bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



義父の墓探し?
義兄が義父の墓を移すと言い出して、この年末に家内は怒っています。
もう落ち着きましたがね。

昨日、離れたところに住む義兄夫妻が、義姉と一緒に当地にやってきました。
当地は郊外ですが、まあ繁華街もある地方都市です。
義兄の息子さんがかなり離れているけれど、反対側にいる様子。

で、要するに、義兄夫妻の墓探しだったらしいです。
自分の息子が親に手を合わせたくなったら、対象物がないとまずいんじゃないか。

まあ、良いのですが。

義父は故郷に自分が建てた墓があります。お母さんと妻が入っている。
そこに義父も入るつもりだったのです。

生き仏様がいますから、仏様の遺志は尊重されない様子。
檀那寺があります。
そこのお坊さんは、ちょっとお坊さんとしてどうなの?と言うところがあるそうです。
義兄は縁を切った とか言っています。

いやね。お義兄さん、葬式をね、その寺でやったの。
だから、四十九日の法要と言うか、お経を読んでもらうのは、その寺でないとおかしいの。

私、カトリックですけれど、葬式仏教は子供の頃さんざん見ていましたし、母もかなり前に亡くしていますから、一応しきたりは知ってる。
縁を切るなら、驪山しないといけないね。墓が寺の中にないので、驪山料は要らない と義姉が言っていますが、驪山料はともかくとして、過去帳から抜いてもらわないといけない気がします。

抜いたらどうするか、家内が自宅の近所の同じ宗派の檀家になりますから、そこに載せてもらえば宜しい。

それがねぇ…

昨日、家内が檀家になる予定のお寺さんも訪問したのですが、(義兄夫妻、義姉、家内で)、不動産物件を見に行くような様子で、家内参ってしまって、珍しくうちに帰って来て泣いてました。信仰がある人と無い人の違いでしょう。
実は前の日に家内は挨拶に行っていて、義父の三十五日だったのね。手ぶらで行くバカはありませんから、「2,000円でいいから、手土産もっていきな」といって、近所の我が家御用達の和菓子屋さんでちょっとしたものを家内は買っていきました。

三十五日だからお参りさせて欲しいと言って、お参りをしたそうです。
明日はきょうだいで来ますので、よろしくお願いします と言って帰ってきた。

昨日の予定は、13時にお寺さん現地集合。
うちね。車があるので、義姉と義兄は迎えに行けばよいのですが、せっかちなので、待っていられない。
タクシーで来ると言っていたそうです。

で、昨日11時頃、「駅に着いたので、これからすぐタクシーで行くから、電話しておいて」と義姉から電話がかかってきた。
約束13時だったでしょう?
正確には11時15分くらいだったそうで、仕方ないから、家内はお寺さんに電話をかけて、「誠に申し訳ないが、これから40分くらいしてお伺いしてもよろしいか」と聞きました。
「いいですよ」と快くお返事いただいたみたいで、「40分後くらいに行くと言ったからね」と折り返し義姉に電話すると、義兄が「時間潰さなくちゃいけないな」と言っているのが聞こえたとかで。

お寺さんは霊園ではありませんので、家族の生活もあるし、そこのお寺さんは修行僧の若い方なんかもいる。
丁度台風19号の影響で不具合になったところを直しているので、職人さんもいる。

年末の昼時にお寺さんに突撃しますか?私はカトリックだけど、「え~~~!」と思った。

家内は非常に怒っていて、車でお寺さん迄行くと言うので「事故するな」とだけ言って送り出したら。

1時間もしないうちに帰ってきました。

知らないと言うのは怖いもので、礼儀に外れた事を散々聞いて義兄夫妻は家内が車で来ているのを知っているのに、何だか、どんどん細い道のほうに歩いて行ったとか。義兄夫婦の墓探しと思った方が良さそうな感じだったとか。

自分たちの墓探しは好きにしてくれれば良いのです。義兄夫婦は信仰がありませんから、その宗派のお寺の中の墓にこだわる必要は全くありません。
しかも、幾ら息子さんが反対側に居るからと言って、自分たちと縁もゆかりもない、家内の檀那寺になるところにする必要全然ない。

義父の墓も潰しちゃうつもりらしくて、それと一緒に自分たちの墓も探して、早くスッキリしたいらしいんですな。

家内には信仰がありますから、失礼な態度、失礼な質問、ぐっとこらえて帰ってきたので、帰宅して泣くわけです。
いとこさんがいます。
義父の弟さんの息子さん。家内のいとこね。
義父と交流があった方で、家内より年上で、弟さんの家の跡取りをしています。

前の日に「〇〇さんに電話してみ」と言ったら、電話して、「兄が何かやっているんだけれど、筋が通らないし、何がしたいんだか分からなくて」みたいな電話をさせてもらいました。
だから、義兄がきて(兄嫁迄来るとは家内は聞いていなくて、お寺さんで驚いたそうです。)色々あった後、報告にいとこさんに電話させました。
「残念ながら、父のお墓は無いと思ってもらった方が良さそうです。」等と話し、いとこさんは、「じゃあ、おじさん(義父の事ですよ)に会いたくなったら、信仰の総拠点に行けばいいんだね」と慰めて下さったとか。

私たちは四十九日にあたる日に信仰の総拠点にお参りに行きます。仏教系統ですから、家内が塔婆を立てるそうです。
私はお勤めの間は受付の近くでおとなしくしています。
で、ケアマネージャーさんにも最後にお目にかかって、義父の思い出話を聞かせてもらって、ちょっとした旅行で年明けに行きます。

