bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



趣味、雑学の話
無駄話であります。

私には当たり前の興味なのですが、皆様はいかがですか?

民俗学、が好きです。
歴史の雑学ですね。

最近、時々見ているテレビ番組があります。

片方は先日書いた、BSTBSかな?の、江戸のススメです。江戸時代に限っての、雑学を、片岡鶴太郎さんと、草下みつよさん?が、講師を呼んで、雑談する番組です。

次が、NHKの、歴史ヒストリア。こちらは、時代は様々で、やはり雑学を解説してくれます。

最近は、疲れ易くなり、余り本を読めなくなりましたが、時代小説、捕物帖の類いが好きです。

鬼平犯科帳

髪結いいさじ捕物余話

御宿かわせみ

等々。

髪結いいさじ捕物余話は、毎年文庫本で新刊が出るので、楽しみにしています。
鬼平犯科帳は、絶筆なので、話の仕込みが終わって、これからクライマックス、と言うところで、切れていて、残念です。

御宿かわせみは、作者の方は、齢80を越えられたので、明治維新で、主人公が行方不明になり、脇役が戦争で他界し、子供の代になったのですが、なかなか明治の話が進まず、はらはらしています。

伊三次だったかな?伊左次だったかな?

今は手元にないのですが、柴田錬三郎、と言う、歴史作家の方が昭和の頃ありまして、名作を様々書かれた中に、後家人斬九郎、と言う、短編集があります。

かなり前に、渡辺謙さん主演で、テレビ単発3ヶ月くらいのシリーズがありました。

渡辺謙さん、凄く原作に忠実な表現力で、ハリウッド俳優の片鱗が窺えます。



他の雑学は、薬の雑学です。素人にしては、少し詳しい程度ですが、商売柄、又、夫婦共に、毎日大量の服薬が必要なので、いつの間にか、雑学を得ました。

全ての薬ではないですよ。
最近、加わりつつあるのが、お絵描きです。塗り絵も少しします。絵画ではありません。お絵描きです。


何かモノになると良いな。
皆様は、なにがお好きですか?

スポンサーサイト




介護屋、当分、お休みです
私のブログは、主に知的障害のある方への、地域日常生活支援をテーマにして、綴っています。


私自身が、2010年に、心臓を切って、1種1級の身体障害者になりましたから、今までの仕事が出来なくなりまして、作業所をしばらくやって、現在は療養中。

家内の介護や家事に勤しんでいます。

次の職場は、精神病院の看護助手ですので、介護屋ではないんです。

介護と看護は、間違いなく違います。介護は、生活の質の向上の為に、ご本人の潜在的な要望をどう叶えるか、どう意欲を引き出すか、と言う事のプロです。

看護は、医療現場で、その患者さんに対して、どう病気を良くするか、と言うプロです。

当然、看護師さんがメインで、看護助手は、素人さんで差し支えありません。雑用をすれば良いのです。

看護助手が天職と言う方も、勿論たくさんおいでと思います。医療現場で不可欠な仕事でもあります。



何故、精神病院の看護助手にしたか、と言うと、家内が精神障害者ですから、現場を見たいと思ったのです。精神障害者で、長く入院されている方々が、私が新年からお世話になる病院さんは、大変多いそうです。
介護屋稼業としては、どうやって、意欲を引き出して、社会資源を総動員して、退院して頂くか、どうしても考えてしまうでしょう。
病棟看護助手の仕事は、上記の事ではありませんから、スキルが生かせると言う訳でもありません。


