bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



障害者イロイロ
仕事にバタバタしていて、ちっとも更新していないですね。

朝食の喫茶店で書いているので、手短にします。朝の喫茶店は、朝食を摂る方で、大変混雑します。


先日、仕事帰りに、電車に乗りました。優先席のドアからです。

丁度、脳性麻痺の方かな?と感じましたが、全身に軽い麻痺がおありで、特に足の麻痺が強く、見て判る程度の方がご一緒でした。


優先席のドアから入ったので、どなたか座席を譲ると思ったら。


サラリーマンの方も疲れていますよね。誰も譲りません。仕方無いです。健康な人には、実感出来ないですからね。


まあ、見て、明らかに身体障害者、と判る方に譲らないって、どうなのかな、とは思いますけど。


短い乗車時間でしたが、いくつ目かの駅で、私の目の前の優先席が空きました。下車されたから。私の障害者マークを見て、譲ってくれた訳じゃないです。

とにかくカバンを置いて、その方に、お座りになりませんか?と、肩を叩きました。ちょっと遠かったから。


お互い、次の駅で降りるのでしたが、補助靴の方で、手帳は私より軽いかなあ?

でも、補助靴の方、立つ、歩くは辛いですよ。

若いサラリーマンの方でした。


私が自分も身体障害者だ、と説明すると、全然判らないですね、と返事をされ、しばし世間話をした事でした。

我が家にも、職場の同僚にも、障害者の方があります。


身近にいるのかもしれませんが、優先席で、障害者の方とダブルって、初めての事でした。

スポンサーサイト




だましゑ歌麿
昨夜、昨今大人気の、水谷豊さん主演で、『だましゑ歌麿Ⅲ』と言うのを、テレビ朝日で放映していましたね。

『相棒』のファンです。
どっちかと言えば、『探偵 左文字進』の方が好きですが、最近、制作されていないようです。

で、水谷豊さん、60歳にして、初めての時代劇 との事。
話は面白かったです。
助演の俳優さんも、芸達者なベテランの方ばかりで、時代劇らしさがありました。


いや…

実は、違和感がぬぐえなくて。

水谷豊さん、殺陣はうまかったです。
何か が、しっくりこない。

どうも、時代劇なれしていないから じゃないかなぁ?と思いました。
言葉や、所作が、現代劇を引きずっている?

岸部一徳さんは、あの方は、芸達者ですから、現代ものをやっても、時代劇をやっても、台詞回しの癖などはいつも似た感じなんですが、なじむ方ですね。

笹野高史さんは、18代中村勘三郎の下で、さんざん、歌舞伎の様な物(笹野さんは、歌舞伎の家に生まれていないし、一門に属していないので、歌舞伎の定期公演の舞台、歌舞伎座、南座などには上がれません。)を精進した方ですから、現代劇が元々の方ですけれども、時代劇、うまいです。




時代劇って、リアリティを追求しちゃダメなんじゃないかな と私は思って居ます。
勧善懲悪でも良いだろうと思います。
水戸黄門が、あれだけ長寿番組になったのは、判りやすいお決まり があるものだから でしょうけれれど、やっぱり、東野栄次郎(文字が違うな…失念)さんの功績が大きいのでしょうね。

他の俳優さんがずいぶん、黄門様をやりましたけれど、東野英二郎(こっちだったかしら?)さんを超えた方はいないと思います。西村晃さんは、かなり実力を発揮された凄い方だと思って居ますが、他の方々は、別の看板主演作の印象が強すぎて、なかなかなじめませんでしたっけ。


で、他にも、ちっと無理がありすぎませんか?と言う設定があって、それも、どうも、しっくりいかなかった原因かもしれません。

『喜多川 歌麿(きたがわ うたまろ、宝暦3年〈1753年〉頃? - 文化3年9月20日〈1806年10月31日〉)とは、江戸時代の日本で活躍した浮世絵師。』なのであります。


『『だましゑ歌麿』(だましえうたまろ)は、高橋克彦による日本の時代・推理小説、及びそれを原作とした2009年9月12日放映のテレビドラマ。』ですが…

最初の舞台は『寛政2年(1790年)』。40歳くらいかな?


