bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



義父が他界しました。
様子が怪しくなって、あれこれやっていた矢先、24日日曜日に義父はケアハウスの隣の病院で静かに他界しました。満95歳になったばかりでした。

心不全がひどかったので、死因は一応心不全。
生きている人の心臓じゃなかった。
私、9月か10月に、一度義父がやっぱり入院している時に、義父の病状説明を聞きに行っていて、その時医師から見せてもらったレントゲンは、もう肥大が進んでいてどうにもならない状態でした。「良く生きているな」と思いました。

気力・体力の問題のような感じでした。

しかし、その入院から戻ってきて、ほんのしばらくは元気だったのです。

途中で熱を出し、その辺りから怪しくなりました。
年明け早々に色々説得に行こうと計画していて、次に入れようと思っていた施設を24日は見学に行っていました。

見学先は、ここから高速道路を使って、2時間半。
現地に着く寸前にケアハウスから電話があって、入院したと聞きました。

今回は嫌な予感がしたので、取って返して帰宅したのですが、片道2時間半ですから、帰宅したら、もう夕方。

自宅の留守番電話に病院の看護師さんからの伝言と、折り返し電話が欲しいと言う事が入っていて、すぐ電話して。
説明してくれて、脈が触れない時があるとか、意識朦朧の状態だとか教えてもらって、SPO2を聞いたら、68。最大で取れた血圧聞いたら、88/46。

これは月曜日25日の朝までもつかもたないか誰にも分かりません。
私は深夜に他界するな と思った。

ケアハウスから電話が来た時点では、25日月曜日の朝一番で行くと答えておきましたが、間に合わない。
家内がネットで調べてくれたら、その近くの駅に行く最終の電車に何とか間に合う事が分かりました。
その駅は路線の途中で、その駅どまりが最終電車。
途中まで特急電車で行って、乗り換えて各駅停車で2時間行くと、終点としてその駅に着きます。
着いて23時半くらいの電車です。

慌てて支度をしていると、病院さんから又電話があり、家内が取ったのですが、亡くなりましたと言う事でした。

もう間に合わないのだけれど。
私、カトリックですが、実家は普通の仏教で葬式をやっていて、亡くなった人を一人にしておくわけにはいくまいと思った。
なので、通夜を一人でするつもりで行きました。

行ったは良いのですが、各駅停車の単線で、特急は乗換駅に21時過ぎに着いたのですけれど、22時前の各駅停車が微妙に遅れる。行き違いがあるのです。単線なので。だから行き違いのたびに少しずつ遅れる。この路線の各駅停車は常習的に遅れるのだそうです。
普段は特急に乗っていますので、特急は遅れない。
各駅停車は常習的に遅れる。

半分過ぎたころから、3両編成の各駅停車の乗客は、私一人になりました。
終点になる駅にどうしていくかというと、車庫があるからです。
そこまで夜中に行く酔狂な奴はめったにいない。
乗務員さんと仲良くなりました。

と、私は2両目にいたのですが、3両目に待機していた車掌さんが「あ!」とか言う。
「緊急停車します。気を付けて」とかも言う。

「???」

すぐ運転手さんからのアナウンスが入って
「シカが衝突しましたので、緊急停車します。」

シカね。イノシシも多いそうです。今の季節。

止まって
安全確認して
シカの撤去作業して

30分は動かない。
一回動物が突っ込んでくると、そういうものらしいです。
シカ、3両目に衝突していますから、轢いたわけではない。
シカが好きで突っ込んできた。
しょうがないです。

終点になるその駅に着いたら、0時半でした。23時半には着くはずだったのに。
0時半は良いのですが、タクシーがいない。
田舎だから当たり前かと思って、駅員さんに聞くと、もごもご言う。
田舎は終電と共にタクシーの営業は終了するそうで(翌日来たいとこさんに教えてもらいました。)ともかく0時で営業終了。電話にも出ません。

どうしましょう。

どうしましょうって、歩くしかないので、駅員さんにうろ覚えの道を大体教えてもらって、途中に工事現場があって、交通整理員の方がいたので、その方にも聞いて、途中にあるローソンを目印に歩きました。汗だくで。眼鏡なんかかけていられないから、私、かなり目が悪いので、道路が見えない。

やっとのことで病院にたどり着き、夜間入り口から入って、エレベーターで3階の義父の居る病室に行こうと思ったら。
夜間はエレベーターは停止している。
3階って、てっぺんなんです。
仕方ないから柵のしてあるところ、みんな避けながら階段上って、何とか病棟にたどり着きました。

夜勤の看護師さんに引継ぎしておいてもらったので、スムースに義父の病室に入れて、一息ついたら、夜勤の医師の方がやってきた。
死亡診断書ももっていて、家族説明をして、書類にサインが欲しいと言う。

それはね。まずいのです。
私は婿の立場ですから、朝になれば血のつながった子供たちがきます。
義姉、義兄、家内の3人きょうだいです。
義兄が長男ね。
義兄が説明聞いて、色々サインしてでないと後で厄介なことになります。
その旨説明して、サインなどは待ってもらいました。

