかはまだ分からない。

健常な人でもそうだと思いますが、天候があれると、体調に響きませんか?

我が家は夫婦そろって障害者ですから、天候が悪いと二人とも不調です。

明日はヘルパーさんが来るので、作って頂く献立も考えないといけません。



今日は家事をしています。
何となく、お山にお参りで2泊3日で旅行したら、具合が悪くなりまして、しばらく不調でした。
昨日はまだ少しおかしくて、洗濯くらいしか出来ませんでした。
簡単な夕飯の支度はしたかな。

今日は起きたら、10時頃。
あらま、と思って起きて、明日はネイルに行くので、寝坊しないように目覚ましを明朝は掛けておきました。
最近、夜ベッドに入る時間を遅くしているのですが、睡眠薬との調整がうまくないので、翌朝、10時間くらい寝て目が覚めます。

と10時に目が覚めたと言うようなことになるのです。
医師はこういう風にしてみたら?とアドバイスをくれるのですが、なかなかうまくいきませんね。

今日は水回りの掃除をしました。
手洗いと、洗面所と、風呂場。
塩素剤の錠剤を使うので、それほど時間はかかりませんが、3カ所あるので、結構時間がかかります。
ごしごし擦るところもあるので、今日は元気ですから、一生懸命掃除しました。

あとね。
オンラインゲームをしています。
来月刷新が来るので、色々と準備があって、毎日のようにやっています。
このオンラインゲームは、もう丸8年目に突入します。
私がグループを作っているのですが、まあ良く8年もやっていると思います。
課金は2か月で5,000円くらいかな。
小遣いの範囲で楽しんでいます。
内容はカード型の戦争ごっこみたいなものです。
リアルバトルのは、私にはついていけないので、カード型のをやってます。

それから夕飯を作りました。
簡単ツナカレーを紹介したことがあるのですが、それのシーフードミックス版。
トマト缶と水で700㏄にして、冷凍の洋風野菜ミックスと、シーフードミックス入れて、火が通ったら、カレールーを2分の1パック入れるだけ。
ツナカレーにするときは、シーフードミックスの代わりにツナ缶を2缶入れます。

10分で出来るので、昨夜は3品くらいおかずを作ったのですが、少し残っているので、今夜は昨夜の残り物とカレーです。

月曜日、火曜日はヘルパーさんは来ません。
家事援助の家内のヘルパーさんは水曜日と金曜日です。
水曜日は作り置きをして貰って、金曜日は夕食と掃除・洗濯をして貰っています。

だから、月曜日と火曜日は、私が何か作らないと夕飯がない。

明日はネイルサロンに行きますが、久しぶりにハンドにネイルしてきます。
1年ほど、フットにしていて、かなり爪が傷んだので、今はフットのケアに通っていますが、今週の日曜日?違う?来週の日曜日、つまり、今度の日曜日に、高校の同級生での新年会があります。だからネイルしていこうかなと思って、フットケアは1回お休みです。

この同級会のようなものはかなり長く続いていて、私が大学生の頃始めました。

以来、私が20年くらいはやったかな?他の方に場所を提供してもらってやったこともあります。
数年前、中年になってから結婚した人が居て、その方が、毎年1月に新年会と言う事で、皆様が集まれるようにしてくれました。

私がもう障害の程度が重くなり、主催できなくなったから。
それから我が家は小さいマンションで、家内がいますが、家内は人が集まるのが苦手。
そんなわけで、バトンタッチしたような形になっています。
だから、30年以上不規則ではあるけれど続いています。メンバーは10人くらいかな。

その引き継いでくれた友人のお宅まで、電車で90分以上かかります。
時期が冬と言う事もあって、実は毎年不参加でした。
今年は時々食事をする(要するにデート。家内公認ですよ。ただの友達の女性です。)同級会のメンバーの女性が、一緒に行ってくれると言う事になりました。
家が近いんです。
駅で3つくらい。
だから、私の障害者割引を使って、一緒に行くことになりました。
付き添いの方がいれば、何とか行けます。

