bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今日は結婚記念日です。
私と家内は一緒に暮らし始めたときが結婚記念日です。

色々厄介があったのですよ。

婚姻届けを出して3年かな?
そんなくらいです。

お互いに住民票を当自治体に移したのが3月31日なので、いつが結婚記念日やら、分からなくなってしまうし、結婚指輪に彫ってもらっておきました。見ると、2008 3 31 と打ってあるから、11年経ったのですね。12年目に入ります。

義姉が個人投資家で、年度末になると色々優待券をくれたりします。
先日、すかいらーくグループの金券を貰いました。
別の店に行くつもりでしたけど、系列店でまあまあのところが近所にあるので、本日の昼食は外食の予定です。

季節ものとデザートの豪華なのを食べようかな。

余り記念日はやりません。
正月はやるかな。
クリスマスケーキ(アイスケーキですけど)と鶏肉の腿焼きはやるね。
誕生日はやりません。
クリスマスもプレゼントはやらない。
勿論、バレンタインもホワイトデーもやらない。

結婚記念日もプレゼントはやりません。
食事に行くだけです。

家内と一緒になった時は、家内も今の私より若かったね。
うちは年上の女房で、10歳は違いませんが、結構年が離れています。
スポンサーサイト




苗字
最近就職活動に難航していますが、少しは面接まで行けたところがあります。
昨日、ご縁があって、一か所行ってきました。

もう一か所、昨日、私が他行中に電話をくださったところがありました。
本来、こちらからかけなおすべきですが、家内が勘違いして、ちょっとごちゃごちゃになりました。

職安で問い合わせをしてくれて、それは本社の人事部でした。
募集している事業所から直接私宛に電話をくださると言う事になっていて、電話をくださったのは、事業所の所長さん。
事業所の電話番号は知りません。

職安に電話して相談したら、人事部に電話をかけて、直接コールバックして良いか と聞いてみて と言う事だったので。
人事部に電話しました。
どうしても所長さんから電話をくれると言う。
仕方ないから、名乗りますね。電話番号伝えますね。

はい。私の苗字はちょっと少ない苗字です。
音が非常に聞き取りにくい。
聞き返されちゃう。
聞き返されました。「ご苗字がちょっと聴き取れなくて」とか言われて。

もう慣れていますので、「こういう漢字を書いて、何々と読みます」とかいう訳です。

今どきは何かの申し込みとか資料の取り寄せとか買い物とか、みんなインターネットでできますから、入力すればその通りに書いてあるけれど、昔はみんな電話だったでしょう?
その頃は、様々な違う文字の苗字で色々なものが来たものでした。

苗字ランキングみたいなものが最近はあります。
大きなところでは、郵便局がやってます。
個人の研究家がやっているサイトなんかもいくつかあります。

そういうところで見てみると。

全国順位で4,700番台くらい。人数で言うと2,700人くらいとか、2,500世帯位 とか出ます。

中途半端ですね。
難読苗字じゃないです。
誰でも読めます。
簡単な漢字です。
でも聞きなれないらしく聞き返されます。

三文判ありますね。
幾ら位でしょ?
私、印鑑屋さんの店先のクルクル回るケースで三文判買ったことがないので良く知りません。
大抵、注文です。
三文判なのに3,000円とかかかる。

家内はたまたまインターネットで三文判を探したところ、あるサイトでたった1本あって、それを買ったそうですよ。
見つけた家内は凄いと思う。

物凄く大きな印鑑専門店に行くと、例のクルクル回るケースに入っていることもまれにありますが、そういう店まで行く交通費と時間を考えたら、近所で注文した方が早いです。

シャチハタ。
シャチハタはセーフなんです。
店頭には絶対にありません。
カタログの中に取り寄せ専門 というところがあるんです。
そこにあります。
特注じゃないの。
既製品であるのですが、店頭にはおいていない。
取り寄せすれば定価で買えます。

家内の苗字は比較的良くある苗字で、音も読みも間違えようがないから、私の苗字になって、(私が家内の苗字になりたくなくて、頼んで私の苗字にしました。だって、希少なんだもの)苦労しています。