少し義父と寝ましたよ。
私、もう汗だくで、自宅でシャワーは浴びてきたけれど、そのままでは寝られない。
肌着のシャツを換えて、上に来ていたフリース(これも汗でびしょびしょ)脱いで、簡易ベッド風な椅子を並べた場所で少し眠りました。

5時になり、6時になり。

看護師さんに声をかけると、「家族は何時に来るか」聞かれました。多分、一番早いのが家内で、9時半くらい。
その時間に着く特急の始発があるんです。
「病室で9時半迄いてもらうのは難しい」と言います。
そうですね。
他の患者さん起きてきますから、その中、霊安室に移動するわけにはいかないね。

「どうぞ作業してください」と伝えて、私はケアハウスに行きました。
ケアハウスは6時から玄関が開きます。
入れてもらって、とにかく寝て。

9時半ころ家内が来て、「いとこさん達来てるよ」というので、いとこ衆とは顔なじみなので挨拶に行きました。
義兄が来て、家族の話が始まりそうになったので、又ゲストルームに引っ込んでひたすら寝ました。ぐっすりは眠れないでしょう?

夜になって、やっと家内が来て、「今夜泊まる筈の駅前のホテルの予約取れなかった。ここに泊めて」とか言うので、慌てて、もう1組布団を敷いて、さて、シーツ類が1人分しかない。
事務所に行って、貰ってきて。

この先は又書きます。
結構せっかちで人騒がせな義父ですが、いい義父でした。
スポンサーサイト




大慌て
又かとお思いでしょうが、義父です。

年よりって、落ち始めると、坂を転げ落ちるように落ちて行きます。回復しません。

先月迄1か月程度入院していました。
退院後初めての通院の時は、慌てて通院付き添いに行きましたね。

今度、義父の甥の方がケアハウスに来て下さる予定というので、その時一緒に行こうと思って、今は甥の方待ちなのですが、段々怪しくなってきました。
ケアハウスの相談員さんから電話があって、家内は「そろそろ医療直結の所を探してはどうか」と言われたそうです。
幾らか話をしようと思って、家内が義父(家内には実の父ですよ。)に電話を試みるのですが、息苦しくて話せない様子とか。
あとは厭世的になっています。

危ないなと思って、真剣に探し始めたところ、義父が落ちていくスピードが速くて間に合わない。
ここ1か月でどれほど落ちたか と言う感じです。
というか、諸費用自己負担の法人さんに連絡したのは、先週の土曜日、1週間前です。
その間にも義父はどんどん落ちていく。

困りました。

何とか3か月くらい、春になったら、ある程度の所に移してやりたいけれど、その時、義父は移動(引っ越し)出来るだろうか。

で、私の実父じゃありませんから、家内は3人きょうだいの末っ子です。
義兄はこれはノータッチなので、置いておくとして。
義姉は義父の面倒を見る気がありますので、家内と電話で話なんかしていますが…

義父が良く「姉にはいうなよ。」と言っています。
その心はね。
「長男には長男の考えがある。姉には姉の考えがある。あんたの女房(家内の事ですよ)にはその考えがある。俺には(義父ね)俺の考えがある。」
「それはまとまらん。」
「だから、他のきょうだいには言うな。」と言います。

まさにその通りで、我が家に義父の面倒を見る資金があれば、全部うちがやるから口も手も出さないで とか言えるんですけれど、生憎我が家は障害者家庭です。障害者年金と、家内のわずかなパートでなんとか暮らしています。
勿論、良く書くように非課税ですし、私が身体障害者の最重度なので、私の付き添い、私が動くと言う事で、取れる割引が色々あります。最重度で非課税だから、私の障碍者医療証の自己負担はありません。

そんなので、何とか暮らしています。

義父の日用品とか、ちょっとしたものとか、施設への挨拶(ありていに言えば付け届け)、通って面倒を見る、通院に付き添う、介護サービスをちゃんと入れる なんかは全部我が家で出来ます。

困っているのはいくらでも動くのですが、財産がない事です。
多少の預貯金は勿論ありますが、それ使っちゃったら、私たちの老後資金がない。
義父も少しはもっています。
何とか2年くらいは新しいところで暮らせそうな感じがします。

2年もつか、3年もつか、1年なのか、これは神様しかわかりません。

今、義父は血中酸素濃度(SPO2とか言いますね。)は、私より高くて、98とか、97とかありますが、心不全の為に心肥大がひどいので、常に息苦しいらしい。それは嫌になりますよ。投げ槍にもなる。厭世的にもなる。
どうしたら、息苦しいのが楽になって、寝たり起きたりで良いから、余生(もう余生と言って構わないと思います。)を気楽に過ごせるか。

癌なら痛いでしょう?痛いのは痛み止めがあります。緩和医療でQOLを高めて、寿命まで比較的楽に過ごすと言う事が今は可能です。ホスピスにも入れます。

息苦しいのは痛い訳じゃないから、どうにもできない。

私は少しSPO2低くて、96とか95とか良くあります。94くらいになると、病院にいると酸素付けられそうになります。
実際には80切らなければ、医師は気にしません。
義父は98、97いつもありますから、酸素が足りないわけじゃないのだけれど、息苦しいって非常につらいです。

