bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



巨大地震がきましたね
昨夜、東京の小笠原諸島を震源とする、マグニチュード8.5と言う、とてつもない地震がありましたね。

我が家は震源地からはかなり離れていますが、マンションの五階なので、長く揺れておりました。

二回揺れたかな。最初の何波のあとに、何波がきた為でしょう。

最近稀な巨大地震だそうですね。

震源地がかなり深くて津波も来ずに助かりました。浅いところでしたら、かなり被害が出たのではないかと思いました。

あちこちで火山の噴火も続いています。

備えあれば憂いなし、ですが。

我が家は家内が準備中。紺屋の白袴とは、こういう事かもしれません。
スポンサーサイト




週末です
週に3日のパートなので、週末3日と火曜日は休みです。フルタイムでの仕事はもう出来ません。

手術して5年になります。心電図などは正常になりましたし、血液もまあまあ普通です。でも一度切った心臓は元通りにはならない様です。

まだ心臓がある程度まともに動いていた頃、グループホームで月に13泊、宿直をしていました。休みは週に一度でした。

それでも元気に仕事をしていたのが幻の様ですね。

結局、その無理が祟って、心臓が限界に達し、人工弁と交換する羽目になった訳ですが。

これはもう身体の耐性の話で、仕方無い事でしょう。
サラリーマンのデスクワークでも、疲れないと言う事はありませんし、残業もあるでしょうし、ホワイトカラーだったら、手術をしないで済んだかどうか、は判りません。

切った以上は、身体に合わせて無理をしない様にしています。

障害年金だけで生活出来るならありがたいですが、世の中そうはいきません。夫婦揃って障害者ですし、夫婦共に障害年金の受給者ですが、障害者の生活には、健康な人には必要ない経費が色々掛かります。

それで我が家は非課税家庭になりました。非課税なら、私だけは膨大な医療費が無料で済みます。家内は精神障害者なので、医療費助成の対象外ですから、健康な人と同じ負担が掛かります。複数の病を抱えている家内は、月に数万円の医療費負担が掛かるのです。


こういう家庭ですと、私の休みの日は、夫婦揃って寝込んでいる事が多くて、レジャーなどで楽しむ事は皆無になりました。

それも仕方無い事だろうと思います。

健康な方の老齢基礎年金が、マクロ経済スライドにこの春からなりまして、支給率が下がりましたね。

障害年金はとっくの昔に、マクロ経済スライドになっています。毎年支給額が下がっていきます。

障害者って、楽をして福祉で生活している様に思われがちですが、実はそうではないのです。

同様に、高齢者の方も、年金で悠々自適なんて方は、滅多にいません。介護保険を使う様になると、自己負担率が重くのし掛かります。


楽して暮らせる人は、ごく一部のお金持ちに限られると私は思っています。

だから福祉の充実が必要ですし、国は福祉にもっと予算を注いで欲しいですね。
私は高負担高福祉の社会を望んでいます。収入のあらかたを税金に取られても良いのです。

その分、弱者になった時に、税金を払った分だけ、国の保護が安心して受けられる様にして欲しいです。

ですから、現在の中負担中福祉などと言う、半端な政策には反対の意見を持っています。

日帰り旅行に行きました
以前の職場の利用者さんと、日帰り旅行に行きました。

利用者さんは、いわゆる乗り鉄さんで、新幹線に乗るのが何より楽しみです。

結構遠く迄行きたい訳ですけれど、日帰り可能かどうか、は理解出来ないので、仕事でヘルパーさんには頼めません。

又、ヘルパーさんに頼むと、往復の交通費は二人分利用者さんが負担しないといけないので、さすがに二人分負担して迄はねぇ。

私と行くには、自分の費用は自分が出す、で行きますから、まあまあの金額で行ける。

ちょっとした大名旅行で、行きは新幹線の各駅停車でグリーン車、帰りは早い新幹線で普通席、なので、ちょっとした民宿なら宿泊出来るくらいの代金が掛かります。

でも、親御さんも、年に一度だから、と、ご本人のお金から捻出して、自分の楽しみは自分のお金で、と快く出して下さいます。


乗り鉄さんの旅行ですから、新幹線に乗っているのが目的なんです。いっぱい乗れるから、行きは各駅停車なんですね。

帰りは早く帰りたいから、早い新幹線な訳なのです。

今回は、利用者さんが希望している条件に合う新幹線が行きも帰りも一本ずつしかなくて、慌てました。

今時、休日のゴールデンタイムに、遠く迄各駅停車の新幹線って、ほとんどないみたいです。帰りは早い新幹線ですが、車種の指定があって、出来れば一般の方が帰るより早く帰りたかったのですけれども、遅い時間にならないと、その車種が出ない。


