bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



branch中です
夏バテはしないのですが、夏は食欲が安定しなくなって、昼食は普通に食べますが、朝と晩は食べないか、ゼリー飲料になってしまいます。

昨日、遠方のお医者さんに行ったのですが、予約で行ったのに、運悪く2時間待たされてしまい、疲れてしまいまして、終わってから遅いお昼を食べて、真っ直ぐ帰宅。

夜は食べられませんでした。


空腹にはなるのですが、食欲がなくなっちゃう。元々夏は弱いんです。でも痩せる訳じゃないんですよ。どこかで辻褄合うのでしょうね。

本日は諦めて、電車でbranchを食べにきました。きっとゼリー飲料を買って帰ります。ないと実に困る事になるので、もう仕方無い。

もうすぐ夏も終盤ですが、まだまだ残暑がありそうですし、台風並みの豪雨が各地で発生しています。

夏って昔から、こんなに不順な気候でしたか?違った様な気がするなあ~。
スポンサーサイト




生活相談に行くつもりです。
最近、珍妙なことがあるのです。

私の自宅は、玄関を入って左右に分かれていて、片方にキッチンや家内の部屋、空いている部屋などがあり、反対側に水回り、私の部屋があります。

家内の部屋はベランダに面し、私の部屋は出窓だけ。家内の部屋が北向き、私の部屋は西向きです。

ということは、部屋から見える風景が、家内の部屋と私の部屋では全く方角が違うわけです。


西向きの私の部屋から、駅といくつかのマンションが見えます。
マンションの窓やベランダが、ちょうど向かい合ってしまい、お互いに見えてしまうマンションさんもあります。

その中であるマンションのある部屋の住んでいる方だと思うのですが、珍妙なことをする方があります。
危害を加えられるようなことではないのですが、ちと気色が悪いです。
私、少々喫煙するのですが、自分の部屋の出窓に灰皿が置いてあります。
で、出窓を開けて喫煙して、始末するのです。

そうすると、あるマンションの住人の方だと思いますけれど、じっとこちらを注視している方があります。
かなり気色悪いです。
なぜか、私が出窓を開けるとすかさず窓のところに見えて、こちらを注視する。
変でしょう?
現代社会ですから、見えてしまっても、視線を合わせないような配慮をするのが一般的だと思うんです。

ずっとそんな状態が続いていたのですが、数日前から奇妙な行動が始まりました。
怒鳴るの。
罵るというか。

数日前、嘲笑するような笑い声を立てられた気がしました。
その直後「ばーか!」と言われたような気がして、え?と思いました。
だって、区画にして4つ離れているんです。
そこから聞こえるように注視しながら「ばーか」って、気味が悪くありませんか?
私は気味が悪いです。
悪いことをしているわけではないので気にしなければ良いのでしょうが、気味が悪い。

昨夜、やはり夕食後に(ちょっと遅い時間でした。)自室で寛いで喫煙していると、すかさず窓のところに明かりがついて、(先方のマンションのです)「ばか」と言われまして。
その時、はっきり罵られていることがわかりました。

罵っても良いんですけれど、良くないですよね。
罵られる理由もわからんし。

住人の方は、60代くらいの女性の方です。要するにおばあさんです。
家の方は、いないんだろうか?
普通、家族が剣呑な事をしていれば、わかると思うし、注意もしませんかね?
一人暮らし?

今朝の早朝にやはり「ばか」と律儀に言われましたね。

うーん…

俗にいう「気が変になった人」とか、「キチガイ」とかは、私は思わないので、尚更不気味です。
気が変になった人とか、キチガイという人はいません。
ご病気であれば、それなりの治療をされていたり入院されていたりするわけで、私、精神科の病院の看護助手ですから、そんな人が存在しないことはよくわかります。
発作的に症状が出てしまって という状態は、大抵見当がつきます。素人さんではないんで。