私と義父とは心臓の病気があって、身体障害者手帳1級で最重度 というのは同じですが、病気が違います。
義父は心不全による心肥大。ペースメーカーで繋いでいます。
私は二尖弁という先天性の心疾患の為に大動脈弁が石灰化して駄目になり、人工弁に置換しています。

だから、症状は違う。
私は易疲労性と言いますが、非常に疲れやすくなり、仕事が出来なくなって、今は家内の扶養家族ですが、息苦しいのはたまに気のせい程度にあるくらいです。それも年に1回とか2回とか。


これから義父に紹介してもらう予定の良心的な低価格の介護付き有料老人ホーム というのを、まだ、紹介されていないのですが、家内がネットで調べて場所が分かったので、場所の下見だけに車で出かける予定です。
案内してもらうのは、勿論法人さんに頼んでいるので、そこと一緒に行きますが、ここからの距離とか、環境とかを、案内無しで見てみたい と家内が言うので、それもそうだと思い、これから出かけるところです。

間に合うだろうか。少しは息苦しくない余生が送れるだろうか。

我が家は末っ子ですが、大慌てであります。

義姉の色々な考えと、家内(と私)の考えが合わなくて、お金持っているのは義姉なので(努力して自力で稼いだお金ですよ。)色々困る。どうしよう。まあ、常時酸素にするか、酸素ボンベを置くかですけれど、それで息苦しくなくなるかどうか は分からない。だって、SPO2、98とか十分にあるんだもの。

本日は片づけ
専業主夫ですから。

大分家の中が片付いてきて、手がついていない所が気になって仕方ありません。

本日はとりあえず台所を片付けました。
引き出しにとりあえず放り込んだものの上に色々ごちゃごちゃ溜まっている と言うようなこと、ありません?
ずっと暮らしているとそうなりますよね。

引き出し3つ、とりあえず全部出してみました。
家内と私は価値観が勿論違うので、彼女には必要なものでも、私には不用品に見えるものが沢山あります。
思い切って、処分しちゃいました。
使い捨ての箸とかスプーンとかフォークとか。
宅配をよく頼んでいた時期があって、その時おまけで付いてくるでしょう?
それ、彼女は全部取っておく。

がさがさやっていたら、まともな箸とカトラリーが出てきました。
使い捨てではない、弁当にもっていくような?料理の時にちょっと使うような?プラスティックのスプーンも出てきた。
これは使いましょう と言う事で、今使っているくたびれた箸を交換して、何だかまともな箸が一生分ありそうなのですが、それは左右をそろえてみて、怪しいものだけ捨てて、あとは整理しました。カトラリーもまともなフォークがあったはずなのに見当たらなかったものが出てきました。

プラスティックスプーンは、我が家寒天ゼリーを食べる習慣があるので、良く使います。今まで使い捨てのスプーンを使っていたのでこれからはまともなプラスティックスプーンを使いましょう。

お茶が沢山あるの。
とあるお茶屋さん(今どきのカタカナの流行店です)で、3,000円買うと、半年間、お茶のサンプルを毎月送ってきます。
ほんの一口分で、ティーバッグもあるのですが、毎月2個送って来るのだけれど、1つはお茶の葉っぱの形で来ます。
つい面倒で封筒に入ったまま、引き出しの中に散乱してました。
そのお茶のサンプルを貰いたがるのは私なんですけど。

何とか飲もうと思って、空いた引き出し1つをお茶引き出しにしました。
飲むかなぁ…
お茶パックってあるでしょう?
袋になっているやつ。
あれも救出したので、其れを使って何とか消費しよう。
余り古いのは捨てたのですが、飲めるものはねぇ。せっかくもらったんだし。

家内が以前飲んでいたインスタントコーヒーやら、飲みかけのコーヒー豆やらも出てきました。
スティックに入っていて、カフェオレが出来るなんてものがありますね。そんなのの飲みかけも出てきた。
ジャスミンティーのティーバッグも出てきた。
ジャスミンティーは500㏄で1バッグとあるので、今の麦茶を作っているお茶のボトルが2リットルなので、4パック入れれば、ジャスミンティーが出来るね。それを2~3回やれば消費できるので、作ろうと思います。

割りばし、何故か山ほどある。正月の祝箸もある。
正月の祝箸は、毎年買い換えないといけないものですが、夫婦二人ですから、硬い事は言わずに次の正月にも使おうと思います。なんで割りばしが山ほどあるのかは分かりません。
我が家、お客さんが来るわけではないので必要ない。
使いかけの怪しいのは捨てましたけど、封を切っていない様なのは少し残しました。
家内が要らないと言ってくれれば、すく処分です。いると言うかもしれません。

我が家はインスタントコーヒーは飲みません。紅茶も飲まないね。日本茶も飲まないです。あと飲むのは麦茶と炭酸水。
珈琲は家内が豆で買って、ミルを持っていますので、それで挽いてその場で淹れます。
私はアイスコーヒー専門で、ホットはほとんど飲みません。
アイスコーヒーも豆で買って、水だしで淹れられるのをいつもポットに用意してくれます。私は飲むだけね。作りません。
麦茶はなくなったら、ポット洗って、作るけど。