田沼意次 と言う老中の方がありましてね。
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保4年7月27日(1719年9月11日)
死没 天明8年6月24日(1788年7月27日)

と言う方です。

結構、贅沢をしたり、わいろを取ったり と言う方だったようで、以下の様な落首が残っています。

・田や沼やよごれた御世を改めて 清くぞすめる白河の水
・白河の清きに魚も住みかねて もとの濁りの田沼恋しき

田沼意次は11代将軍家斉の下で、享保の改革 をやった人だと思いますが、将軍家斉と言う方、贅沢大好きでして、さっぱり効果が上がらずに、将軍様がお隠れになると(死んでしまう事ですね)失脚して、酷い目に合うのです。

次に出てきたのが、松平定信です。上記の楽首ね、『白河』と出て来るのが、松平定信。
田や沼、濁りの田沼 と出て来るのが、田沼意次。

だましゑ歌麿 では、この『松平定信』が、歌麿を執拗に殺そうとする と言う様な設定になっているようですが…
確かに、歌麿は、『手鎖50日』なんて、やられたりしていますが、殺されそうになるほどの事はしてません。だって、町人ですもの。暗殺する意味がない。←ココ、かなり違和感があるんです。



だましゑ歌麿 には、『長谷川平蔵(俗にいう鬼平)』が出てきて、まあまあのポジションにあります。
実際の長谷川平蔵は、『火付け盗賊改め』と言う役職の旗本で、奉行所とは別に、放火と殺人、盗賊を専門に取り締まりました。無宿人に、『寄場(更生施設です)』を作ったのも、長谷川平蔵です。

長谷川平蔵、田沼時代の方なんです。と言うか、田沼意次、長谷川平蔵には、悪者には写らなかったようです。(って、当時、テレビもラジオも写真もありません。実際に会える立場の人にしか、ある人物の人柄やら、考えやら は判らなかった時代です。それは庶民も同じで、だから、少し引越しをすると、イロイロ厄介な事があったりしたわけです)

あとは、長谷川平蔵と言えば、『鬼平犯科帳』(池波正太郎作)でテレビドラマになりまして、『中村吉右衛門丈』の印象が強すぎます。



だましゑ歌麿 は、時代的には、登場人物全員、確かに生きていて、お役目もそれなりにしていたのがはっきりしているんですけれど、さすがに、ちょっとこの時代に、この人物たちの交流はなかったでしょう?と言う設定なのが、私にはしっくりこなかったもう一つの理由かな?


救いは、中村橋之助丈で、彼は歌舞伎俳優ですが、テレビドラマの時代劇にも、なじんでいます。
浪人や、同心程度の、身分の軽い武士の役柄は得意な様子。
江戸言葉がなじむ と言うのも、要にいる役どころとして幸いしたのでしょうね。


御庭番?みたいな悪者?の頭?いや、盗賊?が『寺島進』さん。
芝居はうまいのですが、あのしつらえは、テレビ朝日さん、何とかならなかったのでしょうかね?

長谷川平蔵が、『古屋一行』さん。
うーん…荒々しさがないんですよね…登場機会も少ないしね。

意外にうまいな と思ったのは、歌麿の娘の役のお若い女性の方。お名前は判りませんでした。
時代劇の登場人物として、うまかったと思いますよ。


水谷豊さんは、うまいのですけれど、リアリティがありすぎたと言うか、女性をさんざん泣かせてきたような様子に見えなかったんですね。喜多川歌麿と言えば、美人画と、多数の女性遍歴ですから、設定としてはあっているんだけど、浮名を流しているような感じじゃなかった。

これも、しっくりいかなかったかなぁ…


子供の頃は、時代劇全盛で、又、若いころにも、例えば、片岡鶴太郎さんが出演されていた(主演は別の方)新しいタイプの時代劇(それなりに成功していて、又、復活しないかな って良く思いました。)等も見ていて、オッサンは時代劇には煩いのであります。


