bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



実技講習
介護福祉士を取ろうかと思い、暫く前に実技講習に行きました。今は前の事業所に実務経験の証明書を頼んでいます。

看護助手に介護福祉士は要りません。看護助手は実務経験にもなりません。だからメリットはないんですけれど、やっぱり私は介護屋だと思うので、やってみる事にしたのです。


さておき。


精神病院には、重度の認知症の患者さんもおられます。寝たきり、三点式おむつ常用の方なんかですね。


本来は介護保険施設にいかれるべきなのですが、介護保険施設はなかなか空きが出ないのと、医療が必要な重度患者さんは受け入れて貰えないのとで、精神病院に長年いて、ターミナル迄、と言う患者さんが、一定数います。


話が飛びますが、いわゆる社会的入院の方は非常に多いですね。病院には介護屋がいないからだと、私は思います。


障害者の方向けの介護屋でしたから、高齢者の方向けの仕事は出来ません。でも病棟には、高齢者の方がかなりいます。

で、実技講習。


ある患者さんがありまして。認知症かなあ?寝たきりですが、介助すれば、少し歩く事が出来ます。
自発的には動いて下さらない。体重がかなりある方ですから、力付くで身体の位置をずらそうとしても、動きません。


でね。

叱る助手の人もいるんだな。通じれば良いかもしれませんけれどね。


車椅子でベッド脇迄来て、手引きで立って貰って、折角実技講習に行ったので、お尻の片方がベッドについた時に、そこを支点に身体を回転させたら、正常な位置に寝て貰えました。


ズボンを直すのに、片側ずつお尻を浮かして貰う必要がありまして、身体を傾けると、この方傾けられた方向のサイドレールを掴んで、手を突っ張ります。

じゃあ、膝立てるしかないので、膝を立てると、立てたまま保持はしてくれない。肘で支えて、身体を傾けて、やっとの事でズボンを直しました。


高齢者介護の方には当たり前の事でしょうが、障害者介助の仕事は全く違うので、四苦八苦しています。
スポンサーサイト




水分補給
暑いですね。猛暑です。

現場仕事ですから、随分水分を飲みます。仕事中だけで、2リットルは飲みますね。その他自宅で飲むのを含めると、3リットルくらい今は飲むんじゃないか、と思います。

汗をかくと、塩分も失われるものですから、最近はナトリウム添加のフルーツ味の飲料が沢山出ています。
重いので、仕事中やら外でやらは、ペットボトルを買って飲むのですが、心臓がイカれている奴が、ナトリウム添加の飲料をいつも飲むって、なんだか怖いのです。

味は好きですが、冷蔵ケースの前で悩んで、結局はお茶かゼロカロリーを謳った炭酸水を買います。

普段の食事は、宅食便か、ヘルパーさんが作って下さったものか、又はゼリー飲料か、外食です。

びっくりする様な塩分は食べていないと思うけれど、今は値が良いので、ナトリウム飲料でデータが上がるのは、やっぱり不安です。
その癖外食はジャンキーなものを食べたりするんですけれど。

普通の方は、ナトリウム飲料で塩分過多になったりはしないのかな?

汗はかくので、大丈夫かなあ?とも思いますが、先日循環器の主治医に聞いてくるのを忘れまして。

高校野球みたいに汗をかくなら、ナトリウム飲料は必要でしょうし、お年寄りも必要だと思うけど、壮年の心臓悪い患者はどうなんだろう?

1日に一本くらい飲んだら良いのかな?と思いつつ、なかなか買えないでいます。

勿論たまには飲みますよ。楽しみで。ナトリウム補給には飲みません。


先日のサプリメントの話じゃないですが、最近は機能性の飲食物が多いので、病と共に生きている患者は、食べて良いやら、飲んで良いやら、困ります。

暑いですね



1日がかりで循環器に行き、帰宅途中の駅前公園で、鳩が奇妙な事をしていました。

痒いのか、羽をつつき回す鳩。

暑いのか、コンクリートに横座りに、ぺたんと座る鳩。

鳩も暑いんでしょうね。

昨日は昼間猛暑で、夜は雷付きの集中豪雨でしたし、夏ですね~


今度、ビアマウンテンに行きます!
昔の職場の利用者さんと時々個人的にお出掛けしています。


新幹線の旅に行った方とは違う方と、晴れた土曜日に、ビアマウンテンに行く事にしました。山の上にビアガーデンがあるんです。電車いくつか乗り換えで、最後はケーブルカーで行きます。

電車が好きで、ビールが飲める利用者さんです。

大きなジョッキ1つくらいは平気な方ですけれど、親御さんが心配するので、中ジョッキくらいかなあ?