なので一時飲んでいたインスタントのカフェオレ用の色々は今はもう家内も飲まない。
ダイエットを始めて数年経ちますが、最初は飲みたかったようなのですが、最近は飲まなくなりました。
甘いのが飲みたかったらしいんです。
インスタントのカフェオレが好きだったようで。
今は飲まないね。

木製のなんていうの?棚?カラーボックスみたいなものがあります。
場所を動かして、中身を整理する と家内が言っています。
中身は家内の持ってきたもので、私が整理しても良いのですが、私がやると多分全部捨てちゃうので、持ち主が自分でやると言っています。いつかやるでしょう。

場所を動かしたいと言っていたので、場所だけ動かしました。かなり中身が入っていて、棚のてっぺんにも山ほど者が載って居るのですが、ちょっと動かしたら、そんなに重いものは入っていないようで、動きました。
だからご指定の場所に動かすだけ動かしました。

明日は燃えるゴミ、最近は燃やすゴミとかいいますが、そういうゴミの日。
私が捨てた大量の使い捨ての箸とスプーン、フォークが捨てたくなければ、今夜拾えば間に合いますので、一応申告はしようと思います。

本日は家事です。
義父がバタバタしだして、こちらも慌てていますが、甥っ子さんが義父を訪問する日時が決まらないと、こちらも動けません。
まだ決まらないご様子なので、とりあえずケアマネージャーさんに連絡して、今のところは甥っ子さん待ちです。
甥っ子さんと言う事は、義父の弟の息子さんなので、家内のいとこにあたります。私には義理のいとこですね。
家内は母方も父方も一番いとこ衆で年がしたなので、他のいとこさんと交流は無いそうです。
唯一、その甥っ子さんと連絡が取れ、色々お世話になっているところです。

さて。
本日は料理、家事しています。
昨日は家内が夕飯はラーメンを作るから何も作らなくてよい と言ったので、洗濯だけしました。
ヘルパーさんは明日見えるので、今日、材料が来るように、ネットスーパーで家内が注文をしたので、私が受け取ります。
午前中に来る予定です。

いつもは家内に適当に買ってもらって、材料見てから私が献立を作るのですが、このところ家内も仕事で忙しく、適当に買うのって、得意じゃないようで、私がヘルパーさんに作って頂く献立を考えて、夕食の献立とかも考えて、この材料を買って と言う事もあります。
昨夜はそうでした。
冷蔵庫の中のものを使って、足りないものだけ買えばよいので、本日はそんなにたくさんは来ないんじゃないかな?
何を買ったかは知りません。
私が頼んだものは買っていると思います。



諸費用自己負担の紹介業者さん
友人から、諸費用自己負担の一般法人社団を教えてもらいました。

無料の紹介業者は、紹介先、つまり、施設から紹介料を貰っているわけですね。
結婚式場探しと同じです。
むろん構わないのですが。
施設目線になりがち という点はあるかもしれない。

と言う事で、紹介料は探してくれる法人さんに支払う という法人さんに連絡してみました。
代表さんが出て、色々話をしました。
昨日書いたようなことですね。

安いにも色々カラクリがあると言います。
入ってから介護保険サービスを目いっぱいつけて、そこで儲ける。
まあ、商売ですから、それもあり得るでしょう。
悪いとは言えない。

良くあるのが毎日ディサービスを利用 という話だそうです。
他にも掃除、洗濯、風呂の介助等色々ありますが。
毎日ディサービスに行かされると、義父はもう95歳で、心臓に重い病気があるのでくたびれてしまいます。

そうじゃないところで、予算が厳しい方で、こういう良いところがありますよ。
と教えてくれましたが、ちょっとニーズと違う。
義父は拠点病院が近くないとダメなんです。
拠点病院なさそうな所で、ちょっと我が家から遠すぎる。

うーん…

今いる所よりは近いです。山奥ですがね。いいんです。山奥で。

義姉がおります。義兄は駄目ですが、義姉は父親の面倒を見る気があります。
お互いに離れているのね。隣の地方自治体ですが、片道3時間近くかかるんじゃないだろうか。
なので、両方が同じ程度近いところ というのは無理。

加えて、義父がバタバタ内緒でしだしました。
義父には弟がおりました。数年前に他界したのですけれど。
その子供さん、義父からは甥にあたる方が、二人、義父の事を気にかけてくれていて、時々義父のケアハウス迄訪問してくれたりします。
義父にとっては甥ですから、子供より気兼ねがない。

どうも甥の方に電話したらしい。
弟の入っていた老人ホームに入りたい とか言ったらしい。
「いくらだ?」とか聞いたらしい。
弟(私から見れば義理の叔父ですね)が入っていたのは、出身地と同じ地方自治体の施設です。

