bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



休みました
少し前に、目が覚めました。


血圧計ると、一般の方よりは、それは高いですが、まあまあ普段の私の値です。

くたびれていますが、土日の様な、何かおかしな感じでは、今は無いですね。

出来るだけ課題を解いて、明日は登校しようと思います。


介護事務の授業が一番最後の3日間?4日間?で、翌日もう、授業が終わった後、2時間以上掛けて、ぶっ通しで、又、検定試験です。
その授業と検定試験が欲しいのが、遠すぎる講座にした理由なんですが。


私が基本を学びたいと思ったのは、自立支援法の請求事務なんです。勿論、どこにも検定試験は無いですし、学校も、参考書も無いです。


請求事務をやっている方は、制度を熟知している方か、ソフトウェア屋さんのソフトで打ちますから、読み取りが出来て、ソフトウェアが使いこなせる方、です。


だったら、ほとんどの医療事務の授業は終わったし。

月末で退校しちゃう、と言うのもあるんですよね。


身体が戻るには、1ヶ月程度あれば、4月からの勤務先に支障ないと思いますから。

3月1日に退校したら、4月1日から勤務出来るよね。多分。


さて。どうしますか。

スポンサーサイト




健康は見えません
学校に通学中です。

私の判断が良くなかったのですが、場所が遠すぎました。他にもストレスはあるますが、心臓がやられている訳で、年も年、若い頃の様にはいかないものです。
疲労困憊が続きますと、集中力に欠けますから、課題も進みませんね。学校でも、自宅でも、いつも追い立てられています。

3ヶ月なら、何とかなるだろう、と考えたのですが、なりませんでした。


起床時血圧が、最近は、上は160〜170が当たり前、下は100。脈拍は110を越える事もしばしばです。


勿論、日中はそれなりに下がりますが、下はほとんど下がらないですね。

心臓は真面目に動いています。何事ありません。先日も書きましたが、無理、無茶を続けると、後でつけが回ってくる羽目になりますから。

それと、今ほどで、倒れてしまうと厄介です。



昨日、本日、最低限の家事等はこなしましたが、ほとんど寝た切りで、起き上がれませんでした。


もう限界かな。


明日は学校を休みます。定期的に休む事にしました。学校にはファックスを送りました。明日は出来たら、自宅で課題をやります。

検定試験は止めました。授業の後に更に2時間の検定試験は無理です。


医療事務の仕事をする訳ではないので、基礎知識が勉強出来る、と言う事で、良しとしましょう。


運転免許証欠格条項の新設(精神障害者に対して)
『「道路交通法改正試案」に対する意見の募集について』

統合失調症、双極性障害 の精神障害者の方?精神疾患の方?には、運転免許証を取得させないようにする、道路交通法改正 が行われる様子があるようで、2月28日まで、上記リンクから、意見の申出が出来るようです。


うーーん…

無自覚に、精神障害のある方が恒常的に運転され、その最中に、いつも発作的なご様子になる と言う方であれば、個別に対応なされば良いような気がします。

家内は、まさに『双極性障害のある重度の精神障害者』の当事者ですが、もう10年は運転していません。
それは双極性障害になったから ではなくて、都心に住んでいて、自家用車を持っていなかったから です。

今は不調著しいので、本人も運転はしませんし、だいいち、駐車場から車を出す事の要領が判らないでしょう。
私も運転させません。
でも、免許証の欠格条項には当たらない と思いますけれど…


支援者の方、ご当事者の方、ご家族様からのご意見、述べてみてはいかがでしょうか?


家内にも教えてみようかな…


病院を回りました
休みですが、明日の日曜日を楽にしたいのと、精神科の予約に、内科の検査があるので、巡っています。


お医者さんは終わりまして、朝食と言うか、ブランチに飲食店に入りました。


身体が疲れると、気持ちに余裕がなくなりますし、起床時血圧やら、脈拍やらが、凄い事になります。


循環器の主治医に連絡しましたら、余りにキツかったら、いつでも来て下さい、との事ですから、終わり迄、1ヶ月、無事に通学出来るかどうか、どうも塩梅が良くないですね。


学校さんが悪い訳じゃないです。係の方々は、日々、お目にかかりますし、疲れがピークですから、小さな事に、反応してしまって、頓服薬で凌ぐ事もありますが、係の方々が悪い訳でもありません。


何が悪いかって?


