bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ベゲタミン錠販売中止へ
飲む拘束衣販売中止へ

ベゲタミンと言う睡眠導入剤をご存知でしょうか?

存在は知っていました。

家内が眠れなくて眠れなくて、本当に苦しんでいたとき、かなり昔の話ですが、私の友人が(精神疾患のある方です)1~2錠ずつ、数種類の睡眠導入剤を分けてくれたことがありました。

その中にベゲタミンのB錠が1錠だけありまして、苦しんでいた家内が、それも試してみたことがあります。

結果としては、家内は当時今よりもずっとずっと悪い状態だったので、ふらふらになっただけで、一睡もできませんでした。


以来、お目にかかったこともなく、私たち夫婦には処方されたこともありません。
記事を読むと、かなり依存性が高く、危険性も高い薬剤、劇薬だ と初めて知りました。

精神薬には一定の割合で依存性があります。一般の薬でもあると思います。
医師から処方された通りの量を守って通常に使う分には、依存性は出ないのです。
これ、結構勘違いしている一般の方がありますけれど。

ICU搬送になるほど飲んでしまう患者が絶えないのでは困ります。
一般の良心的な医師は処方しない方向で行動しているそうですが、一部の安直な医師が漫然と大量処方している現実があると知り、大変驚きました。

そんな医師が実在するとは思ったことがなかったからです。

医師が倫理に反した行動をするのでは、発売中止にするしかないですね。
でも、良心的な医師の下で、容量を守って使っている、どうしてもベゲタミンが必要な患者さんもいるわけです。

そういう事を思うたび、医師の倫理について思わずにはいられません。
スポンサーサイト




タンタンのTシャツ買いました。
家内が持っている、タンタンのTシャツがうらやましくて、ユニクロに行ったのですが、ありませんでした。
家内に聞くと、昨年買ったものだそうで、それは今はありませんね。

どこかで売っていないか、と、家内にインタネットで探してもらうと、イギリスにタンタンショップがありました。
日本にもタンタンショップがありました。

さて、どうするか。

日本のタンタンショップのTシャツ、ものすごく高いんです。
イギリスのはそれほどでもない。日本のタンタンショップのTシャツ1枚分で、2枚買えます。

柄もイギリスのほうが好みで、何とかイギリスから買おうと思い、だって、海外でしょう?海外発送どうするのかわからなかったので、メールで問い合わせました。勿論、英語ですよ。私、日常会話くらいなら、英語出来ます。ただし、書けない。
ので、家内に口頭で伝えて、メールを書いてもらいました。

そのメールに返信は来なかったのですが、ちょうど、イギリスがEU離脱を決めたその夜、値段が1~2割下がっていました。家内が試しにWEBから申し込みをやってみると、発送先にJAPANがある、と発見。

イギリスから買うことにしました。

1枚だけ買う予定だったのですが、値段も下がったので、私が2枚、家内もつられて2枚、買いました。
Tシャツ4枚で、54€だったかな?送料含めて75€くらいでした。日本円で、8,200円くらい。
送料込みでTシャツ4枚、8,200円は安いと思います。

タンタンはフランスの漫画です。でも、フランスにはオリジナルショップはありませんでした。
インターネットに公開しないで、手売りしているのかな?現地に行かないと買えないとか。わからないけれども。

日本のタンタンショップのシャツはカラフルすぎるんです。タンタンはモノクロでないと、おかしいのであります。
イギリスのは、色は最低限で、原作に近い色合いでした。

1週間もすると、イギリスから荷物が届くでしょう。
家内はインターネットショッピングに非常に慣れているので、クレジットカード決済で、簡単に買ってくれましたs。
私はインターネットショッピング、出来ないんです。

今から届くのが楽しみです。
便利な時代になりましたね。

ある利用者さんの話
うちは株式会社ですから、本当はお客様と呼ぶのですけれど。

2~3か月前に、1年間一歩もうちを出ておらず、うちの中では、決まった椅子に一日中腰かけているだけ、風呂も入らないし、整容もしないし、歯磨きもしないし、当然医者も行かない、という利用者さんが見えるようになりました。認知症は無くて、頑固なだけと言う事でした。

最初はどうなるか、と思いましたけれど、とにかく人が好きな方で、通所をとても楽しみにしてくださるようになりました。

風呂はなかなかうまくいかず、半ば強制的に脱いでもらって、風呂場へ と言う事が多かったのですが、入ればさっきまで抵抗されていたのがうそのように、「ああ、気持ちが良いなぁ」と毎回笑顔で出てきます。

実は認知症がかなり進んでおられる方でしたが、日常生活にはある程度底力が残っていて、その場のやり取りなどは、普通にできましたし、奇妙なことを言う事も少ないほうでした。

認知症は認知症で、着替えの衣服をきれいなものをヘルパーさんが用意してくるのですが、今まで自分が着ていたと思える状態でないと、前のを出せとは言わないのですけれど、不穏になり、脱ぎたがってしまうと言う事がありまして、わざわざ脱ぎ捨てたもののように、きれいな着替えの衣服をぐちゃぐちゃに置いておく、と言う工夫は必要でした。そうすると脱ぎたがらないのです。

