bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ディズニーシーその2
ディズニーシーに行って、1週間経ちました。

お土産をお渡しして、我が家の土産物も、開きました。

お土産は、家内がお世話になっているヘルパー事業所さんと、担当ヘルパーさんにお渡しして、訪問看護の担当者さんにお渡しして、あとはマンションの管理人さんに、お渡ししました。

一昨日の相談支援の時に、ヘルパー事業所の相談担当さんが、お渡ししたお菓子を二種類あったのですけれど、二種類一つずつ持ってきてくれました。


二種類が6枚ずつ入っているだけのお菓子でしたから、我が家に2つ持って来たら、全部で十枚しか残らない。有り難く頂戴して、今朝家内と半分ずつ食べました。

ヘルパー事業所の担当ヘルパーさんと、精神病院の訪問看護の担当さん二人には、ボールペンを一本ずつお渡ししました。

仕事でボールペンは使えるかな?と思ったので。


我が家には、ドナルドダックと撮ったディズニー仕様の写真と、自分たちで撮った写真、二組のディズニーTシャツ、ジーニーのタンブラー、多めに買ったボールペン等が残りました。

あとはネット上で、シャッフルphotoを作ってくれるサービスがあるので、自分たちで撮った写真をシャッフルphotoにしようと思っています。


家内は今回の旅行は、新婚旅行に行っていないから、その代わり、と思っている様子です。


実は一緒に暮らす様になって1年半くらいの頃、グアムに旅行に行ったのですが、その時は家内はまだまだ具合が思わしくなくて、余り楽しめなかったのです。
今回は疲れたし、余り回れなかったけれど、それなりに充分に楽しめた様子で、良かったかなと思っています。


初日の昼食を家内が頑張って、ネットで予約を取り、ミラコスタホテルの中のディズニーシーが眺望出来るレストランのブッフェを予約してくれました。

ちょっと良いお値段だったのですが、とても美味しくて、雰囲気も良かった。

宿泊したホテルで、シーの中で夕食を食べ損なったので、ルームサービスで、ローストビーフサンドイッチセットを取りました。

これも非常に美味しかった様子でした。ルームサービスって、家内は取った事がないそうです。

朝食付きにしたので、朝はラウンジのレストランで、やはりブッフェでした。その場で作ってくれるフレンチトーストやオムライスがあり、品々あって、ゆったり朝食を楽しみました。


一泊にしては、びっくりする様な金額で、あとのやりくりが大変ですが、とにかく、家内が旅行に出かける気になった事と、本当に楽しんでくれた事が、私には何より嬉しい事です。

家内が楽しめたのは、日頃の様々なサポートの方々のサービスと、週に二回だけですが、休まずに作業所に通っている事や、その甲斐あって、時々家内は1人で、自分の為の楽しみの外出が出来る様になってきた事や、様々な要因が重なっての事だと思うのです。

来週、家内は精神病院の予約があります。訪問看護の担当者さんから主治医に報告がいっている筈ですが、自分でも報告するでしょう。きっと主治医も喜んで下さると思います。

今年の2月から作業所に通い始めて、やむ無い通院の時一回と、今回の旅行の時一回しか家内は休んでいないのだそうです。

訪問看護の担当者さんによると、奇跡的だとか。普通は最初は行くけれど、途中で行かなくなり、又、時々行く様になって、それから安定して通所する様になっていくのだそうです。

家内を誉めても仕方ありませんが、家内、偉いな、と、私も思っています。

身体の障害の私も、ちょっとは頑張ったかな。きつかったですもの。

でも喧嘩になる程ではなかった。途中で諦めて帰宅する分別もあった。


と言う事で、手前味噌ですが、良い新婚旅行でありました。


2016年の12月で、婚姻届を出して1年になります。実際一緒に暮らして、9年目に入ります。

これからも無理をしないで、障害者なりに、元気に二人で暮らしたいと思います。
スポンサーサイト