家内は近所のお寺の檀家に新年になりますので、そこでも色々相談すればやって下さるのではないか と言っております。

義父の建てた墓、しまってしまうから、どこか条件の良い物件(信仰の対象を何だと思っているのか分かりませんが、お寺についているお墓のどこか見学したところにさっさと移して、自分たちもそこに買うつもり???分からん)を吟味して、条件が良いとわかったら、「そちらさんを選ぶかもしれません」とか義兄夫妻はのたまったそうな。

信仰って、ある人と無い人とではお話が違います。
うちは信仰違いですけれど、お互い同じくらいの信仰心みたいで、お互い尊重しあって、相手が先に亡くなったら、相手の信仰が満たされるようにしてやろうと思っています。
墓は要らないんだけど、どこか無宗教の所で、簡単なお堂みたいなのに一緒に名前を書けばよいかな。
子供はいないので、お参りに来る人はいません。
二人で一緒に居られて、それで良いと思うんです。

骨とか、位牌とか、遺影とか、そういう物を拝むわけじゃないと言うのが、信仰のない義兄夫妻には今一つ通じないらしくて。
でも、位牌って、魂を入れるんだそうですね。
何故か、義父の位牌を夫婦位牌にしちゃって、義母と一緒なんですって。
義母の位牌はありますから、魂の入れ替えをしなくちゃいけないんだって。
無料ではないそうです。
で、その位牌、どこに置くのかもわかりません。
魂抜く儀式をすれば、タダの燃えるゴミなんだそうです。

2つあっちゃいけないよねぇ?
それはカトリックの私でも「おかしくないか?」と思います。

結局、義兄夫妻が好きなようにして、その結果はいつか義姉から連絡があるので、それから家内なりの供養?回向?を考えましょうと言う事に致しました。

家内、一昨日から色々考えすぎて、昨日は怒って、ついでに風邪をひきましたよ。
又ERは嫌です><
スポンサーサイト




クリスマスイブのER
今週の月曜日早朝、23日に、家内が腹部の違和感で目が覚めたようです。
8時頃私が起きた時には、腹痛で歩けないような状態。
#7119に相談して、近所のかかりつけ医に行きました。

抗生物質の点滴をして、生理食塩水の点滴をして、抗生物質2日分と整腸剤を4日分頂いて帰りました。
勿論、もう今年は仕事は無理です。

異変に気付いたのが、24日世間様ではクリスマスイブの20時頃。
私は20時頃迄自分の部屋にいて、気づかなかったのですが、夕食を食べようと思ってリビングに行ったら、家内の様子がおかしい。
横になっているのですが、苦悶の表情で、うめき声を上げてます。

これはまずい と思って、又、#7119に相談して、受け入れてくれる救急病院を探しました。
最初に紹介してくれたのは、我が家からは近いのですが、夜は検査が出来ないはず。
少し遠いのですが、拠点救急病院みたいなのがありますので、そこは受け入れしていませんか?と聞くと、遠いですよ、でも受け入れはしています と言う返事だったので。

ちょっと遠いけど、拠点救急病院の方に電話を掛けました。
受け入れはするけれど、応急処置だけだし、医師の判断によっては帰ってもらう事もありますと言う。

テレビで救急救命センター特集みたいなのありますね?そういう病院です。普段は紹介状がなければ受け入れしません。
救急で行くと受け入れてくれますが、紹介状無いので、5,000円加算を取られます。紹介状無しで無理やり受診する人もいて、そういう人も5,000円加算を取られます。

風邪ひいていくような病院じゃないです。

受け入れてもらって、名前を伝えて、タクシーで一緒に行きました。

症状は腹が痛くて、食べられない、飲めない、寒気がする、動けない、歩けない と言う感じ。
痛みが激しくて、呼ばれるまでずっとうなっていました。

22時前に呼ばれて、どういう症状でどうして欲しいのか聞かれました。救急病院だから、応急処置だけですので。
かかりつけ医で点滴をしたけれど、楽にならない、血液検査をしたけれど、結果は聞いていない、痛みをどうにかして欲しい、血液検査をして欲しい と頼みました。
検体迅速検査ができる病院ですし、その他検査も真夜中でもできます。24時間体制でERが動いています。

血液採って、そのまま点滴のルートを取って、最初は生理食塩水をゆっくり落としていたのですが、余りに痛がるので、先に痛み止めを点滴で落としてくれました。15分くらいだったかな。少し楽になって、生理食塩水に換えて、待合室で又待って。

エコーとかも撮っておられました。

暫く待っていると、別の診察室から呼ばれた。
裏側の診察室で、表の診察室で宜しくない患者が呼ばれます。
大抵、常勤の医師が出てきます。最初に診てくれたのは、内科系統の非常勤の医師の方だったようです。
「私は常勤です」と言う医師の方もおられて、又、エコーを撮りながら、色々話をしている。

専門的な話なので分かりませんけれど、「小腸が停滞している」とか、「ここ、ほとんど動いていない」とか、言っている。

そのまま又、待合室に戻されました。
暫くして、非常勤の医師らしい方が来て、「まず間違いなくイレウスだと思いますので、外科担当医と代わって宜しいか」と言う。

イレウス!!! ???

なんで?

