bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



看護助手は本当は好きじゃないです。
仕事に貴賎はないと思っています。でも、好き嫌いはありますよね。
好きじゃないです。看護助手。

病院と言うのは、療養をするところです。
治ったら、退院するところでもあるわけです。

当院は、一度入院されると、数年、十年、数十年単位で、病院を暮らしの場にしてしまう患者さんがたくさんいます。

患者さんのせいじゃないと思うんです。
支援がなされていないから と思います。

看護助手では、雑用に掃除に入浴の手伝いにトイレのお世話ですから、何も言えません。

私は元々介護屋なので、療養する場所が病院なら、これは一体何だろう と思うことが多くて、仕事は仕事で失うと厄介ですから、していますけれども、本当は長くは居たくないんです。ダメかなぁ?

看護助手の仕事がレベルの低い仕事と思っているわけではなくて、看護師と介護屋の意識の違いの話をしているんですよ。

患者さんの目標を書くところがあるようなのですけれど、「落ち着いて療養生活ができる」という目標が一番多いんです。
「何ヶ月後には一人で外出ができる」「一人暮らしのために何をする」「退院する」というような目標を見たことがありません。
看護師さんは病院の内部での目標だけ書いているのかね?

ずっと入院させておくなら、「落ち着いて療養生活ができる」しかなくても良いですけれど、地域以降促進の折から、いつまでも漫然と入院しているのが当たり前みたいなのはどうか とどうしても思ってしまいます。

退院の話になると、「引き受けてくれる受け皿があれば、いつでも退院させたいわ」なんていう看護師さんもいます。
病状云々じゃなくて押し付け合いのような気分になってしまいます。

介護職は勿論、ケースワーカーさん(受け皿の方に当たる方達)や、受け入れ施設、受け入れ団体(ヘルパー等の派遣団体さんとか、グループホームの受け入れ団体さんとか)の方々、市役所の生保のワーカーさんなどは、全部まとめて「福祉の人」と呼ばれています。

福祉の人 と呼ぶことに、私はすごく無礼な感じがします。
ケースワーカーさんはケースワーカーさんですし、世話人さんは世話人さんで、コーディネーターさんはコーディネーターさん、受け入れ団体はどの法人 と分けつつも一体になって患者さんを支援しないと、患者さんはいつまでものんべんだらりと入院していることになってしまいます。