偉そうな事を言ってみます。

認知症の方って、今、一瞬、一瞬を生きておられます。忘れてしまうので、何が何だかわからなくなり、徘徊になったり、不穏になったり、せん妄が出たりします。

この方の風呂に入らない も、現状が変わることへの不安じゃないか という気がしました。
着替えがぐちゃぐちゃだと安心して着て下さるのは、現状が変えられていないという安心だったのかもしれないと思います。

先週の土曜日の話です。

救急搬送されたそうです。
で、入院になったのですが、ご本人が頑強に検査拒否して、そのまま強制的に退院させられてきたそうです。

その時のメモでは、簡易検査はできて、胃がん、貧血、肝臓の疑いがある とのことで、しばらくディサービスは休みますと言う事でした。


その次のメモには「末期の胃がんなので、利用は中止します。訪問診療を使って自宅で静養しますとありました。




私ね、考えちゃうんです。末期の胃がんで訪問診療を使うと言う事は、積極的な治療をしない と言う事でしょう。それはご本人、ご家族の考えですから、尊重します。

でも、認知症なんです。まだ、動けるのですよ。多分、痛み止め中心の治療をするのだろうと思うので、動けるうちはあんなに楽しみにしていたディサービスに通所させてあげてほしいと思うのです。

ご家族は息子さんがいますが、同居していません。お仕事もあります。毎日入るのは、ヘルパーさんだけです。
週に2回くらい訪問診療が入るのかな、回数まではわかりませんけれど。


痛みなく動けるなら、今、自宅で静養されているかどうか、わかりません。具合が悪くて寝ていることが多いとありましたから、そうなのかもしれないけれど、訪問診療が入るのは、生命の保証ではなくて、尊厳の尊重のためでしょう。

動けるようにも、食べられるようにも、寝込まないで済むようにも出来る可能性があるんじゃないか。


そう思うとね。遅かれ早かれ亡くなられる方だとしても、前の日まで元気にディサービスで楽しくやっていたね という、お葬式にしてあげたい と強く思います。

思っても、決定するのは、ご家族とまあ、居宅のケアマネージャーなので、こちらからどうこう言うべきものではないらしく。誰か、先輩に聞いてみようかな とちょっと思っているのですが、たぶん、当方から、尊厳のために動ける限りは楽しくディサービスで過ごしてください、通所してくれないと困りますって訳にはいかないですね。


時遅く、救急搬送された時点で、もう動けない、痛みも取れない、寝込むしかない、というときが来られたかも知れません。

そのあたりはプライバシーなので、聞いてよいことではないし、もう利用者さんではないのだし。


介護屋は、障害者の方向けの介護屋も、高齢者の方向けの介護屋も、いつも利用者の方の命と向かい合っています。
死にも慣れています。職業上慣れなければやっていけません。

その死を考えたとき、その方の最後に何をしてあげられるか、これって、介護屋の永遠の課題だと思います。



Tシャツ
最近家内がかなり太りまして。

新品の衣服が入らなくなっている様子です。

タンタンと言うフランスの漫画の主人公をご存知でしょうか。アメリカで言えば、スヌーピーの様な、日本で言えば、のらくろの様な、新聞漫画です。

主人公の男の子が可愛い。
ユニクロで買ったタンタンのTシャツがきついと言うので、がめてやろうと思い、試着してみました。

家内は試着する前から、ダメだ、と言います。試着してみました。

Tシャツなんて、男も女もないだろうと思って、がめてやる気でいたのですが、家内が正しくて、ダメですね。

鏡を見てみました。どこがどう、と、はっきり言えないのですが、奇妙キテレツな感じで、ダメでした。

イタリアの古着屋さんで買ったと言うTシャツもありまして、これもキツイと言うので、外国のなら大丈夫ではないか、と試してみましたが、これもダメでした。濃いピンクで生地がしっかりしていて、非常に着心地が良かったんだけど。

寝間着にするならよろしい、と、家内は言いました。寝間着に着ていたTシャツって、翌日、ズボンだけ変えて出掛けてしまったりするので、止めた方が良さそうですね。

タンタンのTシャツは、インターネット通販でメンズも販売しているそうです。タンタンのTシャツ、欲しいんですよね。

頼もうかな。
インターネット通販は、自分では出来ないので、家内に頼むしかありません。


それにしても、ブラウスやらスカートやらは女性特有だと思いますけれど、Tシャツが男女で違うとは思いませんでした。

女性がメンズのTシャツやズボンを着ているのって、そんなに珍しくないと思うのですがね。

レディースのズボンをわざわざ履く男性もいますよ。私はレディースのジーンズは履きませんが、ウェストが73センチなので、サイズが無くて、レディースで探すか、と時々思います。ベルトで締めて履いているので、68センチのジーンズが欲しいと良く思います。