敷布の変え方くらいは、今でも出来ますよ。平シーツは、手順がありまして、ホテルのシーツの様に、患者さんが多少動いても、ずれない様に、折り込みます。

食事、入浴、手洗い等の介助、オムツ交換等も、一通り出来ます。それらが、主な業務ですからね。

これらは、介護屋の仕事じゃありません。


身体を壊さない様に、家内の介護や、我が家の雑用の類いをこなすには、週に3日くらいが、私には限界でしょう。


一般の病院の看護助手だったら、別の仕事をまだ探したと思います。


そのうち、ブログのタイトル、変えないといけないかもしれませんね。


やっぱり元気な高齢男性は、迷惑です
全ての高齢男性ではないと思いますよ。

家内が寝た切りですから、様々用事を片付け、食材等、重い荷物を持って、バスに乗りました。

遅延していて、混雑しそうな、始発のバス停です。

優先席には、既に人が座っていて、ダメかな?と思いつつ、覗いたら。

1席だけ空いていました。
失礼します、と腰掛けながら、隣に座っている方が、高齢男性でして、私が経験してきた、自分だけは座る権利がある、と、思い込んでいるタイプの方に、雰囲気がそのものでしたので。
磁気カードをタッチした後の財布を持ったままですから、着席する時に、障害者手帳を出して、一緒に隣の高齢男性に良く見える様に持ちました。

すかさず、若い人はねー!と、言い掛けて、隣の人、なに食わぬ顔で、黙りましたよ。

ハートプラスマークを付けていますから、それも隣の高齢男性に良く見える様に、位置を調整しましたら。

素知らぬ顔で、携帯電話のスイッチを切る仕種と、切った音がしました。



優先席、高齢男性、申し訳ないですが、大キライです。


弱者は色々いるんですから。優先席付近にだけ、ペースメーカーの方がいる訳じゃないですし。


この方は、ここは優先席だ、若い人が最近は平気で座る、なっとらん!と言いそうな感じだな、と、私が感じる方は、大抵当たります。


時々、いたずらしてやろうか、と思う時がありますよ。

恐れ入りますが、皮下埋め込み式徐脈性不整脈の、除細動器を利用しております。電磁波で、誤差動致しますので、携帯電話をお持ちでしたら、電源をお切り下さい。生命に関わりますので。


等と、文句を言いそうな、優先席に、でーん!と座っている、元気な高齢男性に言いはなってあげたくなりますね。

ペースメーカーは、携帯電話では、誤差動しませんし、私はペースメーカー利用していませんが、優先席と、電源切れの放送と、でーん!と座っている、元気な高齢男性が大キライです。


介護屋と看護助手
似た様な気がしますが、全く別物です。

介護職は、一応ヘルパー資格を求める様ですが、看護助手は不問の事が多いです。

介護屋は、その方の暮らしの質を上げる為に、仕事をします。
看護助手は、病院の病棟勤務で、自らの責任で仕事をする事は出来ません。
看護師の指示がなければ、ダメなのです。

ケアワーカーと呼ばれる事もありますね。介護保険の施設なら、介護職のトップの指示の下、介護職としての、末端の責任は持てますし、意見も言えます。文句も言われます。


病院の病棟看護助手は、雑用係なので、決められた手順で、作業をこなせば良い、と考えられている節があるんですよ。


手順通りに、患者さんは置いてきぼりにして、作業さえ終われば良い、と言う考えの病院さん、病棟さん、看護師さん、看護助手さん、は、今は化石になっていると思いますが、時に、作業さえすれば良い、と言う方もいるかもしれませんね。


先日、別の病院で、通院介助の移動支援者の方を見掛けました。

介護保険での、制度の中の通院介助者の方と思います。

車椅子で、高齢の女性の通院介助に来た様子。車椅子からソファーには、患者さんは、自分で移れる方でした。

患者さんの高齢の女性の方が、色々、介護人に話し掛けるのですが、介護人の方は、知らん顔。返事を一切しません。

患者さんが呼ばれたら、途端に余所行きモードになって、ニコニコ丁寧に誘導し、医師の方等にも、愛嬌を振り撒いて。


診察が終わったら、もう帰るモードで、患者さんを急かします。患者さんは、着用してきた筈の小物が無い、と、頻りに訴えていますが、知らん顔で、がっちりと、車椅子に座らせて、さっさと会計に行ってしまいました。


