bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



かなぶん騒動
かなぶん、ありますね。ちょっと緑色に光っていて、ブンブン飛びますね。煩いです。

窓の網戸は閉めてあるのですが、金曜日に、かなぶんが入ってきて、電灯の周囲をブンブン飛びました。

外に出そうと思ったのですが、昆虫って飛んでる時は捕まりません。早いし、結構大きかったし。

そのうちに、クローゼットの中に入ってしまい、ずいぶんクローゼットの中を刺激したのですが、出てこない。

どこか隙間でも通って、別の場所から外へ出るだろう。そう思って放置しておきました。

土曜日は何事なく、忘れ掛けていた日曜日の夜。かなぶんさん、クローゼットからお出ましです。

ブンブン飛びます。
かなぶんさんと一緒に寝たくありません。

こういう時は家内の出番なんです。女は強い。

電灯消して、窓を開けて、羽ばたきの音が窓近くで止まったから、出たと思う、と言う事で、私はベッドに入りました。

いやいや。音がします。がさがさごそごそ。で、その場羽ばたきをした音がして、もう一度家内を呼びました。


かなぶんさん、ご在宅(泣)

どこに?と家内が聞きます。窓際のパソコン本体の影でした。

家内が疑いながら探すと、かなぶん、再びブンブン飛びます。で、音がしなくなる。

引き出しケースがあるのですが、その裏に入りました。

そういう見極めは私の方が的確ですが、捕まえるのは家内の方がうまいです。

疑う家内に引き出しケースを動かして、裏に手が届く様にしました。

かなぶんさん、いまして、ティッシュで家内が捕まえました。窓から外に離しました。



安心してベッドに入ったら、今度はゴミ箱が、がさがさごそごそ言います。

飛び起きて電灯をつけて、ゴミ箱を探すと、かなぶんさん、ティッシュに絡まって身動き出来なくなっています。


かなぶんさん、ご在宅(泣)

と、又、家内を呼びました。

本気にしない家内に、ここにいる、と、ゴミ箱の方ティッシュに絡まって身動き出来なくなっているかなぶんを見せると。

ティッシュごと、拉致して行ってくれました。

一度、ティッシュごとビニール袋に入れて、ゴミ箱に入れたらしいのですが、無用な殺生はよからんと思い直し、家内の部屋のベランダの窓から離したそうです。

金曜日から日曜日迄、3日間、かなぶんに巣くわれてしまいました。

かなぶんも困ったでしょうが、何回大丈夫、と家内に言われても、かなぶんさん、ご在宅、の私も困りましたよ。

騒動一時間弱。

はあ、バタバタいたしました。
スポンサーサイト




冷やしたぬきそば
月曜日、イベントがあり、くたくたでした。火曜日は休みですが、1日一歩も外へ出られず、寝込んでいました。

冷やしたぬきそばが食べたいなあ、と思ったのは、月曜日の帰り道。蕎麦やがあるのです。でも、くたくたでそのまま帰りました。

火曜日は外に出ていないし。
水曜日、木曜日は仕事です。蕎麦やさんは木曜日定休日なので、水曜日に、今夜は冷やしたぬきそばを食べて帰るぞ!と出勤すると、蕎麦やさんに、本日休業、と出ています。

あれ?定休日の札があるのですが、休業と札が出ていました。

木曜日は秋分の日で祭日です。あ!と気付きました。墓参なんかありますし、大きな霊園もあるので、秋分の日に営業するつもりではないか?

木曜日、昨日の朝確認すると、水曜日休んで、木曜日営業する、と紙が出ていました。

木曜日は私にとって週末ですが、蕎麦やさんは定休日。やっと冷やしたぬきそばが食べられる!と期待して、仕事が終わりました。

蕎麦やさんに近付いてみると、電気はついているのですが、暗めです。あれ?でも入ろう、とした途端、店の電気が消灯しました。

昨日、雨がかなり降ったので、思う様にお客が入らなかったのか、普段の営業よりも、かなり早く閉めちゃったみたいなんです。

本日は通院。車でないと行けません。蕎麦やは営業していたけれど、駐車場がないんです。


昼御飯はジョナサンに来ました。お昼のセットコースみたいなのを食べています。

その蕎麦やさんの冷やしたぬきそばは、実は私の好みではないのですが、それでも食べたかったんです。

家内に話したら、大笑いされました。

いつ食べようかな。
電車に乗らないと行けませんが、立ち食い風の気楽な蕎麦やさんが別にあります。
そこの方が好みなので、ターミナル駅迄行った時にしようかな。

タリーズコーヒーに入りました
珍しく、スターバックスしか入らない私が、タリーズコーヒーに来て居ます。

実はスターバックスには、精神科に行く前に入って、フラッペチーノを食べて来ました。ラザニアも食べました。

診察が終わって、調剤薬局によって薬を貰ったら、お腹が空いてきまして。

タリーズコーヒーにはスパゲッティがあるんです。本日は雨。バスで帰るんですが、何か買って帰るのもちょっと面倒で、スパゲッティを食べて帰ろうと思い、タリーズコーヒーに入ったのでした。