それが病的な感じじゃないんです。
ケンカを売っているように?普通に「ばか」と言いつつ、注視する。


昨夜、地元の警察署に、こういうことで相談に乗ってくれるようなことはあるのか、電話で聞いてみました。
法律上の犯罪を取り締まるところが警察署なので、どうこうしてくれるわけではないようですが、愚痴聞いてくれるようなことはあるそうです。
それを生活相談というようで、犯罪であれば事件として扱い、そうでなければ、話を聞いて記録して、もし犯罪になった場合などには対処してくれる ということのようでした。

平日の9時から17時なら、予め電話で内容を言ってから来庁すれば、話を聞いて下さるというので、本日は休みですから、行ってみようかなと思っています。

警察署って、それほど縁のないところでもなくて、5年に1度ですが、駐車違反取り締まり除外指定の帳票を更新に行くので、身の回りの色々を世話してくれるところ という印象はあります。ときに、認知症の高齢者の方が迷子になっているような様子の時は、110に連絡することもあります。来られた警察官の方に説明することもあります。

なので、困ったときにちょっとは頼っても良いかな と思ったわけでありました。

相談に行っても、犯罪ではないので、おばあさんの注視と「ばーか」は止むわけじゃないですけれど、その裏に何かおばあさんに不具合な生活などがあれば、それを様子を見るくらいのことはしてくれないかなぁ。

そこまで暇じゃないでしょうね。

でも、珍妙なことをする人は、本人さんが弱者であることも多いんです。

家族割
私と家内は使っている携帯電話の会社が違います。なんで家族なのに違うか、と言えば、家内は携帯電話、私はPHSだから、です。


最近、家内がスマートフォンにする為に、番号ポータビリティで、携帯電話の会社を乗り換えました。


何故か、PHSの番号が一緒についてます。

私が化石の様に使い続けているPHS会社が、別の会社に買収されて、家内はその会社のsmartphoneにしたからですね。


つまり期せずして、同じ会社になったのです。

したらば、なんかの割引はないのかな?と思って、電話で聞いてみたら、あるそうです。

smartphoneを主回線にしたら、PHSの基本料金が無料、PHSを主回線にしたら、smartphoneの料金が毎月500円引き。


smartphoneを主回線にした方が得ですね。今度、近隣の窓口で相談してみようと思います。


でも困った事が2つ。


家族割にする為に、料金プランの変更が必要だそうですが、新規プランにするので、現在私が使っている、障害者割引の新規加入がなくて、ハートフルサポートが使えなくなります。料金は一般の方とほとんど変わりませんが、小さいサービスが色々あって、重宝しているのです。

あとはね。障害者の自負ですかね?吹いて飛びますけどね。

それから、割引にするのは私の回線の方が得です。しかし、家内が会社を乗り換えたのは、携帯電話料金節約の為だそうで。


我が家は財布別々でして、家内の財布から更に節約、にはなりません。ちょっと可哀想。その分私から家内に毎月現金を渡せば良いのでしょうが、面倒くさいです。

携帯電話料金、二本とも私の口座から落とすかなあ?


私も豊かではないので、果たして落とせるか?


うーん。

火災報知器
帰り道。ちょうどしっかり降って来ました。雨♂ですから、傘は持ってます。


昼間、ちょっとした事があって。火災報知器のボタンを認知症のおばあちゃんが、遂に押してしまい、消防署直結の報知機なんで、消防署が調査の為に、制服でご来訪。


いたずらなら、止めさせる事も出来ますが、ごく初期のおばあちゃんなので、赤いランプが不安で仕方無いらしく。


毎日毎日、火災報知器に張り付いてカバーを開けていたのですが、本日は私が張り付いていたのに、ボタンを力付くで押してしまいました。


ボタンを押して安心する訳なので、はてさて困りました。保護室のある、私が前にいた病棟に行ったよ。隔離する事になったらしいです。でも、ずっと隔離していたら、認知症が進んでしまいますし、火災報知器を押さない様にはなりませんし。