色々なやむ無い事が浮かびますがね。


患者さんに、認知症がある、妄想がある、いつも同じ事を繰り返して、くどい。納得しない。様々あるんでしょうけれど。


事業所の看板背負って仕事している訳ですし。


病棟看護助手は、外から見えない場所で仕事をします。


私が行くのは精神病院です。病の為に、症状が尋常でない患者さんが、入院しています。

手抜きしても、苛めても、外部の人には、バレません。


まっとうな精神病院さんと判断して、そちらに決めたのですが、介護屋が看護助手に慣れるには、かなり時間が掛かりそうですね。


新年から頑張りましょう。


支援計画制度がやっと始まります
障害者総合支援法になって、やっと、支援計画制度の受付が始まりました。

介護保険で言う、ケアプランです。

今までは、事業所個別に、様々計画を立てている所はありましたが、あくまで、事業所の利用者への必然性から、でした。

当然、行政からの費用はありません。

ケアプランを依頼すると、報酬の9割は、公から入り、利用者負担は1割ですね。

そんな当たり前の事が、障害者にはなかったのです。

私は一番重い身体障害者ですが、軽い労働は少し出来ますし、家内の介護もしていますから、何もサービスは使えません。

補助金は少しありますし、医療機関にかかる時は、どこの医療機関でも使える、障害者医療証もあります。
家内はサービスは使えますが、金銭的な補助は全くありません。


で、ケアプランの様なものはサービスですから、寝た切りの家内には、真っ先に、申請書が来ました。

本人に見せて、何があるのか判るか、聞きますと。

お役所言葉で、分かりにくく書いてありますから、何だかさっぱり判らないとの事。

私が長年介護屋でしたから、意味は判りましたが、手続きにやや判らない所があって、サービス事業所として、お願いしたい所に、問い合わせが必要でした。

一般のご家庭なら、ご家族が自治体に質問出来ますけれど、一人暮らしの方は、判らないので、手続きしていない書類の山に積まれて終わりそう。

家内には、金銭的な補助、私には、サービス提供、が少なくても良いから、必要なのですが、片方だけ、と言うケースが多いみたいです。


自立支援法時代、知的障害者、精神障害者には、重度包括支援が存在しない事を知ったのが、ごく最近です。

障害者総合支援法では、今年度4月から実施の筈が、見送りになりました。

公から費用が事業所さん、本人に付かなければ、人件費、自己負担額が出ませんよね。


明日はSLに乗ります
璵流石に、PHSには、機関車の絵文字みたいなのは、ありませんね。


ケアホームの頃の利用者さんと、明日は、SLに乗りに行きます。

いくら田舎でも、日常的には走っていませんよ。私鉄の特急で1時間くらい行くと、私鉄は私鉄ですが、いわゆるローカル線の駅に乗り換え出来る駅に着きます。


土日祭日等に、一般の列車に混じって、1日一本かな?まあ、数本、SLの車両で運行をしています。


それに乗りに行こう、と言う訳です。


田舎ですから、土地が貧しかった為に、稲作は余り盛んではなく、蕎麦か、饂飩か、と言うのが、名物には多くあります。


私の出身地は、蕎麦でした。今の住まいのあるあたりは、饂飩です。


SLの走る辺りは、土地はかなり貧しかったので、私の出身地と同じで、蕎麦なんです。


新蕎麦は秋ですよね。
明日は、新蕎麦祭りがある、との事で、その辺りに行くつもりだったのですが、新蕎麦祭りは、老舗の蕎麦屋さんの、毎年の恒例行事らしい。


蕎麦屋さんは、私鉄の特急の終点で降りて、そこからシャトルバスか、レンタカーか、ローカル線の別の駅から、タクシーを呼ぶか、歩くか、みたいな事の様子でして。

振る舞われる蕎麦も、新蕎麦祭り固有のものが1つしかない。周囲がお祭り風な訳でもないようです。


利用者さんは、電車に乗るのが大好きです。春には、山にロープウェイに乗りに行きましたら、とても楽しそうでした。


知的障害重度の方ですが、1つ目的がはっきり判る方が、ご本人は納得しやすい様子です。


何でも良いんですよ。ご飯を食べに行く、喫茶店に行く、散歩をする、買い物をする、色々ありますね。

なんとなくブラブラ、と言うのでも良いのですが、そのどこかで、今日はここに行くよ、と、判れば良いんです。

お医者さんに注射に行くとかね。注射キライですが、予め伝えておくと、諦めてくれましたっけ。

注射してから、喫茶店に行きます、なんて、良くやりました。予防注射ですね。

利用者さんと、鷹山の名誉の為に記しますが、SL、現役で、子供の頃、日常的に乗った覚えはありません。

それほどは、年輩ではないのです。


