bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



統一地方選挙
明日は市と特別区の投票日ですね。

我が家は本日、期日前投票に家内と行きました。いつも期日前投票で行くのです。

何故ならば、投票所は徒歩で行かねばならず、家内には歩けません。車が入るのは、期日前投票所だけです。又、投票日は混雑するので、人いきれで家内は倒れそうになってしまうからです。

介護保険の施設で勤務していると、投票に行きたいのに行けない方々のお話を伺います。

片麻痺で車椅子でしか移動出来ない方々は、投票に行けません。自家用車に乗る事は何とか出来る方もありますが、家庭用の自家用車に車椅子は畳んでも乗りません。投票所で歩ける訳はないので、棄権せざるを得ない方の嘆きを良く聞きます。

行こうと思えば、不可能ではないですよ。介護タクシーを使って、車椅子を積んで貰うか、家庭用自家用車で車椅子無しで行き、投票所で係員を呼んで、投票所備え付けの車椅子を借り、係員に付き添いして貰うか、ならば行けます。

自力で歩く事が難しい障害者の高齢者の方に、そんな大変な事をして迄、投票に行きなさい、なんて言えません。

うろ覚えですが、一定の細かい要件を満たした障害者は郵送投票出来たかな?とも思うのですが、出来たとしても、今度は手続きが必要になるでしょう。

我が家も家内が重い精神障害者ですから、家から出る事自体に困難が付きまといます。

なかなか腰が上がらない家内を説得して投票に行くのは大変です。

家内は朝と昼間が特に動けません。私は疲れが出てくる午後遅くから夕方、夜、に掛けては、とても運転等出来ません。結局、運転出来ないと投票出来ないので、家内が朝か午前中に無理やり動いてくれて、やっと投票が出来ます。


弱者程投票に行けない仕組みになっているのですよ。
住民基本台帳等と言う、住民統制みたいな番号を強行したり、国民一人一人に番号をつけて管理しようとしたりしているのですから、こんな時こそ、住民の為に番号を使ったら良さそうなものです。

障害者だとか、介護保険での身体が動くか無理か等は、自治体が情報を持っています。

高齢化社会の日本で、投票整理券だけ郵送して、全員が手足充分で、スタスタ投票所に行ける前提で制度を運用するのは、どうも何かが違う様な気がしませんか?

寝たきりの方にも色々な原因がありますが、政治的な意見はあるでしょう。寝たきりの一定の細かい要件を満たした方は、ひょっとしたら郵送投票出来た?かなあ?

健常者の方、是非、投票に行かれて下さいね。行きたくても行けない有権者は山ほどいるのです。
スポンサーサイト




体操とリラクゼーション
通所リハビリですが、リハビリは専門の理学療法士が別の場所でやるので、私がいる所は、実質的にはデイケアです。

目的はリハビリなので、午前と午後、二回体操の時間があります。体操のあとはゲーム等をしています。

係は職員で回り持ちなので、体操の係は良く回って来ます。

職員さんによって、いつものパターンが違うので、利用者さんは色々な体操をなさる事になり、結果は良いんじゃないかな、と思います。

最近、私も特徴的なパターンを作りました。脱力です。

体操って力を使うばっかり、になりがちなので、ある程度力を使う体操をしたら、リラクゼーションを兼ねて、脱力する時間を作っています。

椅子に腰かけての体操なので、左右と前に身体の力を抜いて、だらーん、とする事を組み込む様になりました。

意外に日常生活で脱力する事は少ないんです。特に身体が硬くなりがちな高齢者の方には脱力は難しい様子ですね。

体操はなるべくゆっくり、力を入れてする体操は少し大変なくらいの量にして、途中、途中に深呼吸やリラクゼーションを挟みながらやっています。

他の職員さんの体操のファンもいますし、私の体操が好きな方もあります。

色々問題の多い施設ですが、ご利用者の方々には、良いサービスを提供したいものですね。

もめ事は内輪で止めておきたいのですが、特定の職員さんが、良く利用者さんを巻き込んだ事柄を起こします。なるべく利用者さんを巻き込まない様にしたいものです。

手前味噌ですが、体操をする時の脱力、リラクゼーション、お勧めします。

クレーム
毎日の様に何かが起こる、困った勤務先ですが。

先週の水曜日、困ったクレームがあって、どたばたでした。

利用者さん曰く。

帰りのバスに乗る時に、職員から暴行を受けて、怪我をした、と言う事なのです。

良くお話を伺ってみると、車に乗る際に、職員が、あなたは行動が遅く、他の利用者さんの迷惑だから、さっさと乗りなさい、と罵声を浴びせたとの事。

続いて、早く乗る様に怒鳴って、後ろから突飛ばし、お尻を思い切り二回叩いた、との事。

結果、足の指のどこかの付け根が腫れている。

その為、今までのリハビリの苦労がゼロになり、歩く事が出来なくなった、との事。

本当だったら大事件なんですが、どうもお話が大分大きくなってしまった様子なのです。

たまたまお迎えの送迎車に添乗していたのが私でした。それで話を聞いたのです。名前はわからないけれど、暴行した職員を教える、と仰るので、気にしていましたら。

ある職員さんを指差して、この人だ、と言います。


日替わりで常勤さんが責任者になるシステムなので、その日のリーダーさんにお知らせしたら、確かに、ある曜日、その指摘された職員さんは添乗していて、たまたまリーダーさんが運転だったそうです。