ちょっと待て。

出身地も義父が長く暮らした自治体も、うちからも義姉の家からも泊りで2泊しなくちゃ世話は出来ない。
行けないって!
で、甥の方にこっそり聞いて、何やらするつもりだったらしいのですが、内緒でそんな話が出来る訳もなく、義姉の所に甥の方から電話が来た。
バレますね。
で、義姉から我が家に電話が来て、「今、探している最中だから、待ってて」とか「出身地では誰も面倒を見られないから、それは無理」とか話をしたようです。

義兄は義父の出身地には1時間くらいで行けるのですが、折り合いが悪いので、絶対に面倒は見ません。
面倒を見るって、たまには訪ねて、話をして、用事を足して、世話をすると言う事ですよ。
それは我が家がやるしかないの。
義姉も働いていますし、忙しい。
家内も働いていますし、結局は専業主夫の私がやる と言う事になりますね。

で、費用をこちらが払う法人さんは、それなりに探してくれそうです。
今、候補に挙げてくれているところでも、何とかなるかな と思います。

義父にはヘルパーさんを使う事になれてもらわないといけない。
今は週に一度掃除に来てもらっていますが、頑として風呂の見守りのヘルパーさんを受け入れない。
これ、何とかしないといけません。
だから正月明けにみんなで義父を取り囲みに行くわけです。
その時に、「一年くらいしたら、引っ越しするからね」と前振りしておかないといけないですね。

そろそろ自立型のケアハウスはつらくなってきたのでしょう。
故郷や出身地に帰りたい望郷の念もあるのでしょう。
家内が言うには、「故郷は遠きにありて思う物」だそうです。
石川啄木だった?
「ぢっと手を見る」は啄木だけど。

そんなこんなで義父がごちゃごちゃ言い出したので、こちらは手綱を取るのが大変です。


転居先探し
我が家ではありません。我が家は持ち家のマンションで、買い替えの予定はありません。

義父です、義父。

今は自立型のケアハウスにいます。
同じ敷地内に病院があり、特養があります。
我が家からは電車で2時間半、車で4時間半かかります。
月に一回くらいは私が行っていますが、遠いですね。

遠いのはいいのですが、元気なら。
最近、怪しくなってきました。
年寄りが体調を崩し始めると、坂を転げ落ちるように落ちて行きます。
まさにそんな感じです。

入院も頻繁になってきて、ケアハウスの方々が心配しています。

困るのは。
義父は心臓が心不全で、慢性肺炎があり、心不全はかなり重い状態です。
ところが、日常生活動作、俗に言うADL能力は高くて、時間をかければ何でもできます。
風呂も一人で入れます。手洗いにも自分で行けます。食事も食堂に自分で降りて、自分で食べられます。

だから、介護度がつかない。要支援1しかつかないです。

なので、そろそろ医療直結の所で、我が家から車で1時間程度の所に移したいのですが、これがうまくいかない。
義父には信仰があります。家内や義姉も同じ信仰です。
その信仰の関連の施設に入っているので、そこから出るとなると、信仰の対象がそばになくなります。
信仰と言うのは、心の問題ですから、私もクリスチャンで信仰がありますけれど、近所になくちゃいけない という物では勿論ないです。それは義父も同じだと思います。

義父は信仰の関連のケアハウスがある と知って、遠くから引っ越しました。住所地特例で、今まで住んでいた自治体から介護保険給付は出ています。今住んでいるケアハウスの自治体は、サービスは提供しますけど、請求先は旧住所地。

義父に先日、退院後初めての通院の時に、「医者や看護師がいつもいる様な所に移るのはどうか」と聞いてみましたら。
「ここにおられんようになったら、わしは故郷(旧住所地)に帰る!かかりつけの先生に診てもらって、ここと同じ生活をして、苦しくなったら救急車を呼ぶ。なにも困らん。」とか言います。

いやね。お義父さん、ケアハウスだからお義父さんは自立でいられるの。
故郷で一人暮らしが出来なくなったから、ここに入ったんでしょ?とは思いますが、婿の立場では、そうは言えないので、むにゃむにゃ黙って。

あちこちと今、相談しています。
まずは怖いからシャワーで済ませると言うのを何とかヘルパーさん付きで、(見守りね。介助じゃなくて)湯船に入ってもらわないと困ります。
その算段は今やってます。正月過ぎに説得の機会を設けます。

あとは引っ越し先を探さなくちゃいけません。
入退院を繰り返すのはもう仕方ないのですが、出来ることなら療養型病院で医療密着にしたい。
ところが、そうもいかないらしいんです。

まず、市役所の総合窓口に電話しました。
「どこに相談したら良いですか?」

そしたら、高齢者福祉課に電話が回った。
事情を説明しました。
「そういう事なら、地域包括支援センターが良いでしょう。」と言う事で、電話番号を教えてもらった。

地域包括支援センターに電話して、事情を又説明した。
随分親身になってくれまして、30分くらい話をしたでしょうか。
我が家には資金がない。
年金生活者が家内がパートをして生活しています。
そこに義父が入って(病院には住所が置けないから、義父の住所を置くのは我が家になります。)3人で生活するのは、義父の施設、もしくは病院代を含めると、無理です。義父も年金収入がわずかにあるだけで、勿論非課税ですし。

したらば、30分ほどたって、地域包括支援センターの方が、「お話を聞く限り、安い有料老人ホームという手段もあると思います。」と言う。医療直結は出来ませんが、提携病院はあります。提携介護事業者もあります。そばに大きな拠点病院があれば、何とかなるかもしれない。あとは住所が置けるので、義父単独で生活保護が取れます。将来的にね。今はまだ生活保護のレベルではありませんが、資金が先になくなるかもしれないでしょう?