相棒同様、しばらく、季節もののシリーズとして、続くかもしれませんね。


テレビドラマなどは、見る人の好みですから、『だましゑ歌麿』が出来が悪い と言っているのではないですよ。
私の好みには、少し遠かった と言う事です。

中村橋之助丈を一生懸命見てました(^^:;





ああ!『写楽』とごっちゃになった方、ごめんなさい!
写楽は、氏素性が、全くわからず、わずか数年で、こつ然と消えた人 とされています。
だから、残っている絵も少なくて、偽物も山ほどある絵師だそうです。


飲みたくないです…
酒ではないです。もともと、私、酒は飲めません。
薬です。

病気のデパートなので、薬は物凄い量を飲んでいます。

生命にかかわる薬があるので、何があっても、飲み忘れ出来ませんでしょう?

余りに癪なので、列記してみようかと思って、日記を開きました。


ワーファリン錠1mg 毎晩4ミリ、時々3ミリ
アムロジピン錠2・5mg 毎朝1錠 (ノルバスク2.5mg)


スプデルカプセル1mg    朝晩 各1カプセル (ザジテン1mg)
アクディーウムカプセル1mg 朝晩 各1カプセル (ノイチーム錠90mg)
ネオマレルミンTR錠6mg   朝晩 各1錠    (昔のポララミン錠6mg 今はないです。仕様変更かな?)    

ジェイゾロフト錠50mg 毎晩1錠 (これはジェネリックがありませんから、ブランドです)
スカルナーゼ錠 1mg  毎晩1錠 (メイラックス錠1mg)
アンデプレ錠  25mg 毎晩2錠 (デジレル25mg錠)


リリカカプセル25mg  朝晩各75mg (これは2年ほど前に発売された新薬 ジェネリック無し)
スリノフェン錠60mg  適時1錠   (ロキソニン60mg)

フルニトラゼパム(アメル)1mg錠 就寝前 1〜2錠 (サイレース錠又はロヒプノール錠1mg)
ゾピクール10mg錠        必要時、一日10mgまで (アモバン錠10mg)



カッコ内は、いわゆるブランドの薬の名前。
私は、ある限りは全部ジェネリックを使います。
最初にある名前は、後発メーカーのジェネリックで、同じ名前の薬でも、製薬会社が沢山ある場合もあるんです。
成分名(一般名)が、そのまま製品名になっていることが結構あるからですね。

一番最後の『ゾピクール錠10mg』は、成分名=一般名を、『ゾピクロン』と言います。
アモバン は先発メーカーのブランド品。
私の精神科の主治医は、アモバン錠は、ほぼ100%処方しないのですが、(理由があります)、私には主治医が判断される止む無い と言う事があるようで、私も必要ですから、頂いています。



有名な薬の一つに『ガスター10』ってありますね?
薬局で買う方もあると思いますけれど、内科などで処方してもらった方が、医師の管理も受けられますし、何より健康保険証が効きますから、安いですよ。

『ガスター10』は皆さん、10mg錠しかないと思って居る方が多いと思いますが、『ガスター20ミリ錠』も存在します。処方薬では。
私が使う時は、かなり体調が良くない時で、ガスター20mg錠』を処方してもらいます。

ガスターは、特許期間が過ぎているので、ジェネリックがあります。『ファモチジン』と言うのが、成分名=一般名 です。




くくりごとに。(何で飲まなくちゃいけないか ですね)

1 心臓に人工弁を入れていますから、凝固防止剤と、血圧降下剤


2 IgE等と言いますが、アレルギーっぽさの値が通常の方よりも、3倍程度高いです。通年制植物アレルギー&ワーファリンを飲むことで、傷の治りが遅く、血液、体液が非常に止まりにくいです。

アレルギー薬がないと、多覚症状はあまりありませんが、自覚症状がひどくて、生活出来ません。1年中必要。

3 精神疾患の既往があります。再発防止。

4 心臓関連痛と言う痛みがあります。左半身に痛みが来ることが多く、私はもともとは腕でした。オペの前後に、転げまわるほどひどくなり…
整形外科さんで、理学療法をずっとお願いしていますが、復調しません。