全国的にそうだったかと思いますが、電車が日常的に走っていましたけれど、路線によっては、チョコレート色の車両で、床は木の床でしたね。酷く揺れた覚えがあります。

蒸気機関車は、まだあちこちで、現役で走っていましたけれど、そろそろ廃止に向かう頃。高度成長期、と呼ばれる時代がありましたが、その頃が子供時代です。


路線バスには、女性の車掌さんが必ずいて、車掌さんに代金を払いました。子供のバス料金の初乗りは、15円だったのを覚えています。


電車の切符も、窓口で買って、いわゆる硬券でした。駅員さんが、改札口で、ハサミを入れていた頃です。

映画の、三丁目の夕陽、と思って頂けば、大体合っているでしょう。


私もSLに乗るのは、記憶にある限りは、初めてです。鉄道公園で、動かない、展示物のSLに乗った事はありますよ。


当地は明日は晴天で、暖かいとの事ですが、山間部を走るSLですから、簡単な上着を持参した方が良いかな?


楽しみです(^-^)v


メタボリックシンドロームとT波陰性
メタボリックシンドロームありますね。生活習慣病一式の事ですね。

精神疾患、精神障害の患者さんの中には、メタボリックシンドロームを併発する方がおられます。

何故って、例えば鬱病の方、抑鬱状態で、ハキハキと動けないでしょう?横になる事が多くなります。

一番手っ取り早いストレス解消は、寝ると食べるです。野菜が食べたくて仕方無い、には、人間は余りなりません。甘いもの、ジャンクなものが欲しくなります。誰でもお腹が空きますが、自分で一から野菜を料理して食べるのは、鬱病等の方には、ハードルが高過ぎます。パンだけ、ご飯だけ、手軽な市販の弁当等になりやすいです。

肥ります。ますます動けなくなりますし、自己嫌悪になります。ストレスになるでしょう?

繰り返してしまいます。

だから、支援者の方々が尽力して下さるのですが、家事援助の方々が、健康的な食事を作って下さっても、我が家で週に2回です。私も料理はしますが、仕事に戻れたら、出来ません。

私も身体障害者ですから、身体の無理が効きません。幸い、配食して下さる作業所さんがあるので、多少違いますが、家内本人が、ネットスーパーで買い物すると、エライものを買う事になります。


家内は立派な、メタボリックシンドロームです。市民健康診断レベルで、メタボリックシンドロームなのですから、本当にメタボリックシンドローム。

内科の主治医を受診していますが、精神疾患、精神障害と、メタボリックシンドロームの関係には、余り詳しくない様子で、炭水化物を減らして下さい、と、仰るそうです。

正しいですね。

精神科の主治医は、食べる量と消費量のバランスが悪いだけで、精神薬の副作用ではない、と仰るそうです。

正しいです。


家内はやや心電図に異常が出る体質のようで、頻脈と、期外収縮が見られます。数年前、精神科主治医に、期外収縮と、房室細動を間違われて、私のかかりつけの、循環器単科の大病院に連れていきました。

私の主治医は小児科ですから、成人病の心臓病が担当の医師の方に検査と診察をして頂いたら、身体の癖の範囲で、定期検査不要、心配ない、との事で、一安心したのですが。


最近、家内は、私より血圧がかなり高い。高血圧の薬等は、服用していませんが、それでも、心配になるほど高いです。

あちこち様々な検査のデータを調べたら、昨年は健康診断で、心電図を取っていて、T波陰性が出ている事に気付き、私が慌てています。

T波陰性だけで、病変と言う方は、ほとんどいませんが、メタボリックシンドロームがあると、イヤな感じがします。

T波陰性があるのですから、T波高位もありますよ。陰性は、低位とも言います。

可能性は、心筋梗塞?心不全、心肥大等があります。メタボリックシンドロームで、心肥大は困ります。私が介護するのは、今程度が限界ですし、慢性心不全、もっと困ります。

可哀想ですが、今月の私の受診の時に、家内の予約も取りました。電車で行ける人ではないので、タクシーを頼まないと。


精神疾患、精神障害は、決してサボり病ではないのであります。


絶対やりたくない職業
皆さま、何かおありかと思います。

良く言えば療養中、つまりは失業中ですから、偉そうな事が言える立場ではありませんが。

他の方々が職業としておられる事に、とやかく言うつもりは全く無く、私は絶対やりたくない職業と言うのがあります。

重度の身体障害者が、寝た切りの精神障害者を養っているので、就職困難者に当たりまして、失業給付金等には、特例が適用されます。だから、職業選んでいる場合か、とご意見もありましょうが、イヤなものはイヤですよね。

テレフォンアポインター
電話営業ね。
片っ端から電話するのかな?