と、「有料老人ホームの紹介業者があります。」と教えてくれました。電話番号を。
とりあえず教えてもらった業者に全部電話してみました。
もう相談員に話をしたところもあるし、明日かかってくるところもありますが、一考に入れてみようと思っています。

我が家から車で1時間くらいの所じゃないと、意味がありません。
看取り迄視野に入れているので、近くないとダメ。
でも、都会方面に行くんじゃなくて、地方方面に1時間なら、無くもなさそうです。

友人のご家族がとある療養病院におられるのですが、「〇〇病院に友人のご家族がいます。」と地域包括支援センターの方に話したら。
そこは有料老人ホームの一角が療養病床になっている という特殊な形態で、「このくらいの費用が掛かるそうです」と伝えると、「あそこは特別な形態なので非常に高いですよ。」と教えてくれました。

療養型病院 というのは、なかなかないらしく、普通の病院に療養病床がいくつかついていると言う事らしいですね。

私の実母も最後は療養型病院で亡くなったんですけど、どこだったんだろう?
私と父、きょうだい とは普段縁がなく、喧嘩しているわけじゃありませんが、疎遠なので15年以上前に母が亡くなった病院は分かりません。でも、父はお金があるので、友人のご家族が入っているような特別な病院に入れたのかもしれません。




断水の予定
今日は晴れるようなので、洗濯しています。
本日はヘルパーさんも見えます。

13時~14時まで、マンションの設備点検の為に断水なんです。
ヘルパーさんが見えるのと同じ時間帯に断水。
今日は我が家の都合で、ヘルパーさんの時間をずらしてもらいました。
そしたら、すっぽりと断水の時間にはまってしまいました。

緊急時の為の備蓄が推進されていますね。
我が家はとりあえず水だけは用意してあります。
2リットルの水、12本。
これがそろそろ取り換え時なので、使ってしまう必要があります。
だから、今日の調理はヘルパーさんにその水を使ってもらいます。

洗い物はどうするか。
すっぽり と言っても、30分余裕があるので、その間に洗い物なさるかな?
間に合わなかったら、後で私が洗ってもいいですし。

なんで時間をずらしたかというと、家内の歯医者さん。
家内のヘルパーさんですから、家内がいないといけません。
今日は家内は仕事は休みです。
15時から歯医者さん。
いつもだと13時半から15時なのですが、、13時から14時半に変えてもらいました。
もう一日金曜日に来て下さるのですが、その日は家内は仕事なので、帰宅直後に来て下さいます。

なんで歯医者かというと、今、若い頃に折ってしまった歯を差し歯にしているのですが、もうもたなくなってきて、ブリッジに変更中。被せてあったものを取ってみたら、残っていた歯の根元がぐらぐらになっていて、抜歯したので、消毒に行かなくちゃいけない。

今、洗濯しているのは、すすぎの2回目の水は新しい水使うからですね。
我が家は10年くらい前に買った洗濯機なので、設定はすすぎ2回になっています。手動でセットしなおせば(毎回?)すすぎ1回になるのですが、面倒でそのまま使っています。毎日洗濯はしないから、つけおき洗いが多いです。
白物家電はそろそろ取り換え時なので、今している積立貯金が満期になったら、一斉に全部交換します。

お手洗いに行くかもしれませんね。
断水中に。
風呂桶の水がちゃんと残ります。
お手洗いに行くときは、その水を使うつもりです。

そういえば。

厄介なことが起きました。
退院したばかりの義父が、ケアハウスで38度の熱を出したので。
インフルエンザの予防接種が出来ない と書いたと思いますが。

風呂に入るときに、動悸がするようです。
で、怖いから、シャワーで出てくる。

もうケアマネージャーさんに泣きつきました。
何とか月に2回、2週に一度で良いから、ヘルパーさんの見守り付きで風呂桶に浸かってくれないと又、熱を出します。
このところ半年で、医師が転がり落ちるように体調が落ちているので、熱は困るのです。

家内は3人きょうだいの末っ子ですが、なんで、その婿の私が走り回っているんだか、最近は良く分からない。

忙しかったです。
先週の水曜日、木曜日と、義父の通院付き添いに行きました。

木曜日の夕方帰って来て、金曜日は自分が循環器の通院。
疲れていて、いつもは行きだけタクシーを使うのですが、この日は往復タクシーでした。帰りのタクシーの運転手さんが外れで。
4,000円とか5,000円とかかけて、病院から自宅までタクシーに乗る客は大体具合が悪いからお金かけてタクシーに乗るんです。
自分の話ばかり喋る、喋る、喋る運転手さんで、実は何回か乗ったことがあります。
余りに困るので、ちょっと会社さんに電話しちゃいました。