腸閉塞の事です。なんで腸閉塞?
分からないけれど、医師が言うんだから、どうぞ外科の担当の方に代わって下さい と言う事になりました。
「外科的処置をするかどうかは外科担当医の判断ですが、何らかの処置は必要です」とも言う。

この時点で、軽度患者から中度患者になりました。

家内は家内で、手術だよね?困るよね?と思い。
私は私で、オペは出来ても、この病院空いているベッドは無い。どうするんだ?でもイレウスだったら、一刻を争うしなどと思い。

CT検査を受けるように言われました。
造影剤にヨウ素溶剤が使われるのね。
私は色々アレルギーだらけですが、家内は薬も医療材料も食べ物も一切アレルギーはありません。
でも、今まで平気だった人でもいきなりヨウ素アレルギーを起こす可能性はゼロではない と説明を受け、同意書に私、サインして。

こんなことをしているうちに、救急車で運ばれてくるような重篤な患者さんはいるけれど、そのままオペになったり、入院になったりして、患者さんはほとんどいない。夜の救急外来は元々患者は少ないです。でも、待つのは待ちます。救急外来の医師、救急で入院したり、オペになったりする人を診ながら、その合間に診療をしますから、非常に忙しい。

CTはすぐに撮れました。

しばらくして、外科の担当医のいる処置室に呼ばれました。
今度はエコーは散々とったので、腹を色々触って、色々質問しています。
生焼けの肉とか、生ものとか、食べなかったかも聞かれました。
日曜日、22日に外食しています。我が家とは違うところで食事した。
食べたものは煮込み料理で、普通のファミリーレストランですから、生煮えだったとは思えない。

又、待合室に出されて、処置室の明かりが消えました。
CT画像持って、内科の医師とか、産婦人科の医師とか、外科の医師とか色々相談して回ったらしいです。

かなり待って。

ようやく呼ばれて、又処置室に入ると。

「結論としては、閉塞箇所はないです。」と言う事でした。
又、軽度の患者になった。

ERでも専門が違うと間違う事があると言う事ですね。

「外食した時に、そこらには常在菌が山ほどいるので、それが入った可能性は十分にある」と言います。
「抗生物質を飲んじゃうと、整腸剤は効果帳消しになるので」とも言う。
もう抗生物質は飲み切ってしまいましたから、そのことを言うと、「ではうちで出す薬を飲んで下さい」と言う。
ブスコパン錠、カロナール錠を5回分ずつくれました。
それから整腸剤のEB顆粒。普通は1日分とか3日分とかしか薬は出さないのですが、珍しく5日分くれました。当分かかると思ったのでしょうか。

柔らかいもの、食べやすいもの、何でもいいから少しずつ食べて、水分も飲めないだろうけど、もう少し頑張って飲んで、症状が治まって元気になればそれで大丈夫 と言う事になりました。
長引くようなら、かかりつけ医に相談してください とも言われました。



はあ。

盆休みとか、正月とか、しかも元旦とか、クリスマスイブとか、なんで医者のやっていない時、又は医者のやっていない深夜、具合が悪くなるんだかわかりませんが、この拠点救急病院、家内、4回行ってますけれど、全部ER受診です。

お会計聞いて、そうだろうな とは思ったけど、家内はカードで払っていました。15,000円。

私も1回、ここのERに来たことがあります。胆石の時。紹介状ありで、予約の日まで痛くて持たなかったので、予約前に来ました。紹介状ありますし、障害者医療証ありますし、ERは無料です。
入院した時は半月位いましたけど、食費だけ払います。いわゆる実費ね。20日近くいて、胆石のオペもして、15,000円でした。

家内は障害者医療証がつかないので、3割負担。夜間は色々な加算がつきますから、仕方ないのだけれど、15,000円でした。

ヘルパーさんが見えるので、25日クリスマス当日はスープなどを作って貰って、木曜日に自費で頼んでいるのですけれど、その時は掃除と寝具の交換をして貰って、本日もヘルパーさん見えますけど、又、消化の良い柔らかいものを作って貰います。

ヘルパーさんは、水曜日と金曜日。ちょうど家内が具合が悪い時に当たって助かりました。

イレウス言われたときはどうしようかと思いました。
私が家内の面倒を見切れない。
間違いで良かったです。

帰宅したら、朝の3時近かったです。
私は昼迄眠っていて、家内の訪問看護の方がきて、目が覚めた。
ヘルパーさんは13時30分~15時迄。

本日のヘルパーさんは16時半~18時まで。

少額訴訟は和解しました。
いや、もう、疲れたのなんのって。

その場はそんなに疲れた感じがしなかったのですが、その夜はちょっと遅くまで起きていて、昨日は一日中寝てました。

良い和解案だったと思います。
しかし。先方さんがですね。社長を訴えてるのに、当時当事者だった家族社員が来た。

向こうさんには弁護士がついています。顧問弁護士とか言って、何かあると相談料毎月払っているから、法廷に出さなければ日当とられないと言うような。

少額訴訟ですから、徹底的に吟味するわけではありません。大体和解に持ち込みます。それに不服があれば即時で控訴して、その場で判決。それには控訴できない一日で全部終わると言うような仕組みだそうです。

私が保証して欲しかったのは普通の方の1か月分程度の金額です。
弁護士さん雇う余裕は無いし、少額訴訟なら、素人でも原告、被告として対応できます。
そもそも素人向けの簡略化した制度なんです。

色々お互いに主張はあるのですが、争点になったのが、「雇用保険に入る」に〇がしてあって、入ってないのはどうしてか という点でした。
「試用期間内は可能性に過ぎない」とか言う被告の主張は大分首を傾げられながら、そこを争点にするのを裁判所さんがやめました。

ある程度働いた月が1か月あります。
その次の月は半分になり、最後の月はゼロでした。

なので、名目は解雇予告金とか言いましたけど、かなり低い金額で民間で和解しようとしていた被告ですが。

人間関係のいざこざがなければ、原告は少なくとも3か月(試用期間だからね)ある程度働いた最初の月と同程度は働けた筈だから という理由で、それに足りない分を解決金として支払う様に和解案が出ました。