チラシ等のポスト投函

広告付きのティッシュ配り
いわゆる呼び込み


自分が迷惑している事を、仕事にするのはイヤです。

問い合わせに対して説明する、電話受付は、別ですよ。

新聞の折り込み広告も、まあ我慢出来ます。

飛び込み営業もイヤです。まともな飛び込み営業に出会った事がないから。


仕事にしている方には申し訳ないですが、こういう仕事をさせる経営者、会社って、電話帳片手の、片っ端からの電話営業で、お客が取れるのかなあ?

我が家の固定電話は、万年留守番電話です。連絡がある、と判っている方には、ファックスにしていただいています。留守番電話は聞かずに全部消去します。

家内は再生している様子ですが、私は全部聞かずに消します。

留守番電話とわかった途端、営業電話は、名乗りもせずに、ガチャンと切りますし。迂闊に出たら、延々と喋りたがります。


留守番電話を持っていなかった頃、延々と喋りたがる営業電話に、で、何の用事?お宅様様は何屋さん?と遮って、さっさと切っていた不届き者でありました。
他人が迷惑なのが判っている事を商売にはしたくないなあ〜。


あとは、向き不向きの話で、高齢者の方向けの介護の仕事です。

下手くそなんです。好きじゃありません。過去に高齢者の方向けの施設で働いて、痛感しました。

介護屋仲間には、障害は絶対ダメ𥧄!と言う人もいます。

やはり適材適所なのでしょうね。


バタバタしております
K0070001.JPG写真は、利用者さんのお宅にお邪魔した時に、頂戴した、柿です。


家内は、隣近所から、柿やら、栗やら、筍やらを頂いた経験がないそうで、びっくり仰天、唖然としておりました。


家内の出身地も、大都会ではないんですよ。家内はそろそろ還暦。私は還暦迄は、10年以上あります。


バタバタしているのは。

就職活動と、家事、雑用、買い物等と、家内の介護で、手一杯、と言うところです。

家内も症状が大変辛い様子で、気の毒ですが、頭に浮かんでしまうものを、私が払拭する事は出来ませんし。


今は皮膚科に、私が来ています。ウィルス性のいぼは、一向に良くなりません。しつこいです。もう半年かな。

帰宅したら、午後は、面接に行きます。就労継続Bだと思いますが、知的障害のある方の為の、通所施設のパートです。


通勤が厄介なのと、3ヶ月更新なので、悩むところですが、採用になったら、考えます。


皮膚科にくる途中に、マクドナルドで、旗が出ていました。『○○小学校お仕事体験中』。

つい入って、コーヒー一杯買ってみました。レジをする訳ではない様子でしたが、お仕事、頑張ってね、と言うと、有り難うございました、と返してくれましたよ。


その先の、個人の和菓子屋さんにも、旗が出ています。帰り道に寄ってみようかな、と思います。

子供さんは、家庭と学校だけでなく、地域が育てるものでしょうね。


障害者も同じ。
様々な弱者の方々も、地域の支援、社会資源の支援が必要です。

和菓子屋さんで、本日は、家内の支援事業所の方が、自費で、愚痴を聞きに来て下さいますから、団子でも買って帰りましょう。



仕事出来るかな?
最近は、介護屋日記じゃなくなりつつありますね。当事者日記かな。


寝た切りを抱えつつ、家事全般をしながら、自分の通院、家内の通院、職安通い、をしています。


昨日は、午前中早めの時間に、ケーキ屋さんの売り子のパートの面接に行きました。

私は職安経由で仕事を探しますが、フリーペーパーや、インターネットで探す方も結構いるようで、沢山の方が応募され、面接に来ていました。

ケーキ屋さんの売り子、女性の方が印象が良いでしょう?