結局往復で12時間の日帰り旅行でした。

それなら一泊してくれば良い、と言うのは、我々の勝手でして、あくまでも、利用者さんの希望を出来る限り実現しようとすると、やっぱり往復で12時間、になってしまうのです。

楽しかったですよ。一般の方の旅行とは違った、利用者さん目線の旅行も良いものです。

現地では名物をお昼に食べて、地下鉄や周遊バスに沢山乗りました。


お金の事は理解出来ません。だから、どのくらい贅沢な旅行かは判断していないと思いますけれど、年に一度、このくらいの時期に、私と新幹線に乗りに行く、と理解している様子です。
利用者さんはダウン症候群。そんなに高齢迄は動く事が出来ないでしょう。あと十年でしょうか。動けるのがね。

私も年々、身体がしんどくなりますが、お互いが動けるうちは、毎年、旅行に出掛けようと思っています。

倒してはいけないボーリング
利用者さんに好評なレクレーションを1つご紹介します。

テーブルを2つくらい並べて、コースにします。

利用者さんはコースに設けた椅子に座って、プレーします。


コースの手前側に、ボーリングのピンを並べます。小さな卓上で遊べるピンで、なるべく不安定で倒れやすい、100円ショップで売っている様なピンがよろしいです。

利用者さんから見て、9本が正方形になっている様にまずピンを並べます。真ん中の3本の奥に4本目を並べて、コースは完成です。

2つ繋げた、奥のテーブルの、利用者さんが座る椅子と反対側、つまり奥側に、何か箱の様なものを設置して下さい。

私は100円ショップで売っている様なプラスチックの籠の持ち手を外して、ガムテープで付けています。


これで一応、準備が出来ました。

3列にボーリングのピンが並んで、2本のコース、つまり、何もない部分が出来ていますね。

ピンポン玉を幾つか用意します。私は5個使っています。


利用者さんにピンポン玉を手で転がすか、弾いて貰います。

四番目のピン迄、何も倒れずに通過したら、第1得点を付けます。私は10点にしています。

次に、通過したピンポン玉が、奥側に設置したゴールの箱や籠に入ったら、ボーナス得点を付けます。私は30点にしています。


私の設定だと、1球で取れる得点は、10点か40点ですね。通過して10点、籠に入って30点ですから。5球全部入ったら、満点は200点です。


籠に入れるコツは、ゴールの籠めがけて、コースを斜めに横断する様に転がす事ですが、真ん中のピンの列は4本並んでいますので、一番奥のピンが邪魔になり、なかなか籠迄入りません。

コツと運の両方が左右する様なゲームです。


今のところ、満点を出した利用者さんはまだありません。何回かやった利用者さんは、だんだんコツを掴んでいます。


これは力は必要ないので、手に余り力の入らない利用者さんでも、片麻痺の方でも、車椅子の方でも参加出来ます。

個人戦でやっていますが、チーム戦でも面白いと思います。

チーム戦の場合は、力の弱い利用者さんや認知症があって的確に行動しにくい利用者さん等には、スタッフが手を添えて、一緒にチームとして楽しめる様にしたら良いかな、と思います。
宜しかったら、お試し下さい。

倒してはいけないボーリング、は、私オリジナルのネーミングですので、ピンにするものを変えたりしたら、相応しい名前を付けて下さいね。

トイレットペーパーの芯を並べるのも、倒れやすくて、同じように楽しめるかもしれません。

簡単にするには、ピンを倒れにくく重くして下さい。

卓上でやっていますが、身体が動き、立つ事に自信のある利用者さんが多い場合は、ピンを大きくして、床にコースを設置して、大きなボールを投げたり、蹴ったりしても、楽しめると思います。