運が悪いんですね。


通学が遠いのが、運が悪かったですね。


4月からの勤務先は、使い物になる迄、待ってくれます。学校が終わって、10日では、使い物にならないでしょうから。

4月は半月過ぎた辺りで、入職させて貰うかもしれません。


現在、私の心臓は、正常に動いています。血圧等のデータも、昼間になれば、自然の法則で、下がっていきます。内科で計ってくれますが、障害があるにしては、まあまあ普通のデータです。


だから、大丈夫、で、無理を重ねますと、後に蓄積されてしまうのです。


人工弁置換する羽目になったのは、10年近く、シフトでの勤務、月に13回、14回の夜勤を続けていたから、だと思います。

当時はキツくても、今ほどは辛くなかったのですが、心臓が壊れて、自分でもおかしい事に気付き、本日、検査をして頂いた、内科のかかりつけの医師が、心電図が危ない事を発見してくれたので、何とか循環器の主治医が、手術を間に合わせてくれたので。


又、同じ事を繰り返す訳にはいかないのです。その場は体調悪くても、何とかなるんですよ。切羽詰まっていますと、精神科で出して頂いている、頓服薬等で凌ぎますし。



いつ、次に人工弁が壊れるか、は、予定では、約20年先ですが、それより早く壊れてしまうと、かなり困ります。


そうそう何回も、心臓って切れる訳じゃないから。




そんなこんなで、電車の座席、譲って頂けると、大変助かります。


その場しのぎは出来ますが、後を考えると、その場出来る事を無理にやってしまう事は、とても怖い事なんです。


見える身体障害者の方々も、頸椎、腰椎、脊椎等の難しい手術がいつ必要になるか、いつも心の隅におきながら、生活なさっていると思います。



心臓疾患で、人工弁置換や、ペースメーカー埋め込み、の障害者、と言うと、完治して、健康な人と同じ状態になったのに、様々なサービスや割引があって、許せない、と考える方もたくさんおいでです。


見えない障害者は、軽いのに、ズルい、と憤慨される方も、結構おられますからね。


ひっくるめてーそれが社会かな。


ちょっと笑ってしまいました(^^)
どなた様かは、存じませんが、おいで下さった方の検索ワードにこんなのが、ありましたよ。

『身体障害者を押しのけてでも座りたい』


お気持ち、よく判ります。
どなただって、疲れていたら、何が何でも、通勤時の満員電車って、座りたいに決まっています。


ちょっとだけ小さな声で申しますとね。

身体障害者は、立っていればいた分だけの疲れが、病や障害を悪化させます。
健常者の方は、病になるかもしれませんよね。

でも、ごめんなさい!
健常者の方は、病が悪化したり、障害の状態が悪化したりされるのではないように思いまして…

お疲れでない時は、座席、見ないふりをして頂けると助かります。
疲れ切っているときは、お互い様です。
身体障害者だって、元気いっぱいな時はありますよ。


見える身体障害者の方が有利だ と言う話では決してないのですが、疾病による内部障害者は見た目にはわからず、疲れなどを蓄積していくと、確実にいつか、そのつけが体に回ってきます。
障害の状態が悪化したり、医療ケアがさらに必要になったり、手術が必要になったり、です。

見える身体障害者の方も勿論同じ状態になられますが、見えない方は、白い目でにらまれない様に、我身を守るには、結構必死です。


精神障害者である家内は、貼付できる障害者マークが存在しません。
精神障害者は、内臓も、四肢も、健康診断のデータも正常です。


でも、本人は非常に辛い日々を送っています。

検査で異常が出ないからと言って、全くの健康ではないんです。
脳の指令や伝達経路が阻害されていますから、体感は、非常に疲れ、辛く、どうにもならない様な事になります。

健常者とされる方々にも、様々なお辛さがありましょう。

身体障害者を押しのけてでも座りたい と言うお気持ちは、私も、とてもよく判ります。
実際、優先席のそばで、何とか着席させて頂けないかな…と、立つのがやっとな状態でおりましても、健常者の方(だろうと、私のは見える方。違うかもしれません。)が、必死の思いで空いた優先席にお座りになりますと、行動は健常者の方の方が早いので。