まあまあの金額でした。
勝訴的和解といって良いと思います。

そもそも勘違いします?
1か月前に通告すれば、仕事も与えず、解雇予告手当も払わず、タダで解雇できるなんて?
常識無いのかしら。

どうも立て続けにひどいところに当たってしまいまして、今は家内が働くと言ってくれて、週に4回、短時間パートですが、パートに出てくれています。そこは家内はパソコンのメンテナンスをやる と言う事で、修理関係と、SNSの記事を業者さんに発注するのなんかが仕事だそうです。家内は自作のパソコンが作れる元システムエンジニアなのであります。

仕事場の雰囲気も良く、仕事もしやすく、皆様優しいと言う事なので、ああ、助かるな、ありがたいな、良かったな と思っています。

何年かして、(そこ公立なので、一応、契約年数は5年までの予定。その先、更新してくれるか は不明です)家内が別の仕事に就くか、私がアルバイトに復帰できるか、何か期限が来たら、又、考えようと思います。

しばらくは専業主夫を続けます。

和解金は毎年のディズニーリゾート旅行代金の足しにします。
来年は我慢しましょう と家内が言っていたのですが、こういうあぶく銭は使ってしまうに限ります。
生活資金でいつの間にかなくなった では寂しいです。
まだ足りないのでもう少し頑張って、来年も春にディズニーリゾートに行きますよ。

ディズニーリゾートと言えば。

昨年行ったとき、義父に高価なアロハシャツを買いました。凄く派手な緑色。絶対に似合うと思った。
義父の部屋を片付けていた時に、家内が見つけて持ち帰ってきました。クリーニングしてあったから、1回2回は着たのかも。義父は結構オシャレな人で(元々紳士服店を営んでいました。)派手好きだったし、目立ったし、有名人でした。具合が悪くなる前は、結構オシャレもしたんです。

義父にはミッキーマウスがずらりと印刷されていたのは分かったかどうかわからないけど、「これは生地が良いな」といったそうで。

私は派手な緑色は普段着ないけれど、義父が遺してくれたので、記念に来年の春はこのアロハシャツ着て行こうかなと思います。

ナイロン製だから、ちょっと暑いんだよね。どうせディズニーリゾートでは歩くし、並ぶし、汗もかくし、いいかな。


少額訴訟は明日です。
パソコンで文章をまとめるのは、結構家内が得意で。

裁判の経験があるので、書類なんかにも少しは詳しいです。どんな書き方をすると良いのかも経験しています。

元の配偶者と離婚するときに、先方が一緒に暮らす気はないけれど、離婚はしない、戸籍が汚れる とか頑張ったので、私が弁護士さん頼んで、精神障害者の家内は具合の悪い中一生懸命頑張りました。

だって、離婚届が出ていなければ、私と婚姻届けが出せない。

別居から20年でやっと離婚出来ました。小学校に行き始めたばかりの子供が30歳を超えたころでした。

戸籍汚すなってねぇ。

てなわけで、3年半かかって、高等裁判所まで行ったので、(たかが離婚の裁判でなんで高等裁判所?)苦労したんです。家内は。

それで裁判所向けの書き方などを、会得してしまったので、今回は私の為に、私の話し言葉を文章にしてくれています。

一般労働者が好きで裁判なんかしません。
余りにひどい扱いを受けたので、一回労働審判しましたね。
今回は給与を支払わない という話なので、弁護士さんは頼まずに少額訴訟という制度を知ったので、それにしました。

裁判所なんて普段行きません。結構遠いです。
相手方の会社の本社がどこか で決まるのかな?
離婚裁判の時は、どちらの住所地にするかで、色々(長いから省略)揉めにもめていましたっけ。

先週の土曜日に相手先、つまり被告(被告人 というのは刑事事件。民事は被告 と言います。私は原告ね。)の文書が届きました。
和解しましょう とか書いてあるんですけれど、こんなギリギリに文章を出されても困ります。
請求額の半額いかないし。

どうも労働基準監督署で、法的にはここまで払えばOKと言うようなことを聞いてきたみたいです。
私は労働基準監督署で、労働局の指導をすると、法的にここまで払えばOKになってしまうので、裁判にしてはどうか と言われています。

さて。裁判官さんはどう判断なさるのでしょう。

しかし、その会社に裁判を起こされて、お金を払った(全然支払いがないと言う事はありません。労基法違反の状態なので、間違いなくいくらかは取れます。)という事実が歴然と残るわけですね。
民間で和解しちゃったら、その痕跡も残らない。

だから、もし和解するにしてもこの前も書いたけれど、裁判所の仲裁で、和解文書を作って、和解します。

少額訴訟の仕組みってよく知らないのですが、判決が出るとするでしょう?
それに被告側が控訴したりできるのかな?
出来そうですよね。
そうすると、本物の裁判になっちゃう。

本物の裁判はしたくありませんが、したくない というと、会社がしめた!と思いますので、それは多分言わない方が良さそうな。

とにかく行ってみます。
やってみなければわからない。
原告は私ですので家内は行きません。
傍聴席には入れるけど、丁度水曜日のその時間帯はヘルパーさんが見えます。

非常に僅かな金額の話です。
一人で行って、それで済むと思います。

明日は曇りと晴れだそうです。
寒いのかな?
今日は寒くて、雨がジャンジャン降っています。

少額訴訟の期日が近づきました。
前の職場に結構酷い目にあわされたので、9月に少額訴訟の訴えを出しました。

10月に連絡が来て
11月に期日が決まって
11月になったら、被告に訴状の送達を忘れた とか言われ
期日が12月に延び

やっと来週法廷になります。

相手方、被告がね。
色々文句を言っているのです。
法律で守られる労働者の権利と、一般常識的にこうでしょう という事柄とは違います。

週に何時間と最初に決めてね。雇用保険がつく時間数だったのだけど。
労働契約書には3か月間雇用保険に入ります と書いてある。
しかし、雇用保険を満たす時間数を保証する約束をした覚えはない という。

法律上はセーフなのかもしれませんが、社会通念上ダメでしょ?
結局私、雇用保険に入れないまま、最後の1か月は仕事ゼロでした。
で、最後の1か月の休業補償は、実績の6割だ とか言う。

籍さえ置いておけば、解雇通告手当(30日分丸々)払わなくて良いの?