ビアガーデンは私は母と一度だけ百貨店の屋上のに行った事があるだけなので、ちょっと楽しみです♪

ダイエット中だけど、まあいいかな。


私は酒は飲めません。良いのです。利用者さんが楽しんでくれればね。その方は楽しいお酒で、良く笑います。そういうお酒は良いですね。


行くのは、明日は雨では無さそうだ、と金曜日に思ったら、翌日の土曜日です。正式な支援ではなくて、ご近所サポートですから、費用もお互い様。交通費もお互い様です。

知り合いサポートは、お互い様でないと、続きませんしね。

野菜ジュースは飲んでも大丈夫?
ワーファリン常用の私は、食物制限があります。
ビタミンKが大量に含まれるものはダメですね。今、流行の青汁はダメです。
納豆がダメなのはよく知られているかと思いますが、納豆がダメなので、これは私には関係がありません。

主治医が「サプリメントはダメ」といいます。
以前、友人から好意で頂いた、にんにくエキスをしばらく飲んだら、トロンボがものすごく悪くなって、おお慌てしたことがありました。
以来、いわゆるサプリメントは一切飲みません。
医学的な理由は簡単に説明してもらいましたが、うまく説明できないので、市販の本などに「サプリメント研究」の如きものがいくつか出ているようなので、気になる方はご覧ください。

何かの栄養素が天文学的に入っている食品は、どうもダメらしいです。
栄養素自体は体に取り込まれないのですが、悪さはする ということのようです。


さて。青汁は飲みませんが、(ダメとわかっているからね)市販の野菜ジュースは飲んで良いのでしょうかね?
飲んじゃうんですけど。
嗜好品としてね。
野菜不足を補う意味では飲んでいませんが、文字通りジュースとして時々買い置きして飲みます。
そんなにものすごい量の栄養素(って、野菜ジュースで野菜の代わりにはなりません。どうも本当のようです。)野菜ジュースには入っていない気がしますけれど、最近のはなんだか様々なうたい文句のものがあって、嗜好品として飲めちゃうというか、まあ、楽しみとして美味しいというか。だから飲んじゃうんですけど。

主治医に叱られながら、どうしても使ってしまうものに、ゼリー飲料があります。
あれ、人工の化学品ですよね?

食事をする時間が惜しいことがよくあって、朝は大抵ゼリー飲料で終わりです。
気にすることはないかもしれませんが、どうしても歯磨きに時間がとられるので、歯磨き少々サボっても大丈夫そうなゼリー飲料になっちゃう。
そうでないときは、外でモーニングサービスのようなものを食べて言って、職場の隅っこで歯磨きをします。

歯磨き、趣味に近いかも?
歯医者さんには半年に1周くらいの割合で行っています。
まあまあ、この年なりに、我慢ができる程度らしいです。
歯と心臓は直結なので、歯は本当に怖いです。
で、歯磨きって、私の中ではとても重要。

なんてこともあり、セリー飲料使っちゃうのですが、「これはサプリメントだからダメ」と叱られつつ、トロンボに今は影響が出ていないので、使ってしまいます。


そういうのを考えると、フルーツグラノーラは大丈夫?とか、機能性飲料(薬局でも買えますが、病院の食事で十分食べられない方に、栄養課が食事につけてくるようなものですね。最近有名なのには「クリミール」などがあります。)は飲んでも良いの?とか、気にし始めるとみんなダメみたいな気がしてきます。

クリミールのような機能性飲料は飲みませんけれど、ゼリー飲料とどこが違うのか?わからないです。

青汁も粉末タイプを水に家庭で溶かすのが主流になりましたよね?
昔はジュースそのものの形だったような気がします。
粉末タイプのは、栄養素は壊れていますから、ビタミンK大丈夫?と思ったりもしますけれど、やっぱり青汁ですから、何らかの悪さはするでしょうし、考えれば考えるほどよくわかりません。