毎日色々。


安全確保で火災報知器押されてもなあ~。実に困るなと言うのは、職員の都合ですよね。


高い位置につける、とか、誤報が頻発しそうな場所向けの職員だけが解る形、とか、何かないんでしょうか。

風台風
台風が日本を西に縦断しています。

当地は台風本体からは離れていて、然したる被害はありませんが、昨日は少々の雨、夜が大雨、今朝も大雨で、この夜は強風です。


低気圧ですね。


精神疾患や精神障害のある方には、気温の変化や低気圧に非常に影響される方が、かなりの数おられます。

我が女房殿もかなり喰らいます。

明日、仕事に行くと、患者さんで具合が悪かった方や、低気圧を引きずっている方があるでしょう。


不穏になっちゃう方。
寝込んじゃう方。
落ち着かなくなる方。

色々おられます。


気の毒ですし、病棟が騒がしくなって、伝染してしまうので、明日はちょっぴり大変かも。


でも患者さんが一番大変なので、頑張ろう。

家内は寝込んでしまい、正体がなくなり、意識がはっきりし辛くなります。不穏には余りならないけれど、不安にはなるようです。


私も精神疾患の既往がありますが、気圧等には元々影響されなくて、再発していませんから、低気圧は大丈夫。

天気が悪いのは、単純に面倒ですが。

同窓会がありました。
昨日、台風の合間に中学校の同窓会がありました。

卒業以来、35年。

当時の卒業名簿を頼りに、幹事さんたちが1年掛かりで準備してくれました。
卒業生360余人のうち、100余名が集いました。
ああ、びっくりした。
35年、一度も開かれたことがなく、勿論、名簿調査などもなかったのに、どうしてこんな人数が集まったのでしょうね。

消息がわかった人たちが198名でした。
そのうち半分があちこちから集まってきた訳で、年も年になると、青春がみんな懐かしくなるんだなぁと思いました。


集合写真を撮ってもらったのですが、なんと、会が終わる頃にはプリントが終わっていて、その場で持ち帰れるようにしておいてくれたのにも驚きました。今のITの技術はすごいんですね。結婚式などにも使う会場なので、そんなサービスがあったのだと思います。


また、何年かして開かれる時には、少し協力したいものだな と思いつつ、そんなに離れているわけではないですが、主審地を出てしまっているので、さてどうだろうか とちょっと思ったりしています。

当時仲の良かった友人に出会えまして、メールアドレスを渡したところ、先ほどメールが入りました。
当時はこんなものもなかったし。

卒業生の名簿と所在が確認できたか、出席するかどうかの○×のついた表をもらいましてね。
プライバシーの観点から、連絡先はついていませんよ。これも時代です。
で、名前を見ると、キラキラネームは一人もいませんで、男子は漢字2文字、読み4文字、女子は漢字2文字、読み3文字の典型的な昔の名前です。女子は子、代、美等のついた名前の人が圧倒的に多かったです。

そんな時代でしたよね。

何しろ全員35年ぶりですから、たどたどしかったですが、それなりに旧交を温めてきた一日でした。


今日は休養と家事です。

慌てて、内科
この日記、私の通院日記になってます。すみません。

昨夜、ふと気付いたんです。年に数回、ちょっと特殊な血液データをとっています。怪しいから、です。検査結果で、遠方の専門病院に行く訳です。デポ剤を使っているのです。

心臓が悪いだけじゃなくて、あちこちガタガタいっている身体との付き合いなので、面倒ですが、仕方無い。


かなり長くデータをとっていないんじゃないか?と気付いたんです。


慌てて、内科に行くと、主治医も忘れていて、間違いなくデポ剤が切れてしまっている、と思えるくらい、検査忘れてました。

ああ、危ない、危ない。

データが出る迄も時間がかなりかかりますので、専門病院にも電話して、月末に予約を入れて貰いました。


年のせいだか、元々潜在的に持っていたものか、若者ではなくなったくらいから、様々不具合が出ているので、心臓切ったのが一番の厄介ですから、その他は諦めるしかありません。