ダメそうなら、次を探すタイプなので、その足で職安に行きました。色々検索して、印刷して、幾つか問い合わせして貰って、3ヶ所に紹介状を貰いました。

♂𥧄ですか?
障害者𥧄ですか?

は、毎度聞いて貰っています。介護屋って女性の職場が多いんです。医療機関の看護助手も女性の職場ですね。

♂にも、使い道あるんですが、♂が重宝される職場ですと、私が体力的に無理だったり。

あとは通勤です。通勤がネックで、採用して頂いたとして、通勤が出来るだろうか?

先方様も、心臓に人工弁が入っている、先天性疾患だった、最重度の障害者で、見た目は全然判らない、等と言う応募者、大抵は初めてですから。

知的障害のある方への仕事がしたいですが、ニーズが狭すぎて、募集がほとんどないのが、現状です。


大規模団体さんは、どんな仕事でも、私は好きじゃない。小さいところを希望してます。病院じゃなくて、個人医院等ですね。社会福祉法人で、全国展開、じゃなくて、特非法人で、全員の顔が見える様なところが良いです。


我が家は駅前で、商店街が続いています。駅の目の前なので、あちこちに伸びる、小さな商店街には、職安経由で求人を出している様々な業種がかなりあります。


そのなかで採用して貰えれば実に助かるのですが、生憎、問い合わせして貰った時点で、♂𥧄、又は障害者𥧄、もしくは両方𥧄で、めぼしいところは、壊滅的。

商店街にあるのは、個人医院と、スーパーマーケットと、居酒屋さんと、コンビニエンスストアと、と言う感じですから、介護屋のオジサンはね〜



で、一般の方の通勤圏よりもかなり狭いながら、通勤圏に目をやると、ある事はあるんです。知的障害のある方への仕事も見つかります。


このあたりは、都会の田舎なので、私鉄の大きいのがありまして、本線、枝線が複雑にいりくんでいます。
バスはちょっと不十分ですね。

枝線を一駅乗って、階段の上り降りがあって、又、一駅乗って、階段の上り降りをして、バス停に移動、そこからバスで10分、みたいなところが多いのです。

もしくは、交通の便が悪すぎて、車通勤可能なところとか。狙っているところがあるのですが、車で片道45分ですね〜

交通機関で行くと、私鉄とJRがリンクしていないので、交互に乗り換えで、乗り換え駅の間は、徒歩15分が二回、駅を降りたら、歩いて20分か、バス利用、みたいな事になってしまいまして。


通勤、障害者には、結構ネックになります。通勤で疲れ果ててしまうと、仕事にならないし。


とは言え、仕事は縁ですから、こまめに探して、正月明けには、仕事に戻れると良いな、と思っています。

私の住まいの駅が、そもそも、私鉄の枝線。
私が必要とする条件を想定した、勤務体制って、余り聞かない。


このあたりが難しいところなんですよね。雇用保険だけ必要なので、主婦の方等を想定した、短時間パートでは、生活が困ります。と言って、社会保険に入る程は、都合上も身体上も無理。


想定外ですよね〜。

うーん。



想定外と言えば。


園遊会で、天皇陛下に直接声を掛けて、懇談中の会話を遮り、何か手渡した人がいるそうで。


議員さんらしいですね。


ちょっと仰天しました。


私は左寄りですが、単純に皇室オタクです。一度、皇居の一般参賀に行ってみたい!と言う程度の。

家内に、それだけの為に、東京迄、いくら掛かるの?と、素朴な疑問を食らってしまうので、行った事はないです。

園遊会等は、天皇陛下は、誰にどんな事で、お声を掛けるかは、宮内庁が陛下のご意向も伺うのかもしれませんが、予め決めて、招待客に通知してあるのです。
こういう事を質問されますからね、みたいな事だとか。

台本はないらしいですけど。


議員さんなら、知らない訳でもないでしょう。


それだから、と、国会でガタガタやるのは、これもどうか、と思いますけれどね。


宮内庁にしたら、天下の想定外、だったでしょう。