今回嫌な思いをした会社は個人の株式会社。
社会常識知らないんでしょう。

和解を求めてきていますが、和解には応じません。
高い保証金が欲しい訳ではなく、弱い立場のタダのパートが訴訟まで起こすと言うのはどういう意味か知らしめたいからです。

少額訴訟ですから、当日判決が出るでしょう。
判決さえ出れば、たとえ1万円でも私は取れる訳で、和解じゃないから、会社としては訴えられて負けた実績が残ります。

そのくらいしないとちょっとね。

私、別に労働問題で揉めるのが好きなわけじゃないんです。
いかに酷いでしょう と言う事が、2回あったと言う事です。
前回も労働審判ではなく、少額訴訟にすれば、もう少し言い分も通ったかも と思うけど、前回酷い目に遭った時は、それは思いつかなかったので。

今回は弁護士さんは使いません。
請求額も本当に僅かです。
弁護士さん頼んだら、全部消えちゃいます。

もうね。
私は体力が落ちて働けなくなってしまったけれど、パートやらアルバイトやらを軽視する会社多すぎるような気がします。
普通は泣き寝入りするので表ざたになっていないだけ。

今回も労基にも行きましたが、相談者が山のように来ていました。
労基で指導入れてもらうと、法律通りの指導しか出来ません。
実績の6割の休業補償だけ になります。

法廷なら増える訳じゃないけれど、主張する事が出来るでしょう?

なので、来週、簡易裁判所の法廷に行ってきます。
被告はあくまで和解にしたいみたいで、金額を少し上げてきました。
そんなことでは弱者は騙されない?のです。
和解と判決の違いは素人でもわかります。

私は金額は少なくなっても良いので判決を出して貰おうと思っています。

労働審判の時は、作戦で和解にしたのですが、今回はそういう気分じゃないので、判決出して貰います。

好きでやってるわけじゃないんだけど。
面倒だし。
労働者の権利保障位、一応株式会社なんだから、ちゃんとやって欲しかったと思います。

家族社員の一人が私を嫌いだった と言う事から話が始まっているので、どうにも和解は嫌ですね。

今日は出かけるかも
家内が薬がもうなくなりそうです。葬儀のバタバタでお医者さんに行けませんでした。普段は働いているので、受付時間の間に帰り道によって来ることは出来ません。何カ所かは私が行ったのだけど、都合上総合病院だけはまだです。家族通院して、薬貰ってこようかと思っています。

あとね。電車の切符を買わないといけません。
来月11日に義父がいる(というと変ですが)山にお参りに行って、儀式をして、13日にケアマネージャーさんと面会して、午後には帰ってきます。だから、13日が帰りの切符になるので、本日でないと往復で買えない。

病院に行って、そのまま駅までバスで行けば切符も買えます。

しかし、今日は当地とても寒いです。
それから夕方ヘルパーさんが来られるので準備もしておかないといけません。

今、悩んでいる最中です。

面白いことがありました。

義父の遺品ですが、パジャマと言うか、スウェットの上下と言うか、そういうのを貰ってきてくれました。
寝間着にしようと思って、昨夜着たら。
なんかおかしい。

まずズボンにボタンがありません。
最近、時々あるので、不便だな と思いつつ着て、上着着たら、何かボタンのあわせがおかしい。
そこでやっと気づいた。
婦人ものなんです。

家内に聞くと「女物だねぇ。」とも言う。
サイズはMでした。

どうも義姉が義父に着るものなどは買って送っていたのですが、その義姉が紳士ものを探しきれなくて、とりあえず寝間着だから婦人もので済ませたんじゃないか と思います。

義父は158センチ、40キロでした。紳士もののSですね。
私も背が小さくて義父と同様。
但し、年寄りではないので、体重は随分差があります。
私は紳士もののSを買う事もありますし、Mを買う事もあります。
部屋ぎや寝間着なんかは裾をまくればよいので、Mサイズで済ませます。
ちゃんとしたズボンなんかはSサイズか、Mをサイズ直ししてもらいます。SとMの中間位で、サイズ探しが大変なので、大抵着るものはUNIQLOです。

さすがに婦人もののMサイズは買わないなぁ…
靴ね。義父が24センチだったかな?23.5センチだったかな?私も同じくらいです。
私は靴はスニーカーの子供靴。革靴が必要な時は、婦人靴で済ませます。
義父は昔風の草履を履いていました。
室内履きは、UNIQLOとか、あゆみ靴(介護用品屋さん)で23.5センチを我が家で買って、送っていました。

義父の寝間着は上着の胸元がボタンで開けるようになっている。3つボタンがついています。
そのボタンさえなかったら、「あれ?」と思うくらいで気づかなかったかもしれないけれど、でも、腰回りとか大きいしさ。
女性の方がヒップがあるでしょう?