そういう事で、5年ぶり?かな?参加します。

専業主婦も結構忙しい。

木曜日は掃除をしようかな と思っています。
掃除はねぇ…週に1回かなぁ…
洗濯はヘルパーさんが1回干してくれますが、それ以外は1回か2回。
水回りの掃除は掃除とは別にやります。

古い名刺
義父の財布を貰ったのですが、真ん中に仕切りがあるタイプの長財布でした。
その仕切りの中に何かある。

紙とか、(メモね)、写真とか、色あせたものが大切に入っている。

ちょっと中を出してみました。
名刺が出てきた。
古い名刺です。

何やさんの名刺だか良く分からなかったのですが、仏教系統の何かをやっている人だろうと言う事になりまして、と言う事は、挨拶せにゃなりません。

何々銀行 何とか支店 普 1234567みたいな口座番号と、名刺の方のお名前が義父の文字で書いてある。
しかも鉛筆で。

何か頼んで、支払いをすることがあったのでしょうね。

電話してみました。

「父の財布を見たら、古いそちら様の名刺が出てきたので、お願いしてあって、引き取りしていないものとか、お支払いをしていないものとかがないかと思って、お電話しました。」と言うような電話をした。

家内が後でインターネットで調べたら、美術館に多数納められているような、高名な仏画師の方でした。

聴けば、名刺の方は電話に出られた方のお父様で、かなり前に他界されているとか。
出た方は跡取りの息子さんでした。

うーん…

父は書もやりましたし、仏画も描きましたし、写仏もしましたし、写経もしました。

高名な仏画師の方に何を頼んで、お支払いをしたのだろうか。
仏画買ったわけじゃないと思うんです。
仏画自分で描きますし。
仏画って買うものではなさそうです。
買っても良いと思うけど、信仰の為に自分で描くと言う事もあるそうな。

家内に聞くと、仏画は上手下手ではなくて、真剣に描いたかとか、丁寧に描いたかと言うのが目的なのだ と言います。
写経も同じで、一生懸命お経を読んで書きましたと言うのが大切らしいです。

したらば、義父とその高名な仏画師の方の関係はどうだったのだろうかね。

義父は地味に有名人らしく、信仰関係の方、書の関係の方、仏画写仏の関係の方には、少しは知られた人らしい。


でも挨拶できたからいいです。電話で済みました。手紙で書くと返事を先方が書かないといけない。だから、私が電話しました。

実はもう一軒ある。

家内のいとこにあたる方で、時々出てくるいとこの方々とは違うお宅の方がある。
その方に義父が他界したことをお知らせして、今後年賀状などのお付き合いをしたいと思っています。

そのお宅が確か書いてあったはずの、義父の部屋にあった「謎の住所録」と言うものがあったのですが。
家内はリスでございまして、みんなどこかにしまい込んで分からなくなる。
当地ではそういう人の事をリスと申します。

リスの家内はどこかにしまい込んだらしく、その住所録が出てこない。

仕方ないので、良く出てくる方のいとこさんに聞いてみたら、分かると仰るので。
ありがたく教えて頂く事になりました。

週末にでも又、私が電話しますかね。
家内、電話がちょっと下手で。
緊張して吃音が出てしまうのと、要領よく用件だけかいつまんで伝えると言うのが、苦手。

だから、こういう電話は大抵私がかけています。

温泉に行きました
で、義父の回向?供養?をして、ケアハウスに挨拶に行って、温泉に2泊いたしました。
家内曰く、義父が遺してくれた小遣いの大部分を使って、私に礼なのだそうです。
ありがたく楽しんできました。

特急で行くと隣の駅の真ん前が予約した温泉旅館。ホテルと言う名前でしたが、要するに温泉旅館。
2日目は何もせずにのんびり過ごしました。
足湯とか行ってみて。
貸切風呂が3,000円なのだそうですけれど、家内が2日目に申し込んで置いてくれて、2日目は温泉に入りました。
すごーく広いの。
銭湯くらい広い。
家族風呂としては大きすぎるくらいです。
からんも左右で合計10個くらいあったので、元々は貸切風呂として作ったのではないかもしれません。
普通のお風呂だったのかなぁ?