私は着席できません。

でも、無理やり着席させて頂こう とは思わないです。


人間ですもの。
仕方ないです。
皆様と同様に、空きそうな座席を探すとか、電車を数本送って、座れる電車に乗る為に、30分、1時間、自宅を早く出る 等の事をいたします。


労働基準監督署
昨年の夏頃、変な職場に引っ掛かってしまい、管轄の労働基準監督署に、情報提供をしました。

労働基準法違反の可能性が高い、と、監督官の方が判断されて、希望があれば、情報提供と言う形で、私が申し出れば、調査をして下さる事を、教えてくれたのでした。

今月初旬に、担当の監督官の方から、約束通り、調査の結果のご報告を、電話で頂きました。

明らかな労働基準法違反が2点あり、文書で指導し、改善命令を出して下さったとの事でした。


ちょっと書きましたよね?

その団体さんは、大変大きな地方自治体からの受託で、私がえらい目にあった、ケアホームの運営をしていました。

つまり、正式な運営団体さんは、大変大きな地方自治体さん、と言う事ですね。


その正式な運営団体さんは、労働基準法違反を平気でする事業所に、そのケアホームを委託している訳でして。

トップの方は、承知で委託しているのかしら?と思いました。


お知らせしてみましょう。

お手紙を理事長様宛てに書きました。

揉み消しされるのは、余り嬉しくありませんね。

親展にして。

郵便局で、配達証明にして、郵送しました。


私、泣き寝入りしないんです。配達証明にしていますから、何か反応があるのではないかな、と思いますが、さて、いかがでしょうね。


バロニのシーシェル
K3340027.JPGもう20年、30年は前の事ですが、海外旅行に良く行っていた時期がありました。


景気が良かった頃で、1$が覚えている、最初の旅行の時は、165円でした。

そんな頃、空港の土産物店で見つけて、以来、海外旅行に行く度に、必ず買っていたのが、ベルギーの、バロニ社の、シーシェルチョコレートでした。


写真のは、バレンタインデーに合わせて、高級スーパーマーケットで、ふと見つけた、バロニのシーシェルチョコレートです。


形やチョコレートの配色に独特の特徴がありまして、確かにシーシェルチョコレートだと思うのですが、箱の色が違います。

白かったんです。


当時、シーシェルチョコレートと言えば、どこの空港にも山積みなっていて、紛い物はありませんでしたし、会社の名前は、記憶ないんです。


店員さんに聞いてみましたが、詳しい方でしたが、若い方で、知る限りでは、シーシェルは、この色の箱でした、との事です。

開けてみると、確かにシーシェルなんですけれど、大きさが違います。かなり小さい印象なんです。

食べればわかるかな?と、1つ食べてみたので、開封してある方は、一ヶ所無いのですが、生憎、年月が経ちすぎていて、舌が覚えておりません。


数年前の夏に、家内とグアムに行った時は、シーシェルは影も形もなく、ゴディバと、ハワイのマアダミアナッツのチョコレートが山積みでした。


30年前は、ゴディバは空港にはなかったです。20年前もなかった様に思います。

ゴディバはどこの国だったか、現在失念していますが、ゴディバもベルギーじゃなかったかなあ?

バブルの頃に入ってきたと記憶していますが、当時、私が好んで、国内で買っていたタイプは、東京あたりの、大都会の直営店にしか、今は置いていないそうです。


ベルギーのシーシェルチョコレートと言えば、本家はこれ、と思っていますけれど、会社はバロニ社だったかどうか?


いつから、箱の色が変わったのか?

かなり小さくなった印象は私の勘違いかどうか?


わからんのです。


これはダースですが、当時空港で売られていたのは、多分、50個くらい入っていた様に思います。

米$で、30$か40$くらいだった様な?


セール中ではあったのですが、これは700円弱でした。随分安いので、思わず買ってしまった訳でしてね。

家内は知らぬと思ったので、棚に2箱だけ残っていたのを買ってきたのです。

勿論、家内は知りませんでした。シーシェルチョコレートが、幾らダースで、セール中としても、700円?