土曜日は精神科の通院。これも朝なのですが、前日疲れてしまって、朝いける自信がない。金曜日の夕方滑り込みで電話して、夕方に変更してもらいました。

日曜日は何だった?用事は無いけど、疲労困憊していました。
即位の祝賀パレード、見たかったのですが、眠ってしまって、見られませんでした。
おお!用事は掃除、洗濯でした。パスしました。

今日は一応用事は無い筈でした。

そうもいかない。

今夜の食事の支度をしなくちゃいけない。
昨日パスした洗濯をして、干して、お昼食べて、ちょっと寝て、起きて、今少し前に掃除をしたところです。
家内は本日は会社帰りに行かねばならぬ所があり、まだ帰って来ていません。
夕食の総菜を買ってくる と言っていたのですが、作ったので、要らない。
ラインしても忙しいらしく既読にならない。

仕方ないので電話すると、多分、運転中なんでしょう。出ない。

と自宅の電話が鳴りました。
自宅の電話が鳴るのは、義父の関係者か迷惑電話です。

どっちかな?と思ってみると、義父関係。ケアハウスでした。
出てみると、「奥さんの電話につながらないのでご自宅に掛けました」という。
奥さん、運転中ですから出ませんね。

用件を聞くと、義父が又熱を出したという話でした。「又入院かい?」と思って聞くと、通院して薬を貰って、抗生剤の注射もして、ケアハウスに帰って来ているそうです。次は14日で、(本当は21日でした。風邪?肺炎の悪化?)具合が悪ければいつでも来て宜しいとなったそうな。
38度の熱と言いますから、最近、そのくらいの熱を頻繁に出すのでちょっと心配。

丁度、明日、ケアハウスでインフルエンザの予防接種があります。申し込んでいました。
駄目ですね。
ちゃんと治ってから、病院にうちに行かないといけないね。

うちにいるのも結構忙しい。


通院付き添いに行きました。
義父は先日退院したのですが、この前の火曜日に「そろそろ退院後初めての通院じゃないかな」と思って、病院さんに電話したら。「明日水曜日と明後日木曜日のご予約です。」と返事が帰って来て、大慌て。

よく聞くと水曜日の通院は10時の予約だと言う。
朝7時に出ないと間に合いません。
特急を乗り継いでいくのですが、調べたら、運よく特急の始発があって、みどりの窓口に買いに行きました。
今回は家内は仕事なので、私一人です。
だから電車ね。

7時21分の特急に乗るには、当駅は6時50分とかそんな時間に出ないとね。で、ターミナル駅でもう1本の特急に乗り換えます。特急の乗車時間は、1時間と45分とと言う感じ。現地に9時36分に着きます。

仕方ないので、火曜日の夕方(病院に電話したのが15時頃でした。)ケアハウスに電話して、「いきなりですが、明日と明後日の通院に付き添いますので、泊まります。」と電話して、朝、間に合わなかったら、とりあえず義父を病院まで連れて行ってもらう事になりました。

予定通りついて、ケアハウスには売店がないのでタクシーさんに途中に運よくあるコンビニエンスストアに寄ってもらって、飲み物を買ってから行きました。着いたら、ちょうど支援員の方が、義父を病院に連れて行っているところでした。慌てて荷物をゲストルームにおいて、飛んで行ったら、居ました。義父が。一人で車いすに乗って。

歩けるのですが、病院まで歩くのは(5分ですけど)もうつらいようで、送ってもらう時は車いすで行きます。中は自分で歩きます。
水曜日はペースメーカー外来で、外部から技師の方が来るようです。
暫く待って検査してもらって、又しばらく待って。
医師の方が待合室に来られて、「大丈夫です。ちゃんと動いていて、電池は10年以上あるし、データも正常です」と言って下さり、その日はそれで終了。

水曜日って、ヘルパーさんが入っているのです。
掃除をして下さいます。
ついでなので、同席させてもらいました。
年寄りばかりの施設ですから、家族がいる訳じゃありません。
義父はヘルパーさんの使い方は上手ではないけれど、ヘルパーさんは熟練です。
それなりに何とかしてくれて助かりました。
これならいいかな と思いました。

この日はある程度義父は元気で、色々な話をしました。子供には話さないような昔話をたくさんしました。
夕食もある程度食べて、貰ったと言うイチジクをくれましたよ。
どうも友人からもらったようで、売っているものじゃなさそうです。皮を剥こうと思ったら、剥けない。庭になっていたやつでしょうね。
イチジクなんて子供の頃隣のおばさんから、庭になっているのを貰って食べた以来です。
義父も「最近は売っているが、買ってまで食べるもんじゃない」と言っていました。
私も同感で、イチジクやら、柿やら、タケノコやらは、隣のうちからもらうものです。