医師の勧めで痛みを和らげるために飲んでいます。高いのに、ちっとも効かないですが、やめたら、もっと痛むかと思うとねぇ…
リリカカプセルが、薬価で、25mg150円程度したと思います。今度は、75mgカプセルにします…少し安くなるので…(これはジェネリックがない、2年ほど前に出た新薬です。)

5 精神疾患の名残と、長年の夜勤とシフトの生活で、睡眠薬がないと眠れない(><)。


整形外科医が、『リリカカプセルに加えて、漢方医の先生を紹介するので、漢方薬をプラスで飲む様に』と、紹介状をくださるそうです…

受診してみますが、ワーファリンは飲んでいる、精神薬は飲んでいる、多剤常用 と来て、漢方薬まで飲みたくない!!!


健康が一番欲しいかな?


私は身体障害者手帳1種1級の最重度の手帳を持っています。
だから、医療証が付きますので、自己負担は1割です。

けれど、毎年、一人分(家内のは、含まず)で、200,000円を超える、自己負担を払っています。
勿論、還付請求をしますが。

次の医療証の切り替えから、我が家は今年度から、非課税世帯になったので、(フルタイムではもう私も働けません。パートです。厚生年金に加入すると掛け捨てになってしまうので、ぎりぎりの上限と、私が働ける限界が一致したので、その日数、働いています。だから、時給制ですよ。)1割負担(医療証に『一部』の文字があります)が消えて、自己負担がゼロ(国などが10割負担する)になります。


そうでもなければ、生活が立ち行きません。


何かと困ったものですね。




休みなので、病院巡りです
循環器にまず、予約がありましたから、行きました。人口弁置換をして、丁度3年が経ちました。

5年迄は、毎年一回、外科外来の医師が検査をして、説明してくれます。心エコーですね。経胸壁です。いわゆる、普通の心エコー。

説明によると、心臓の状態は大変良いそうで、安心しました。


私は先天性ですから、普段の小児血管内科の主治医の診察も、一緒になる様に、予約したので、いつもの主治医の診察と、薬の処方もして貰いました。


たまたま健康診断的なデータを、トロンボと一緒に見てくれていて、一時、中性脂肪等が高かったのが、以前と同じくらいに戻っていましたよ。

何故でしょうね?

食べ物かな?


それから内科のかかりつけ医に寄って、今は精神科の待合室です。予約時間より、少し早く着きました。



昨日ね。

アスペルガー症候群の職員さんが、ちと困った事を始めまして、私も忙しかったので、ちと短気になってしまい、上司が各々に話に来て下さり、もう大変でした。


アスペルガー症候群の方は、全く自覚がない方なので、その方の言動そのもの、と、利用者さんに対する、職員としての取り組みは、別に考えないといけませんよね。

なかなかそう上手にはいかないものです。


利用者さんに対して、結果が出なくては、どんなに一生懸命やっても、それは無駄、な訳ですから。


わかっていますが、自覚が持てない方は、人生で辛い事が多いのかもしれない、と少し思いました。


仕事の話は、私にも、気付かない点がありましたから、それは何とかしよう、と思います。


良い言葉が見つかりませんが、理解ある職場なので、その方は、天下を取ってしまっていて。


土日は寝込めると良いなあ。


乗り過ごした〜
最近。やむを得ず、急に引っ越ししなくちゃいけない同僚があって、退職せざるを得ないので。

併設の喫茶店の見習いをやっています。


体力的にキツいので、しょっちゅう乗り過ごす。帰りの電車ですね。

一応、重い身体障害者なんで、満員電車は無理だし、そもそも、帰りは立っていられないです(>_<)。


その同僚が退職すると、実に困るのですが、仕方ない事ですから。ご家庭のやむを得ないご事情なのです。

何本も電車を送って、比較的空いてるのに乗りましたけれど、健常者の人は動きが早いでしょ?