要するに、私は図体が小さい。家内は女性にしては、図体がでかい。家内の方が10センチ近く、背が高いんです。靴のサイズも少し私の方が小さいです。

家内は24センチだから、特に足が大きな訳ではありません。

私が小さいんです。23.5センチです。

普段のスニーカーは、割り切って、子供靴を履いてます。サラリーマン時代はこんなサイズの革靴はないので、オーダーメイドでした。

私の父が同じ様子でした。背広やYシャツもオーダーメイドでした。私も同じようにしてました。

介護屋になってからは、普段着で通勤出来るので、なんとかやっています。障害者の方向けの仕事を長くやっていた時は、仕事は普段着でしたし。

多分、家内が着られなくなったタンタンのTシャツと同じ柄のメンズがあると思うので、頼んでみるか、と思います。

かわいらしい柄の普段着ばかり着ている訳じゃありません。モノトーンも着ますし、ドクロの黒のTシャツも着ます。

腎臓病になっちゃう!
最近、ご利用になられたお客様があります。

私の勤務先は株式会社なので、利用者さんの事を、お客様と呼びます。

で、新しいお客様がきた訳です。

車椅子ご利用で、立位が取れません。認知症との事ですが、日常生活には支障のないレベルだと思います。
この方、全くお小水が出ません。今までに三回来られましたが、一滴も出ません。

腎臓病になっちゃう!

ディサービスでは、かなり多めに水分を飲まれますし、高齢者の方はトイレが近い方が多いので、ディサービスにいる間に三回くらいはトイレに行ってもおかしくないです。

トイレにはご案内していますし、使い捨ての紙の肌着やパットも使っておられますが、本当に一滴も出なくて、パットもさらさらのままです。

とにかく飲んで頂くしかないので、喉は渇く様子で、お勧めすると、お代わりしてお茶等を飲んで下さるので。

困っています。

睡眠時無呼吸症候群
昨日から週末です。

家内が作業所から帰ってきてから、予約していた個人病院に行きました。一緒にね。

家内は双極性障害ですから、睡眠時のリズムがうまくなくて、早朝覚醒したり、中途覚醒したり、で、夜熟睡出来ません。

昼間は反動もあるのか、猛烈にだるくなるのだそうで、結果、眠ってしまいます。

双極性障害の本来の症状の1つですから仕方無いのですけれど、どうもそれだけではない様な気がします。

私と家内は別々に寝ていますので、はっきりはしないのですが、家内、時々寝てる間に息をしていない様な気がします。いびきも苦しそうな事があります。

双極性障害と一緒に睡眠時無呼吸症候群もあるんじゃないか?

たまたま近所に専門外来のある個人病院があるので、そこ宛てに、精神科の主治医から紹介状を書いて貰いました。

その上で、紹介状があると申し出て予約して、それが昨日の夕方でした。

問診票によると、あってもおかしくない様子でした。まあ無くてもおかしくないんだけどね。

家内は肥満体です。肥満体の人には結構ある話でしょ?

調べてみなくちゃ判りませんので、入院して一晩眠ってみて、それから判断しましょう、と言う事になりました。

その予約は8月です。個人病院さんですから、ベッドは1つなんじゃないかな、と私は想像しています。

軽い無呼吸症候群があって、呼吸補助具を使えば、昼間の様子が改善する、と言うのが理想なんですが、精神科の主治医は双極性障害本来の症状が主で、無呼吸症候群があって、治療しても、現状の症状は改善しないだろう、と言っているそうです。

とは言え、睡眠時無呼吸症候群があったら、放置出来ませんので、検査をして貰う事にしました。

家内には健康保険証の他の障害者医療証がつきません。私は身体障害者で重度なので、障害者医療証があり、我が家は非課税なので、1割負担金はなく、どこでも無料です。

家内は精神科だけ無料になる制度しか利用出来ないので、検査代金で、びっくりしました。3割負担で数万円。

仕方無いですね。

事故報告書
又、事故報告書を書く羽目になりまして。

昼食後、歯磨きする人、トイレに行く人、まだ食べている人、ごちゃごちゃしている時に、認知症のある利用者さんが、隣のブースのドアを開けて、入ってしまいました。

たいした事じゃないんだけど。

隣のブースはショートステイです。ショートステイの利用者さんが、私のいるデイサービスには、しょっちゅう迷い込んで来ます。


ところが。


たまたま偉いさんに報告が挙がらなかったんです。

だって。ショートステイの利用者さんが、しょっちゅう迷い込んでくるんですから、特に何か報告書がいるなんて思わなかった。

と言うのは、他の職員さんも同じで、結果、ショートステイの職員さんから、偉いさんはたまたまこの事を聞いたので、かー!っとなったらしく、残っていた職員みんなで、長々と怒鳴られていたのが、昨日の帰りの時。

帰宅が凄く遅くなりました。

全員が事故報告書を書きなさい、と言う事になったので、昨夜は家内相手に下書きです。今朝清書して、休みですけれど、朝、職場に行って、偉いさんに出して来ました。

まあ、仕方無いですね。

迷い込んでしまった利用者さんは、多分、私が仕事している、まさに後ろを通って、ショートステイに行った筈なので。

要するに、ごめんなさい、と言う報告書を出して来ました。

これから精神科と床屋です。