誕生日
本日、誕生日なんです。

朝、家内に、無事何歳になりました、と言ったら、プレゼントをくれました。

ピアスです。

介護福祉士試験に合格した時、ご褒美にピアスをくれ!と私が言ったのを覚えていたようです。

ピアスも色々ありますが、私はアレルギー体質なので、無垢の金、プラチナ等なら大丈夫ですが、メッキはダメ。腫れてしまいます。

ポストが無垢の金で、飾り部分はメッキ、飾り部分の後ろには、アレルギー対策で、樹脂のガードがついている、と言うのをインターネットで探してくれたそうな。

別にキャッチの山もつけてくれました。どれだけキャッチを無くすか知っているのでしょう。

予算の関係で、との事でしたが、してみたらアレルギー反応は出ませんでした。
無くしたら、ごめんなさい。

台風
5月に台風が来ましたね。前代未聞です。私の地方はほとんどなんともなかったのですが、台風特有の不安定な気圧を感じました。雨は夜間にかなり降りましたよ。

雪やら大雨やらがあると、通所は中止になる事があるそうです。
昨年は大雪で何度か中止になったそうです。

ドアツードアで送迎しますから、どんな天気でも良い様なものですが、送迎車が安全に運転出来ない程になってしまってからでは困ります。ひどくならないうちに中止にしたり、早帰りにしたりする事があるそうです。

今から台風が来ているのでは、今年は幾つくるやら困りますね。

当地は山も大きな川も海もありません。ただひたすら平らな地形です。

だから災害でも雨風の類いで困る事は余りないのです。

周囲を見回すと、何もありません。平らですからね。私が育った土地は、低いけれども周囲は全て山でした。だから見回すと、ぐるっと山が見える訳ですね。

当地に住まう様になった当初は、周囲に何もないのに慣れる迄、かなり時間が掛かりました。

但し。

ごく近くを有名な活断層が走っているので、それが動くと、ちょっと厄介です。
地盤は硬いんだけど。



東北でやや大きな地震があったり、関東の箱根山で噴火しそうな活動があったりで、家内が防災グッズを買う準備をしています。

備えあれば憂い無し、と言います。ところが紺屋の白袴で、介護屋の癖に、自宅に準備をした事が私はないのです。仕事では熱心になりますけれど。

家内に準備して貰おうかな。


皆様もどうかご準備万端に。

スリッパ
先日、車椅子のご利用者さんが、スリッパ履きのまま来所してしまった、と言うビックリした事がありました。

その利用者さんのお連れ合いは、たまたま私の住まいのマンションの管理人さんです。利用者さんには認知症があります。

朝、お迎えに行った時に、管理人さんが靴を履かせ忘れたので、スリッパ履きのまま、来所してしまった訳なのです。

おやつの時間頃に私はやっと気付きました。朝、お迎えに行った時の添乗員は私じゃないですよ。

たまたまその日の常勤職員さんのリーダーは、ちょっとなんと言うか、変な人?つまらない事を気にする割には、肝心な事が抜けていたりする事がある方でした。

リハビリの理学療法士の人達は、どうも介護職員より自分たちが偉い、と思っている人が多いのですが、たまたま、何でも事故にしたがる理学療法士の人が休日でした。

誰もスリッパ履きの利用者さんに言及する事なく、利用が終わり、お帰りの車の添乗員は私。

お送りして、管理人さんに、スリッパ履きのままだった事をお伝えすると、ビックリされて、靴を履かせ忘れた!ごめんなさい、との事でした。

いや。朝、お迎えに行った時の添乗員か、ドライバーさんが気付かないとダメなんですよ。

その利用者さんは、たまたま車椅子から立ち上がって歩く事がありませんが、万一と言う事もありますし。
スリッパ履きのまま、車椅子利用で認知症がある方が、立ち上がったら大変です。歩いたら転びます。

意外と歩ける方ではあるのですが、足元を確認して歩かれる訳ではないですし。
何でもかんでも事故にするのは好みません。でも自覚はした方が良いのではないかなあ、と思うので、その朝、お迎えに行った時の添乗員の職員さんには、そっと伝えてみようかな、と思います。派遣社員の方なんです。最近来られたばかりの方です。

まあ、いくら車椅子の利用者さん、と言えど、まさかスリッパ履きのまま、とは思いませんけれど、その利用者さんは、おうちの中では、管理人さんが手を引く等して、車椅子を使うのは、外に出る時だけなんです。

知り合いだから、私はたまたま知っているのですね。

何事もなくて、本当に良かったです。

こういう時こそ、みんなで注意しましょう、と言う前向きの情報共有をしたらどうか、と思うけれど、ちょっと何かあると事故にして、事故を起こした、と見なされた職員を責める、と言う仕組みなので、他の職員さんには黙っているつもりです。

この仕組みがおかしい、と気付いている常勤職員さんには、ちょっとお伝えするかもしれないけれど。