優先席では、勿論、誰も譲りません。朝でも、帰りでも、休みでも。

障害者マークを目立つ様につけてても、譲ってくれる人は皆無に等しいです。

一般の席でも、優先席付近に立っていても、座席が空くと、素早い健常者の人が滑り込んで、すぐに下を向いて、何かしら始めるのは、何故でしょうね。


中には強者がいます。


ご自分は、高齢者で、優先席に座って、睨みを利かせておいでです。

反対側の優先席で、携帯電話で遊んだり、メールしてたりする人、若い人に限る様ですが、を一喝!して、説教して、電源切らせて、立たせる男性の方。


世の中色々ですね。


私の勤務先は、私の様な時給の生活支援員が現在、3名、ユニット型グループホームに、古い価値観の住み込み寮母さんが、3名、と言う、小さな小さな所ですが。

運悪くとは失礼ながら、退職されない方の、時給の私と同じ立場の同僚さんが、ご本人には自覚のない、アスペルガー症候群の方です。


様々困る事がありますが、ご本人は真面目に勤務しているおつもりです。

臨機応変とか、言葉を選ぶとか、この言動が他人にどう影響を与えるか、等を、獲得する事が不能に近い、発達障害ですね。


上司も私も、すぐ判りましたから、一般の企業に勤務するのと違い、虐められる事は、その同僚にはないと思います。


とばっちりは、私と利用者さんに来ます。私は承知ですから良いのですが、利用者さんへの、とばっちりが困ります。


喫茶店で調理をされている方々は、住み込みの寮母さん2名ですが、お一人が、あー、うまく表現出来ませんが、知的障害者の方々への、生活支援を、はき違えている方で、かつ、自分が気に入らないと、当たり散らす方なんですね。

ランチのお客様が店にいらしても、私を気に入らないので、怒鳴ったりしてしまう方でして。


何故嫌われたか、ですか?
半生の冷凍食品のフライが、ランチに出て来まして。炎の調節が出来なくて、衣だけ、焦げて、中には火が通っていないのを、上司に報告したから、らしいです。

お客様も、利用者さんも、お腹を壊したら困りますし、ちょっと食味としても、食べられる味ではなかったのでありました。


私は勤務者ですから、責任ありませんが、上司は毎日、苦労されていると思います。


塗り絵始めました
K3340036.JPGK3340037.JPG向かって左側が、勿論、お手本。

向かって右側が、勿論、鷹山画伯の、格闘中!

二枚目は、お手本の表紙です。

版元は、河出書房です。


意外に面白い(^o^)/



やってしまいました
大したことではありませんが、失敗です。

私はIgEが350程あります。アレルギー体質です。通年性の植物アレルギーでもあります。

ほぼ一年中、アレルギー薬を服用していますが、梅雨から8月半ば迄と、11月から1月の始め迄は、3種類処方されているうちの、1種類でなんとかなります。

今年は、既に2ヶ月、1種類だけで済んでいるので、数日前、1種類を切ってみました。


翌朝。

手の親指の下あたりを、かきこわしておりました。

他に、その薬とは別に、肩掛けカバンの紐が擦れて、首筋に傷が出来てしまい、外用薬を使い、絆創膏で保護したら。

見事にかぶれてしまい、傷もいつまでも、まだ治りません。

いわゆるテープかぶれ、もあります。

ワーファリン常用なので、傷を作ると、小さな傷が半月治るのに掛かります。

アレルギー薬は、翌日から1種類再開しましたが、既に出来た傷は、暑さと汗もあり、一向に治る気配がないです。

首筋は、もう1ヶ月は経つと思います。

厄介ですね。

職場の利用者さんに、ステロイド外用薬は、手元にあった分、提供してしまったので、抗生物質しかなくて、絆創膏は貼れないし、大いに困っています。

ワーファリンがないと、生命に関わるので、止める事が出来ないから。

小さな傷、大敵です。


実は介護と言う言葉は?
このブログのタイトルは、2005年から使っていますので、当時と現在では、私の職業認識が変わっています。

介護と言う言葉は、今後、現場からは少しずつ減っていくと思うのです。ヘルパーと言う言葉も、減っていくでしょう。

便宜的に、家内の家事援助を担って下さる方々を、私もヘルパーさん、と書く事があると思いますが、事業所さんは、ヘルパーと言う言葉は、事業所内部では使っていません。

ケア者 と使っておいでです。


私が前にいた事業所では、サポーターと呼びました。
現在、私は自分の仕事上の立場は、支援者と考えますし、家内に必要な事は、まずは家庭内自立、次に社会参加、と考えていて、その為に、包括的な生活支援が必要、と考えています。