お参りに行くときは、旅館?温泉旅館?ホテル?どこだか知らないけど、普通の宿屋なので寝間着は現地にあるけれど。
浴衣とか良くありますよね。着にくいし冬は寒いし。どてらがあったりするかもしれないけど。

この怪しい寝間着持参して、現地で着ようかな。義父には大きかったと思います。丈は大丈夫ですが、40キロですから、そういえば、ある時通院に行ったとき、下に寝間着を着て、その上にこのスウェット着てました。下に何か着る事が出来るのだから、大きかっただろうな。

義父の四十九日が終わると、一周忌まではもう行かないかもしれません。家内は彼岸とか、祥月命日とか行くかもしれないけど、そういう時は私はパスでいいかな。

家内の薬も水曜日まではあるそうなので、今日はどちらかだけにしようか とか今も悩んでいます。


四十九日が決まりました。
義父と家内、義姉は同じ信仰です。

その総拠点みたいなところは、ここから電車で2時間半、車で4時間半です。

四十九日は1月11日だとか。お参り?するのですが、何というの?ほら、法要じゃないんだけど、供養?回向?してもらうのを、家内が総拠点に申し込みました。
義兄は四十九日はやらないそうです。
生き仏様の都合が先ですから、子供だけで葬儀のような事をしたので、そんな事は構わないと思います。
義姉も何やら都合があるのか、義兄(義姉には弟になります。一番上が義姉です。義兄がいて、末っ子が家内です。)が四十九日をやっても、自分は行かないと言っていたそうです。

家内は四十九日の何やらを申し込みましたので、(法要とかそういう人を呼ぶ行事ではありません。個人的にやると言う事らしいです。)私も一緒に行くことにしました。

車で行く と頑張る家内。
いやいや。お互い障害者なんだから、もう義父はいないので、義父の為に何かをもっていったり、義父から何か貰ったりするわけじゃない。
危ないですし、苦労して4時間半運転する必要もないので、電車で行きます。

勿論、車の方が安くて済みますが、どちらで行っても結局私の障害者手帳の割引を使うので、一般の方よりは安く行ける。
現地で総拠点に行ったり、旅館に行ったりと言うのには、タクシーを使えば宜しい。
タクシーも私は割引がありますから、少し安くて済む。
隣の地方自治体なので、タクシー券(私の自治体で支給されるもの。隣の自治体では使えません。近隣の地方自治体、要するに市区町村では使えます。)は使えないけれど、割引制度は使えるので、それを使います。

我が家は信仰がお互い違うので、どうもその信仰の総拠点みたいなところで儀式に同席するのは、ちょっと嫌です。
義父に思いがない訳じゃなくて、むしろ、私も自分の親が他界したような気分なのですが、信仰は別物。

11日に四十九日の儀式をやって、13日にケアマネージャーさんに会いに行きます。
なので、2泊3日です。
今度はもう義父はケアハウスにいないので、泊めてはくれると思うけど、礼儀としてそうはいかないので、旅館?温泉旅館?一応ホテル?を予約しまして、そこに泊まります。
電車で行くと、2つくらい手前の駅なんですけれど、この辺では有名な温泉地があります。山だから温泉はあるよね。沿線にはいくつも温泉地があります。

丁寧な事にケアマネージャーさんからお便りをいただいたんです。
お世話になったので、礼状と菓子折りを送りました。
あちこちに送りましたが、ケアマネージャーさんがお返事をくれました。
読んで、家内はなんだか涙ぐんでいました。

義父は子供には話さなかった、人生の仕舞支度の事とか、其れ迄どう生きるとか、人生はこうしてきたとか、結構宗教的な話をしたみたいなんです。
信仰は人生です。
子供には言わない。

だから、そんな話を聞きに行っていいですか?と電話したところ、大した事は聞いていないけれど、どうぞ と言ってくれました。
11日はご家族の通院付き添いがあるそうで、12日はお嬢様が成人式。なので、その2日はお休みを取る予定との事なので、2泊3日にして13日の午前中位にケアマネージャーさんの事務所にお邪魔させてもらう事になりました。
時間は多分午前中。その日は帰るだけですから。

12日はぼんやり宿で義父の無駄話をして過ごそうかと思っています。
今回は完全に旅行なので、義父が私たちに生前にくれた小遣いを使い切ってきます。
次は1周忌?1回忌?なので、その時はビジネスホテルでもいいかな。家内だけ行くかもしれませんし。
3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、33回忌、50回忌 くらいは、私でも一応知ってます。普通は7回忌くらいまではやるよね。
義父はどうも自分のお母さんの50回忌を自分だけでやったみたいな形跡があります。
義母の50回忌はまだ私たち生きてる筈なので、家内はやるかもしれないね。

ケアハウスがある駅の駅前に1つだけビジネスホテルがあります。
普段お参りに行くとか、儀式をやってもらうとかいう時は、家内だけそこに泊まればよい。
今回は四十九日ですから、幾らなんでも現地までは私も行く と言う事ですね。

それなら拝んでくればいいじゃないか と思う方もいると思うのですが、それが信仰というもので、近所にもその信仰のところはありますが、そこに拝みに行くんじゃなくて、総拠点に行きたい と言う事でしょう?カトリックで言えば、大げさに言うとバチカン市国の大聖堂とか、そこまで言わなくても東京都の四谷というところに、日本のカトリックの総本山的なイグナチオ教会と言うのがありますが、そこでカトリック的な儀式をして貰う とか、そういう感じの事柄です。

近所の教会に付き合えとは言えますが、イグナチオ教会に付き合えとか、バチカン市国に行くぞ とは、家内には言えない。

それと同じです。
それが信仰であり、生活であり、人生かな。
だから私は儀式の間(どういう訳かどの宗教でも儀式って1時間くらいです)受付(受付って、その信仰の指導者の方が、20人も30人もいるような凄いところだそうですが。)にはベンチがあると言うので、待っています。

ちなみにね。
納骨はしてないの。まだ。四十九日に納骨する とか義兄は言っていましたが、良く分からない。
義父は自分の建てた故郷の家の仏壇の前に居ます。まだ向こう岸?にわたっていないそうで、義母や義父のお母さんやそんな人が居るのですが、そことはまだ話がスムースに行かないのかな?四十九日が済んだら、同じ世界で話が出来るのかもしれませんね。
私にはその信仰は知識として理解できるけど、信仰としては理解できないから。