医者に縁がない、と言う、健康な方も沢山ありますね。医者が欠かせない人も、まあまあの人数いるのでしょう。


心臓以外は、直接生命には関わらないので、多少忘れても大丈夫ですが、やっぱり放置する訳にもいきませんしね。

ギリギリアウトの期間忘れていましたが、気付いたのですから、よしとしましょう。


専門病院の受付の方が、前回はいつでしたね、お身体大丈夫ですか?と心配してくれました。大丈夫じゃなくなる前にいつも気付けば良いんだけれど。 

ネグレストの反作用みたいな気がする
現在の病棟のトラブルなので、詳しく書けませんが。

知的障害のある方、成人の方が入院されています。


ちょっとしたトラブルを良く起こしてしまい、担当nurseが頭を抱えています。

トラブルはちょっとした事です。知的障害があるから、説明しても判らないよね、とnurseは困っているのです。



で、ふと、ご家族の様子について、ちょっと口にされました。それを聞いた私は、ネグレストの反作用だ、と感じました。


知的障害のある方が精神病院にいきなり入院してくる時は、かなりの確率で、周囲の勘違いか、社会的入院です。違う場合もあると思うけれど、違うケースに私は出会っていません。だから無い、と言う事は勿論ないでしょうね。


知的障害のある方の療育は大変です。社会資源を活用する事をしないと、難しいケースもあります。

でも、本人さんのせいじゃ無いですよね。


愛情があれば、とか、澄んだ瞳がなんとか、とかは全く思いませんが、通常の子供は悪さを沢山しますね。他の子供とトラブルも起こします。その中で善悪を知り、社会生活を知るんです。


知的障害があるから、と言って、善悪判らない訳じゃないし、障害本来のものは克服出来ないけれど、二次三次障害は、克服出来ます。生育者、支援者が二次三次障害を作るんです。


背景に、ご家族が厄介払いをしてきた様子が感じられるんですよね。療育の仕方には、健常者に対する養育とは違うものがあるんです。それが判らないで育ててしまったのかな、と感じます。


すると、厄介だ、と疎ましく思っている事に対して、トラブルが日常化します。

そんな感じのトラブルです。


患者さんは、ご家族の話をほとんどしません。患者さんもイヤなのかな?話を充分に出来る能力がない方は、かなり軽い方にもありますから、ご家族の話が出ないから、家族が嫌いかどうかは、判断出来ないのですけれど。

形に見える、生命に関わるようなものではないかもしれませんが、ネグレストの影がチラチラ私には感じられるのです。


トラブル回避には、まずある家族の愛情の捻れと言うか、厄介払いしたい気持ちと言うか、そこから改善しないと無理でしょう。


その患者さんが家族と離れて暮らすなら、精神病院入院じゃないです。知的障害のある方向けの生活施設ですよね。


退院後はグループホームに行く、とか聞いた事がありますが、精神病院長期入院で、厄介払いしないで欲しいです。


精神病院でも、精神疾患でない方、沢山長期入院しています。悲しいですよね。で、私には何も出来ないのです。社会的入院は、その患者さんだけじゃなくて、様々な行き先のない方が、沢山おいでになります。

暑いなあ…
昨夜、寝違えたみたいで、朝、家内に湿布を貼って貰って、昼に鍼灸院に行ってきました。

楽にはなったけど、痛いし、炎天下に出掛けたし、で、午後はずっと眠っていましたよ。

暑すぎるよね。

明日は病棟で、患者さんの風呂のある日で、半日?1日?ずっと風呂場で仕事なので、痛い訳にはいかないのです。

でもやっぱり痛いですね。

昔、日射病と言ったけど、日射病の事を、私の地元では、熱気と書いて、あつけ、と言います。

寒気の逆だね。

熱気に気をつけて、帽子をかむれ、とか言われる訳ですが。

余りに暑くて、熱気通り越して、昇華しそうじゃありませんか。

水蒸気にならん様にしようと思います。

くれぐれも皆様お大事に。水をお飲み下さいね。

我が家は麦茶ポットの争奪戦をやっています。

お酒を飲む方、ビールの季節ですが、まず水分、水を飲むと良いそうです。ビールは水分ではないのだそうですね。