どなたか、昔の空港にあった、シーシェルチョコレートを覚えておいでの方、いらっしゃいますか?


ゴディバは、英語圏では、ゴディバと発音しないんです。
ゴダィヴァ、の様な発音で、ダの音の辺りに、強いアクセントが来ます。

スパゲティも、ゲの音の辺りに、強いアクセントが来ますが、同じ感じですね。



頑張れ!大学生
朝、7時頃起きたら、家内がパソコンに向かっていました。
今は具合が悪く、玄関から一歩も出られない、寝たきりと言う状態にありますから、そうそう無理は言わないのですが、まあ、10日は外に出ていないので、半ば強制的に朝食を食べに隣の駅まで行きました。

その後、私は買い物の残りがありましたので、買い物をして、ふと、駅ビルの喫茶店(チェーン店で、どこでもあるような店です。)に入りましたら。


『いやだ!』『いかない!!!』と言う声がします。
見ると、椅子に腰かけて、そっぽを向いている若い方がおられました。
周りには、支援者と思われる方が3名。

3人???

一人の利用者さんのガイドヘルプに3人支援者がつくって、ちょっと異常です。
様子を遠くから見る限りでは、そうたいしたことになっている様子ではなく、なんで3人も?とも思い、3人の支援者の方が、利用者さんを取り囲むようにしているので、それでは利用者さんは、立つ気にはなれないだろうな と思いつつ、自分が頼んだコーヒーを飲みました。

もうこの時点で、手伝いに行く気な私。
さっさとコーヒーを飲んで、声を掛けに行きました。

女性が1名、男性が2名だったのですが、行った時には、男性が2名。
かなり若い方でした。

ちょっと肩をたたきまして、『自立支援法の介護屋です。もし、ご迷惑でなかったら、少し御話し相手などいたしますが…』と申し出てみました。
『推察するに、スイッチが入ってしまわれて、立てなくなっておいででしょうか?』とお聞きすると、どうもそのようです。

『お願いします。』と言って下さったので、その利用者さんのお名前をお聞きして、利用者さんの向かい側の席に斜めに座ってみました。

『よう!たくみ君!』お名前はたくみ君と仰るそうで、名札も縫い付けてありました。
たぶんですけれど、自閉傾向か、自閉症の若い方かな と思いました。

で、何となく喋ってみたんです。
ご本人は、『お兄さんとお姉さん、ばいばい!!!』と繰り返しています。
そりゃ、何かスイッチが入っちゃったんですから、そうでしょうね。
『おじさんは、こんな人だよ』と言う様なくだらない事を言い、自分の手帳を見せて、『おじさんのは茶色だ。たくみ君のは、何色かな?』から始まって、買い物をしましたから、『おじさんは買い物に行ったんだよ。』といろいろ中身を見せてみたり、『どれが好き?』と聞いてみたり。

支援者さんにはちょっと離れていていただきました。

『ばいばい』をかなり繰り返しておいででしたが、『ばいばいね。そうか。じゃ、おじさんとやろうか。』(何をやるんだか知りませんが、行くと言う言葉に敏感になっている様なので、何でも宜しいんです。お兄さんとお姉さんは、気にしなくて良い みたいなイメージを持ってくれれば と期待して です)等とバカな事を言いながら、何回か、支援者の方が見えましたので、『お手洗いにご案内できたら、ご案内して、その流れで、行けたら、出口までご案内しますね。』とお知らせして。

『申し訳ないので』と仰いますが、とても若い利用者さんでしたから、駄々をこね始めたら、2時間、3時間になってしまうと、将来に宜しくないです。駄々をこねる癖がついてしまいます。

継続的に私が支援出来る訳ではないですから、その場しのぎですけれど、しばらくして、『たくみ君!おしっこ行こうよ。おしっこ、たくみ君は、一人で出来るかな?』と何気なく伝えてみると立ってくれました。

『おしっここっちだよ』とお手洗いに案内して、一緒に入る方が良いかな と思って、様子をうかがうと、一人で入って、カギは閉めません。
じゃあ、私が一緒に入る必要はないので、ちょっと隙間を開けて、中の様子を見ながら、『おしっこだよ~。』『おしっこ一人で出来るのえらいね~』『チャック閉めるぞ~』『お水、じゃー!だよ~』等と言っていると、ご自分で用を足して、出て来られました。