ワーファリンという薬は、人工弁置換をしている患者で、機械弁の利用者には、絶対に欠かせない薬です。
これがなかったら、いつ血栓ができて、心臓が止まるかわからない。

いわば生命の根幹を支えている薬です。
それがなければ、機械弁置換者は生きられない。


うーん…

主治医に聞けば良いのですが、怪しいものは止めておくのが王道ですから、つい聞きたくないと思うことも本当です。

久しぶりに腕時計
アレルギー持ちの私は、花粉症なのですが、その他あれこれ症状があります。不便です。

接触性アレルギーがあるようで、データは出ないのですが、ピアス、腕時計が厄介です。ピアスはホールが塞がってしまうので、18金以上のピアスをしますが、それでもホールに酷い痒みが出たり、耳たぶに痒みと傷が出来たりします。

ピアス外しても良いのですが、30年もしていると、無いと何だか変なんですね。

普段は諦めているのは、腕時計です。革バンドの腕時計で、本当はビニール?製のバンドにしたいのですが、生憎メーカーでは、革かステンレスのパチンと留めるタイプのバンドしか用意がないのです。

仕方無いので、金属は接触性アレルギーで赤く腫れてしまうので、革を使っていますけれど、現場仕事ですし、汗もかきますから、やはり金属と同じように赤く腫れてしまいます。


現場で濡れる事が多いので、わざわざダイバーズウォッチ程度の防水機能をつけているメーカーの時計を使っているのに、腕時計はいつも、ベルト通しにつけています。

本日は休みなので、久しぶりに腕時計は腕にしてみました。


普段着けていないので、何だか邪魔ですね。


この時計を買ったのは、2000年頃ですから、15年くらい使っています。安い割には壊れませんし、狂わないので気に入っています。

分解掃除は出した事がないのですが、今のところ大丈夫。電池は3年ちょっと持ちます。近所に取り扱っているチェーン店の時計屋さんがあるので、電池交換は、そこに修理扱いで出しています。


私が買った頃は、15000円くらいで、バンドが合計4本ついたセットものがあり、それを買いました。

今はセットものは無いそうで、一本で20000円くらいみたいです。

腕時計は商売道具なので、これ1つしか持っていません。メーカーさんは、スイスmilitaryと言う、スイスのメーカーさんですが、フランチャイズで商標を出しているそうなので、スイスで作られたものかは、ちょっと複雑で判りません。

水に濡れる仕事の方で、バンドに好みがない方にはお勧めします。でも最近は流行らないメーカーさんみたいで、取り寄せしないと無いかも。

実技講習中
今年、来年、で、今更ながら、介護福祉士を取ろうかと思い、ただいま、実技講習に行っています。

講習自体は理解出来ますし、素人だった頃とは少しは違うので、まずまずかな、と思います。

実技講習に行っても、無試験な訳ではなく、最後に評価と言う形で試験があります。

しかし、講習中に課題として設定された問題から出題されるので、私の様に、高齢者の方向けの介護をしない、介護屋には適していると思います。

現在は、病院看護助手なので、看護助手の実務経験だけだと、介護福祉士の受験は出来ません。

来年迄で、又、ハードルが高くなりますが、来年迄は介護現場経験3年以上、で、受験資格を満たします。介護現場経験は15年程度ですが、ある事業所に7年ちょっといたので、そこで実務経験の証明書を貰うつもりです。


壮年の年頃になり、パートタイマーでしか働けない私には、実は介護福祉士は必要ないんです。今のヘルパー1級で充分。

どうして今更、と言うと、正看護師さんが、ごく僅かで、准看護士さんがほとんどだった、と言う、現在の勤務先の状況があります。
准看護士さんから、正看護師さんになるには、ものすごく大変とか。

准看護士さんを下に見る訳ではありませんが、介護福祉士とヘルパー1級とは、その差よりも、ヘルパー1級の出来る仕事は多いのですね。

又、実際の現場には、2級のヘルパーさんでも、介護福祉士を大きく上回る実力者が沢山います。

私の以前の上司は、ヘルパー2級さえ持っていませんが、実務経験で取れる、指導者の講習を幾つも取っていて、実質的には介護福祉士どころではない、実力があります。

現在の勤務先で、無資格者はこの仕事はダメ!と言われる事が多くあります。ほとんどは介護現場なら、私の様な経歴の者は、有資格者です。病院だから、無資格者になってしまうみたいですね。

対象は利用者さんではなく、患者さんで、介護現場ではなく、医療現場。使う社会福祉制度も、私なら、障害者総合支援法、一般的には介護保険法のところ、健康保険法、と違いがあります。