でもねぇ。

古かった開放病棟を今、(私がいるのは、第一次で新しくした病棟です。第二次をやってます。)第二次であたらしくしているのですけれど…

全部療養病床にするそうです。

閉鎖病棟3つ、療養病棟3つ。


地域に復帰させるつもりはないのかな。
療養病床なら、いつまで入院していても構いませんよね。
薬もいらなくて、安定した患者さんが住まいにするような?病棟です。

コンビニエンスストアにも行けなくて、何が病院の役割なんだか、理解できず、ちょっと困っています。


別の病院さんは違うと思います。
看護助手の仕事は低い仕事ではなくて、誇りを持って天職としてしておられる方、たくさんおいでと思います。

残念ながら、当院は違います。
トップの方の最初の話と現実がかなり違うんですよね。

スポンサーサイト




夏休み中です
先週の火曜日から次の火曜日迄、夏休み中です。

どこかに出掛ける訳ではなくて、友人とちょっと食事に行く以外は、病院と勉強に過ごしています。

勉強は介護福祉士ですね。私は介護保険の仕組みを良く知らないので、そこを終わる迄、随分時間が掛かりました。

実務的な部分は、ある程度常識で判るのですけれど。
来年度迄受験出来るので、とにかくやってみようと頑張っています。

でも勉強は大変ですね。


本日は内科に行きまして、循環器の専門病院での今月の検査結果等をみて頂きました。

一昨日が精神科と皮膚科。
本日はこれから家内の老眼鏡を作りに、家内を連れて行きます。十年前に作った老眼鏡が見えない、等と申しまして。


見えないに決まっているんですけれどね。

非課税世帯の我が家は、急な坂出費には慌てます。慌てますが、見えないものは作らねば困るので。

要らない、作らない、等を愚図る家内。財布の出所が私たから、です。

そんな事を言っても、見えないものは見えないですから、帰宅したら、眼鏡店に強制連行いたします。


そんなこんなで、夏休みですが、ちょっと忙しく過ごしています。

社会的入院
少し書きます。

どこの精神病院も、少なからずそうだと思いますが、社会的入院の患者さんが、とても多いです。

これは介護保険に遠因があるんです。

老人保険施設、と言うのがあります。病院から退院して3ヶ月リハビリをして、自宅に帰る為の施設です。
実際上は、特別養護老人ホームの順番待ちの方が非常に多いです。

3ヶ月おきに年に四ヶ所の老人保険施設をぐるぐるしながら待つ方が多かったのですが、地域復帰促進と言う事で、ぐるぐるする事が事実上出来なくなりました。

精神病院は病院ですから、病気治療中で、ぐるぐるに影響しません。

認知症等で、特別養護老人ホームを待つ筈の方が入院されると、ご家族はほっとしますから、無理に特別養護老人ホームを探さなくてもいいや、となってしまったり。


精神疾患の方でも、病院に入った事で、ご本人やご家族がほっとしてしまい、だらだらとそのままになってしまったり。

病院には介護職はいませんから、生活をみる職種がいません。看護師は病気の事をみる職種なので、病院内で平穏にしていれば、それ以上の事をする義務はないです。

相談職はいますが、100人の患者さんに1人程度で、訪問看護と掛け持ちです。
病院と言う組織の中、特に生命には直接影響しない病の方が多い中、治して、地域に結びつけ、退院させねば、と言う事がとても難しい事の様に扱われます。


みなさん、どの職種の人も、真面目に懸命に働いています。なのに、精神病院がついの棲みかになっちゃう患者さんが続々といるのは何故なのか、消化出来ずにいるのであります。

仕方無いのでしょうかね。何かが違うと思うのです。

仕方無いけれど
仕事の話をちっとも書かなくなりまして、すみません。

話題はあるのですが、前向きな話がないのです。

先日、上司に呼ばれまして、協調性に欠けるので、もっと楽な病棟に変わったらどうか?等と、異動が決まった様な事を言われて、又か、と思っているところなんです。

我が道を行くところがない訳ではありませんが、協調性に欠ける等と言われる理由はわかっていましてね。
俗にメモを取る、等と言います。私はメモでは覚えません。頭で覚えます。覚えたら、忘れません。

せっせとメモを取って見せても、メモでは覚えないから、ポーズになっちゃう。
覚え方がマイノリティなんですな。

と、最初の頃は右往左往しているので、覚えて動き始めた頃、ご指導が入る、と言う事が良くあります。


で、仕事のケースワークを書こうとしても、余り建設的な話がないので。

ご無沙汰していて、すみません。

ルパン三世
実写の映画をやっています。出来、不出来はともかくとして、前の職場の利用者さんと、見に行ってみました。

利用者さんは重度の知的障害のある方で、敢えて言えば自閉的な方。典型的ではない方です。

アニメで散々子供の頃見た世代ですが、アニメが実写になって、果たして通じるか、ちょっと不安ながら、娯楽として見て下されば良いか、と、参りました。

待つのは難しい方。少しもじっとして居ない方なんで、2時間半、座っていられるかも判らず、お母さんのダメなら出て下さい、これも勉強です、の言葉に後押しされて行きました。



結果。


感性は強い方なので、どうやらルパン三世だ、と言うのが通じた様子でした。

2時間半、飽きるとカバンを持ってこちらを見るのですが、知らん顔をしていると、諦めてくれるのか、そのままあくびをしたり、よそ見をしたりしながら、遂にたち歩く事はありませんでした。


映画は子供の頃に見ただけで、何十年降りだとか。なかなか騒いでしまったら困る、と思うと、行けない事もありますよね。重度の方は、ほとんど映画には行かれません。


立ち回りや、派手なシーンになると、見て、退屈なシーンは適当に過ごし、2時間半ちゃんと見て、帰り道にルパン三世グッズとパンフレットをお土産に買って帰宅しました。


その方とは、妙にうまが合って、もう一人、仕事じゃなくて、時々お出かけする方がありますけれど、楽しい外出が出来ます。

二人の好みが違うので、出掛けるところは違いますが半年に一度くらいの割合で、外出しています。


もう一人の方もルパン三世は散々見た世代ですので、その方も今お誘いしてみています。

その方は障害されている部分が違うので、アニメと実写だと、ものが違って楽しめないかもしれないので、その方が大好きな、電車でのお出かけも提案してあります。

どちらが良いか、本人さんが選んでくれるでしょう。


感性の強い、ルパン三世に行った方ですが、なんやかんやで、アニメと実写が結び付いたのには、実はかなり仰天しました。

2時間半席を立たなかったのには、私もお母さんも唖然としてしまい、信じられませんでした。


知的障害のある方は、決まった事しか出来ない訳ではないですし、人生を重ねる事で成長されます。

介護屋でしたから、知識としては知っていますし、どこかで大丈夫だろう、とは思っていたのですが、やってみて、実は計画した私が一番驚いています。