支援者の方が一人様子を見に来られたので、『自閉さん?』『そうです。』『高校生くらいの方?』『中学3年生です。』『流れで、出口までご案内してみますから…』等とこそこそ話をして、出て来られた利用者さんと『こっちだよ~』と出口に向かってみると。

カウンター(レジですね。)のあたりで、『コーヒー飲みたい』と仰る。
自分が座って、固まっておられた椅子の方に向かおうとなさる。

はいはい。そういう事ですか。
コーヒーを飲んだのかどうか、よく判りませんが、『コーヒー、今度。後で。』とか言いながら、結構抵抗する力はかけて来るのですが、まあまあ、何とか出口までご一緒しました。
そこに支援者の方々3名が待っていて下さったので、利用者さんは、『いやだ!!!』『助けて!!!』等と言い始めまして。

良くある話なので、『助けてか~。そうだねぇ。』等と言いながら、『ちょっとこっちにおいで』とエスカレーターの方に(5~6歩です)お誘いすると、座り込んでしまったのですけれど、支援者の女性の方が、後ろからご本人を押して下さって、まあまあ、何とか、エスカレーターに乗ってくださいました。

ここで、一応、介護屋のオジサン(私ですよ)は、一言言いますよね。
『たくみ君、頑張ったね!偉いね!できたね!』←私は、これ、大切だと思って居ます。他の事業所の方ですから、その事業所さんでは判りませんよ。私は通りすがりです。

でも、利用者さん、まだ、『お兄さん、お姉さん、ばいばい。』『いかない』『いやだ』等と言っていますから、『おじさんは、お昼ご飯作るけど、そこまで一緒に行こうか』なんぞ言っていると、エレベーターは改札口のある階につきます。

『はーい!行ってらっしゃい~!』と言うと、どうやら、電車に乗るようで、又、活動時間が決まっているようで、それを順守しないといけない様子なのですが、たくみ君なる利用者さんは、改札口とは反対方向に全速力で走りだしました。

もうこの先は、支援者さんの範疇ですから、私は『たくみ君!頑張れ~!』とか、無責任な事を言って、自宅に向けて、改札口に向かったのでした。

したらば、支援者さんのおひとりの男性が走ってきてくださって、『ありがとうございました。』と言って下さいます。良く見ると、いかにもお若い支援者さんたちなので、『どこの人?』と聞いてみると、『○○大学です!』とお返事が返ってきました。

○○大学は、当地では、かなりトップクラスの大学です。
大学の福祉関係の学部の方か、福祉サークル、福祉クラブ活動のメンバーさんの様な気がします。

『頑張ってね!!!』とだけ言って、その支援者さんは、たくみ君の方に向かって、他の支援者さん2人を追いかけて、走って行かれました。



現役の大学生の方々だったんですね。
それは、失礼かもしれませんが、自閉症がおありで、行動障害的なものがある利用者さんとガイドヘルプ的な事をするには、1人では無理かもしれません。
3人いなくても良いような気はしますけれど、それはそのサークルさんか、クラブさんか、活動所属先の方針に寄るでしょうから、私の関知するところではないです。


そもそも、どういう経緯でその喫茶店に入ったのか は判りません。
たくみ君なる、利用者さんは、コーヒー飲みたい と言いましたが、飲んだのか、飲んでいないのか、喫茶店には入らない約束なのか、全くわかりません。
本人さんは、コーヒーが飲みたいようですけれど、本当にコーヒーが飲みたいのか、中学3年生と言う事ですから、駄々をこねたい盛りなのか も判りませんでした。


まあ、たまたまお手洗いに立ってくれたので、そのまま少し強引でしたけれど、出口までご一緒できただけで、私が技術がある訳でも何でもありませんけれど、支援者さんが焦ってしまうと、利用者さんは敏感に感じるのかもしれませんし、駄々をこねる事が悪い遊びになりかけているのかもしれませんし。