我が家には義父が使っていた日用品がいくつかあります。
安い石鹸箱とか、先日書いたけど、タオル、バスタオルとか。私にはパジャマと作務衣があります。家内には信仰上義父が使っていたものなんかがあります。

毎日洗面するときに、義父の安い石鹸箱に義父が使っていた石鹸がまだ残っているので、顔を洗います。
何だか喪失感と言うかね。寂しさと言うかね。感じますね。

義父とかかわったのは私はここ1年くらいです。
その前にもケアハウスには訪問していましたが、元気な時で、夫婦で行くと、家内に説教が始まる。
だから私はほとんどかかわりを持てませんでした。

本年初めから支援を入れないと と言う事になり、私は元介護屋ですから、色々と算段して、家内は夏から働き始め、私は仕事が出来なくなったので(体調上ね。もう働く体力は残っていません。)良く一人で義父の通院とか、何とかに行っていました。

これから別の所(介護付きの所)でもう少し人生を楽しんで欲しいと思いましたが、義父はどこかへ移されるのを本能で敏感に悟ったのではないか と家内とよく話します。
自分が思っていた通りの生き方をして、信仰を貫き、自分の望んでいた通りの亡くなり方をしました。
信仰って、そういうものじゃないかな。

と言って、私がその信仰になる訳ではなくて、あくまでも私は洗礼を受けたカトリック。
お互いに信仰があると、お互いに尊重しあうものですよ。
お互いに信仰がなければ、それも大丈夫だと思います。
片方だけに信仰があると、どうしてもない方を引き込みたくなるので、ちょっと揉めたりするかもね。

明日から日常
お礼状、お礼の品の発送も終わり、明日から家内は仕事に復帰します。

少しずつ日常に戻りつつあります。

人一人亡くなると、こじんまりした葬儀だったにもかかわらず、結構な金額がかかりますね。
施設を引き払う費用なども掛かりますし、その他色々。葬儀自体は骨にしてそのまま檀那寺でお経を読んでもらっただけなので、それほどかからないはずが、檀那寺の坊さんがお経を読むだけなのに結構な金額を言ったそうです。

檀那寺の坊さんの経を読む代金が余計でしたね。
信仰している総本山の供養の代金は生前に納めてありましたので、当日は何もかかりません。

義父が遺したタオル類などを貰ってきました。
我が家のは洗濯するだけなので、又、一緒になった時に持ち寄ったものなので、かなり傷んでいます。
義父のは、柔らかくて傷んでいない。
どうも柔軟剤を使っていたのではないか と思います。

各地の観光地の温泉のタオルがあったり。普段使っていた調剤薬局のタオルがあったり。信仰の総本山に自宅から旅行に来たときだろうと思われる旅館のタオルがあったり。

バスタオルも2枚貰ってきました。
これもふんわり柔らかい。

我が家も柔軟剤使ってみようか と私はちょっと思いました。

家内は要らない というので、そのまま又、傷んでいくのかな。

タオル類とか肌着だけ柔軟剤を使えば良いのかなぁ…
ジーンズとか、上に着る衣類とかには柔軟剤要らないでしょう?要るのかな?

義父はクリーニングも良く使っていたみたいで、私たちが東京ディズニーリゾートへ毎年旅行に行きますが、今年の春行ったときに買ってきた結構いいお値段のアロハシャツを義父に土産にしましたら。それはクリーニングしてありました。
1回くらいは着たのかも。

残念なのは、去年の12月頃、家内のきょうだいが集まって、(当時、義父、入院中)色々話した後、私たち夫婦は頻繁に義父を訪れたのですが、写真がないんです。
行ったのだから、一回でも良いので、元気な義父と私たち夫婦の写真を撮っておけばよかった。
こんなに早く他界するとは思っていなかったので、そんな事考えませんでした。

義姉がケアハウスに入ったばかりの頃の写真を撮っていて、それをデータで貰ったそうで、写真立てに飾られて、家内の部屋にあります。ほんの5年前なのですが、髪も黒いし、多いし、70台かと思った。
義父がケアハウスに入ったのは89歳の時です。
それまで多少ヘルパーさんは使っていたけど、一人暮らしを立派にやっていました。

ケアハウスに入って6年目で他界しました。
私たちが介護に入るようになったのは、今年の初めです。11か月ですね。
次の認定調査を待たずに亡くなってしまいました。

とはいえ。生きている私たちは毎日の生活があります。
もうずいぶん通常の生活になってきたので、今朝、義父のタオル類を片付けて使うようにしたのが一応最後の作業かな。

我が家で看取りたかったのですが、信仰のおひざ元の病院で、馴染みの看護師さん、医師の方に面倒を見てもらってたった半日で亡くなりましたから、良かったのだと思います。

お礼状など書きました。
あっという間に義父が他界してから10日以上がたちました。

あちこちお世話になった方々、支援機関にお礼状を出しました。
義父はいかにもお葬式と言うようなことを好まなかったので、普通のはがきや手紙で出しました。
差出人は家内の住所と名前ですが、文章には義父の氏名を書いて、続けて義姉、義兄、家内と名を連ねました。
この形式で何か書くのはもう最後かもね。

ケアマネージャー事務所さん、ケアハウスさん、病院の義父がしょっちゅう入院していた病棟のナースステーションさん、、近くのコンビニエンスストアのLawsonさん(義父が品物を配達してもらっていたのです)、調剤薬局さん、いとこさん、ヘルパー事業所さん、病院の担当医師の方の8カ所に手紙やはがきを送りました。

