bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



逆流神経反射
正しくは、どこか違うのですが、要するに、普通は脳が伝達を出しますけれど、末端やら臓器やらから、脳にSOSの信号が逆流する事です。(反射で良かったかなぁ?)


昨日、ある利用者さんが着席していて、いきなり意識を失いました。私は見ていないのですが、脱力していて、意識がなく、目は上転してピクピク動き、身体は痙攣していたそうです。


てんかんかな?と、少し思うけれど、その方、てんかんはありません。

脳ではないか?と言う剣呑な話も出て、とにかく救急車が呼ばれました。ナースが救急車に同乗して行きました。


その後、なかなか情報が入って来ず、やややきもきしていたところに、家族からかな?連絡が入った、と、伝言ノートみたいなノートがあるのですが、そこに顛末が記載されました。


便秘による逆流神経刺激(刺激じゃなかったと思うけれど、忘れちゃいました)の為の、てんかん又は失神。検査結果に異常がないので、単なる失神。


とか書いてある。


便が2キログラム摘出された、ともある。


ご家族ね。娘さんと旦那さんなんですが、内科医なんですよ。家族ならどのくらい出ていないか、解るでしょ。


ご本人は息む力がないと言うか、息む気がないと言うか、稀にディサービスでの入浴の際、硬便が出せずに、やむ無く摘便せざるを得ない事がありますが、家族が便秘を放置している、とは思わなかったのです。


オペで出す程だったのかな?と心配していたら、処置はすぐ済んで、さっさと帰宅した様な話なので、浣腸か摘便か程度で済んだのでしょうね。


脳に末端やら臓器やらから、刺激が逆流して、発作の様になる事があるのは知っていましたが、まさか便秘で失神するなんて思いませんでした。

いろんな利用者さんがいます。いろんなご家族があります。

ご本人はけろりとして、お腹がすっきりしたので、本日は何事なく、来ておられると言う話であります。

私は本日は休みなので、見ていませんが。

便秘タイプが解っているんですから、医者で便秘薬処方して貰って欲しいです。

腸を直接動かして、強制的に出しちゃうタイプのヤツね。水分を含ませるタイプじゃ感じないからダメだろうなあ。

便秘による失神で、万一床に倒れて、頭でも打ったり、割れたりしたら、シャレになりません。
スポンサーサイト