とにかく、大学生の方々が、頑張っているのが微笑ましくて、又、判って居るのでしょうけれど、抵抗してみたり、駄々をこねてみたりしたい盛りのたくみ君なる、利用者さんの将来はどうなのかな 等と思ったりして、疲れているはずなのに元気になって、帰路についた事でした。


好きなんですよね。
この稼業。
で、まあ、現場経験だけは無駄になるほどありますから、ある程度、何とかなっちゃう と言う事もあるのかもしれない と少し思いました。


大学生の支援者さん3名と、たくみ君が本日1日、楽しい時間が過ごせるとよいですね。
当地はやや寒いですが、天気はまあまあ晴れています。



ミニカー、ではありません
K3340026.JPG少し年配の方は、お分かりかと思いますが、消しゴムのかす等を、机の上で集める?掃除する、子供さんの筆箱に入っていた様な、文房具です。


学校にはゴミ箱がありません。事務室にはあるのだそうですが、お客さんである、受講生が使う部屋にはありません。

消しゴムのくずだけしか入れてはいけない、小さな小さな入れ物があるだけです。


机の上の消しゴムのくずは、必ず、その箱に、責任を持って入れる様に、との事なので。


今でも、運営会社には、色々思っている私ですから、しばらく前に、ターミナル駅の中の、ロフトで買いました。

車を手で走らせると、中に小さな小さな箒がついていまして、パタパタと消しゴムのくずを集めます。


電池式のもあった様な気がしますが、面倒で、しばらく探していたのです。


そのロフトには、お店の商品が、どこに何があるのか、多分、全て把握している店員さんがいます。

田舎のロフトですから、種類は1つで、色違いで、透明なのがあるだけ、との事でしたよ。

意外に丈夫で、いたずらのつもりで買いましたが、今は大事に使っています。



今朝の出来事
朝食は外で食べます。

我が家で、家内の分迄、支度してやれれば良いのですが、流石にそれは無理。


で、幻聴と話をしていた方と出会った店で、今朝は、やや、うろんな人達に遭遇しました。


ご婦人がお二人連れで、私の傍の席に来られました。

どちらかの方が、買い物?どなたかへのお祝い金?

何かを立て替えした様で、口の立つ方が、余りハキハキしない様子と言うか、言葉をまとめるのに、やや時間が掛かる方に、お釣かな?を返却された様です。


話の中身は良く解りませんが、誰か、家を新築した様子でした。

ハキハキさんが、言葉が出にくい方に、本来の釣り銭より、かなり多い釣り銭を返却したような、しないような。


ハキハキさんは、言葉が出にくい方を、大変褒めて、感謝されています。



ここ迄で、あれ?と思ったんです。真相は知らないですよ。



一通り褒めた後で、ハキハキさんが、世間話のついでの様に、何か綴った申し込み用紙を出しました。


言葉が出にくい方に、ハキハキと話します。


これさ。あんたの住所と、旦那さんの名前を書いてくれたら良いの。


言葉が出にくい方は、自分の名前を書くのではないか?と、質問されました。


ハキハキさんは。


私も友達はあんただから、あんたに書いて貰いたいし、あんたの名前で書いて欲しいんだけど、なんとか、かんとか〜


畳み掛ける様に、言葉が出にくい方に、考える時間や、質問する時間を持たれない様に、矢継ぎ早に色々喋っている様に、私には見えました。


真相は知らないですよ。


何かの申込書か、保証人欄か、旦那様には頼めない何か、を、ハキハキさんが、言葉の出にくい方に書かせようとしている様な印象ですね。


言葉の出にくい方が、やっと、お父さんに〜と言った辺りで、店を出る素振りをせかせかし始めて、旦那さんの名前は○○でしょ?○○と書いてくれれば、それで良いの。



形だけだから



長年の友人同士の方々でしょうか?かなり年配のご婦人お二人。



友人でも、何かの書類に、連れ合いの名前を書けって、ちと、うろんな感じがしませんか?


私はしたんです。


複写式の何かの紙でした。何も書いていない紙、に見えましたから、借金の連帯保証人ではない事を祈りますけれど。


真相は知らないですよ。本当に。


学校に遅刻しますから、顛末は知らぬまま、登校しました。


気になります。