障害者総合支援法に変わり、やっと、障害者支援にも、ケアマネージャーの様な、ソーシャルワーカーが入って、様々な個別の支援を、包括的にみる為の、個別支援計画が法律の根拠の下に出来る様になりました。
我が家の場合は、使えるサービス、支援は、制度のものも、制度外のものも、健康保険のものも、可能なものは、全て使っていますから、自ずと、支援団体の責任者の方や、担当者の方が、自治体とも連絡を取り合って、包括的にやって下さっています。

でも、それは、相談支援事業として、収入が全く入らない、善意のものでした。

介護、ヘルパー、と言う認識の中には、連携や将来と言う事が欠けがちなんです。


本日、ある利用者さんに、何かのサービスをする、のルーチンでは、利用者さんの将来は見えて来ない。

大それた事でなくて良いのです。家族が日々の利用者さんの世話に疲弊する事なく、ご家庭にも、将来が見えてこないと、支援者としては、失格だと思っています。


じゃ、鷹山は完璧か、と言うのは、勿論、まだまだ道半ばですし、能力不足は否めないのですけれど、介護ではない!生活支援なんだ、と、これからも努力していきたいと思います。


家内は私のケーススタディにされて、気の毒にも思いますが、本人、生活支援を受け入れた底力の様なものが、少しずつですが、つぼみをつけています。

家内も凄いと思いますし、様々な支援者の方々に、深い感謝の毎日です。


塗り絵
昨日、一昨日と、利用者さんの仕事になる材料が、印刷ミスがあった、とかで、入りませんでした。


なので、フリータイムになったのです。

1日目は、利用者さんも、何をして良いか、戸惑った様子でしたし、職員の私も、さて、どうするか、と困りました。


昨日は、あちこちで、絵を描いたり、塗り絵をしたり、楽器を弾いたり、と、皆さん、思い思いに、時間を楽しまれまして。


中に、とても創造力豊かな方がおられました。

何をしたいか、判らなくて、ちょっとお困りの様子だったので、さりげなく、紙と色鉛筆を出しておきました。


絵を描いたりするのは、お好きな様子です。


最初は、動物の絵を描いていました。クマとブタだそうで、台詞付き。ブタは実はブタには見えないのですが、ご本人がブタと言うからには、ブタです!

勢いのある絵でした。

ストーリーを聞くと、クマはモウレツで、ブタはステーキで食べるらしい。ブタがステーキを食べるのか、誰かがブタを、ステーキにして食べるのか、興味深いのですが、創造力についていけない私でした。


私もその方と何か描こうと思い、前の日に、妙な絵を描いたので、画用紙を探したら、生憎在庫がほとんどなく。


同じ場所に本の様なものがあったので、捲ってみたら、いわゆる大人の塗り絵、でした。


試しにやってみると、意外に面白いです。


有名どころでは、河出書房から、大人の塗り絵 の名前で、初心者向けから、熟練者向け迄、ディズニーから、絵手紙風から、名画やら、ベルバラ迄(本当です!)あります。


と言うからには、本日は、いつも通り、病院巡りをしたのですが、本屋と文房具屋に寄って、塗り絵一冊と、水彩色鉛筆と言うのを買ったのです。

普通の24色の色鉛筆で、上手な方なら、充分と思います。水彩色鉛筆は高い!

12色入りが、3シリーズあって、どれも税込1050円でした。24色の色鉛筆は、1890円でした。


私は絵が本当に下手くそで、キライなのですが、塗り絵は面白かったんです。でも下手くそですから、36色入りの色鉛筆が欲しかったんですが。



画材店じゃないとないみたい!そんな専門的なはなしではないので、お気軽水彩色鉛筆を2つ買ったのでした。


水彩色鉛筆って、水を含ませた筆で、ぼかせるんですって!水に溶けるんでしょうね。


さて?

鷹山画伯、何か出来上がるでしょうか?