私はtattooを入れていますから、温泉とか、健康ランドとかは行きません。
入れないのは承知で若い頃入れたので、元から入る気はない。
お客さんが少ない時間に入ったことはあるけれど、今回は部屋の風呂に入ろうと思っていたら、家内が貸切風呂を予約してくれました。

夫婦で温泉に行ったのは、もう10年も前の話なので、家内としても久しぶりの温泉。
のんびりできました。
お湯も良かったですよ。

夕食も朝食もバイキングスタイルで、食堂に行くタイプ。
ここの旅館は、昭和36年に骨折した石原裕次郎さんが、退院後のリハビリで湯治をした旅館です。

と言う事はですよ。
もう60年は経っている。
そこかしこに当時のままかなと思われる痕跡があったりして、思いました。

温泉業界も色々な荒波に翻弄されてきています。
出迎えなども昔は仲居さんがずらりと20人とか並んだものですが、今はそういう感じではなかったです。
企業努力を重ねて、今に至っているんだなと思うと、応援したい気分になってきました。

アンケートがあったので、家内がそんなことを意見として書いたそうです。

高級旅館に行きますと、今でも部屋の係の方がつくことがあります。
昔は、と言うか、30年くらい前までは部屋に仲居さんがつくのは当り前の事でした。高級旅館じゃなくても。
今回行ったのは、高級旅館ではありません。庶民的な旅館です。

案内してくれた係りの方がいるので、「あなたがこの部屋の係ですか」と聞いたら、そういうシステムではなくて、みんなで手分けしてご案内する事になっています と言うような返事だったので。

ポチ袋は出しませんでした。
1,000円札1枚入れたポチ袋を用意していったのですが、今回は使わなかった。
仲居さんを部屋付きにしてしまうと、凄い人数雇わなくてはいけません。
そんなこともあって、色々企業努力をされているようでした。

3日目にケアマネージャーさんに話を聴きに行ったのね。
で、私たちが義父はこうしたいんだろうとか、これは嫌なんだろうとか、思っていたことが色々あるのですが、それに視点の違う話をしてくれて、行ってみて良かったと思いました。

95歳だった義父は自分で介護保険の契約をして(私たち同席でした。)その後のサービス(掃除)の契約も自分でしました。私たちにはもっと使って欲しいサービスがあったのですが、ケアマネージャーさんにこう言ったそうです。「自分でできることは自分でする。楽をしたらいかん。車いすなどの人を見ると、気の毒だと思うが、自分は出来ればああいう風にはなりたくない。だから、何でも自分で出来るだけのことするんじゃ」

今の時代、特に我が家はヘルパーさんがいなければ生活できない家庭ですから、もうちょっとサービスを使ってくれていたら良かったのにと思う事もありますけれど、大正13年の気概と言うところでしょう。

家内が父母の写真を持参しまして、部屋に飾って一緒に過ごしました。
楽しい旅行でした。
次に行くのは1周忌かな。

年忌
11日に義父の四十九日で、総拠点に行ってきました。
まあ仏教系統です。

奈良、京都などは町中にお寺がありますね。
高野山とかは山にお寺がありますね。

義父が信仰していたのは、山にお寺があります。
昔は登山で昇ったそうですが、今は斜面エレベーターとか駐車場とか、バスがあったり、比較的安楽に行く事が出来ます。
登りたい人は勿論登れます。2~3時間かな。

私たちは登れないので(障害者ですから。あとは時間の都合)タクシーで駅から行って、家内が回向?供養?を頼んでありましたので、家内は本堂と言うか、供養堂と言うか、何だかそういうところに行って、私は受付近くの待合室で待ってみました。
40分くらいで、夕刻のお勤めのお経が終わり、帰ってきました。

滅多にお山には行けないので、勧めて、交通安全のお守りを授かってきました。家内は運転しますので車のキーに付けるそうです。

それから、ケアハウスに寄ったのです。

そしたら、馴染みの職員さんが、「あら!今日は四十九日なので、○○さんご姉妹が先日塔婆挙げてくれて」なんて言いまして、ありがたいことだなと思いました。
しばらく職員さんと立ち話して、○○さんご姉妹をちょっと呼んでもらいました。
義父とは信仰上の付き合いがあり、日ごろの付き合いもあり、非常に良くして下さったご姉妹です。

