bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お買い物
11271959_50b49d06cf220.jpg


昨日、医者巡りの帰り道に、ついデパートに引っ掛かりまして。

宣伝用の幕が出ていたのです。チキンラーメンのグッズイベントでした。

曰く。ネット通販しかなくて、あとはイベント会場等しか手に入らない、との事。ネット通販は触って確かめられないですし、ネット通販苦手です。

仕事に使う、ボールペンでも買おうかな、と入ってみました。

ボールペン有ったか、実は見ていなくて、ついつい、バスタオルを買ってしまいました。品物の質は良かったのですが、地が白、黄色、ピンクとあり、グッチャリと、チキンラーメンのひよこがプリントされています。

チキンラーメンだったら、イメージは黄色ですが、ひよこも黄色なので、ピンクの地のを買って帰ったら、家内に呆れられてしまいました。

レジの横に、いわゆる、ガチャポンがあり、木のプレートの、携帯電話ストラップが有って、それも2つやって帰ったので、大いに困った顔をされてしまいました。

いい年して、キャラクターグッズ好きなんです。私。

まっすぐ、チキンラーメングッズ会場に行けば良いものを、一階って、婦人用品がいろいろありますよね?
しばらく前に、家内がピアスのキャッチを飛ばしてしまったので、1980円程度のピアスを買ってやろうか、と、回遊しているうちに、ついついカジュアルブランドに引っ掛かってしまって、五桁ではないですが、カード払いにする程度の、ピアスを買ってしまいました。

たまには家内にも、綺麗なものを買ってやりたいですからね。

男の癖に、私もピアスをつけています。私のは、バブルの前後に自分で買った物で、買った時は、ややぶら下がるタイプの、先にエメラルドがついているものでした。

15年くらい前に、職人さんがやっている宝石店で、エメラルドを切って、指輪の材料にして貰い、左右非対称にリフォームして貰ったものです。

これは当時で、五桁しました。最近のものと違い、軸とキャッチに18金をふんだんに使ってあるので、たまに掃除に出す程度で、私のピアスは、これ1つです。

アレルギー体質なので、10金、5金等では、アレルギーを起こして腫れてしまうので。

家内に買ったのは、ブルームと言う、気軽なカジュアルブランドのものです。


ま。たまにはね。

スポンサーサイト




本日は休みです
休みは、医者巡り、と決まっています。面倒ですが、病気のデパートとしては、仕方無いです。

昨夜も、一件、医者に行きました。ウィルス性の異形成、要するに、いぼが、何故か、左手の人差し指の親指側に出来て、これがしつこいのであります。

昨夜で、三回、液化窒素で処置して貰いました。

焼く等と表現しますが、実際は凍らせるらしいです。とにかく、飛び上がる程痛い(>_<)。

南極大陸には、病原菌はいないんだそうです。先生曰く、南極基地には、人間が持ち込まない限り、全く病原菌はいないとか。

建物の中で、5℃くらい、外は-20℃くらいだそうで、寒くて、病原菌は生きられないんだとか。


南極大陸全体が、天然液化窒素みたいな状態と言う事でした。

患者さんに、自衛隊の隊員の方がいて、ウィルス性の異形成、いぼ、が、全身あちこちに出来る体質の方だったとか。

1年、南極大陸に派遣になって、帰国されたら、派遣3ヶ月くらいで、全身を悩ませていた、いぼが、全てウィルスが死んでしまい、綺麗に治ったそうですよ。


でも、私は南極大陸には行かないので、液化窒素で処置して貰っています。処置自体も、痛いですし、根が深く、表面はマッチ棒の軸くらいなので。処置したあとも、何か巻いておかないと、モノに当たると、とても痛いです。

違いますけど、イメージは鶏眼(要するに、魚の目)みたいな感じです。


そうそう、出来るものではないんですけどね〜。記憶の中では、初めてです。



で、本日は、自分が精神科でした。最近は、職場にも少し慣れて、ストレスと身体の負荷は同じですが、まあまあ対処出来る程度になっています。

先生とお話をして、最低限の薬を貰ってきました。


明日は、家内の支援事業所さんのサ責さんと、地域生活支援センターさんの担当相談員の方と、不肖私で、家内への支援について、擦り合わせを、本人にはナイショでする事になっています。