アスペルガー症候群の方だよねぇ…(多分)
ご本人には罪はなく、真面目で、一生懸命な方なんですけれどね。

職場の同僚?が、ほぼ間違いなく、アスペルガー症候群の方だと思うのです。


社会性と言うか、周りの雰囲気と言うか、自分の求められている役割と言うか、そういう情緒的な事が、理解できない障害 でしょうか。

発達障害に位置付けられているかと思いますが、日本語では、高機能自閉症等と言いますね。

知的レベルには全く障害がありません。
博士号の取れる方もあります。
障害があるって、ある部分が突出して秀でていることがあるのです。
失ったものの代わりに、特性としてなぜか、神様が授けた物 かも知れません。



同僚は男性です。
確率的には自閉症の分野の障害を持たれる方は、男性が多い と言われます。
ダウン症候群もそうだったかも。
遺伝子、XとYの関係だったかしら?


障害はしょうがないです。
ご本人が困っていない物を、周りがとやかく言うべき事でもありません。
特に学習障害、発達障害の方は、知的レベルに全く問題がありませんから。
我が家には2人、エライ重い障害者がいますでしょう?

ワタシと女房ね。
両方とも、結構困った重さです。


障害のある方の為に仕事をしている身として、悲しいなぁ…と思った事はね。
同僚男性さん、ご自分では、どうも、ご自分が多分アスペルガー症候群だ と気付いておられない様なのですよ。
勿論、精神科のフォローや、社会資源のフォローは受けておられません。

なのに。

初対面で、『?何かが変だ。』と気付いてしまい、上司もそうなのですけれど、ある時期、上司と同じくらいの頃に『○○さん、何かある。発達障害?学習障害?』と気付き、今では『アスペルガー症候群さんだね』と無言の了解のもとに、上司と私は仕事しています。

知的障害のある方、精神障害のある方、に特に専門の介護屋ですからね。


どんな状態の方かは、まあ、長くなるのでやめますが。

なるべく簡単な言葉で説明すると、『空気読めない症候群』?

あとは、『同じ目的の物でも、形状などが違うと、同じ目的の物だと理解できない様子』

『ご自分で無意識のうちに、自分の役割を決めてしまい、それ以外には一切無関心』

『ご自分が無意識のうちに決めた何かを阻害されると、混乱される』

『徹底的な指摘行動、押しつけ行動が多い』


アスペルガーさんでしょうねぇ…


自画自賛で恐縮ですが、私は彼がアスペルガーさんだ と承知の上で仕事をしています。
社会性にかなり困難を生じる障害をお持ちなので、一般的な仕事と言うか、集団の中での身の処し方などは、非常に難しい方だと思って居ます。

ご本人は自覚ないですよ。
障害ですから。ご本人が心がけが悪いとか、性根が悪いとか、意地が悪いとか、そういう事では決してないんです。
理解できないから、障害なんだから。

でもね。

一般企業では、はじき出されてしまうと思うのです。


一般的な精神疾患からくる、精神障害の方
一般的な知的障害者の方
の支援は、私の専門ですから、良いのですが、『一緒に仕事をする、支援者としての職員仲間が、発達障害をお持ち』と言うのは、余り多くない話で、非常に仕事がやりにくいです。


と言って、ご本人にはご自覚がなく、多分、障害がある事に気づいておられない となりますと、文句を言っても、喧嘩をしても、その方は、理解できないから障害なので、益がありません。

どうしたものかなぁ…と思いつつ、試行錯誤で仕事をしています。

偉そうなこと書いている私も、最重度の身体障害者ですから、身体的に不能な事、医者や薬が不可欠な事、ハンディが沢山あります。




発達障害の方、学習障害の方、私は実際に支援した事はなく、現実に出会って確信した方は、今までの介護屋人生の中で、その方だけです。

手帳は取れるか、取れないか、ぎりぎりくらいの比較的軽い方だとは思いますが、一般企業などでの就労、福祉の仕事、精神障碍者の方への仕事 を希望されている様子なのですけれど、ご自分が支援者になられること には少々困難があるだろうなぁ と思う毎日なのであります。