私は名前の方は音は間違えようがない。
漢字は色々ありますから、漢字だけ説明すればよい。
苗字も説明するんですけど。

家内は私の苗字になって、まず苗字が電話で伝わらない。
続けて、名前がちょっと変わってる。
居ないわけではないけれど、そんなに多くは無いと思います。
音も伝わりにくい。

なので、家内が電話で説明するときは、苗字を必死で説明して、名前も必死で説明するという具合になります。
年齢が還暦越えていますので、その世代にはないだろう、でも、キラキラネームじゃないよね と言う感じなんです。

私は長男で、下に妹がいます。
妹は連れ合いの苗字を名乗っていますから、我が家は子がないので、うちの苗字は私で途絶えてしまう。
出来れば大人の養子が欲しいけど、昨今なかなか親戚からと言う訳にもいかないし、赤の他人も困るしね。
子供さんの養子は無理です。私たちの年齢が高すぎる。

一応、お江戸の時代の氏素性がうっすら(お侍とか、大きな農家とか、商家とかそういうんじゃないです。)伝わっているうちなので、それは後世に残したいなと思うけど、無理ですねぇ…

ま、苗字も名前も記しだから、何でもよいんです。
名前もわかりやすいのが一番と言う事で、私の両親は私にも妹にもクラスに何人もいるようなありふれた名前を付けました。

家内の父、最近話題の私の義父ですが。
信仰があるので、その信仰上、意味のある名前を付けたそうで。
だからちょいと変わった名前になったみたいです。

義姉は比較的ありそうな名前なんだけど、どうもそれも信仰上意味があるらしい。
義兄はどうだろ?家内の名前を男性にしたような名前だから、多分、義兄の名前が先にあって、次に生まれたのが女の子だったからもじったのかな?

家内は兄弟姉妹3人です。
義姉、義兄、家内の順番。

バタバタは続く
年末から最近にかけて、我が家、バタバタしております。
日記もちっとも更新できませんでした。

そもそもバタバタの始まりは、昨年末、義父が具合が悪くなったことでした。
義父はある地方のケアハウスにおります。信仰があり(新興宗教じゃないよ!)その宗教法人のおひざ元で暮らしております。

義父は大正13年生まれ。今、93歳です。今年の誕生日が来ると、94歳になります。
ケアハウスの隣に同じ運営で病院があるのですが、そこに入院するの、しないの、という騒ぎでした。
あとで良く聞いたら、慢性心不全。
ペースメーカーも入れています。
息苦しいけど、生命に別条があるわけではない。

とにかく、義父のケアハウスに家内の兄弟姉妹が集まりまして、色々話をした と言う事がありました。
それが年末頃。

その後、様子が分かったので、介護保険が必要だと我が家が判断し、(私、介護屋でしたから)その手配とか、義父は信仰がありますので、人生の集大成みたいなことをやる計画があり、その話とか、当日一緒に参加するとか(家内は義父と同じ宗教、私はカトリックです。我が家な夫婦で信仰が違います。)なんとかかんとかで、私も一回行きましたし、家内は3か月に2回くらい通っています。

義父に介護保険を入れるのに(93歳で自立なんです。介護保険一切使ってないの。)認定調査しますよね。
住所地特例なんです。
ずっと住んでいたところとは、違う土地で暮らすようになりました。
住んでいたところで介護保険料を納めていて、暮らすようになった土地で介護保険を使われると。
暮らすようになった土地では、介護保険料貰っていないのに使われるばかり と言う事になってしまいます。
だから、ずっと暮らしていた自治体で介護保険の自治体負担料は負担して、サービスは今暮らしている自治体が提供すると言う事になるのですが、それを住所地特例と言います。

義父は住所地特例なので、以前住んでいた自治体から書類を取り寄せて、今住んでいる自治体から認定調査が入り、以前住んでいた自治体が介護度の判定をしてサービス受給者証を出す と言う事になります。