お礼はLawsonさん、調剤薬局さんは香典の催促みたいに見えるので止めて、担当医師の方にもお礼を送るわけにはいかないので、(昨今はそういう事をすると、医師の方が困ります。)そちらも止めて、他の所には、近所の和菓子屋さんの菓子折りを送りました。
いとこさんには歳暮です。当地、果物のワインが名産品としてあります。葡萄じゃない。でも果物のワイン。
一度、いとこさんのお宅に家系の事を教えてもらいに行ったとき、持参したら、駆け付けてくれたいとこさん(3人見えました。)の一人が、「先日いただいたワインはとても美味しかった」と言って下さったので、そのワイン3本と父が愛飲していた日本酒を3本送りました。

ここまでは昨日インターネットと近所の和菓子屋さんで終わったのですが、まだ送るところがある。

ここからは普段の話で、姉御には毎年中元と歳暮を贈っています。
中元はそうめんで、歳暮は隣の駅のお茶専門店の日本茶(色々ありますが、日本茶だけ選んでいます。元々は紅茶専門店だったみたい。様々なお茶を売っています。最近の流行店です。)を送っています。

今年からは兄貴にも送ろうと言う事になり、家内はそれを送りに隣の駅まで行っています。

私は何をやっているかと言うと、ネットスーパーさんが明日のヘルパーさんに作ってもらう食材を持ってくるので、留守番です。誰かいないと、キャンセル扱いになって、持って帰ってしまうのです。生協は置いていくけれど、うちは生協は使っていなくて、スーパーマーケット2つを使い分けています。両方とも誰かいないとダメ。
なので、留守番です。

ついでに家内が市役所に行ってくれています。
義父の話じゃないですよ。
自分たちの国民健康保険の脱退手続きです。
家内が特定事業所にパートで行っているので、社保になりました。私は扶養家族になったのです。
今は両方にダブり払いになっているので、脱退の手続きしなくちゃいけない。

こっちは先に車で行ったみたい。脱退の手続きにマイナンバーが必要らしい。電話かかってきました。家内から。
昨今マイナンバー面倒ですよね。
更新が必要だそうで、5年で更新だって。
それからATMで記帳なんかしてから、隣の駅に今度は電車で行きます。

これで、懸案の事は終わって、挨拶も終わって と言う感じです。

義姉と義兄から、私に何か記念品をくれる という話があります。
義父の財布を中見ごと家内が貰いました。
その中に入っているお金で、何か好きなものを買って良いということになったそうです。

義父の記念品。
何が良いかなと考えている最中ですが、診察券を入れるためにカード入れを買おうかな と考えていて、今朝、家内が目星をつけたインターネットの画面を見せてもらいました。
気に入ったのがあったのですが、ちょっと金額が安いのね。
折角記念品としていただくのだから、少々値が張るものが良いかなぁ 等と今は考えています。

ちょっとした職人さんが作ったカード入れ(平たく言えば、名刺入れ。でも私は名刺交換はしないので、診察券を入れます。)で、一般的なものに比べれば、かなり高価なんですけれど、義姉と義兄が予算としてくれた金額には届かない。

高ければよい訳ではないけれど、そのカード入れと、他に何か1つ買おうかな と思って、家内と相談中。

ネットスーパーさんが来たら、私は又寝ると思います。
昼食は何か家内が買ってきてくれるらしいです。

遺品を貰いました。
義父の部屋はもう引き払ってしまうので、大部分のものは清掃業者さんに処分してもらいます。
思い出は物にあるんじゃなくて、心の中にありますから。

とはいえ多少は欲しいものをお互い在ったようで、義兄は何もいらないそうですが、義姉は少し持ち帰ったそうです。
我が家も私が欲しいものがあり、家内が欲しいものと合わせて結構な量をゆうパックで送ってきました。

義父の宗教グッズは家内が貰いました。天狗がもつようなその宗派独特の凄い数珠とか。その他色々。
義父は民間の芸術家でもありました。書や画を良くし、書道教室で生計を立てていた時期もあります。作品もいくつか持ってきたのかな?大抵色紙とか篆刻(てんこく と読みます。辞書引いてみてください。手間のかかるものです。)とか紙のものなので、どうしたのだろうか。描きかけの仏画は義姉が続きをやろうか と持ち帰ったそうです。仏画って写仏ね。下に絵を敷いて、上に紙を置いて、なぞるように描く。結構大変ですよ。

私は義父の衣類が欲しくて、パジャマや部屋着を持ってきてもらいました。大体サイズが同じなんです。
あとは毛布。義父がずっと使っていたものです。
赤い模様でサッカーの絵が描いてあります。サッカーボールとか。温かそうですよ。タオルとか、シーツとか、我が家で傷んでいるものも結構もらってきました。

それから掃除機貰いました。
義父に掃除のヘルパーさんを入れる時、ダイソンの型落ちの掃除機を買いまして、今年の2月から週に一度掃除をして貰っていました。たいしてつかわないうちに他界したので、我が家で貰うことにしました。

自分が贈ったものって、思い入れありますよね。
義姉は自分が贈ったコーヒーカップを持って帰ったそうです。

いわゆる形見分けはしません。

葬儀もきょうだい3人と、長男の奥さんと、その息子さん(孫)に、いとこ衆2人で、香典も何もなし、お経を読んでもらって、義父は実家でしばらく置いて、皆が都合が良い時にお墓に収めるそうです。
香典がないんだから、のげし もなし。のげしって、私の育った地方で言うところの会葬御礼です。酒とか、塩とか、海苔とか、お茶とか入れたもの。香典返しは別物です。最近は当日返しと言うのもあるそうですね。

実家は仏教で葬式やるので、子供の頃さんざん見てましたから。


そのお墓はそのうち墓じまいしちゃうらしいですけど、それはもう義兄の考え一つなので、構わないと、家内は言っております。