仕事も家庭も、いつも障害者支援の中にいるんです。


今度はオヤジ
今週の日直の女性に、『オッサン!』と言われた話を書きました。

もう、オジサン形無しなのですが、別の利用者さんにね。
ああ。アトピーかも と言う、アレルギーの激しい方です。
毎日、薬を私が塗っています。

その方は男性で、30代くらいかな?
自閉症の方です。

私が接した方だけかもしれませんが、自閉症の方の中に、(いや、知的障害のある方の中に の方が正しい気がしてきました。)ある程度なじんできた相手に、イメージ言葉をつける方がおられます。

前の職場では、のんびりさんが、私にイメージあだ名をつけていましたね。
『かぼちゃ饅(かぼちゃまん=かぼちゃの饅頭ですね)』だそうです。
意味は分からないのですが、たまたま、かぼちゃ料理を出した時に、何かがのんびりさんの中に定着した様子でしたっけ。

のんびりさんは、ダウン症候群です。
自閉症ではありません。

で、毎日、私が薬をつけている30代くらいの男性利用者さんのイメージでは、私は『オヤジ』だそうです。




オッサン に、オヤジ ですか…

まあ、合っていると言えばあっています。
どちらかと言うと、目立つみたいで。
行動が目立つのか、服装が変なのか、顔立ちが目立つ(ハンサムと言う意味ではありません。あ。今はイケメンと言うのですね。猶更違います。)のか、あちこちで顔を覚えられてしまう方です。
家内などは、目立つから一緒に歩くのはイヤ!なんて言ったりもします。

何故、目立つんでしょうかね…変なんでしょうね。

なので、年齢柄、オッサンやら、オヤジやらと言う印象は、利用者さんは鋭いのです。


普段、マスク常用です。療養管理上の理由で。
手袋常用です。
100円ショップの、指なし手袋、外出時には外したことがないです。これも療養上の理由で。

そろそろ夏も近づく八十八夜ですね。
マスクかけっぱなし、手袋しっぱなしって、怪しくないですか?
私は自分で十分怪しいと思います。

でも、作業所勤務にしてしまった以上、しょうがない。



たまにマスクを外すと…

ひげなんですな。短髪、ひげ と言うルックスです。
揚句に背丈が非常に小さい。
(実は家内の方が6センチくらい背丈は高いんです。家内は女性にしては大柄ですが、特に、そろそろ60台になろうと言う女性では、でも、バレーボール選手かと思うほどは高くありません。160センチ台前半です。)

障害があると、私もそうですが、弱いところがある分、妙なところが鋭くなったりします。


利き手、皆さん、ご自分の判りますよね?
利き足もきっとご存じだと思います。
効き目もちょっと片目ずつで見てみれば、判りますよね。

効き耳、ご自分の、ご存知ですか?
私は、上から、両遣い(やや右)、左、多分左、耳も左です。

当たり前に皆さん自覚あるのかな と思って居ました。
効き耳。

いつからでしょう?
心臓切ってから かどうかは判らないのですけれど、自分の心音に敏感なので、それでみなさん、当たり前にご自覚がある と思って居たのかもしれません。


握手
日本人には、握手の習慣はないでしょう?
日本人が握手と言えば、政治家のアッピール活動やら、そんなのしか思い当りません。

スポーツの礼儀としての握手はありますね。
これは礼儀であって、習慣とは言いにくいかと思います。

障害者支援の世界(とは思いたくないのですけれど)には、変な握手が、まかり通って居る事があります。

ケースとしては、知的障害者の方同士のもめごと を想定してください。

ご本人同士で解決するには、ちょっと厄介すぎます。
日本人の行動の根幹にあるものは、かなり空気を読むような部分があり、厄介で、複雑です。
外国でも同じかもしれないですね。

京都のぶぶ漬け と言うお話を聞いたことがあります。
現在の京都出身者の方、京都に住んでいる方を非難するものではなく、古来の慣習として、ご紹介するものです。


どこかのお宅を訪問しますね。
訪問したら、帰ります。
でも、私も含めて、日本人の古来の感性だと、『けんもほろろに、追い返す みたいに思われたら困るなぁ』と言う感性があります。

引越しの挨拶状に『お近くにお越しの際は、ぜひ、お立ち寄りください』と書いておいて、実際に、近所に来たので、これからお邪魔します と電話があったら、びっくりする が如しです。

京都のぶぶ漬け と言う話も、同じことで、訪問者があった時、訪問した人は、必ず帰りますよね。
帰ります と言うと、引き留める慣用句が、『そう言わずに、ぶぶ漬けでも召し上がって下さい』と言う様な言葉と聞きます。
これは、引越しの挨拶状の、『お近くにいらした際は、いつでも、お気軽にお立ち寄りください。』と同じで、ポーズと言うか、決まった駆け引きなのですね。