結構時間かかって厄介です。

以前住んでいた自治体から書類が届いて、今住んでいる自治体の認定調査が入った時、頑張って、夫婦で行きました。
施設入所ですから、家族居なくても、施設の方が普段の様子など伝えてくれて、家族同席無し と言うのも出来るのですけれど、初回の認定調査でもありますし、私も休職中で行く事が出来たので、夫婦で行ってきました。

片道3時間半~4時間かかるのですよ。当地から義父の住まいのケアハウス迄。車です。私は運転できないけれど(免許は持っています。体力的にもう無理。)家内は運転できるので、家内の運転で行きました。
でもせっかく二人いるのですから、途中で運転交代して、私も何年振り?かで長距離の高速道路の運転をしましたよ。

いや、疲れた。

事件もあったんです。家内が膝の靱帯を伸ばしてしまって、帰り道、私がほとんど運転して、帰ってきた夜、救急病院に連れて行く羽目になった。今でも家内は整骨院に治療に通っています。


で、このお彼岸。見当がつくかもしれませんけれど、義父がやりたかった人生最大のイベントをして貰いました。
信仰しているところに頼んでね。
家内、足が治っていないのに、お付き合いで行きました。
義父は大変満足した様子で、きらきらしていたそうです。

信仰って、大切だと思います。
信仰を持たない方も多いようですが、私は自分がカトリックですから、家内と義父が同じ信仰で、それは義父のお母さんからのものだと聞いて、それは良い事だなぁと思っています。
私はね。親戚縁者にカトリックはいません。学校がカトリックだったんです。で、私だけ洗礼受けてカトリック。


そんな話でバタバタ。

あとはね。

就職活動が難航して。

なかなか良い求人が出ない。
なかなか書類選考に通らない。
書類選考は全滅でした。

理由は見当がつきます。

ますは男性で事務職希望。
高齢者寸前。昔で言えば、そろそろ定年。
女性はだめです と言うと、法律に違反しますが、男性はだめですと言うのは言って良いんです。
医療機関の受付とか、金融機関の事務とか、店員さんとか、男性で高齢の人はだめですって、言って良いの。

だから本当に書類選考に通らない、書類選考に出せない。

加えて、障害者。障害者雇いたい会社はありません。それも心臓。店員さん、品出し係でも、通らない。

職安の方と策を練りまして。

やっといくつか書類選考無しで面接 と言うのにこぎつけました。

今日は貴重な面接からの職場に面接に行きます。

私は賃金は高くなくてよいんです。書くとここがどこだかわかっちゃうので、書かないけど、最低賃金で良いんです。
雇用保険は週20時間から。これは全国一緒。社会保険は30時間から。特例事業所だと20時間からかな?
雇用保険だけ欲しいんです。
社会保険に入ってしまうと、厚生年金掛けなくちゃいけない。
私は障害年金を受給していますから、いくら厚生年金をかけても掛け捨て同様になる。
勿体ないので、又、身体も持たないので、30時間は働けない。
特例事業所もダメです。特例事業所は全員社会保険に入れる前提だったと思います。20時間以上は必ず入る。
入ったら困ります。

週に10時間とか15時間の仕事は一杯あります。女性向けが多いけど。
30時間以上の仕事もいっぱいあります。正社員にしたくなくて、パートで安く使いたい会社は一杯ある。
雇用保険のみ という前提がないんです。