じゃがいもとローストチキンのジェノベーゼ を頼んで、セットで飲み物がつけられると言われて、アイスティーをつけました。

コーヒーはスターバックスで飲むのです。タリーズコーヒーでは、スターバックスと同じメニューは頼まない事にしています。

タリーズコーヒーには、ワッフルがあります。お皿のタイプと持ち歩きタイプがある様です。

美味しそう。

持ち歩きタイプ食べちゃおうかなあ~。甘いもの大好きなんです。だから週末や休みの火曜日は太るんだよね。

うちで寝込んでいれば、大丈夫なんだけれど、通院で出掛けると、色々食べちゃいます。

食べるかどうかは、ブログ書いてから、ゆっくり考えます。

帰宅したら、又、寝ます。
朝寝、昼寝がないと、休みの翌日、仕事にならないのです。体力落ちてきているのでしょうね。

仰天した事
介護屋15年やってますと、大抵の事には驚かないのですが、さすがに驚いた事がありました。

御手洗いの話です。介護屋には日常茶飯事で、どう失敗なさっても、まあ、驚きません。

お小水が出なくて、出なくて、と言う方があります。ご家庭で充分に水分を出していない様子で、ディサービスでは、お小水が全く出ません。

尋常ではないのですが、ご家族が水を飲ませていない事がわかっていますから、ディサービスでは一生懸命飲んで頂くのですが、やっぱり出ません。

車椅子で立位が困難な方。リハビリ肌着にパットをご利用です。


昨日の話です。事業所にスーパーナースの方がいます。時々ディサービスに配置になります。

このお客様の事は気にかけてくれていて、午前中、昼時、水分を大量に飲ませてくれます。

そういう時は、時々、午後出ていたり、夕方三点式のオムツに交換するのですが、その時出ていたり、と言う事があり、昨日、私は期待していました。

14時頃、同僚の職員さんと二人介助で、御手洗いに座って頂いて、私が見守りに残りました。

しばらくすると、お小水の音がして、やっぱりスーパーナースだ、と、ほっとして、着衣して頂く為に、職員さんを又、呼びました。
立って頂いて、便器を見て、職員二人で絶句しました。お小水とは思えないもの、人体から排泄されるとは思えないものが、そこにあったからです。

すぐスーパーナースさんを呼びに同僚の職員さんが走りました。


何が出ていたか、の説明が難しいのですが。

錆色のやや濁った液体の中に、顕微鏡で見たアメーバみたいな目視出来るものが、うようよと浮いている、と言う代物です。

スーパーナースさんが来てくれて、濃縮尿が濃縮し過ぎて、固形物が出現し、浮遊物となって出てきた尿だろうとの事。

腎臓が濾過し切れない程、体内がからからに乾燥していて、水分が入ったので、凄い勢いで循環し、排泄されてしまったのだろうとの事。

職員さんも私も、それが何なのか、勿論尿なのですが、全く理解出来ずに、頭が真っ白になりました。

意外にに血尿等は見慣れていまして、これはまずい、と理解して報告に行きますが、理解不能なものを、私は初めて見たかもしれません。


結局、スーパーナースさんが、隣の部署からどんぶり鉢一杯の、水分補給用のゼリーを持ってきてくれて、私はせっせと介助して、その方に食べて貰いました。
おやつの時間には、茶碗一杯のお茶を30分掛かって、飲んで貰いました。

先方のケアマネージャーさんには、当方の相談員から連絡をしましたが、ご家族に色々な事があり、この先もご家庭で充分に水分を摂る事が望めません。

ディサービスは日中の活動の場所ですから、気づく事は色々あれど、生活での改善に繋げない事が良くあります。

ジレンマですね。

でも、人体から出るとは思えないものを見たのは、初めてで、スーパーナースさんの経験を改めて尊敬した事でした。

防災の日
おととい、9月1日でしたね。
防災の日です。
なんで防災の日か、といえば、大正12年の9月1日に、関東大震災があったからですね。

そんな事を、その日のリーダーさんが朝の会みたいなので話していて、職員同士で、どなたか、経験者はいるだろうかなどと話をしていて、私がふと思いつきました。

大正8年生まれの元気な女性の方がおいでになります。4歳ですから、多少覚えているかも?と思ったら、その方は、お風呂の順番が来て、もう風呂場においでになりました。

で、私、質問してみたんです。「関東大震災を覚えておいでですか?」って。
覚えているそうで、色々話し始めたところで、先輩職員さんが、「○○さん。お風呂の前にちょっと来て」と朝の会をやっているフロアに連れ出して、色々マイクでお話をしてもらいました。

4歳ですから、正確な記憶じゃありません。怖い思いは覚えていない様子でした。でも、ご本人なりに覚えていることをたくさん話してくださいました。

聞いてみるものですね。

大正8年生まれは98歳になられます。