義父に書道を習ったとか、宗教的な事柄を習ったとか、お世話になった と言って下さって、「35日と49日があるから、何日に塔婆挙げたんですよ」と言って下さいました。

電車の時間があるので、長くは話せませんでしたが、家内が義父が亡くなった後、ケアハウスの仏壇に(仏教系統ですので)お酒を供えてくれるように送ったのね。
そんなのも見ていて、あちこちにお礼をしたのも聞いていて、褒めていただいたそうです。

別れ際「年忌はやってあげてね」と言われました。

私はカトリックですけれど。
実家は葬式仏教なので、一通りのしきたりは知っています。
年忌って、初七日とか、1周忌とか、3回忌とかそういう節目の事ですね。
久しぶりに年忌と言う言葉を聞きました。

義父の50回忌は多分私たちはもう居ない。
俗に七回忌までは とか言いますね。十三回忌は身内でとか、三十三回忌迄はやりたいとか、孫が五十回忌をやるとか。
そういう事を、別に総拠点でなくても良いから、お参りと言うか、拝んでと言うか、そういう事をしてあげて下さいと言う意味だと思います。



旅行に行きます。
明日、義父の四十九日です。
家内が総拠点にお参りの事を頼んだので、私も一緒に受付までは行こうかなと思い、ケアマネージャーさんにも話を聴きたい事もあるので、旅行にしました。

今までは義父がケアハウスに居ましたから、ケアハウスのゲストルームに泊まっていましたが、義父はもう居ないんですよね。
何だか、住んでいた部屋を開けると(今はもう別の方が入居されていると思います。)あの風景と義父の背中が見えそうで、寂しいのですが、泊まるわけにもいかないし、泊まっても仕方ないし。

シカが激突する路線ですが、特急の1つ手前の駅、鈍行だと3つ手前の駅が温泉の駅です。
家内と旅行というと、東京ディズニーリゾートしか行かないので、たまには夫婦で温泉に浸かるか と言う事になり、その駅のそばに宿を取りました。

地方の単線路線で、シカが出ますので。

2時間に1本しか電車は来ません。2時間に2本来る?かな?特急と各駅停車が同じくらいの時間に通って、そのあとは2時間なにも来ません。今回の移動手段は電車とタクシーなので、電車の駅をタクシーで動くと結構掛かりますから。だって。地方路線ですから、駅の間隔が都会とは違う。列車みたいな感じです。昨今ですから、列車ではなくて電車が走っていますけれど。

なので、お参りの時間とか、ケアマネージャーさんの事務所に行く時間とか、帰りの時間とか、色々考えて、予めネットで時刻表を出してあります。最近はネットでわかるので、便利ですね。印刷してもっていけば、まあなんとかなるでしょう。

温泉に行くのはいつ以来だろう?
一緒になって、割合にすぐ、2~3年かな で、義父が実家の近くの海に落ちた事がありまして。
80歳くらい?85歳くらいの時。
義父は海釣りが趣味で、漁船も持っていて、船舶免許も持っていました。

正月の2日に漁船を見に港に行って、浮桟橋から足を滑らせて、海に落ちました。
浮桟橋の金具を止めてあるのですが、それを外したまま戻さなかった人があるらしく、金具が止まっていないから、滑って落ちたんです。

勿論救急搬送で、意識混濁、低体温症などといわれ…

その時、3日に当時まだ障害の様子がひどくて、ふらふらだった家内を連れて、見舞いに行きました。
精神障害って、見てわかるものじゃありませんが、良くなるには色々なことが色々に必要です。10年くらい前の話なので、当時の家内は一人じゃ身動きできないくらいでした。

それでも父親が心配で、病的に不安そうになってしまったので、無理やり連れて、実家近くの日赤病院に飛んでいきました。
その時に泊まったのが何故か温泉旅館でしたね。
それ以来かも。

その時はどうやって電車の切符を取って、旅館を決めて、どうやって行ったのか、私も家内もあまり覚えていない。
ただ、ER病室に入って、カーテン開けたら「なんや、何しに来たんや」と言われたのを覚えています。