と言う事で、仕事探しもバタバタ。

義父の事をやりながら、自分の仕事も探すと結構疲れます。


一日中寝てました。
昨夜、ちょっと寝たのが遅かったので、少し強めの睡眠薬を飲みました。

今朝起きたら、6時。

家内が早朝覚醒しているので、行ってみると、「寝なさい」と叱られて、又ベッドへ。
寝ました。

何時頃ですかね?
分からないけど(私、時計の恐怖症。時計で今何時か分かるのが駄目。)午前中におきて、少し家内とテレビ見たり話したりしました。

寝たりなくて。

寝るね と言ったら、昼ごはんはどうするのか と言われました。
考えていたら、「起きたら考えるのね」と言われ、そのまま、軽い睡眠薬を飲んで少し寝るつもりが。

多分、11時とか、12時とかそんな時間だったのだと思いますけれど、起きたら、17時半。

家内が今度は寝ています。

私、朝食は食べない習慣で、つまり今日は何も食べていない。
ちょっとチョコレートを食べました。

これから一人で入浴です。
甘いものを食べるて風呂に入ると血糖値が上がるから、家内が起きて来るまで位もつんじゃないかな。

働きたいです。
働く体力が出てこない。
無理したら又、体壊すし、働かなくて困らないほど障害年金は出ません。

家内も今は就職活動は無理です。
義父の色々をしにしょっちゅう山奥に行かねばならないし、足を痛めてちゃんと歩けない状態がもう半月続いています。
とても職安には行けません。
早朝覚醒も激しいし。

障害者同士の夫婦って、切羽詰まったりするんですよ。

義父の話でバタバタ
義父はケアハウスに住んでいます。もう5~6年になります。
家内は3人兄弟姉妹の末っ子で、姉、兄がいて、次女が家内です。

義父の居るところは、我が家が一番近くて車で3時間半。
電車でも3時間半。

遠いですね。

我が家では家内が車の運転ができるようになりましたので、真冬でなければ(雪が降るところなので。現地は。)車で行きます。
現地、50キロ四方山と川しかないので、車で行かないと身動きが出来ません。

で、先日。

義父の介護保険の新規認定調査で、夫婦で行きました。
私は物理的な移動がきついので、いつもは行かないのですが、新規の認定調査ですから、夫婦そろっていたほうが心証がいいし、私は元々は介護屋ですから、役に立つこともあろうとて二人で行きました。

大変でした。認定調査の前に義父の思い入れで大変。

義父は息子は一人なのですが、洋服のサイズが合わない。
義父と私は同じくらい。義父の方がちょっと小さいかな。
何しろ大正13年生まれですから、今、93歳。
今どきの人としては小さいし、細いです。

私も両親が昭和一桁なので、そんなに大きくはなくて、父と同じくらいで、小さすぎて背広などは仕立てないと無理という体型です。靴もレディースで革靴は買うと言うような塩梅。

なので、長男さんに義父は洋服をあげる訳にはいかないんです。
元々仕立の洋服やさんを営んでいました。
商売ですから、お金もかけて、当時の流行債先端の背広を山ほど持っています。
仕事で着ていたわけですね。

それを私にくれると仰る。
貰うんですけど。
思い出の品です。
有難う、大事に着ます と言って、車ですから5着?7着?貰ってきました。

実は着られません。
義父にぴったりに仕立ててあるので、義父が着ると年齢もあり、非常に良く似合います。
私はサイズがピッタリはあっていない。
それに年齢が違います。
今の背広と形が違います。
家内が後でこっそり言うには「似合わないよ」と。

頂いてきましたけれど、燃える資源ごみの日に出すしかありません。

捨てたよ と言う訳ではないんですよ。大事に着ていますとか、仕事で気楽に着てます とか言えば良いのです。

家内が車で行くので、今までも色々貰ってきました。
年寄りですから、捨てる作業も大変で、不要なものでも新品の家電製品などを義姉などが送ってきたりすれば、一応は部屋に置くわけです。
使い方が分からないし、必要性を感じないし、邪魔だし、で、我が家に回ってきます。
義姉には家内が「それは我が家にもらった。使っています。」とか言っておいて、実は粗大ごみで出したりしないといけない。

兄弟姉妹にはそれぞれ役割がありますし、考えもありますし、生活もあります。
家内が末っ子で還暦過ぎていますので、もう人生出来上がっている。
そうそう義父の思い通りになるわけでもない。

我が家は私が介護屋なので、ある程度、義父と話が出来ます。
家内もそれを学んだのか、価値観なのか、年よりの話を聞きます。
なので、家内は義父にとって便利で重宝な存在です。