真に受けて、『ではお言葉に甘えて、呼ばれましょう(食べるの意味だと思います)』等と座り直すと、失礼にあたる と言う常識がある訳です。


この様な事は、日常生活の中で、どこの国でも、地域でも、必ずある事柄です。
知的に障害のある方々には、言葉通りでないので、とても理解しにくい事柄の一つです。


今朝ほど、利用者さん同士のもめごとが2つ起きました。

もめごとの内容は、余り本件とは関係なくて。


私と、私よりも年齢が若い同僚男性職員さん が、2組のもめごとの最中にいる方々を、上司の指示で、別々に担当して、お話を整理しました。


で。


私、かなり長い間、そういう状況を見たり、聞いたりした事が無かったので、ちょっとびっくりした事が握手です。

ご想像の通り、若い同僚の男性職員さんは、一応、話をまとめた後で、もめていた当事者の方お二人に『では仲直りで、解決ですね。握手をしましょう。』と握手をしてもらったそうです。


いやぁ…

賛否両論あるかもしれませんけれど、幼稚園児じゃあるまいし、握手の習慣のない日本の中で、これはおかしいでしょう。
少なくとも、私はやりません。
仕事の中で、利用者さん同士のお話がこんがらがって、整理のお手伝いをしたようなときに です。

支援者の方で、こんな僻地のブログをたまたま見て下さった方もあるかと思うのですが、やくざの手打ち(古いね)でもなければ、政治家のアピールでもない、一般社会の我々が、ちょっとした擦れ違いなどで、こんがらがった時。

どうせ繰り返すのですけれど、(われわれ健常も繰り返します。???ややこしいですね。ごめんなさい。)一応、腹を割って、話がまとまった、解決した と言う時に。
握手します?


私はしません。
だって。
変だもの。

健常の人に変な事は、知的障害のある人にとっても、変です。
そういう変な事をするのが、当たり前 に感じる支援者さん は私はちょっと苦手です。
これ一つで、物事判断しませんけど、上司交えて、一日の様子を様々話し合う場所で、当然の様に、『握手をして解決に導いた』と報告なさった方には、ちょっとびっくりいたしました。

措置時代には良くありました。
形だけ ですね。
で、理解して頂いていないので、繰り返すのですが(利用者さん方が)『この間、握手して、解決したでしょう?何故、同じ過ちを繰り返すのか?』と怒鳴る訳です。

同僚は怒鳴るようなことをする人ではありませんが、非常に変な対応なので、驚いたと言うお話であります。




知的障害者は大変です
周囲が大変、ではなくて、本人さんが大変なのですよ。

知的障害者の人は、純粋で瞳が綺麗で、なんて事を聞く事があります。

逆に毛嫌いする言葉や、会話、文章を目にしたり、聞いたりする事もあります。
精神障害と区別が付かない一般の方は、普通におられますし、発達障害、学習障害の方になりますと、障害ですから、獲得出来ない事がおありになる訳ですが、知的には障害がないので、我が儘に見られてしまう事が非常に多いです。


もしかしたら、私の同僚も、手帳は取れないけれど、軽い学習障害か、発達障害がある方かもしれません。


知的障害者の方は、先天的に、獲得不能な事柄が勿論あります。

でも、心が成長しない訳じゃありません。

凸凹が凄いのと、この場面で出来る行動が、局面変われば別の事になってしまうから、大変なんです。

ある程度、意見を述べる事が出来る方もありますが、話が堂々巡りして、何を話しているのか、わからなくなる方は沢山あります。

快適、不快感はわかっても、こんがらがってしまい、何が困るのか、何がしたいのか、表現不能な方もあります。


その支援者は、知恵をフル回転させないと、仕事にならぬので。

明日も又頑張りましょう。


オッサン!
昨日から、日直さんが、多分、手帳が重い方と思われる、女性の方です。日直さんは、1週間当番です。


文字は多少読める方ですが、新しい利用者さんの名前迄は難しい。

古くからおいでの利用者さんの名前も、やや怪しい。でも、日直さんは、立派に務めています。

順番と、壁に貼ってある名札で、大体分かるみたいですよ。



おばちゃん!
洋子!
とも君!
中山さん!
おばちゃん!