何も間違っていませんが、無資格者、無資格者、と言われるのに、ちょっとくたびれまして。

合格しても、待遇も給与も上がりません。現在と同じままですが。

一応、介護屋の自尊心、と言う事で、落ちても笑わないで下さいませ。

筆記試験は1月です。
実技試験は免除ですから、2月くらいには、落ちたか、合格したか、判るでしょう。

雨降り、ビックリしました
午後から雨になりました。
今は帰り道です。

駅前では沢山の人々がすれ違いますから、江戸しぐさでお互いに身を避けながらすれ違いますよね。

で、傘を引こうとした瞬間!すれ違うオジサンが、私の傘を力一杯払いのけまして。

当然、当方は、オジサンに掛からない様に、傘を傾けるつもりですので、傾け掛けたところを、オジサンに思いっきり払い飛ばされて、転びそうになるわ、雨は掛かるわ、の騒ぎでありました。

すれ違うからって、力任せに弾き飛ばさなくても良い様な気がする。


ああ。ビックリしました!

傘が壊れなくて幸いでした。

臨時福祉給付金
我が家は世帯主の私が障害者で障害年金受給、家内も障害者で障害年金受給、かつ、世帯全員が非課税なので、非課税世帯です。

で、臨時福祉給付金の申請用紙が郵送されてきました。

申請しない自由があるとはいえ、なんで全員に給付しないんですかね?
振込先がわからないということが大きいのでしょうが、そんなのは、障害年金受給者とか、非課税世帯とかは、そうそう変わるものでもないし、何らかの形で何かの給付を受けている口座なんかは、わかりそうな気がしますが・・・

さておき、申請すれば受給できるので、これから申請用紙を書こうかなと思っています。

障害年金受給者は、何かにつけて給付があったり、免除があったりで、ずるいと思われがちなのですが、障害年金受給をしているって、労働に大きな制約があることが多いので、ずるいと言われると、ちょっと悲しいかな。

非課税世帯は、ばらまき1人10,000円です。
さらに障害年金受給をしていると、+5,000円。
で、合計1人15,000円の給付になります。

なんでこういう給付があるか と言うと、消費税が8%にあがって、5%の時よりも、年間で負担する消費税が、15,000円平均であがったのだそうです。その1年分の消費税を補填してくれる ということだそうです。

お金で貰うのも良いのですが、期限付きでも良いから、例えば、消費税3%にするカード、みたいなものを発行してくれて、日々の消費税を1年間、5%に据え置いてくれる方が助かるのだけれどね。それにはスーパーなどのレジのシステムを1年だけシステム変更しなくてはいけないので、ばらまきということになったのでしょうな。

子育て世帯臨時特例給付金 というのもあって、同じ理屈で、子育てをしている一定の家庭には児童手当の特例版みたいな形で、同じ金額が支給されます。

世帯主に全員分まとめて支給なんですよ。
世帯主が使い込んだりする家庭、ありそうな気がします。
それ、ずるいですから、出来れば、1人ずつに個別に振り込んで欲しいよね。
手間暇が厄介なのだと思うけれど。

我が家は振り込まれたら、家内の分はちゃんと家内に渡します。

明日から忙しいのです
本日は予約で、お医者さんに行きました。あとは床屋さん。朝は家内のスカートが、ちょっと引っ掛けてしまって、解れたと言うか、破けたと言う状態になってしまっていたので、刺し子にして直しましたね。


これから帰宅して、そのまま昼寝の予定です。

土日は高い授業料の実技講習があるので、全然休めません。折角高いお金を払いましたから、パスしないとね。

実技講習本当に高いですよね~。1人暮らしの方なら、家賃一月分取られてしまいます。


お医者さんは精神科です。今は同業者なんで、なんだか気が楽と言うか、話がお互い共通で、妙な感じがします。

通院16年目で、初めて主治医が勤務医だった頃の病院さんがどこだったか聞きました。

地方自治体運営の、大きな精神科単科の病院さんでした。あそこは大変そう。


病棟が転属になったので、こんな感じ、あんな感じ、と話をしたら、主治医も同じ様な印象だそうで、まあまあ皆さんが持つ印象なのかな?と思いました。

開業医と、病院の看護助手でも、業界は一緒ですから、昔話を聞く事もあって、ちょっとホッとします。


運良く、実技講習先は市内です。遠回りで電車とバスですが、1時間弱で通えます。歩くか自転車だともう少し早いけれど、歩いたら講習にならないし。自転車は持っていないのと、乗るの下手くそで。

バス停は会場の前なので、助かりますが、朝9時~夜の19時迄なので、週末は休養出来ないのが、ちょっと困る。