すぐ来い とか、ちょっと来い とかすぐ言うんです。義父が。
ちょっと行くには3時間半は遠すぎます。
家内も私も障害者ですから、とても日帰りで往復なんかできない。

色々ありますよ。本当に。

で、介護保険の新規認定調査。

義父は今まで住んでいたところから、ケアハウスのあるところに引っ越ししました。
住民票はケアハウスにあります。
だから、今まで住んでいたところで、介護保険の費用は負担して、今住んでいるところで介護サービスを提供すると言う事になるね。
提供する側で認定調査が入りまして、それに行ったのです。
認定調査は終わりましたから、今度は今まで住んでいた市区町村にそれが行って、介護区分がつくと。

義父は93歳ですが、実は自立です。
杖もなしに自力で歩く。
身の回りの事は怪しいけれど、最低限と言うか、形だけは出来る。
凄いと思います。

ところが、昨年入退院を繰り返しまして、何が悪いかと言うと、年齢なので、慢性心不全。
ペースメーカーも入れました。
だから、ちょっと動くとふうふう言ってしまうのです。

義父の居るケアハウスは自立型です。介護付きじゃないの。
隣に特養があるのですが、特養は要介護3以上じゃないと入れない。
だから今、自立でなくなると、どこか遠くの有料に入らないといけない。
その自治体には有料はありません。老健もありません。

ので。少しでも元気になってもらうために動かさないといけない。
運動して水を飲まないといけないわけ。
通所させます。
どこに通所するかというと、隣の特養。週に2回。風呂もそこで入ってくる。
あとは掃除のヘルパーさんを入れます。週1回。掃除洗濯。

要支援2はつくだろうね。
要支援1でも良いですけど、年齢が年齢で、ペースメーカー入れて、1種1級の障害者手帳もっていますから、まあ要支援2はつくでしょう。
要介護1は無理です。

人とのかかわりとか、人のざわめきとか、そういう物が必要なんです。
通所行けば、水、飲まされますから、今よりは飲むでしょう。
お茶とか、麦茶とか、ドリップコーヒーの簡易パックとか、家内が送りました。
行ってみたら、お茶は開けていなかったけれど、ドリップコーヒーはカップに入っていたので、作ったんでしょうね。
コーヒー好きなんですって。
家内もコーヒージャンキーです。

認定調査では、義父に話をさせておくと昔話があちこち飛ぶので、私が調査員の方が聞きたい事を耳元で(多少耳は遠い。テレビの音が凄く大きい)聞いて、義父に答えてもらうようにして、まあ90分くらいで終わりました。


まだあるの。

義父には信仰があります。
家内と同じ信仰です。

月末頃、義母の命日が来る。
同じころ、義父の母、だから、家内のおばあちゃんの祥月命日が来る。
供養がしたい。
ついでに自分の宗教的な功徳の行為があるのですが、形になったので、納めたい。
これまたついでに自分の生前供養もしたい。

話が取っ散らかって、相談員さんも良く分からない。
私どもも話を聞いたけれど、良く分からない。
義姉に義父がその話で電話をしたらしいのですが、そっちはそっちで散らかって、良く分からない。

帰宅してから、あちこち電話をかけて、宗教法人の総合受付まで電話で聞いて、やっとのことで、相談員さんと義父との話がある程度一致して、じゃあ、家内はいつ何をしに行けばよいのか、大体見当がついた。

又、家内は行かなくちゃいけません。

何しろね。
相談員さんが「予定を紙に書いてください」と義父に言ったら。
「〇〇日 寝る ××日 午後 △△日 寝る」と言う紙が来たそうで。
××日 午後 に何かあるわけね。
それがどうした と言うのの見当が大体つきました。
だから、××日の何か に同席できるように家内は又、行くわけです。

93歳迄生きたのですから、これからも何年か かもしれないけど、自分が思う通り、出来るだけ元気で、ケアハウスで全うできるようにしてやりたいじゃないですか。

それには手間と暇と金がかかるわけでございます。