bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



救急病院
数年に一度くらいのペースで、家内を夜間救急病院に連れていく事になるのです。

インフルエンザが夜、判明して、凄い高熱、なんて事もありました。

今回は目眩。

私が本人から聞いたところでは、朝から目眩があり、だんだん増悪して、どうにもならなくなった、と言う話だったので、近所で目眩治療をしている、と言う医院に連れて行きました。

20時迄診療の医院でした。
ところが断られてしまい、救急病院に行く様に言われてしまいました。仕方無く電話してみると、混雑の為に、受け入れ中止。

仕方無いので、今度は#7119、消防庁の医療案内に相談しました。

目眩と言えば、耳鼻科ですよね。耳鼻科の医師が当直でいるのは、かなり遠くの大学病院しかありません。
とにかくその大学病院に電話してみると、受け入れ可能と言って貰えました。


さて。車で連れていくしかありませんが、場所が見当もつきません。自宅に戻ってパソコンで検索してから、と思ったら、家内がスマートフォンで地図検索をしています。

やってみると、GPS機能で居る場所から音声で道案内をする様子。使う事にしました。


無事に30分程で到着して、受け入れして頂きました。すぐに呼ばれて、内科の医師が診察してくれました。
その時、やっと気付いたんです。朝から目眩じゃなかった。朝からは、ふらつきで、夕方から目眩の様になり、それが増悪している事に。

内科、耳鼻科の専門医師が二人で時間をかけて診察してくれた結果、目眩ではない事が判明し、多分、家内が患っている、精神疾患との関係が濃厚ではないか、と言う事になりました。

目眩じゃないので、薬はありません。丁寧にみて頂いて、初診料だけで済んでしまいました。


今は、来週の精神科の予約待ちです。多分、精神薬が多すぎて、副作用で激しいふらつきが出ているんじゃないか、と思われます。

連れていく私も大変ですが、症状のある本人はもっと大変です。

夫婦して障害者だと、こんな時に面倒ですね。
スポンサーサイト




人権の話
先日、職場で他の職員さんがゲームをやった時に、非常にまずい人権侵害がありまして。

他の職員さん気づいていないですし、当の職員さんも、勿論人権侵害だと気づいていないから、やっちゃった訳でして、何かしらしないといけないけれど、どうしたものか、思案しています。

当の職員さんに言うのが一番良いのですが、当の職員さんは人権侵害に気づいていないので、?になりそうです。

伝言ゲームでした。

認知症の進んでいる利用者さんが、落ち着かなくなると必ず連呼される言葉と言うか、文章があるのですよ。落ち着かなくなると出る、口癖です。

それを伝言ゲームの問題にしちゃった。

認知症の進んでいる利用者さんは、自分の口癖をネタにされている、もっと言えば笑われている事に気付けません。抗議も出来ません。

だから、絶対にダメです。
介護の新人さんではないけれど、派遣社員の若い男性職員さんなんです。

私は直接のパートですが、うちの職場に雇われている訳じゃないし。

良くして頂いている常勤職員さんが、その日責任者だったので、相談してみようかと思っています。

下手をすると、これは虐待と言われても仕方ない。それはやはり困りますから。

困った利用者さん続き
脳梗塞の後遺症で、片方麻痺の方々の中に、私を嫌いだ、と、どこかで決めてしまった方々があります。

怒鳴るのですけれど。

脳梗塞の後遺症の方々ですから、情動失禁しやすいのは当たり前ですし、性格の精鋭化で、頑固な方はより頑固に、怒りっぽい方はより怒りっぽくなりますね。
焦点化される事もありますから、私がターゲットです。

他の職員さんが同じ事をしても何事ないのに、私がすると、途端に怒鳴り付け始める、と言う事か起こります。

現場では良いのですが、事務所の中間管理職あたりが怒鳴り声を聞くと、厄介な事になります。

なるべく怒鳴らない様に努めていますけれど、なかなか。

ちょっとした失敗を他の職員さんがしました。私は気づいて、耳打ちに行きました。私の失敗だと思い込んだ利用者さんは、早速名指しで私を怒鳴り付け始めました。

そこに失敗した方が、ごめんなさい、私が失敗したのよ、と出てきまして。

ビタリと怒鳴るのが止まり、ダメだよ~アッハッハ~、で無事、終了しちゃうんです。


私自身が介護の仕事が長いので、男性の癖に物腰が柔らかいらしいんです。更に小さくて、小さいから声が高いです。

目立つんでしょうね。

でも、これから背丈は伸びませんし、声も太くなりません。介護屋が物腰がだとか柔らかくて、何が悪い、とも思います。

結構難しい話ですね。