翌日木曜日はなかなか義父の順番が来なくてハラハラしました。
朝、診察券を出して、血液を採って、時にはレントゲンも撮るそうですが、それで一回帰るんです。
それで、お昼頃、大抵11時頃、病院さんからケアハウスに電話がかかってきて、「そろそろ来て下さい」となるそうな。
午前中の一番最後に診て下さる事になっているそうです。
義父が待合室で何時間も待てない体調なので、配慮して下さっているとのこと。

ケアハウスで待っていたら、受付の支援員さんから内線電話が来た。
「今日は混雑していて、13時か14時になりそうなので、何時の電車で帰るのか、病院に直接電話してください」とのこと。

自宅の電話には登録してありますが、携帯電話には登録していないので、仕方ないから、ネットで調べて登録して、電話を掛けました。看護師さんに回して下さり、「15時7分の特急で帰りますので、14時半ころにはここを出たいです。」とお伝えして。
「間に合うように頑張る」という返事でした。

義父本人は木曜日の朝、部屋のシャワー室のコックを誤ってヘルパーさんがちょっと捻ってしまっていたのを発見して、片付けやら、雑巾がけやら、大変だったらしい。疲れていまして、「昼飯は食べない」とか言う。
仕方ないので、事務所に言いに行ったら、「なんで食べないの?」

「えらい(つらい、疲れているの意味です)んだそうです。」

「食堂に降りてくるのがえらいから食べない?」

「はい。」

「だったら、お部屋に運んでもらえば(私が)お部屋で食べてもらっていいんですけど。」

と言う事で、取りに行くつもりでいたら、11時半前に又内線がかかってきた。

「お義父さま、今、食堂に来られているので、すぐ来て下さい。」

「???」

どうやら、食堂に「昼飯は食べないから」と断りに行ったところ、熟練の支援員さんにつかまって、「一口でもいいから食べて行って下さい」となったらしい。

慌てて降りていくと、ほんの少しだけおかずを食べて終わりでした。
支援員さん凄いですよね。

それから。義父も私も昼寝したんですけど。ふと気づいたら、14時でした。
電話はかかって来ていません。
さすがに間に合わないなと思って、義父の部屋に行って、「電話来ていないけど、そろそろ行ってみる?」と聞くと、「おお。行こう。」というので、事務所に断って行きました。

病院の受付で、事情を話して又、看護師さんに伝えてもらって待つ事5分くらいかな。
ちょうど順番が来て診てもらえました。

医師の話によると、現在の病状では今の状態は最高の状態だそうです。
重度の心不全がありますから、入院すれば落ちるのは当たり前。
義父、本当に落ちました。
仕方ないですけれど。

会計を待つ時間がなくて、(特急行っちゃうから)病院の受付の方に「すみませんが、会計が終わったら、ケアハウスに電話して、迎えに来てもらってください。」」とお願いして、ついでにタクシーを呼んでもらいました。

無事帰路について、帰宅したのが18時前かな。



衣替えと大掃除
連休中は、当地は晴れていました。

昨日、連休最後の日、家内と思い立って、掃除を始めました。
衣替えとかも。

私は引き出しケースに衣類を入れていて、季節ごとに使う引き出しケースが変わるだけ。衣替えは必要ありません。
家内は結構衣服を持っているのですが、なかなか整理できなくて、(精神障害者には整理整頓は非常に難しいです。)昨日、一生懸命やっておりました。

もう半袖は着ませんから、長そでを出して、なんと、もう着ないものを袋の大きなのに一杯出しました。
それから紙って増えません?
あとで読もうとか、必要なのと不要なのがごちゃごちゃになったとか、全部捨てるのは無理なんだけど、半分はゴミとか。

ちょっとやったみたいです。
先ほど、探し物があって、家内の部屋にあるかなと思い、ちょっと探していたら、昔の私の資料が出てきました。
要りません。
家内に探し物を持っているかどうかラインで聞いて、ついでに「私の昔の資料は捨てるよ」と書いたら、「はい。」と返事が返ってきた。
私の探し物は今、家内のかばんの中にあるようです。
仕事中ですから、帰ってきたら、貸してもらおう。

今日は病院に行きました。
探し物は保険証の証明書。保険証が出来上がってきません。
なので、手続き中です という証明書を出して貰いました。

それを家内に借りるのを忘れて、遠くの病院に行って、記号、番号などは分かるので申し出たところ、駄目でした。原本か保険証がないとダメ。
仕方ないので、今日は帰ってきまして、又、来週jの火曜日に行かなくちゃ。遠くの病院で、血液検査に行くのですが、なかなか行く気にならなくて、今日は当地、晴れているので、珍しく行く気になって行ったのですが、そのまま帰宅。

昨日片付けをしたので、資源ごみはマンションの仮置き場に出しました。
今日は病院に行くから疲れてしまうので、夕飯は既製品で良い?と言っていたのですが、まあ帰ってきたし、簡単なものなら作れるので、ごく簡単なものを作って、夕飯に出すつもりです。

明日、ヘルパーさんが見えます。
明日は掃除も洗濯もなしで、作り置きをして貰います。
だから、献立も考えました。
大豆を煮てもらおうと思い立ち、今朝、大豆を水に付けまして、今夜か明朝茹でておこうかなと思っています。