海なんかに正月の2日から落ちるから来たんですけどね。

それからかなりの間、義父は家内を受け入れませんでした。家族の事情があったんでしょう。
それで、昨年あたりから1年ちょっと、ケアハウスに夫婦で通うようになり、何故か義父は家内を受け入れて行きました。

で、亡くなったので、四十九日でお参りに行くわけです。

仏教的な感性は私にはわかりませんが、家内と義父とは同じような感性があるみたいで、義父がこうして欲しいだろうと言うようなことを家内はこれからやるつもりみたいです。

2泊3日で真ん中の日は予定はなく、のんびり温泉に浸かってこようと思います。


仏具を買いました。
家内が自分の父、母、祖母、先祖代々を供養するために仏具を買いたいと言いました。
自分の部屋で完結してくれる分には文句は無いので、買っておいでと言ったところ。

車で行ける「仏壇、仏具」と看板のあるお店に行ったところ、本当は仏壇やさんだったみたいで、仏具は絢爛豪華なセット物でとても高いものしかなかったそうです。

帰り道に「長谷川」もあったそうですが、仏壇やさんですよね。仏壇屋さんでは仏具はほんの少ししか売っていないそうです。しかもセット売り。

セットって、えーと。

茶碗、蓋の付いた湯飲み茶碗、線香立て、線香入れ、香炉、蝋燭たて、蝋燭入れ、蝋燭消す道具(あるんです。口で火を吹き消してはいけないの)、鐘

そんなのかな?提灯もある?

我が家も実家は仏教と言うか、葬式仏教なので、大体わかります。

で、全部は家内のタンスの上に乗りません。
うちは位牌がないから、仏壇も買いません。
そういえば実家もそうだったけど、仏壇って、位牌を納める場所ですね。

我が家には家内の父母の写真しかないので、その前にお線香を立てられれば良いので、インターネットでばら売りの仏具を買ったそうです。
昨日とどいて、見せてもらいました。

線香を寝かせて付けられる箱があるんですね。危なくない。
なるほど。
それから蝋燭たてはいるでしょう。
蝋燭も要りますね。
店で売ってますけれど、最近蝋燭(カメヤマの蝋燭がこの辺では一般的です。)買うのって、災害用品売り場か、百円ショップの怪しいのしか見当たらないので蝋燭も買ったそうです。半年分くらいありますよ。
鐘。チーンとか叩いて、それから手を合わせますよね。
だから、鐘。

そんな感じでした。

私も子供の頃は葬式仏教の家に育ったので、習慣は知っています。
家内の父母、祖母は私の義父、義母、義祖母になりますが、家内を含めてこれらの人々が同じ信仰を持っていたのは知っています。
なので、ちゃんと家内が思う様に供養?回向?すればいいなと思っています。

明日、今度、家内が檀那寺にするお寺さんにちょっと宗教上の事で相談に行きます。檀家になる書類も出してきます。
私は檀家になりませんので、連絡先になります。
私はいつも書きますが、カトリック。

位牌がないのと墓の事で、ちょっと混乱しているので、その中でどういう風にすればよいか、教えを乞うてくるのです。

最初だから、私も行こうかなと思っています。

我が家はお互いに信仰が違いますが、相手は尊重しているので、相手がしたいと思う事は、自分はやらなくても応援します。
今度義父の四十九日で、総本山にお参りに行きますが、家内は本堂?でお参りして、私は受付で待っています。

だから、連絡先が私なのですね。
挨拶位はするのが礼儀だと思うので、ご挨拶を一緒にして、墓の困りごとは私も知っていますから、一緒に話を聴いてみようかなと思っています。

仏具ですけど。
全部はそろっていないんです。
本当はご飯を供える茶碗と、お茶を供える蓋つきの湯飲み茶碗があるのが一般的です。香炉のあるお宅もあります。うちの実家には香炉は無かったと思う。蝋燭たては1つでした。家内の実家は左右に2つあるそうです。でも場所がないから、我が家用は1つにしたと言っておりました。