しかし、そんな騒動は知らないと言います。


どうも、指摘された職員さんが、少しだけ、口が滑ったんじゃないか、と思われます。

その利用者さんは、一般的に見れば、車椅子ご利用のレベルの方です。施設内では車椅子をご利用されます。

が、ご家族のご要望らしいのですが、ご自宅、送迎時は車椅子は使えません。シルバーカーで歩いて頂く決まりです。

足が立つかどうか、の方ですから、送迎車に乗るにも、降りてご自宅迄行かれるにも、ものすごく時間が掛かります。

お帰りはご自宅がお留守の時がほとんどなので、マンションの上の階迄ご一緒し、廊下を歩いて自宅迄行き、ドアを開けて招き入れ、外履きのズックを内履きのズックに履き替えして貰い、荷物をつまずかないところに置いて、本人さんにシルバーカーをしっかり持って貰って、自宅の中の椅子に座って貰うのを見届けて、やっと挨拶して、送迎車に戻るのです。

車椅子を利用して下されば、安全に早くご案内出来るのですが、そうはいかない。

だから、その方の送迎の時は、そのお宅でかなりの時間を食います。

それが職員さんのちょっとした言動に出ちゃったんじゃないでしょうか。

まさか衆人監視の中、罵声を浴びせて暴行する程、職員もバカではありませんし。

でも考えさせられました。言葉はなんであれ、職員の内心が利用者さんにはっきり伝わる事があるのだ、と言う事ね。

利用者さんにとっては、罵声も暴行も事実になっていますから、ご家族にも、他の利用者さんにも、事実として訴えて歩かれます。

実際に罵声や暴行はなかったと信じますけれど、職員の内心に、この利用者さんは車椅子を使ってくれないから、危ないし、時間が掛かるし、面倒だ、と言う事があって、例えば、少しだけ急いで乗って貰えますか?と、背中に手を置いた、みたいな事はあったかもしれませんしね。

それが罵声や暴行になっちゃった、と言うのはあり得る事です。

常勤さんや施設がどう片付けたかはしりませんが、言動が与えるものは怖いものです。

私も気を付けないといけませんね。

体操ゲーム
午前中と午後の二回、利用者さんに体操の時間を提供する事になっています。

レクレーションは別枠です。

体操の後に、ゲーム等を提供します。

私は体操やレクレーションの担当が多いので、ネタの準備と思い付くのが、なかなか間に合わないです。

ある物を使って、時間内に全員の利用者の方が楽しめないと困るし。

しばらくは、お手玉等を使って、ゴールを作り、点数をつける様なゲームをあれこれやっていました。

しばらくやったので、今はテーブルを出して、縁等にゴールを作り、ビリヤードみたいにゴールにピンポン玉を入れて貰うのをやっています。

明日はテーブルの上にボーリングの小さなピンを並べて、それを倒さないで、テーブルの縁等に作ったゴールにピンポン玉を入れて頂く様にしようかな、と思っています。

一応、ネタの本は自前で持っているので、それを参考にしながら、勤務先に合う様にアレンジしたりして、活用しています。

ゲームにすると、道具だてが必要なので、職員数増やしてくれないかなあ。

40人定員のデイケアですが、体操もゲームもレクレーションも、全部1人で活動しながら、利用者さんの安全確保をしないといけないのです。

ゲームやレクレーションには、最低でも3人は職員が必要です。

経営力に疑問のある施設なので、当分は変わりそうにないです。

離設
先日、仰天する様な事がありました。軽度の認知症のある利用者さんが、鍵を内側から掛けてある玄関をすり抜けて、自宅に帰ってしまいました。

通所でちゃんと見ていなかった、も原因ですが、どちらの施設もそうだと思いますが、内側から自動ドアは開きません。事務所で解錠の操作をするか、職員のカードキーでタッチするかしないと開かないのです。


いや。覚えている人がいない様子なので、事実は判りませんがね。

職員がカードキーでタッチした隙に、入れ替わりですり抜けて行った、とは考えにくいです。

事務所で見舞いの方と間違えて、堂々と解錠して、堂々と外に出た、しか考えられないのですけれど。


その時の常勤さんの1日リーダーさんが、ある職員さんで。

その職員さん、年配の方なのですが、元々は事務長さん、不具合があったそうで、通所の課長さんに降格になって、又、不具合があって、平職員になったんだそうです。

普通だったら退職しないかな?まあ構わないですね。

でもね。ミスが多い方です。

送迎車の順番を作るのは、その方が係だそうですが、送迎車には車椅子は二台しか乗りません。それが車椅子の方三人重なったり。

運転専門のパートタイマーの男性が気付き、順番変更等を私が添乗で慌ててして、事なきを得ましたが、係の方、事の重大さが判っていないみたい。

ちょっとした他人のミスには変な事を言います。すぐ事故だと言う。

やりにくい先輩です。

困りましたね。