充分です。判りますし、日直さんをする意識がちゃんとあります。


で、終礼の頃。


作業が間に合わないので、隣の部屋で、内職をしていたら。


日直さんの女性に、大きな声で、呼ばれました。



オッサン!!!


三回程呼ばれて、やっと、終礼に来なさい!と言う意味だと分かり、ごめんなさい〜、等と言いながら、参加した事でした。



当地は、富士川より東側です。中年男性を呼ぶのは、普通は、オジサンなんですけどね。

おばちゃん、は、東西共通ですか?


オッサンですか。
合ってますが、個人的には、せめて、オジサンが良いなあ。


茶目っ気のある、かわいらしい人柄の方です。

今日も、私はオッサンですね。


薬も飲まずに眠ってしまうし!
2時間ドラマを見ていたのです。とても疲れていたのですが。

最後の謎解きの説明から分からなくなりました。0時過ぎに一度覚めたのですが、起き上がれず、風呂に入ったか、が分からなくなり、現在多分、丑三つ時だろうと思うのですが、付けっぱなしの電灯を消して、手洗いに行こう、と、少しずつ動き出したところです。


週末はね〜。


用事も色々ありますし、疲れが溜まっていますから、大抵、こんな感じ。

夜が明けたら、更に寝込むかな?


ワーファリンがありますから、薬は絶対!なのです。ワーファリンだけでも、飲んでおこうと思うのだけれど、急に睡魔が襲ってくるのは、ある時、ふっとほぐれる様な事になるからでしょう。


今からワーファリンですか。

時間がずれてずれて、困りますけど、とにかく飲んでから、又、今度は熟睡しましょう!


皮膚科で、知り合いに会いました
前の職場は、自宅のある自治体でしたから、どこに行っても、利用者さんと遭遇しました。


先週も、お出かけから帰って来られた利用者さんと、ばったり会いましたっけ。


本日は、私が皮膚科に行きました。しばらく前に、手指の第一関節の手のひら側に、異形成が出来て、おかしいな?と、皮膚科に行ったら、ウィルス性のいぼの様なものでして。

週に一度、液化窒素で、処置して貰っています。

いわゆる、いぼ、は、全てウィルス性ですから、放置すると、肥大したり、自己感染で増えたり、意外に厄介なものです。


手指、左手の人差し指に、違和感を覚えたあとに、どうも怪しくなりました。

勤務中は、利用者さん対応をしながら、紙袋を完成させる、内職作業をしています。

異形成の出来た部分、作業で、紙と引っ掛かる事が良くあるのですが、普通は、ウィルスって、どこでもいるので、感染しないんです。


やっぱり、身体の力が、かなり落ちているんでしょうね。



で、皮膚科に入ったら、ちょうど、診察室から退出してきた方がありまして、その方が、直接支援をした事はありませんが、知っている利用者さんでした。

かなり重度の方で、ある法人さんのケアホームに入居されています。

本日は、お母さんと一緒に、靴擦れの様なものを診て貰いに来られたそうです。

若干、お身体にも、難しい部分があるご様子の方で、靴は、インソールを特注して、靴そのものにも、マジックテープ加工がしてあるもの、を利用されているそうです。

それがなかなか合わず、良く、どこかに当たって、靴擦れがあちこちに出来てしまうとか。


利用者さんも、お母様も、私を覚えていて下さり、話し掛けると、笑顔で返して下さいました。

誰でも医者に行くのは、厄介でしょう?

知的障害者の方には、処置の意味が判らぬ為に、皮膚科や歯科等で、器具が出てくると、緊張して。うまく処置出来ない方もあります。


どうやら、ご本人は、頑張った、と得意そうでした。痛くなかったでしょう?先生は優しいね、等と話し掛けると、患部を披露?して下さいました。


どうしても気になるので、ご自分で触ったり、むしったり、と、とことん悪くしてしまう方もあり、難しいものもありますね。


その方は、お母さんと帰る、と理解されたら、バイバイをして、帰宅されました、


タリーズコーヒーに来ました
私はスターバックス派です。

珍しくタリーズコーヒーに寄ってみました。


どちらが良いか、は別にして、慣れない店は、使いにくいですね。

スターバックスがより優れた商品を出している、とは思いませんが、使い慣れた安心感が私にはあります。
慣れって、凄いかも。

注文でもたついて、思う様にならず、商品を変更しました。

作って貰って、ストローやら、なんやらのある場所に行ったら、ある筈のものがないです。

ある筈、と言うのは、スターバックスなら、当たり前にあるものがない、と言う意味ですよ。

タリーズコーヒーさんにも、いわゆるカスタマイズはあると思いますが、勿論、スターバックスで当たり前に出来る事は、不審に思われたりしました。

スターバックスの顧客だとバレたでしょうね。


リピーターを確保するのに、どんな商売も努力すると思います。タリーズコーヒーは、当地では、結構な勢いで、増えているんです。
ざっとの値段は、スターバックスの方が、少し安いんですけれど。