我が家、毎日はご飯炊かないし、お茶も朝、淹れないし、普段は作り置きの麦茶とかアイスコーヒーとか飲んでます。
義父はコーヒー好きだったので、湯飲みにコーヒーでも良いのですが、セットでは買わなかったそうです。
その代わり、義父の好きなものを作ったり、正月料理があったり、その他、何かあった時は、写真の前にちょっとお供えしてから家内は食べています。

カトリックには位牌はありませんし、戒名はありませんし、洗礼名はありますが、カトリックでは洗礼名とは余り言いません。霊名と言います。
お墓に霊名と俗名を書いたりはしますけど、特にその後家庭でお供えしたりするのかな?
私、親戚中でたった一人のカトリックなので、他のキリスト教徒もいないし、良く分からない。
もう少し年を取ったら、神父様に教えて頂こうと思います。

新しい年になりました。
義父が昨年亡くなりましたので、記念のガリ版刷りを作ろうと、私が日記を繰っていたら、昨年は仕事がうまくいかない話と、裁判沙汰の話と、義父の話で埋め尽くされていました。

義父が初めてこの日記に登場するのは、2016年みたいですよ。
敗血症を起こして、例の病院に入院して、せん妄になっているところに行きました。

今年はネズミ年ですね。生きていれば、義父は年男でした。




大みそかの夕飯、何食べますか?

私の実家は蕎麦です。それに母が作りかけのお節がやってきたり、てんぷら揚げたり。
大みそかの夜に蕎麦食べないで、いつ食べるんだ と思った私。
家内の実家では、大みそかの夕飯はいわゆるごちそうで、すき焼きだったそうです。
で、年が変わる頃、小腹も減るし、縁起物としてそばを食べる。
掛け蕎麦らしい。

年越しそばがかけそばなんて!信じられないと言うか、浮かんでも来ない。
ざるそばですよ。地方が違うので、ざるそばのつけ汁が母の味が出せません。
昨夜は紅白歌合戦途中まで見て、そのまま寝てしまいました。
白組が勝ったらしい。
紅白歌合戦って、大抵白組が勝ちませんか?
私、昨年のは紅組かな と思ったけど。

正月。

いつもなら、昆布巻きと松前漬けとごまめを作ります。
他は買うんだけどね。
今年の正月は、クリスマスイブの深夜にERに行く羽目になりまして、家内本人も本調子じゃないし、私も疲れましたので。
全部パスで、少しだけ市販品を買ってきました。
買ってきたのは家内ですよ。

はい。毎年書いている雑煮。

何入れますか?

私の所は、鰹節のだし汁で、大根、人参、里芋、三つ葉、柚子を入れます。
三つ葉と柚子は吸い口です。
餅は四角いです。切ったら、餅は四角くなるでしょ?
勿論焼いて、だし汁をかけて(煮ないんですよ。煮たら、台無し)食べます。

家内の所は、餅は四角い。
鰹節のだし汁らしいです。餅をそのまま焼かずにだし汁で煮るらしい。
具はね。
なっぱだそうです。
なっぱをだし汁に入れて煮て、一緒に餅も煮るらしい。
それで、出来上がったら、鰹節を山ほどかけて食べるらしい。
吸い口が鰹節?吸い口無しと言う事?

正月、私は今は雑煮を食べません。
作らなくちゃいけない。
家内の雑煮は嫌です。
今年は義父をしのんで、実家の近くのなっぱではないけれど、小松菜を買ったそうで、それでもどきの雑煮を作る と言っています。

今朝、食べたかな?
まだリビングに行っていないので分からないけど。

それから正月の朝は、練りきりとお茶から始まります。
それからお屠蘇飲んだり、お節食べたり、雑煮食べたりするのが、私のふるさと風。

練り切りって、正月に食べなかったら、いつ食べるの?
家内は食べないそうです。正月にも、そのほかの時も。
だから、我が家で練り切り食べるのは正月だけですね。

まだ近所に昔ながらの和菓子屋さんがあります。正月近くなると、練り切りの種類が増えるので、ここは私のふるさととは少し離れているけれど、まあ同じ地方といって良いので、同じかな。

大みそかの夕飯がすき焼きになって以来、私は年越しそばを食べる機会を失いました。だからここ10年以上年越しそばは食べてないです。我が家の大みそかはすき焼き。