私はスターバックス派のままでいる様な気がしますが、タリーズコーヒーが逆転する、もしくは、既に逆転しているのかもしれませんね。

メニューは非常に良く似ています。値段は?慣れない為か、高く感じました。

どちらが真似をしているのかな?


皆様は、どちらがお好みでしょうか?


昔話 心房中隔欠損症
先天性心臓疾患の中で、最も多いのは、心房中隔欠損症の様ですね。

ピンホールみたいな、ごく小さな穴?から、心房膜が全く無い程の状態迄、人により、様々で、一歳前後迄は、自然治癒力がかなりある事が、最近は解っているそうな。

前の職場の殿様は、思春期に、先天性心房中隔欠損症が判明したそうですが、たまの心電図くらいで、今日に至ります。

50年近く前の技術と、今の技術は、電卓と、ホストコンピューターくらい違うのです。

10年待てれば、技術力が追い付いてくる様な事柄が、医学には沢山ありますからね。

子供の頃、インフルエンザの確定診断の出来るキットも、予防接種も、タミフルも、リレンザもありませんでした。

インフルエンザと言う呼称もなくはなかったけれど、流行性感冒=流感と呼ばれる事が多かったし、ウィルス感染は判っていたのか知りませんが、風邪の酷いもの、と素人は思っていたと思います。

治療方法ですか?
現在の風邪薬の様なものと、解熱剤を飲んで、とにかく寝て、食べる!以上!

小学生くらいの頃に、抗生物質が普及して、飲むと劇的にすぐ良くなったものでしたから、耐性バイ菌なんかは、余り居なかったのかも。

ソ連風邪、香港風邪、スペイン風邪等が猛威を奮いましたが、これらはインフルエンザ、現在で言う、新型インフルエンザだったようです。


話は少し最近になります。2000年になったか、ならぬか、と言う頃、今の職場の上司と、同じ職場で駆け出し3年目くらいをやっていました。

その頃、今にして思えば、軽度の心房中隔欠損症だったのでは?と思い当たる、知的障害者入所更正施設の=上司がいた団体経営のところです、の行動障害者棟(正式名がこうでした。まだ措置健在の頃です)の利用者さんがおいででした。

自閉症のある方で、障害者支援を生業とするお母様、お姉さま、お姉さまの旦那様は、利用者さんが入所していた施設の、出世頭の常勤さんでした。お母様は、別の入所更正施設の、施設長さんだったそうです。



その方が、言葉が悪くて申し訳なく思いますが、何かの拍子にスイッチが入った様に、狂乱状態が長く続いた時があったのです。


措置時代の入所更正施設です。誰も悪くないかもしれませんが、支援ではなくて、指導をしていた様な時代でした。

我が儘が高じてしまったのかもしれません。

常に狂乱状態を続けていたら、誰でも、血圧が上がりっぱなしになります。

現在とは手術の技術も違う頃、お母様の強い希望で、地域の議員さんを動かして、その利用者さんは、する必要のない、穴を塞ぐ手術をされた事を思い出したのです。

自分が、何とかの瀬戸際で、かなり緊急性の高い手術をして頂きましたけれど、生命にすぐには別状ない限りは、安易な手術はお勧め出来ないのが、常識になっています。

心臓そのものを切るなんて、他に手段があって、1年でも半年でも、先送りに出来るなら、現在はそうしている様子です。


私が緊急性の高い手術をして頂いた、前の年には、データはかなり切迫していた様子で、でも、すぐには症状顕著にならなかった為に、主治医は承知で私に前の年に、手術の提案をしなかったとの事でした。

デパートですから、若い頃に、あちこち手術している私は、しみじみ、主治医が1年待った思いが解ります。

病院さん側は、現在の状態は、手術はまだ早いですから、と説得したらしいのですが、お母様は心配で、議員さんから病院さんに圧力を掛けて貰って、ごり押ししました。

身体の中を切る事は、差し迫ってから、迅速にすれば済む、と私は信じています。

知的障害も重い方でしたり、心配ですが、もうご縁がないので、わかりません。